キカクブ日誌

NHKでやってるドラマ「昭和元禄落語心中」面白いですね~。

東京ドキュメンタリー映画祭

2018年12月10日 | ☆エンタメ-映画


巻き込まれキャンペーンの最後を飾るイベントとしてでかけてきました。

東京ドキュメンタリー映画祭。
知り合い関係の作品だったので見に来たのですが、そんなことに関係なく見た2 作品とも素晴らしかった。

『西索米~人の最期に付き添う女たち〜』

『巨大中国と戦う“民主の女神” 香港 オタク少女の青春日記』


台湾の「西索米」は葬式楽隊の話。陳昇の「鼓聲若響」が登場してちょっと驚き。
お葬式はなかなか触れる機会のない台湾の一面。楽隊の女性たちが人生に誇りをもってる姿が美しかった。私がもともと惹かれていた台湾の美点もこんなところだったと思いだしたりもした。



香港の雨傘運動の女神と言われる「周庭」アグネス・チョウさんを追った日本のTV番組もなかなかで、香港のことだけど日本国内のことに強く思いが向く内容だった。

一番印象的だったのは「若者たちがこんなに頑張っているのに、大人として恥ずかしい。今日は彼らを守りに来た」という香港のおじさんの言葉。

自分に刺さった。

台湾のひまわり運動の時、私の友人は「おとな」として、示威行動をする学生のために、近隣のホテルの部屋を予約して、学生たちに休憩、シャワーなどが交代でできる空間を提供していた。わたしよりずっと年下だけど、「おとな」としてまぶしかった。 

果たして自分にできるか?


巻き込まれキャンペーンの最後にふさわしい、いろいろな贈り物(課題)をもらった日曜の夜だった。
コメント

ピートとの出会い

2018年11月02日 | ☆エンタメ-映画
5年ぶりにピートに会って、
「初めて会ったのはいつだっけ?」
と、夫と話をしていた。

多分、ピートが日本で初めてライブをやった時からだと思うのだけど・・・。

どうしても判然としない。
このブログを始めたのは2004年。(なんとGooブログが始まった年だったらしいですね。Gooブログも15周年だそうです)
一の頃はこんな日記みたいなブログではなくて、仕事関係のことを書くつもりだったので、ピートのこともあまり書いていなかった。

昔の手帖を引っ張り出してきたけど、以前は仕事用のとプライベート用のを分けていて、今は仕事用の手帖しか残っておらず、詳細がやはりわからない。
それでも、夫が色々ネット上の情報を検索してくれて、昔の記録が探し出された。


2003年だった。
吉祥寺の「のろ」という店でのライブだった。
そのすぐ後に、お台場でミニライブ。
2003~2007年くらいはピーとも頻繁に来日していたし、来日の度に会っていた。

懐かしい。
もう15年以上の付き合いになるんだなぁ。
(ここ5年は会ってなかったけれど)


才能が有りすぎて、遠くの世界の人だと思うこともあるけれど、その世界を知ることができて幸せだと思う。
また、次に会えるのはいつになるかわからないけど、これからも応援していこう。
コメント

第31回東京国際映画祭「ピート・テオ特集」

2018年10月30日 | ☆エンタメ-映画


何年ぶりかで東京国際映画祭へ。
ピート・テオがゲストで登場するというので見に行くのです。
会場は六本木ヒルズ。


10年くらい前に友人がマネジメントにかかわっていたこともあり、日本での活動もそれなりにあったので、私もかなり熱く応援していたマレーシアの才人ピートテオ。実際に会うのは5年ぶり。
今回の映画祭には「アジアの風部門」の審査員なんだって。
そして彼の特集上映があるという。
なんだかすごい人になってるんだなぁと実感。

でも、そりゃそうですよね。

マレーシアの音楽、映画などの一番とんがってるところの頂点にいるような人。政治問題などがあって、メジャーなところで活動しない道を選んでいたピートですが、その才能でインディーズを率いる形になり、ピートとインディーズそのものがメジャーになっている現象なのかも?
去年はハリウッド映画に俳優として出ていて驚きました。
ドリームワークスの作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」(日本の攻殻機動隊のリメイク)北野武や桃井かおりも出てましたね。主演はスカーレット・ヨハンソン。その中でピートはとても気持ち悪い悪人をやってました。


