私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

ロジャバ革命の命運(3)

2017-09-25 21:57:58 | 日記・エッセイ・コラム
 前回、バルザニとペシュメルガは全くの食わせ物だが、欧米と日本のマスコミは、それについてほぼ完全な黙りを決め込んでいると申しました。詳しいことは(あまり詳しいとは言えませんが)3月末にアップした二つのブログ記事『シンジャルのヤズディ教徒に何が起きているか』(1)、(2)(2017年3月25日、31日)を見てください。(1)の一部を以下にコピーします:
********************
現在、IS(イスラム國)勢力撲滅作戦と称する主要な戦闘が二箇所で行われています。一つはシリア北部のラッカ、もう一つはイラク北部のモスル。モスルの西方に位置するシンジャルはクルド語を話す少数民族ヤズディ教徒の居住地域でした。2014年8月、IS軍はシンジャル一帯に侵攻し、シンジャルの町やあたりの村落を襲撃占領し、千人を超える住民が殺害され、国連はジェノサイドと認定しました。多数の女性の拉致、奴隷化など、ISが犯した蛮行は広く知られるところとなりました。
 なぜISは、特に力を入れてヤズディ教徒に襲いかかったのか? ヤズディ教はイスラム教徒が悪魔とみなす異神を信仰するから、というような説明に惑わされていけません。モスルはイラク第二の大都市ですが、2014年6月、わずか1500人のIS武装集団は、その十数倍の重装備のイラク正規軍をあっという間に蹴散らしてモスルを占領し、大量の武器弾薬と市内の銀行が所有していた莫大な資産を手に入れたとされています。しかも、その2ヶ月後には特にシンジャルのヤズディ教徒に襲いかかったのは何故か? これはしっかりと考えてみる必要があります。
 まず、2014年8月はじめにISがシンジャル市に侵攻占拠した時に、ISの残虐行為を逃れるために、多数のヤズディ教徒が市の西側でシリアのロジャバ地域の東部に続くシンジャル山系の山の中に逃げ込みました。その数万人をシリアのロジャバ地域(Cizire Canton)に脱出させて救ったのはロジャバの人民防衛隊とKPPのゲリラ部隊であったのです。
 ところで、その時シンジャル一帯を守っていたはずのイラクのクルド自治地域の“国軍”ペシュメルガ(Peshmerga, 「死に立ち向かう者」の意味)はどう行動したか? 通説では、「モスルをいとも簡単に攻略したIS軍はイラクの首都バグダードに向けて南下すると見せかけつつ、一転北進に転じ、不意を突かれたペシュメルガは次々と敗北退却を続け、ISにヤズディ教徒のジェノサイドを許してしまった」ということになっています。公式の説明はさらに加えて「この状況を見るに見かねたオバマ政権は、一旦米軍を引き上げた筈のイラクに再び米軍兵力を投入し、その援護のもとに、クルドの自治地区のペシュメルガは再び何とかシンジャル市からISを排除した」ということになっているようです。
 しかし、この通説は真実ではありません。中東の専門家たちはこの虚偽を先刻承知のはずですが、我々衆愚に真実を告げてはくれません。はっきりしていることの第一は、ペシュメルガがISから作戦的に不意打ちを食らったのではなく、どこからかの命令で自主撤退をしたのです。第二に、ISをシンジャル一帯の大部分から排除したのは、ロジャバの人民防衛隊とPKKゲリラの長い時間をかけた戦闘努力の結果です。
 こうした真実の背後関係は、シンジャルをめぐる事態の最近の展開で白日のもとに曝されることになりました。この3月3日、イラクのクルド自治地域の大統領マスウード・バルザニ統率下のペシュメルガ勢力がヤズディ教徒とその自衛隊に攻撃をかけてきたのです。現地での状況は混乱しているように見えますし、現場にいるヤズディ教徒を含むクルド人たちの間でも混乱が広がっていますが、その最も重要な背後事件は、2月26−27日にトルコの首都アンカラで行われたエルドアン大統領とバルザニ大統領の会談です。そこでの合意と取引に基づいて、イラクのクルド自治地域のクルド人とシリアのロジャバのクルド人との間の内紛を本格化し、ISの力も援用して、出来ればロジャバ革命とPKKを壊滅させようというエルドアン大統領の企ての現れです。
********************
これだけ読んでも、バルザニとペシュメルガがまるっきりの食わせ物(者)であるかをお分りいただけると思います。
 ロジャバの人民防衛隊(YPG)とPKKゲリラによって救われたシンジャル一帯のヤズディ系クルド人の多数が、今はオジャラン(ロジャバ革命)の思想に共鳴し、バルザニが大声で呼びかけてきたクルド人自治区の独立の賛否を問う住民投票に参加しないこと、投票しないことを呼びかけていたことを、次の記事は報じています:

