熟年の手習い

熟年老い易くチェロなり難し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5,6月コンサート

2018年07月06日 | コンサート
昨日の早朝からの大雨はまだ続いています。
防災速報が頻発です。

昨夜アメリカの友人から「○○川、大変なことになっていますよ」とライン。
え?近所の川やん!?知らんかった!

近畿に何十万人に避難勧告が出ているというヤフーニュースの見出しの写真が○○川だったのです。
水位をチェックするサイトを調べたら、まったく問題なさそうです。
どうしてこの川を選んだのかしらん。
全世界に危ない川と思われたかもしれません。

家に引きこもっているので記憶をたどり、久々にコンサート記録など書いてみます。


5月、雨の多い金沢にちなんで「雨庵」と名乗るホテルに泊まって21世紀美術館、中村記念美術館、鈴木大拙記念館をじっくり見てきました。
(予報はオール雨でしたが降らず、帰る間際に降り始めたのでラッキーでした)

◎夜は池辺晋一郎さん企画の名曲コンサート。シリーズ4回目だそう。
バロックから近代までフランスの名曲の良いとこ取り選曲、編曲で20曲。
まず池辺氏のヘアスタイルがスッキリなさって好感。
地元オケですが、チェロ首席は上森氏で、コンミスもセンチュリーの関西勢でした。
お得意のオヤジギャグを披露しつつ、お話も楽しいコンサートでした。
満席でないのがもったいないことです。


◎地元中学に通う天才チェリストのリサイタル。

例の○○川べりの市民ホール。
まさに成長期でコンサートのたびに、いろんな変化に驚き、称えたい気持ちになります。
ショスタコーヴィチのソナタが実に感動的でした。
1,000円のコンサートで満席。
客層も様々なのを考慮して、パンフにもご丁寧に楽章間で拍手無用など「お願い」が書かれてありました。
曲の長さまで何分と書かれてあるのは珍しいです。
しかし読まれていないのが残念でした。
それに、どうして演奏中、袋バリバリうるさくするのでしょうね。


◎ヴァイオリン、チェロ、アコーディオンのトリオ、リサイタル
また例の○○川べりの豪邸に付属する?小さなホール。
チェロが東京チェロアンブルメンバーの荒井結子さんなので最前列で聴いてきました。
個性的なフォームで卓越した表現力の彼女の演奏をもっともっと堪能したいと思いました。
福井から名古屋を拠点を移されたそうなので、関西、関東で益々のご発展が楽しみです。


◎6月ブルネロリサイタル
ど定番、バッハ無伴奏1番を聴きたくて。
プレリュード、アップから!?
6曲繰り返しなしで。
いろんな解釈があるものだと知りました。

それにしても、前半のドビュッシーやフランクのソナタとは別の楽器?と思うほど印象が違いました。
さすがです!
バロックはバロックらしく?やわらかくどこまでも響く音色。
憧れまくります。

黒、白の鳥の曲、ピアソラ3曲他。

アンコールが初耳ばかり。あんまり覚えてません。

チャップリン:タンゴナターシャ
ツェムリンスキー:チェロとピアノのための3つの小品より「足らん寺」いえ「タランテラ」
アーン:バルケッタ

奏者がふと見上げたバルコニー席には誰もいなかった。。。
シンフォニーホール空席目立ちお気の毒。

でもスタンディングオベーションはありました。

新鮮だったのはタブレットの楽譜。
ピアノの江口氏と両方使用されていました。

1面だけのもの。
フットスイッチ使用。
ピアノはペダルふみふみ、フットスイッチで譜めくり。
チェロの台にもフットスイッチがまずセット。

慣れないので見ている方もちょっと気になります。
チェロの台は響くように作られているので、スイッチを踏み外すと結構な雑音になります。

熟年世代で先端技術を取り入れているのには感服しました。
年と共にとかく守りがちになりますし、不測の事態が超コワイですよね。


さてと、昨日も今朝もチェロの夢を見ていて目覚ましで起きました。
いろいろ意識下でお悩みのようです。笑
弦交換どうしようかなぁ。

コメント (2)

こりごり

2018年06月25日 | 日常
先週、この辺では震度4でした。
23年前、揺れたというより大音響とともに家ごと激しくシェイクされた体験により、その時は案外動じず。

でも余震は気持ち悪く、一昨日の地震では目がさえてスマホで南海トラフ地震の予想を読んでしまってよけい眠れなくなりました。
(地名を入れると最大震度がわかるようになっていて6強とでた!)