六本木ヒルズのTOHOシネマで19:45~
会場に入っていくと、ロビーでピートが立ち話していました。
髪の毛が白くなっていました(写真で知ってたけど)

「好久不見~Long Time no see!」と声をかけます。

私を見るなり、開口一番「あれ?髪の色変えた?」と、ピート。
「白髪増えたね」といわないところが紳士ですね(笑)。
「Yes, same as you! 」お互いにね~。



「ピート・テオ特集」の内容は、彼がこれまで制作にかかわったマレーシアの短編などを集めたものでした。商業的なものではなくて、社会に対する映画人、音楽人のメッセージという作品なので、インターネットで公開されているものも多く、半分くらいは見たことがありました。

マレーシアは今年、政権交代がありましたが、それ以前にピートたちは「投票に行こう!」というキャンペーンをやっていました。
また、「15マレーシア」という作品は、ピートが中心になりプロデュースした15本の短編映像集。
15人の監督たちがそれぞれ5分くらいの作品を作っているのですが、かなり風刺がきいていたり、マレーシアの社会問題を告発して至りという内容でした。(ちょっと良くわからないものもある)おそらく、進歩的な考えのマレーシア映画人にとっては、政権交代前の状況は非常に危機感(あるいは閉塞感)があったのではと思います。今も解消してるとは言い難いでしょうけれども。


上映後のQ&Aでは、2009年に51歳で急逝したヤスミン・アフマド監督の話題がやはり出ました。
彼女を失った穴は相当大きなものなのだろうと思います。
日本でも、去年ヤスミンの2009年の作品「タレンタイム」が劇場公開されたこともあり、日本の映画ファンの間でも認知が広まっているのだろうと思いました。この「タレンタイム」はピートが音楽を全面担当しています。






イベント終了後ロビーにサインを求める長ーい列ができていました。
参加者一人一人にサインして写真も撮らせてくれました。
ありがとう~!


今回のイベントの記事
ピート・テオが楽曲「I Go」に込めた思い明かす「ヤスミンのために書いたのかも」(映画ナタリー)
ピート・テオ「タレンタイム」のアフマド監督の思い出を語る(映画.com速報)

2007年日本語によるピートの記事

今年は、「自由行 A Family Tour」という中華圏の映画に出たのだそう。
来月東京フィルメックスで上映予定です。



TIFFの「ピート・テオ特集」は、10/30(火)にも上映があります。
ピートも登壇します。
お時間あれば是非!

東京国際映画祭公式サイトへ:https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CCA09



ピートに会う時、いつも少し心のどこかがチクチク痛いような感じがあります。
英語が出て来なくてもどかしいからかもしれないけど、やはり彼のまとっている少し暗い影に引っ張られるのかもしれませんね。不思議な魅力を持った人です。
コメント

「父の初七日(父後七日)」2010年台湾

2018年02月28日 | ☆エンタメ-映画
父の初七日 [DVD]

マクザム


先日講座を聴いた釈徹宗さんのラジオ番組で紹介されていた映画。
台湾のですが、タイトルも知りませんでした。
たまたまGyao!という動画配信サービスで日本語字幕付きが無料で公開されていたので、見てみました。


おもしろい!!!!


台湾にかれこれ20年ほど通っていますが、全く知らない台湾の一面を見ました。そういえば、お葬式とか出たことないもんね。
邦題は「初七日」となってますけど、初七日と言うより「お葬式」そのものです。台湾の伝統的なお葬式の進み方が、幾分コメディータッチで描かれています。伊丹十三の「お葬式」と言う映画もコメディー要素ふんだんでしたね。
作中の葬儀は「道教」により執り行われます。キョンシー映画でおなじみの「道士」が指導してくれます。(道士さんは葬儀社を営んでいます。)「七日」なのは、占い(と言うか暦?)で、葬式の日どりを決めたら、たまたま7日後が出棺と言うことに決まったからです。「初七日」のように「7日」と決まっているわけではないですね。日取りは遺族の生まれた日などの組み合わせで決めるらしい。(なので、邦題の「父の初七日」はいただけないですね)

