私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

中川喜与志著『クルド人とクルディスタン』、REDUX

2019-06-18 20:10:45 | 日記・エッセイ・コラム
 以前、この著書を取り上げたことがありました(2016年2月16日)。今また読み返して、元気をもらっています。
 PKK(クルディスタン労働者党)の党首オジャランは、1999年以来、トルコのイムラリ島刑務所の独房に、外部との接触を殆ど完全に立たれて、監禁されています。2016年9月11日に、弟との面会が許された後は、家族、弁護士、外部の医者との接触など一切が禁止されていて、その生死すら確かめる方法がない有様でしたが、今年2019年の1月12日、久しぶりに弟と会うことが許されました。オジャランは今年70歳、健康状態は良好とのことです。PKKは、トルコ政府は勿論、米国や日本なども国際テロ組織と指定する非合法政党ですが、トルコにはその人口の四分の一を占めるクルド系人民を代表する合法政党HDP(人民民主主義党)があります。このHDPに所属する女性国会議員レイラ・ギュヴェンがオジャランの自由を要求して、2018年11月8日、生命の危険を犯して抗議断食を始めたことは、今年の1月24日のブログ記事『アブドゥッラー・オジャランとレイラ・ギュヴェン』で報告しました。その後、他のHDP所属の国会議員数人もハンガーストライキを開始しましたが、今回のオジャラン兄弟の面会の実現はこの抗議運動の成果だと思われます。弟を通じてアブドゥッラー・オジャランはレイラ・ギュヴェンをはじめとする人々に感謝を表明し、断食行為の停止を促しました。去る6月12日には、オジャランは彼の弁護士とも会うことができて、弁護士を通じて、“尊敬する同志たちへ”という書き出しで、レイラ・ギュヴェンなどの人々に感謝する声明を、改めて、発表しました。
 クルド人たちの「ロジャバ革命」に人間世界の将来の夢を託する私としては、オジャラン健在のニュースは大朗報ですが、マスメディアは完全無視の立場をとっています。私はこれを大変残念なことだと思うのです。「ロジャバ革命」に対する私の思い入れは、度が過ぎていて、人々には、いささか滑稽に見えるかもしれません。けれども、現今の世界を見回してみて、人間の将来に希望を託せる事態、事象がどれだけ目にとまりますか?
 間も無く死んで行く人間は「あとはどうなってもいいじゃないか」と思うのがむしろ自然かもしれませんが、しかし、人間、不思議なものです。個人としては、私は深い悔悟の中で死を迎えようとしていますが、その一方で、人間一般に対して決定的な失望を抱いたまま死にたくないという強い気持ちが確かに疼いているのは、我ながら、驚きです。
 ジョージ・オーウェルが人間世界の明るい未来を信じて死んで行ったかどうか知りませんが、彼の名著『カタロニア讃歌』は名もなき人間たちへのオマージュ、岩波文庫の訳者の言葉を拝借すれば、「普通の人間の魅力、・・・人間の品位、人類の連帯感へ」のオマージュです。 訳書のp122から引用します:
 「労働組合に基礎をおき、それぞれほぼ同じ政治意見をもつ人びとからなる労働者民兵部隊は、国内のいちばん革命的な感情をすべて一ヶ所に集める効果をもっていた。それは、高い政治意識や資本主義にたいする不信がその逆のものより正常だとされる、西欧でただひとつの、かなりの規模の共同社会であり、ぼくがそこにとびこんだのは、大なり小なり偶然によるものだった。ここアラゴンの高地では、周りにいる数万人の人びとの、全部ではないが主要な部分が労働者階級の出身であり、すべて同じ生活水準を分けあい、平等の関係で交わりあう、理論上は完全な平等であり、実際上もそれから遠くなかった。社会主義の前触れを経験している、いいかえればそこで支配する精神的な雰囲気は社会主義のそれであるといっても過言ではなかった。そこでは文明生活の通常の動機——下に威張る俗物根性、むきだしの金銭欲、ボスを恐れる卑劣な態度など——の多くが消えてなくなっていた。ここでは農民とぼくら民兵のほかにはだれもいなかった。そしてだれも他人を主人とは認めなかった。もちろんこうした状態は長続きできない。これは、地球の全表面で行われている巨大なゲームの、一時的な地方的な局面に過ぎないのだ。だがそれは、これを経験したものには、影響を与えずにおかないほど長く続いた。当時どれほど悪態をついたにしても、あとになってみれば、自分の接触したものが貴重なものであったことがわかるのだ。その共同社会では、無関心やシニシズムよりも希望が当たりまえであり、「同志」という言葉は同志愛をあらわして、多くの国でのようにごまかしを意味するものではなかった。」(引用終わり)
 ここで、ジョージ・オーウェルは、こうした同志愛が成立している共同社会は一時的なものだとしています。フランツ・ファノンは著書『地に呪われたる者』の中で(だったと思います)、アフリアの農民反乱で負傷して路傍に倒れていた見ず知らずの民兵に、一人の農民が自分の大切なロバを与えてしまう話を書いていますが、これに対してハンナ・アーレントは、そんな「同志愛」は一時的なもので長続きしないと冷笑的に述べています。オーウェルも「一時的」とする、こうした人間の共同社会は長く持続することができないものなのでしょうか?
 この設問に対する一つの答えが「ロジャバ革命」によって、遡れば、PKKの闘争の歴史によって与えられています。私は、以前(2016年2月16日付け)に、中川喜与志著『クルド人とクルディスタン』から、オジャランの日米関係についての鋭い見解を紹介しましたが、

https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/b242c45abac3b58cfdf42b2ecc0cae2d