今回仏壇のお供えの台(何もお供えもせず御免)をはじめ、軽いものが倒れたり落ちたり。
壁の額たちが、まあ思い思いの方向に傾きました。
しばらく余震があるだろうからとそのままにしていたら、来客が見てびっくりしていました。

ものが動く揺れは23年ぶり。
エレベーターは終日止まりました。

点検に来たガス会社によると、ガスが自動的に止まったお宅が4階から発生したそう。
うちは4階ですが止まりませんでした。

知り合いの娘さん宅、震源地近くで家の中がめちゃくちゃになり食器棚が倒れ食器もほぼ全滅だそう。
後片付けの大変さ、思い出しました。

うちは地震に強そうな食器棚に昨年買い換えました。
奥行きに段差があり下部は奥行きある引き出し、重い天板の上は浅い引き戸の棚になっています。
それまでは、当分地震もないだろうからと機能優先で、背が高く厚みのない食器棚でした。

忘れていたのが花瓶。
スラリとした使い勝手のいい花瓶にいつも何か入っているのですが、たぶん震度4までしかダメですね。
気をつけよう。

よくインテリアで、見せる収納とかいって、棚にいろんなもの並べているのを見ますが、
前からすごく違和感ありました。

落ちたり、吹っ飛んで凶器になる可能性もありますし、第一壊れて散乱した後が面倒。

日ごろからすっきり片付けておくことも命を守ること。

あらためて思います。


コメント

大姪ちゃんから学んだこと

2018年06月03日 | 日常
大姪ちゃんたちとたまに電話で短い会話をするのですが、
「絵が上手くなってるから、また送ってね。」と言ったら「上手くないっ!」と大姪1号は即答。

そう言えば春に一緒に旅行した時は、「あたまいいね!」とほめたら「あたまよくないっ!」と即答。

即答の裏には、上手く描けなかったら絵は送れない? 
あたまいいから新一年生の成績は良いはずという大きなプレッシャー?

絵も勉強も嫌いになる小さなきっかけかもしれない。
褒め殺しって、こういうこと?

大人は、すぐに上手下手や、頭の良し悪しを物差しに使いたがる。

反省反省。

子供の絵から、いろいろと読み取れるものは大きいのに、もっと感じてあげる感性が必要。
子供大人相手に関係なく、上手いという言葉を使うかわりに何を感じられるのか具体的に考えてみようっと。






コメント

さくら~、さくら~

2018年04月08日 | 紀行
原谷苑のしだれ桜 2018


私が行った日の動画発見!
私写ってないかしらん。
全画面にするといい雰囲気!!!
写っていませんでした。

スマホで撮った動画をパソコンの大きな画面で、期待しつつ見たところ、動きが早すぎて画像が追いついなくて目が回りそう。ガックリ。
あふれるような桜の世界は夢に出そうでした。

総本山 仁和寺の御室桜


こちらも例年より早く満開。

プロの動画でしっかり復習できました。
通路は混雑で渋滞してばかり。

12月に乳がんの手術をした友人が案内してくれました。
昔から穴場としてお気に入りの原谷苑だったそうですが、穴場どころか急に有名になりすぎ人が殺到。
外人観光客が多かったです。
タクシードライバーが想定外の混雑ぶりにエライ興奮されていました。
友人もこんなはずでは、と当惑。

桜もさることながら、京都に私を連れ出すほど急激に体力、気力が充実してきたことが何よりうれしいお花見でした。
コメント (5)

大姪ちゃんたちへ

2018年03月13日 | ベビー


3月は大姪2と大姪3のお誕生日があって、当日に届くようプレゼントの手配にがんばりました。
以前、たまたま電車の中で若い女性達が私の前の席でぬいぐるみを出してナデナデ。
クタッとしたぬいぐるみが気になってタグを盗み見して検索。

在庫が少なかったのと、不良品や不手際のコメントがあったので、早い目に自宅送りにしてもらいました。
案の定、値札が。。。
今のぬいぐるみは良くできてるわ、と感心。
手触りと重さが何ともリアルで、「ひざ○○」という名前なのですが、膝に乗せると何だか心地いい。
ぬいぐるみなんて何十年ぶりに触れたのかしらん。
めでたく当日に到着し大姪3に気に入ってもらえました。

母の遺品に箱一杯の、我が家に届いた孫たちからの手紙類がありました。
2,3歳のなぐり書きから結婚後まで。

姪のいわば成長記録を大姪ちゃんの成長に合わせて返送しようと思いつつ、出遅れています。
あれよあれよ大きくなって大姪1なんてもうすぐ小学生!
共働きの親には大変で長かったのかもしれませんけど。

箱の中身を探索して手紙を選び、今回私のおめでとうの絵手紙と一緒に送ったのですが、大姪2宅へ届くのに何と5日もかかって間に合わず。
(普通郵便でしたが、こんなこともあるんですねぇ。)

自分の手紙を受け取った姪っ子は驚きと笑いと!
天国の「おばあちゃん」に大変感謝していました。










コメント (4)

2月のコンサート つづき

2018年03月02日 | コンサート


記録的な大雪に見舞われた福井まで「東京チェロアンサンブル」を聴きに行きました。

関西公演はありませんし、ほとんど存じあげませんでした。
若手トップチェリスト集団ですが、このアンサンブル結成から10年ですって!
幼い頃から修行を積み、皆さん早くからステージでご活躍だったのですね。

破格に美しいハーモニー、若々しい躍動感あふれるアンサンブル、夢中で拝聴。
来て良かった!