道士さんの彼女(葬儀社の共同経営者)も「泣き女」をやったり、葬儀につきものの鼓笛隊の指揮をしたり、お供え物の営業をしたり、祭壇をつくったり、お経(?)をあげたり大活躍です。

映画の舞台になっているのが「彰化県田尾」です。私の友人が住んでいる町ですが、花の栽培が盛んなところで、電照菊(花の種類は不明だけど)畑やバラの露地栽培の畑などが登場します。友人の家も花農家です。ずいぶん前になりますが、その友人の家に遊びに行ったとき、その家庭は完全なベジタリアンで、家では精進料理しか食べないということでとても驚いたのを覚えています。家の敷地内に廟もあり、宗教に基づいた生活が営まれている場所でした。

言葉はほとんどが台湾語。
主人公の女の子は台北で勤めているのできっと台北では北京語を話しているはずですが。そのほか、日本の演歌や変な日本語も登場します。いかにも台湾の田舎の感じです。


以下、「へーっ」と思ったこと。
・病院で亡くなった人を自宅に送るのに、救急車がサイレンを鳴らしていくんですね。
・棺にすがって泣くのも儀式の一部で、時間が来たら「ハイ泣いて」「よしおわり」「ハイ泣いて」と繰り返されます。
・紙の家や車を燃やす儀式、死者の足元で紙のお金を絶え間なく燃やす儀式、そしてその灰を川に流す儀式。
葬式の前には、鼓笛隊がやってきたり、道士さんが踊ったり(エレキギターの伴奏もついてる!)
・占いで決まった納棺が3日後、出棺が7日後。納棺までご遺体は遺体用冷蔵庫に保管されます。(南国だ!)冷蔵庫は自宅まで運ばれてきて、ガンガンヒューズを飛ばしまくります。


どれもこれも興味深いものでした。
おそらく、台湾の若い人も知っているようで知らないことなのじゃないかな。

台湾では、小品として公開され始めたものの、どんどん人気が出て異例のロングランになった作品なのだそうです。映画賞もとったようです。
日本のお葬式も、私もまだ知らないことたくさんあるでしょう。
地方によっても違うでしょうし。
宗教によってもちがうでしょうし。
また、今は仏式でもどんどん変化しているらしいし。



この映画がズシンとくるのは、この一連の儀式は淡々とこなしていた主人公が、葬儀の後日常生活に戻り、ずいぶん経ってから、ふとしたタイミングで父親の死を実感して泣き続ける。と言うくだりだと思います。
わたしには経験がないですが、うちの夫もまえに父親を亡くした時、葬儀の間中は儀式や来客の対応等に追われまくって、全く涙も出て来なかったけど、すべてが終わって、家に母親と二人になったタイミングで号泣したと言っていたのを思い出しました。

コメント

連休中にテレビで映画を見まくった

2017年10月10日 | ☆エンタメ-映画
3連休、出かけたりもしたのだけど、家のテレビで映画など見まくったりもしました。

「バイプレイヤーズ」TVドラマ全12回
カルト的人気を博したらしい。確かに面白かった。


「羅生門」

言わずと知れた黒澤明の名作。1950年だっていうのがびっくり。そして「藪の中」の映画化だと思ってたのだけど、オリジナルストーリーがあったんだ!


「殿!利息でござる」


「武士の家計簿」と同様、磯田先生の古文書研究の成果が映画になった。ムネアツなのは、阿部サダヲ演じる主人公の子孫が今も同じ商売をして残ってるってこと。タイトルに騙される映画。もうちょっと普通のタイトルが良かったのでは?「殿」も大して出てこないし…でもその殿の演技がびっくりするくらい上手でした。
 

「清須会議」

 
三谷幸喜作品。
大泉洋は芸達者。そして三谷作品では定番だけど、佐藤浩市が小人物役をやるのがいい。女性が「まろまゆお歯黒」だったのは見慣れなかったね。キャストが真田丸メンバー。


「一命」


三池崇史作品。
きつかった・・・・。えぐかった。画面が黒かった。前にも映画化されてるらしい。市川海老蔵っていい役者だね。こんな風に人間は人間を追い込む。今の時代だってそうじゃないのか。
 