その終章第10章の50ページにわたるオジャランのインタビューの記事の中から、人間の共同社会に関する、オジャランの重要な発言の一部をコピーさせて頂きます:
********************
● 自己を認識し、民衆を認識し、人間性を認識する
中川  PKKに女性ゲリラの数が多いのに驚いている。それは、この地域のゲリラ組織としては非常に特異なことではないか、と思うのだが・・・。
オジャラン そうだ、中東では初めての現象だ。
中川  PKKは意識的に女性ゲリラの組織化に取り組んだのか?
オジャラン そうだ。これは本当に興味深い展開だ。中東には他にこのような組織は存在しない。中東においては女性というのは家内奴隷のような存在だ。想像するのだが、日本においてさえも、未だに封建社会の原理が残存しているのではないか。
 今、我々の下で萌芽している民主主義は非常に進んだ民主主義だ。平等主義がかなりの程度まで実現されている。イスマエル・ベシクチも言っているように、クルド人たちは植民地化された民族、全滅の過程にさらされていた民族であったが、そこから今の状態を造り出した。これは「奇跡」である。最も進んだ社会主義、民主主義、非常に生き生きとした暮らし。ここ(軍事キャンプ)には誰にも私生活は存在しない。しかし非常に生き生きとした生活がある。
 我々には極めて残忍な敵が存在する。しかし、この敵に対して、ひとかけらの恐怖も我々は持っていない。まったく情熱に満ちている。これは非常に重要な条件だ。我々がこういう条件を造りだせたというのも、我々は社会主義を、独自な形で、非常に創造的な形でとりいれている。また我々は、民主主義の問題に非常に敏感だ。平等、自由というテーマに特に注意している。我々は、本当の意味で、一人ひとりの人間を創造しているのだ。
 私が努力していることは、一人ひとりの人間が自分のアイデンティティを認識すること、民衆を認識すること、人間性を認識すること、もっとも進んだレベルに立つことだ。抑圧的、利用主義的な傾向(組織の傾向?)を完全に克服しようとしている。すべての関係は良心に基づいている。や強制や抑圧は存在しない。完全に自分の信念と自由意志によって行動に参加する、強制的な参加はない。我々は完全な自由意志を引き出している。新しい生き方のテーゼを提示しているのだ。大きな信頼と強い信念に基づいた可能性、生き方を確信させている。これらすべてがPKKを成立させている。
 このことから人々の共感を得ているのである。これは歴史上初めての現象だ。中東において、クルド人の間で、初めてこのようなことが起こった。皆がこの生き方を熱望している。女性たちでさえこの生き方にすべてを賭けようとしている。若者たちは、この生き方を幸せだ、と感じている。かつての生き方よりずっといい、と考えている。(引用終わり)
********************
 中川喜与志氏がレバノンのベッカー高原にあったPKKの実質的本部に行って、2時間にわたってオジャランの肉声を記録したのは、1991年6月16日のことでした。それから既に30年近い時が流れています。その間、多くの苦難がクルド人たちを襲いました。1984年にトルコの理不尽な圧制に対してゲリラ闘争を開始したPKKの党首オジャランは1998年逮捕され、死刑の判決を受けてイムラリ島の独房に監禁されますが、NATO加盟の条件として要求された死刑廃止をトルコが受諾したので、オジャランの刑は無期懲役に減刑され、独房監禁は今も続いています。しかし、イラク領内カンディール山地に拠点を持つPKKはトルコに対する武力闘争を熾烈に継続し、また、オジャランが始めた人間革命の実現を目指す「ロジャバ革命」が力強く推進されています。私が窺い知る限りにおいて、新しい生き方を求める「同志」たちの造る共同社会の結束は、決して一時的な現象として消えてしまうことなく続いています。ハンナ・アーレントは間違っていたのです。
 ロジャバ(西クルディスタン、シリア北東部)のクルド人たちは、現在、錯綜した中東情勢の中で、米国の傭兵軍の役を強いられて厳しい苦衷の中にありますが、ロジャバ革命の魂を堅持しています。彼らは、決して、米国の飼い犬に成り果ててはいません。私は、そこに、未来への希望を繋ぎます。

藤永茂(2019年6月18日)
コメント (5)