https://anfenglish.com/kurdistan/call-for-Ezidis-not-to-vote-in-independence-referendum-22328

今回の住民投票は米国、イスラエル、トルコ(エルドアン大統領)が首謀する大芝居です。目的はイラン、イラク、シリア地域の政治的、地政学的不安定化にあります。米国が反対しているのは、相変わらずの大ウソの最新版です。しかし、やがて嘘がバレて、首謀者達が窮地に追い込まれるなどと安易に期待してはなりません。バルザニのクルド自治区のクルド人とロジャバ革命のクルド人との間の亀裂も米国によって残酷に利用されることでしょう。米国の国家戦略の悪魔的な冷酷非情さには驚くべきものがあります。以下に引用させていただくのはウェブサイト『マスコミに載らない海外記事』に昨日掲載された記事「アフガニスタン国民は欧米帝国主義者の蛮行にうんざり」からですが、ここでアンドレ・ヴルチェクがアメリカについて述べていることはその的確さ簡潔さにおいて稀有の至言です:
********************
<アンドレ・ヴルチェク>・・・・・概して欧米、とりわけアメリカ合州国は、自分たちが何をしているのか十分承知しているのはほぼ確実だと思います。アメリカには最も邪悪な植民地大国、特にイギリスが顧問として、ついているのです。
アメリカは、必死に戦わずに没落することは決してなく、ヨーロッパとて同じです。世界の中の、この二カ所は、世界をひどく略奪することによって、築かれてきたのです。連中は今もそうです。彼らは自分の智恵と努力だけで自らを維持することはできません。連中は永遠の盗人です。アメリカは決してヨーロッパから別れられません。アメリカは、ヨーロッパの植民地主義、帝国主義と人種差別という木の恐るべき幹から別れ生えた、巨大な枝に過ぎません。
アメリカ、ヨーロッパとNATOが現在行っていることが何であれ、見事に計画されています。決して連中を見くびってはいけません! 全て残虐で陰険で凶悪な計画ですが、戦略的視点から見れば、実に素晴らしいものです!
しかも連中は決して自ら立ち去ることはありません! 連中とは戦って、打ち負かすしかありません。そうでない限り、連中はずっとい続けます。アフガニスタンであれ、シリアであれ、どこであれ。
********************
そうです。ロジャバ革命の犠牲において、米国はシリアにずっとい続けようとしています。我が「ロジャバ革命」はまさに風前の灯です。(次回に続く)

藤永茂(2017年9月25日)
コメント (26)

ロジャバ革命の命運(2)