「空海」


1987年、高野山全面スポンサーの映画らしい。しかも文部省推薦。北大路欣也が空海。80年代っぽい変な特撮が甚だ興ざめだけど、心意気は買いたいとおもう。3時間近い長い作品だけど、それでも見たりないと思った。もっと空海さん見せて!!来年、チェンカイコーが撮った「空海」が公開されるらしいけど、期待できるかな?こっちは伝記ではなさそうだけどね。



最近、邦画、それも時代物が好みになってきている。

コメント

映画「点と線」1958年

2017年08月10日 | ☆エンタメ-映画
夏になると松本清張の気分です。
なぜだろ?
1958年(昭和33年)制作の東映映画「点と線」を見てみました。古いけど、カラー作品です。小説は1957年~1958年にかけて雑誌に連載され、その年の秋にこの映画が公開されています。ホントのホントに同時代の作品なので、登場する風物が本物です!鉄道小説ですから、鉄道が主役なんですが、これでもかっていうくらい出てきて、ワクワクし通しです。
当時の東京駅、ホーム、階段。
二等とか三等とかいう列車のプレート。
蒸気機関車。
夜汽車の車内。
青函連絡船。
国鉄香椎駅、西鉄香椎駅。
千歳空港(新千歳じゃないです)

乗り物のほかにも、札幌の時計台も出てきます。とても都会の真ん中にあるように見えない。周りは木造の黒っぽい住宅ばかり。
「メートル法の店」って書いてある果物屋の店先。
安田の会社の屋上から見える高架の鉄道(新橋?)と、その向こうに広がる広い道路(銀座?)


私の知らない生まれる前の日本の風景。楽しみました。こうなると、映画の出来とか関係なく、資料として楽しめますね。

点と線 [DVD]
コメント

台湾、緑島から日本、屋久島、直島、小豆島へ

2017年06月25日 | ☆エンタメ-映画
2015年のドキュメンタリー映画。
台湾の知人にぜひと勧められてyoutubeで鑑賞。
48分間。


内容は、22歳の台湾女性が台湾から日本を旅するもの。

緑島という台湾の美しい島、でも近年かなり観光化されてきてる様子。
屋久島のウミガメ孵化を守る団体の活動に参加する彼女。ヒッチハイクで瀬戸内海の直島を目指す彼女。
そして、旅の中で出会う人たち。

シナリオ通りに進むわけではないからまとまりはないけど、色々気付かされる作品です。

劇場公開の機会に恵まれなかった作品のため、たくさんの人に見てらいたいと、ネットで限定的に公開されています。
どうぞご覧ください。
台湾の作品ですが、半分くらい日本語です。
(下のリンクをクリックすると、Youtubeへ飛びます)

summer.island.dream
2014的夏天,雅琪背著大背包和蛙鞋從台灣綠島到日本屋久島及瀨戶內海各小島的島嶼旅行

コメント

日本・香港インディペンデント映画祭2017

2017年04月22日 | ☆エンタメ-映画
日本・香港インディペンデント映画祭2017
テアトル新宿にて4月15日(土)〜21日(金)

日本と香港のインデペンデント映画を毎日2本立てで上映し、上映後にゲストによるトークショーもあるという面白い映画祭が新宿で開かれていました。友人にも行った人が多く、興味もあったのですが、平日の夜ということでなかなか時間が取れず(今週は出張もあり、それと大きなクレームへの対応もあり珍しく忙しかったのです)、やっと最終日に滑り込んでみてきました。

この日の演目は
日本「新世界の夜明け」[監]リム・カーワイ
香港「アウト・オブ・フレーム」[監]ウィリアム・クォック


日本映画の「新世界の夜明け」は北京と大阪を舞台にしたもので、監督はマレーシア人。
言葉の半分以上は北京語です。
このリム監督は、日本留学、就職も日本でしたという経歴の持ち主で、日本語も堪能です。どこを拠点にするということもなく、日本や香港、中国大陸で映画を撮っています。そしてこの映画祭の主催者でもあります。