雪原にあるかのようなホール。車が不可欠な場所。


翌日は念願だった雪の永平寺。


ビジュアルだけでも、荘厳な銀世界に大感激。

修行中の若い僧侶を目の当たりに見学させていただき、身が引き締まる思いでした。

道元の教えは、日常の要するに「家事」や立ち居振る舞いこそが大切だということ?!
存じませんでした。

禅宗といえば座禅。

身心脱落、脱落身心
只管打座

邪念を払ってチェロが弾けるようになりたいものです。


交通機関もダイヤ通り、お天気も快晴。
ありがたい福井の旅でした。

(昨日はまた雪と強風で特急は運休)
コメント

2月コンサート

2018年02月17日 | コンサート


寒い中、人混みでインフルや風邪をもらってくる不安もあってコンサートへ行くのも億劫になってくるお年頃。
でも思い切って連日出かけたコンサート、どちらも大満足でありました。

○チェロリサイタル

出演者
チェロ
エドガー・モロー
ピアノ
ピエール=イヴ・オディク

プログラム
モンティ:チャルダッシュ
グラズノフ:吟遊詩人の歌
グルック:精霊の踊り
フォーレ:エレジー
プーランク:愛の小径
ドヴォルザーク:森の静けさ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
パガニーニ:ロッシーニの「エジプトのモーゼ」の主題による一本の弦での変奏曲
シューマン:アダージョとアレグロ
チャイコフスキー:感傷的なワルツ
タンギー:スパイラル
サン=サーンス:あなたの声に心は開く(歌劇「サムソンとデリラ」より)
ブロッホ:祈り(ユダヤ人の生活より)
ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ(ジャンドロンによるチェロとピアノ編)
●アンコール曲
ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ ニ短調より 第2楽章
エルガー:愛の挨拶

どうです!いろいろ思いっきり詰め合わせてみました的プログラム!

これはお得です!

エドガー君は羽生結弦君と同じ年齢。

チェロ演奏もアスリート的要素があるとしたら、まさに若さ炸裂、旬ではありませぬか?
早送りしたような鮮やかな超絶早弾きには驚きでした

*羽生結弦君の演技、本日TVに釘付けで大感動でした。金メダルばんさ~~い!
 追記:なんと将棋の羽生さんが藤井君に負けた!羽生デー!

1曲だけ初めて聴いた曲がありました。
タンギーという作曲家ですが、エリック・タンギーという方?
日本語のページがみつからなかったので詳細は不明。
とにかくその超難易度高そうな現代曲で度肝を抜かれたお次は、切なく歌い上げるオペラのアリア「あなたの声に心は開く」で涙腺が緩む。

彼が特に好きな曲だそうですが(お若いのに渋いですね)誰もがうっとりする、それは美しい演奏でした。

初お目見えのエドガー君、大ホール全体とてもいい感じに熱くしてくれました。
サイン会は長蛇の列。


○ヴァイオリン オーケストラ

サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番(ヴァイオリン:樫本大進)
チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調

一度樫本氏の生を聴いてみたかったので念願かなってすごく幸せ。
安定感のある重厚な演奏にすっかり魅了されてしまいました。

サン=サーンスの協奏曲はチェロ協奏曲ばかり聴くはめに?なっていますがヴァイオリンもドラマチックでいい曲です。

最初の掴みが作曲家の特徴なのかなあ、なんて。

アンコールの無伴奏。
個人的な理由ですが胸が熱くなりました。

一昨年、故郷にUターンして結婚なさったチェロの先生の披露宴で、元同じオケのコンミス嬢が見事に弾き切った曲。
田舎でコンサートもないと言う先生ですが、今は一児の母で着々と夢を叶えていっておられます。

私の中で幸せを祈るガヴォットになっておりました。


指揮者、ソリスト人気もあいまってか、ほぼ満席で、大歓声が上がりました。

私の席はランク3番目でしたが、それでもバルコニーの良く見える席。
ここのホールが好きな理由の一つかな。
前記のホールはランク1番目の席でも、え~~?ってことが。


ホールのロビーにアンコール曲を貼り出す場合、なぜもっと高い位置に貼らないのでしょう。
大勢の観客が低いパネルに近寄ろうと殺到して危険です。
私も強く押され突き飛ばされそうに。
1曲目は知っていたので、2曲目を見ようとしたけどチラッとしかみえず、
断片的に見えた「アザラシ」「グルジア」を覚えて帰りました。
チェロの主旋律ではじまる聴きやすいロマンチックな曲でした。

日本センチュリーのHPより↓
♪ソリストアンコール

J.S バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番第3楽章ガヴォット

♪オーケストラアンコール

アザラシヴィリ※:ノクターン

※ジョージア(グルジア)の作曲家 (1936~)

見つけました!
V.Azarashvili - Nocturne
コメント

知らなさすぎ?