2017-09-24 22:53:15 | 日記・エッセイ・コラム
 2014年にデリゾール市周辺の油田地帯(石油、天然ガス)を制圧したISはデリゾール市を包囲して攻略しようとしましたが、空港を含む市内を死守する政府軍は、最小限の武器弾薬と市民への食料の空輸を受けて頑強に抵抗を続けていました。
 2016年9月17日、米国が主導するいわゆる有志連合空軍がデリゾール空港を防衛する政府軍を爆撃して兵士90人が死亡しましたが、米国はシリア政府軍の拠点をISのそれと間違えて誤爆したと、全く開いた口の塞がらない真っ赤な嘘を申し立てたのです。兵士90人の損失は、戦闘中としては大打撃です。この米空軍“誤爆”のおかげでデリゾール空港が一時はIS軍の手に落ちたとも伝えられました。IS軍が、アサド政権打倒のための米国の傭兵であることをこれほどあからさまに示した猿芝居は滅多に観賞することはできません。実質的に同じ猿芝居が今回もデリゾール市周辺の攻防戦で繰り返されています。シリア政府軍の最精鋭部隊がラッカ南部を素通りしてデリゾール市に向かって急進撃し、市を包囲していたIS軍を瞬くうちに撃破する事態に直面した米国は、ラッカでお互いに殺し合いをさせていたクルド人軍YPGとIS軍を急遽デリゾール地域に送って、デリゾール市を制覇してユーフラテス川の東岸に侵攻しようとするシリア政府軍を阻止しようと試みました。YPGとISが力を合わせてシリア政府軍と戦うという構図です。デリゾール市からユーフラテス川を東に渡れば、その周辺にはシリア最大の油田地帯が広がっています。米国はYPGの司令官に「もしシリア政府軍がユーフラテス川東岸に進出を試みるならば、シリア軍は我が軍の攻撃にさらされるであろう」という脅しの声明を出させましたが、9月18日、19日には、政府軍の大部隊がユーフラテス川を渡ってしまいました。ラッカとデリゾールの距離は百数十キロです。詳しいことは次の記事を参照してください。同様の報告は他にもいくつか見つかります:

http://www.moonofalabama.org/2017/09/syria-russia-accuses-us-of-attacks-direct-coordination-with-al-qaeda.html#more

こうしてデリゾール市からユーフラテス川を東に渡った地域に広がるシリア最大の油田地帯の争奪戦が始まりましたが、米国の代理軍としてのYPGとシリア政府軍の衝突がすでにいくつも報告されています。これはロジャバ革命にとって実に由々しき重大な事態であり、私にとって現時点での最大の関心事でありますが、詳しくは次回に記述することにして、以下には、明日行われるイラクのクルド人自治区の独立の賛否を問う住民投票について、日本のマスコミが全く触れていない、しかし、甚だ重要な事柄を簡単に指摘したいと思います。それはイラクのクルド人自治区政府のバルザニ議長と自治政府の軍事組織ペシュメルガの本質あるいは正体についての認識の驚くべき欠如です。汚い言葉を使えば、バルザニは米国、イスラエル、トルコ(エルドアン大統領)の回し者、傀儡です。バルザニとペシュメルガは、本気で「ロジャバ革命」を推進してきたクルド人たちの強い嫌悪の対象なのです。これは最も注目に値する厳然たる事実です。今回の住民投票の真の目的は、三千万人のクルド人の悲願実現への第一歩を踏み出すことではなく、中東の混乱を収束に向かわせないための大芝居を打つことにあります。大向こうを欺くファルスです。詳しくはまた次回に。

藤永茂(2017年9月24日)
コメント (1)

ロジャバ革命の命運(1)