香港映画の「アウト・オブ・フレーム」。
全く情報のないまま見たのですが、こちらも北京(の近郊)を舞台にしていて、香港人の監督ですが、全編北京語で進んでいきます。テーマは、中国の芸術家たちが国の体制によって監視、迫害される様をドキュメンタリーっぽく描いていきます。迫力がありました。芸術ってこういうものなんだなと、感じました。この作品は上映される機会がとても少ないのではないかと思います。見られてよかったです。




上演終了後のトーク。広東語で進んでいく。(ここへきてようやく「香港」映画祭だと感じた)
非常に面白かった。




館内の掲示。
テアトル新宿、名前は知ってたけど初めて来た映画館。



この映画祭、香港の作品だけ、名古屋と大阪にも回るそうです。
見に行った人からとても評判のよかった映画祭でしたので、興味のある方お出かけください。

香港インディペンデント映画祭2017
名古屋:シネマスコーレにて5月6日(土)〜12日(金)
大阪:シネヌーヴォーにて6月開催決定 !
コメント

偉大なる、しゅららぼん(2014日本)

2017年02月03日 | ☆エンタメ-映画
万城目学原作の映画化です。
偉大なる、しゅららぼん スタンダード・エディション [DVD]
キングレコード


「まんじょうめ」かとおもったら「まきめ」と読むのですね。
この方のお名前。
本はまだ読んだことありませんが、映像化作品は
「鹿男あをによし」(TV)
「鴨川ホルモー」
「プリンセス・トヨトミ」
とかなり見ています。

いつもどこからこんな発想?と思うような、奇想天外な設定がある。登場人物たちの多くはその世界のルールを信じて生きているのだけど、主人公はこっち側の普通の世界からそっちの世界を足を踏み入れる・・という設定になっているので、私たちも楽しめるようにできています。


今回のは、琵琶湖のほとりに特別なチカラをもった人々が住んでいるという話。
お城に住んでる高校生など、見た目も面白い。

鴨川ホルモーの「ゲロンチョリー」とかは楽しいと思ったけど、今回の「二度づけ禁止」という小ネタは面白くなかった。
関西人にしか受けないと思うな。
とはいえ、この人の話の舞台はいつも関西。
「鹿男あをによし」は奈良。
「鴨川ホルモー」は京都。
「プリンセス・トヨトミ」は大阪城。
そして今回の「しゅららぼん」は琵琶湖。

次はどこかな~。
神戸あたりかな?

キャストでは、やはり浜田岳はいいですね。
村上弘明もいつまでもカッコいいなぁ~!

映画の出来としては…う~ん、原作の方が面白いんじゃないじゃないかな?読んでませんが。
この手の話を面白く作るのは案外難しいことなのかもしれないですね。

コメント (2)

沈黙~サイレンス(2015)

2017年02月01日 | ☆エンタメ-映画
遠藤周作の「沈黙」の映画化。
マーティンスコセッシ監督が日本の俳優を使って、台湾ロケで作った大作です。
スコセッシ作品は私の嗜好とはかなり違うので、これまで「シャッターアイランド」しか見たことなかったのですが(そしてやはり好きにはなれなかった)今回は、日本が舞台だし、ある映画人に協力推薦されたので、見てみようかと思っています。

原作の「沈黙」には思い出があります。
10年以上前になりますが、夏休みにイタリアへ一人旅をしました。
陽光あふれる、南イタリア。
バカンス気分で楽しむつもりでした。
その旅に文庫本の「沈黙」を持って行きました。
キリスト教の話・・位しか予備知識がなかったためでした。
旅の間ずっと読んでいました。テーマが重いし、拷問シーンなど苛烈な描写も多いし、読み進むうち暗くふさぎ込む気持ちなっていきました。イエズス会の教会などに実際訪れて、何とも言えない気持ちになり、早く日本に帰りたいと思ったり。それでも力あふれる筆致というのか、途中で放棄する気にはならず、最後までぐいぐいと読まされてしまいました。で、最終日に泊まったローマのホテルのライブラリーに寄贈してきました。