2018年02月02日 | 日常
iPhoneデビューから1年半、様々な機能のいったい何パーセント使えているのかしらん。
氷山の一角だけ使ってる?

スマホのカメラはアンドロイドにしてもとても優秀で、使いこなせば一眼レフもいらない時もあるとのこと。
先日、詳しい方からカメラの機能を少し教えてもらいました。

今まで何も考えずに、主に「写真」たまに「ビデオ」のボタンを押していただけ。
ピントや明るさを操作できることを知らなかったなんて!
パノラマだけは、面白がって撮っていました。
でも調整は不可能だったので、偶然の産物。
手すりの歪みがどうしようもありませんね。



ピントを合わせてみる練習。







icloudでスマホの中身がパソコンで見られるのが便利だと感心していたら、icloudに入っている写真とスマホの写真と合致しないのが謎。
コメント

おくればせながら謹賀新年

2018年01月06日 | チェロ


今年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

不思議なショットを発見、拝借↑
中身は超高額な楽器のはずですが、コロコロで振動与えてもよろしいの?
なかなかの愛犬家のようですね。
本当に散歩しているのではなく、当時の写真栄えを狙っただけかしら。
そういえば、重い楽器を担いでウロウロ歩けるのは何歳まででしょう。
ワタクシ、そのための筋トレが必要になってきた気がします。

さて、いろんなチェリストを集めた未知のアルバムを聴くのも楽しいですね。
ながら、で聴いていてハッとしたら誰の演奏かチェックします。
ハッとした1人が彼でした。

条件を変えるとまた違った受け止め方になるのが面白い。
昨日、地元の天才少年チェリストのコンサートでした。
2000人の大ホール、あっという間にチケット売切れそうになり、ようやく取れた席が最上階の真横。
見下ろすのでツムジしか見えません。
いつもニッコニコの表情と共に拝聴していましたが、今回ナシだとかなり印象かわりました。
不思議なものです。

今年も焦らず地道にチェロを楽しみます。
コメント (2)

自然体のレッスン

2017年12月20日 | チェロレッスン
ふと気がつけば60代も半ばになり、チェロ歴の長さに驚嘆!愕然?!そしてこの先のチェロ歴はどうなる?

体にやさしい、持続可能な演奏法で少しでも長くチェロ演奏を楽しめたらと、縁あってベテラン指導者の門を叩きました。
自然体で弾くにはどうすればよいのか、より具体的に、意外な手法もあり、のレッスンのスタートです。
まず弓の持ち方を大幅に変更、練習中。
持ち方というより、持たない感覚。
調弦の時から、サッとそれができるように早くなりたいもの。
5度の重音をバランス良くキレイに響かせずしてどうして調弦するの?とおっしゃられても。。。
これが難しいのです。今更ながら。
今までは弓をガッツリ掴み過ぎ、固い音になり響きも少ない。
親指もつっぱり無駄な力が入るので、腕の可動域も狭くスピードも出ない。
今までの先生にも、散々同じようなことを言われていて肩甲骨や腕全体を使うことも意識していたのですが、まだまだでした。
出来る生徒は見本を示しただけで、すぐに出来てしまうそうですが、出来ない人は何年かかっても出来ない世界です。
そこで経験豊富な先生は、あの手この手でトリッキーな実験もまじえて、脱力へのプロセスを指南。
永遠の課題に臆せず立ち向かおうとヤル気にさせていただいています。
「脱力とショボイのは違う」と指摘されるように、混同気味です
頭の先からつま先まで体全体、顔の表情まで、先生の鋭い観察力はちょっとした力みや不穏な動きも見逃しません。
蛇に睨まれたカエル状態で、固くならずに弾くのは今のところ難しい。
案の定「コワイ顔で弾かないで」と言われます。
そうそう、大きな目標のひとつに「おだやかな顔、普通の顔で弾く」というのがあります。
オヤジバンドのコンサートや、自分の出た中高年のコンサートで、とてもうらやましく思ったのが、幸せそうな表情で演奏する方。
クラシックの演奏者ではなかったですが、そうありたいと切望します。
第一、チェロ弾くのはそんなに辛いもんなの?と思われたくないです。


準備運動にヨガ!
来年、不定期でヨガの個人レッスンも受ける予定。

二の腕、わたしの年ならどんだけ揺らすん?
コメント (4)