2017-09-23 23:13:27 | 日記・エッセイ・コラム
 改めて「ロジャバ革命」とは何か、いや、何であったかと過去形で問うべき時が近づいているのかもしれません。2年ほど前から「ロジャバ革命」に強い関心を抱き、あれこれ読んだり、書いたりしてきましたが、私が大きな期待をかけたこの社会革命の行く先が暗雲に閉ざされようとしています。
 2015年2月4日付けのブログ記事『ロジャバ革命(1)』に田中一弘という方から最近コメントを寄せていただき「このご時世に社会革命など夢のまた夢だと、絶望しかけていたのですが、そんなことではいかんな、と思い直したところです」とありました。私が「ロジャバ革命」が既に発芽し成長を始めていることを知った時の感想はまさにこの通りでした。
 しかし、2ヶ月ほど前に、立て続けにクルド問題についての大変気になる記事に三つ出会いました。はじめは7月11日付けのStephen Gowansの『The Myth of the Kurdish YPG’s Moral Excellence』(クルドの人民防衛隊の道義的卓越性という作り話)と題する記事です。長い論考ですが、要するに、YPGはクルドの無政府主義ゲリラのテロ組織PKKそのものであり、「ロジャバ革命」とい美名を隠れ蓑にして世界の同情と支持を得ようと試みている、という主張です。筆者のゴーワンズという人はカナダ人の政治評論家で、彼の筆になる記事の多くを私は共感を持って読んできました。そのウェブサイト”What’s Left?”と、下のインタビュー記事を読むと、この人の思想的立場を知ることができます:

http://www3.sympatico.ca/sr.gowans/interview.html

次はVijay Prashadという人の

https://zcomm.org/znetarticle/tossed-in-the-scrap-heap/

という記事です。7月下旬の時点でシリア紛争の現状を分析し、米国はクルド人軍事勢力YPGを極限まで利用した後、見捨ててしまうだろうと結論しています。このプラシャドという人も、私は親近感を持ってこれまで接してきた論客の一人で、その著作『THE DARKER NATIONS』(2007年)は、その昔広く世界に流通した「第三世界」という言葉を知らない人々に是非読んでもらいたい好著です。三番目は私が常々信頼するロバート・フィスクの8月3日付の記事『Woe to the Kurds』です:

https://zcomm.org/znetarticle/woe-to-the-kurds/

このフィスクの記事は「But woe betide the Kurds of northern Syria when the war is over.」という文章で結ばれています。普通に翻訳すれば、「しかし戦争が終われば北シリアのクルド人に災いあるべし」となるでしょう。フィクスその人がロジャバのクルド人たちに災難が降りかかることを望んでいるとは、私には思えませんが、ロジャバ革命の命運についてゴーワンズ、プラシャド、フィスクの三人が一致してその挫折を予言していることは明白です。
 ひたすらロジャバ革命に声援を送ってきた私にとって重大な意味を持つこの三つの論考に接してからの2ヶ月間、私はシリア戦争の実相を改めて慎重に考えてみました。
 まず、戦況から。現在の最も重要な戦場はシリア北東部の都市デリゾール(Deir Ezzor)とその周辺で、ユーフラテス川の両岸に広がっています。2014年以来ISが支配していてデリゾール市(ユーフラテス川の西)のシリア政府軍と市民はIS勢力によって包囲封鎖されていましたが、この9月初旬、市の北西から迫ったシリア政府軍によって遂に包囲網が破られました。
 北部の重要都市アレッポは、2012年7月以降、政府軍と反政府勢力(自由シリア軍やアル・ヌスラ戦線)がその支配を争い、その西部を政府軍、東部を反政府軍が占領してこう着状態になっていましたが、2015年9月にロシア空軍が爆撃を開始し、2016年年末には遂に政府軍によって全市が制圧解放されました。アレッポに続く次の重要地点はIS(イスラム国)がその首都と宣言していたラッカであると考えた米国は、当時既に米国のシリアにおける代理地上軍勢力として利用することを決定していたロジャバのクルド人民防衛隊(YPG)に必要な武器弾薬と戦闘指導を与えて、シリア政府軍より先にラッカの攻略戦を開始しました。ところがシリア政府軍はラッカ攻略の先陣を米国代理地上軍と争うことをせず、その精鋭部隊を、ラッカの南を経由して、直接デリゾールに向けて進軍させて、米国が予期しなかった早さでデリゾール市西部の封鎖を解きました。こうして、かたや米国の代理地上軍(YPG)と米空軍、それとシリア政府軍とロシア空軍が直接戦火を交わす状態がデリゾール市を巡って発生しています。その意味するところは次回に論じます。

藤永茂(2017年9月23日)
コメント (1)