映画見て「沈黙」読み返したくなるかな?
日本で読んだ方が少し楽な気持ちで読めるかもしれないですね。

沈黙 (新潮文庫)
遠藤 周作
新潮社




あの時、ポンペイ遺跡にも行きました。
キリスト教の臭いがしない遺跡にほっとしました。

キリスト教は歴史の必然だったのだとは思いますが、宇宙からの視点(は不可能ですが)で見てみると、キリスト教が人類にもたらした悲劇はかなりの重さと大きさであるように思います。(キリスト教に限らずですが)
なぜ、ヨーロッパ人は、アジアにアメリカにアフリカに自分たちの神を伝えなければならないと思ったのでしょうね。
「宣教」という行為が、人類に与える意味は何だろうと思う今日この頃です。
コメント (4)

フットルース(1984年アメリカ)

2017年01月27日 | ☆エンタメ-映画
Footloose: Bonnie Tyler - I Need A Hero


この超有名な映画。
見たことありませんでした。
でもこの映画を彩る挿入歌はほとんどそらで歌えるほどです。
ヒット曲づくしですね。

こないだ、BSでやってたので録画してみました。
びっくりしたのが、ボニータイラーの「ヒーロー」が使われている場面。
こんなトラクター対決の場面だとは思いもよりませんでした。
日本語で歌ってるのは確か「スクールウォーズ」っていうラグビーのドラマでしたよね。

何にしてもカッコいい歌です。
もっとカッコいいシーンで使われてると思ってた・・・。
トラクターのチキンレースも見ようによってはかっこいいかな。
いや、いや、やはり無理ですね。



コメント

「君の名は。」2016年日本 運命の相手?

2016年11月02日 | ☆エンタメ-映画


8月末から上映しているこの話題作、11月になってもまだやっています。大ヒットですね。私もようやく見てきました。映画の感想は、ともかく(ということは・・・以下自粛。あ、すごくきれいな映像でした、音声もよかった。)書きたいことがあります。今回珍しくネタバレしませんよ。

この映画の中でストーリーには直接関係ないのですが、モチーフとして描かれる現象に

・目が覚めたら涙を流している
・目が覚めたら覚えていない
・誰かわからないけど、忘れてはいけない大切な人がいる

というのがあります。
これに私も思い当たることがあって、「やっぱりそういう人多いんだろうな。この作家もきっとそういう体験があって、それでこういう話をつくったのかな?」と思いました。

私の場合は、思春期くらいから始まった様な気がしますが、夢の中にある人物が登場します。

・夢の中では「間違いないこのヒトだ」と思います。
・どんな関係の人かはわかりませんが、とても懐かしく前世から知っていたような感覚になります。
・夢によって設定は変わり、ずっと一緒にいる人として登場することもあれば、「やっと会えた」と思うこともあります。
・目が覚めると、その懐かしい感覚だけはリアル過ぎるほど残っているものの、顔かたちは思い出せず、記憶の中にあるどの人物とも一致しない、つまりは、実際には知らない人


ずっと、できるものならそのヒトに会ってみたいと思っていました。
会えば、すぐにわかるような気もしたりしてました。
もしかしてその人が私の運命の相手なのか?とか若いころは思ったりしたこともありますが・・・・

今は、多分脳内の海馬のあたりで記憶のミスコネクトが起こって、何かエラーが生じている現象なのだろうと理解しています(ああ、なんて夢の無いw)。そして、こういう現象はほかの人でも起こっているのではないだろうかと思っています・・が、みなさんいかがでしょうか?夢の中でとっても懐かしい人に会ったことありますか?そしてその人が知らない人だったりししてませんか?
コメント (2)

渥美清のテレビドラマ「泣いてたまるか」と青葉台

2016年09月25日 | ☆エンタメ-映画
今、民放のBSで渥美清のテレビドラマ「泣いてたまるか」を連続放送してる。寅さんファンを自認するワタクシ、毎回録画して少しずつ見ています。渥美の役柄も、設定も、脚本家も、演出も毎回変わるという楽しいドラマです。