ベネズエラについての報道

2019-06-04 22:44:23 | 日記・エッセイ・コラム
 朝日新聞6月3日朝刊にベネズエラのことが大々的に報道されました。第1面には「200万都市 電気も水もない」、第2面には「政権が食い物にした石油大国」、第4面には「大停電「施設の管理不足」」という見出しで、現在、ベネズエラが直面している危機情況が前大統領チャベスとその後継者である現大統領マドゥロの失政の結果であると強調されています。
 第1面には「世界最大の原油埋蔵量があるベネズエラは、かつて南米屈指の豊かさを誇っていた。だが、石油価格の下落と国家運営の失敗で経済が破綻し、庶民が食料、医療品、燃料を入手できない人道危機に陥っている。」第2面には「外貨獲得の柱である石油産業の現場を歩くと、優秀な技術者は去り、設備投資もされず、事故や故障が頻発していた。国営石油会社はチャベス、マドゥロ両政権に食い物にされ、立て直す道のりは険しい。」とあります。こうした断定的視角から、食糧難に追い詰められる貧民層の人々の悲惨な生活状況を写真付きで詳述し、特に、第1面には、停電中の部屋のベッドに、ミイラのように痩せこけた93歳の老人が横たわる eye-catching な写真が掲載されています。しかし、米国がマドゥロ政権を打倒する目的でベネズエラに課している大掛かりで極端に厳しい経済制裁、貿易封鎖措置については、第1面、第2面の記事を通して、一言の言及もありません。
 第4面は朝日新聞の中南米特派員によるベネズエラの元電力相エクトル・ナバロ氏のインタビューに基づく記事で、これで鬼の首が取れたと思ったのでしょう。ナバロ氏は、経済の危機的な状況について「米国による経済制裁のはるか以前から生じている」と指摘したとあり、記事の最後は次のように結ばれています:
「ナバロ氏は「チャベス氏は物事を実行するために権力を行使したが、マドゥロ氏は権力(維持)のために権力を行使している」と述べ、「私は社会主義者で、革命は必要だと信じている。だが、マドゥロ氏が革命を、そしてチャベス氏を政治的に殺してしまった」と批判した。」 
 ベネズエラについての上の記事を読んで、私(藤永)は、当然、前回の桜井元さんの寄稿を思いました。その最終節を再録します:
*********************
いまの日本では、ご高齢の方々を狙った詐欺がはびこるひどい状況となり、マスコミ各社は「詐欺集団のこうしたウソにだまされないで!」と啓発活動を盛んに展開しています。その同じマスコミが、米国の懲りない戦争をめぐるウソについては、ウソの発信者の情報をそのままに大々的に垂れ流し、日々の報道と解説を通して視聴者に刷り込み続けています。大いなる矛盾を感じます。戦争の口実となるウソ、戦争を煽るウソ、終戦を遠のかせるウソにより、どれだけ多くの人的・物的被害が出てきたことか、どれだけ多くの人たちが悲しみ苦しんできたことか、そして、国際の平和と経済の安定とに対してどれほどの危機を招いていることか、その自覚はあるのでしょうか。シリアの国民と政府に対して、日本の視聴者に対して、すみやかにそして真摯に、事実に反した過去の報道と解説を訂正し、謝罪し、正しい報道と解説に切り替えることはもちろんのこと、こうした同じ過ちを二度と繰り返さないよう、徹底した各社ごとの検証とマスコミ界全体での検証が必要でしょう。くわえて、マスコミからお呼びがかかり毎回ウソの解説をしてきたコメンテーターや有識者たちも、同様に真摯な身の処し方が必要でしょう。戦争をめぐるウソは、誠実な人間であれば重い自責の念から職を辞すくらいの罪深いウソです。
********************
 今回のベネズエラの記事を本社に送信した中南米特派員は記事に書いたことをご自分でも本当にその真実性を確信しているのかもしれません。本社でこの記事の大々的な掲載を決定した編集員たちも、同じ意見であるのかもしれません。しかし、今のベネズエラの惨状がチャベスとマドゥロの失政の結果であると断定して、米国による経済制裁と貿易封鎖については全く沈黙を守り、ベネズエラ国内で生起している大停電については第4面の記事の見出し通り、「大停電は施設の管理不足による」と断定を下すのは、あまりに軽率であり、ジャーナリスティックにも基本的な誤りを犯していると、私には思われます。エクトル・ナバロ氏の「私は社会主義者で、革命は必要だと信じている」という言葉が最後に付け加えてあるにしても、この記事全体が「報道」として一般読者に与える影響は、米国のプロパガンダ・システムが世界中の人心に与えたいと試みているウソのベネズエラ像のそれにぴったりです。まさか日本の大新聞がボルトンやポンペオのような war-mongers の願いを忖度するようなことはありますまいが。けれども、もし、今回の報道の内容が多くの虚偽を含むことがはっきりした場合には、櫻井元さんの要請に従って、公に前非を認めて謝罪し、行いを改めてもらわなければなりません。

藤永茂(2019年6月4日)
コメント (1)