彼の演技を楽しむ一方、昭和40年前後の風物を楽しんでいます。

シリーズ後半で「先生○○する」という連作があります。この部分は、渥美の役柄は高校教師、生徒たちも同じ役者が出てるんですが、中学生日記のように毎回話が変わります。

でこの高校教師シリーズの舞台が、横浜の青葉台です。
昭和41年に東急田園都市線が開通したらしいので、出来立てほやほやの街でロケをしてることになりますね。 青葉台は、私が大学卒業して最初に住んだ街です。この青葉台が、空き地だらけの草ぼうぼうな土地として登場するのがこれまた楽しい。

ドラマの中に出てくる青葉台駅前に噴水があるのですが、私が住んだときあったかしら?あの頃は、駅前再開発の真っ最中でずっと工事中でした。引っ越して10年以上経ってから行ってみたら、駅前にデパートが建ち、さらにオシャレで高級な住宅地となっていました。


面白いのでまた国土地理院のサイトで昔の航空写真を眺めてみました。

驚くのは駅の北側の「U」の字のような形の3つのビルがずっと残っていることです。
今もありますね「青葉台東急スクエア」です。。
それから、駅の北側に広がる団地の樹木がどんどん育っているのも興味深い。2007年の写真ではいったん伐採してしまったのか、季節の問題か、樹木が目立ちませんね。
ドラマに出てきた駅北側ロータリーの丸い噴水は、1975年までは確認できますが、その後は駅舎が拡張されているようで、かげになっているのか、確認できません。
駅舎の形も4枚の写真とも全部違います。
駅の北側は、鉄道敷設当時からかなり計画的に開発されたようですが、南側はなすがままになっていたようにも見えますね。私が住んでいたのも南側です。駅から徒歩20分くらいの梅ヶ丘という住所のアパートでした。今はもうありません。


1970年の青葉台駅前



1975年の青葉台駅前



1989年の青葉台駅前



2007年の青葉台駅前



ドラマの感想はまた後日。
コメント (45)

我的少女時代 2015台湾

2016年08月14日 | ☆エンタメ-映画
シンガポールへ行く機内でまた見ました。日系の飛行機で日本語字幕があったので、前回よく分からなかった細かいところまで確認できて良かった。
やっぱり泣くねー。

創立記念日の講堂のシーンと、最後の台北アリーナのシーンは、何度見ても泣けることでしょう。

この映画はオススメです。シンゴジラはオススメできる人が若干限られるけど、この映画は360度誰にでもすすめられます。

というわけで、シンガポールに着きました。いま宿に向かう地下鉄の中です。

simカード18ドル。
コメント

「シン・ゴジラ」 2016年日本

2016年08月04日 | ☆エンタメ-映画


急に思い立ち、仕事帰りに川崎で映画を見てきました。
今話題の「シン・ゴジラ」。

川崎駅で降りたら、いきなりこの巨大な広告が目に飛び込みました。
どうも川崎も登場するようです。
ロケ全面協力なんですね。

私、いい年ではありますが、実は「ゴジラ」を見たことがありません。
設定とかもよくわかりません。
それでも、見てもいいんじゃないかなと思って行きました。
この映画から「ゴジラ」デビューする人もいるでしょうから。
(ちなみに「エヴァ」とかも知りません。)
予備知識全くゼロです。




最近は映画のチケットはインターネットで座席指定して買います。
割り引きチケットもネットで買えるので便利ですね。
IMAXもあるようですが、ちょうどいい時間にやってた普通の上映回にしました。

気楽に見る映画だろうと思って、ポップコーンを買い込みました。








以下感想、そして例のごとくネタバレします。未見の方ご注意ください。





ゴジラは羽田から多摩川を遡上します。
うわっ!ここ川崎なのに!
めちゃ近いじゃん。
来るよ!
そのまままっすぐ行ったら、我が家もやられちゃう><
きゃーーー!!

と、しょっぱなから大興奮です。
見慣れた羽田空港、天空橋のところの鳥居、蒲田!
地元ならではの興奮もありました。

そして中盤、なんとゴジラが武蔵小杉のビル群へ突っ込んできますよ。
迎え撃つ自衛隊の陣地が置かれたのは・・・
ご近所の多摩川浅間神社ではないですか!!

あそこでよくイングレスやってました。
あんな狭いところに陣地作ったんだ。
全国でご覧になってる大多数の皆さんは、もう少し広いところと思ってるかもしれませんね。

多摩川の河川敷に戦車が!!
丸子橋が!!
そのまま行ったら職場も危うい!


あ、そっちへいった?
北品川?
ああ~京急線が!


いつも見ている風景がゴジラによって壊されていく。
何という面白体験でしょう。
((いえ、実は、見ながら怖くて怖くて、ちょっとパニック発作起きそうになりました。))

フィクションでヨカッタ・・・。


最後の作戦の場となる東京駅。
まさに東京の、日本の中心です。
ゴジラになぎ倒された、ビルにしっかり「GranTokyo」の文字が見えました。
あのタワービルは、もともと大丸の入ってた八重洲口の一つのビルを、東京のヒートアイランド現象を改善するために、北と南に分けたんですよね。風の通り道を作ったんだそうです。
ゴジラとは関係ないですが・・^^;

私は地図、地理好きなので、登場する東京の街がもう一つの主人公のように感じて、そこにワクワクし通しでした。

マニア的には、他にもいろいろな部分に反応する人いると思います。
鉄道もいい感じでしたね。
いつも怪獣にやられっぱなしの鉄道ですが、今回は活躍してた!
自衛隊も全面協力だったので、そっち方面に興味がある人もワクワクしたでしょうね。
あと、能狂言方面の方も^^



映画としても面白かったです。
こういうパニックものは、だいたい逃げ惑う市民側の誰かをクローズアップしてその人間模様とか、あるいは指揮する政治家や自衛隊の主要キャラの中の家族問題とかがウエットに描かれがち(パッと思い浮かぶの「感染列島」)ですが、この映画にはそういうものはほとんどなくて、「プロフェッショナル~仕事の流儀」とか「プロジェクトX」のような「仕事」の部分に光を当てて、貫いてくれた感じが気持ちよかったです。

怪獣映画、ゴジラではありますが、そこに描かれている「日本政府」のリアリティーはとてもよかった。私たちが311以降体験してきた現実を、こういう虚構を通して描いている。今「シン・ゴジラ」を見た日本人は、どうしても311に重ねるでしょうし、それを体験しているから、あそこで描かれていることがどれもこれもリアルに響くんでしょう。

セリフが多くて、登場人物も多くて、消化不良になりますが、それでも現実はああいうスピードで駆け巡っていくのだということが、福島第一原発の事故の際に我々は実際に体験しているわけです。
専門用語のオンパレード、これまでよく知らなかった関係組織の多さ。情報の嵐なのに何も確定的なことはわからないというもどかしさ。

だからあれはいちいち消化しながら見なくてもいいものでしょうね。
作ってる側も、あのセリフを全部観客に理解してもらおうなんて思ってないでしょうし。

政府の会議(閣議かな?)の場面の「中略」(!!!)という手法にも、とても納得しました。
きっとダラダラ長い会議なんだろうなぁ。


この映画、いろんな役者さんが、セリフも1個とかのチョイ役で多数出演されています。
こういうのもリアリティーに貢献してますね。
みんな持ち場持ち場の仕事があるわけですから。
ずっとかかわり続けないですよね。


石原さとみのキャラだけ、なんだか浮いてました(たぶん賛否両論ありそう)
でも、あの人が出てくると「あ、これ、おはなし(映画)だったね」とホッとする役割をしてました。



映画『シン・ゴジラ』公式サイト



クレジット最後まで見てたら、小池百合子の名前がありました。
防衛大臣の役作りに貢献?
コメント (8)

YOKOの好きなもの羅列

(順不同)地図、河岸段丘、保存樹木、宮本常一、縄文時代と日本の古代、文明開化と江戸時代、地方語、水曜どうでしょう、シャーロック・ホームズ、SHERLOCK(BBC)、陳昇、John Mellencamp、Kate Bush、イ・スンファン、カンサネ、1997年以前の香港映画、B級コメディー映画、SNL、The Blues Brothers、台湾、旅行の計画、イタリア、エステ、宮部みゆき、ショスタコーヴィチの交響曲5番、森川久美、のだめカンタービレ、くまモン
台湾旅行一覧 ただいま64回
海外旅行一覧 ただいま123回?