キカクブ日誌

NHKでやってるドラマ「昭和元禄落語心中」面白いですね~。

「大江戸温泉物語」の羽田早朝出発プラン

2018年03月16日 | ☆旅行─海外旅行
羽田空港は深夜早朝便が多いですね。
特に値段の安い便はその傾向が。
今回、羽田を朝の5:50に出発する飛行機だったので、どうやって空港へ行くかが問題でした。
思いつく選択肢は以下の通り

1.前の日の最終で空港へ行きロビーで夜明かしする
2.早朝、家からタクシーで空港へ
3.空港近くのホテルに泊まる
4.大江戸温泉物語の羽田早朝出発プラン利用

1.は一番安価ですが、一人旅だしロビーで寝るのもつまらないかな。前に深夜到着した時にベンチでごろ寝やったことあるけど、一人だとよく眠れないかも。
2.も安くはない。多分深夜割増料金で4000円くらいかかるはず。流しのタクシーはないので予約しないと。
3.はもっと高くなる
4.も安くはないけど、楽しそう。

ということで、いろいろ検討した結果、4の「大江戸温泉物語」を利用することにしました。
料金は3480円(税込)です。
夕食食べたりして、結局これだけでは終わらないはず。


仕事帰りそのまま品川へ行き、送迎バスに乗ります。
午後8時前に温泉到着。
ご飯を食べて、お風呂に入って、リクライニングチェアで寝ます。













夫も次の日が休みとのことで温泉物語へは一緒にいきました。
仮眠室は男女共用の所になったのですが、いびきがすごくてあまり寝られませんでした。
女性専用の方がきっと静かだっただろうな。
でも夫のおかげで寝過ごさず、ちゃんと出発の3:50(集合は3:35)に間に合いました。
金額の面では、飲食が安くないので、トータルで考えると家からタクシー乗った方がお金も安かった。睡眠もちゃんととれたでしょうね。

施設は、外国人の利用が多く、中国語、韓国語、英語が飛び交っていました。
平日だったからなおのこと日本人は少なかったのだと思います。

ところで、入浴のマナーを知らない日本人がいますね。
浴槽にタオルを巻いたまま入ったり、タオルを浴槽で絞ったり。
あれれ。
若い人たちは温泉の入り方知らないのかな?
外国人も多く利用するところだからか、マナーの注意書きがたくさん貼りだされているんですけどね。

又使うかと言うと微妙ですが、一度は体験できてよかったです。
平和島SPAも同じようなプランをやってるらしいです。
あと、注意したいことは、スマホの充電は有料です!


コメント (2)

2018跨年台湾旅行メモ Day4

2018年01月03日 | ☆旅行─海外旅行
流石に寝たのは朝方、なかなか起きられない。でもお昼ごはんの約束をしているので、11時に起きて荷造りして家主に挨拶して荷物を持ってバスで中山駅へ。ほんと、この場所(松江南京)は便利。

お昼ごはんは毎年恒例の北京ダック。元日に集って年に一度のごちそうを食べる。


毎年同じ店だから同じ写真だ。
今回は一緒にコンサートを見た日本人4人に加え、在住のご夫婦の6人。やはりペキンダックは人数がいないと楽しめない。

北京ダックのあとは台湾の弟に誘われ、烏来へ温泉入りに行くことになってる。私の他に女性3人を誘って賑やかにドライブ。
台湾も三連休なので渋滞していた。烏来に来るの15年ぶりかも。





昔来たときより賑やかになってる。

温泉は台湾の弟のおすすめのここ。
彼は温泉好きなので、おすすめの温泉にはハズレがない。「ここは本物の温泉」と言っていたのできっと源泉かけ流しなのだろう。ここはタオルも貸してくれるし、シャンプーなんかも揃ってる。露天風呂からは川景色や山の滝なども見えて爽快。



女性4人できてよかった。一人だと退屈だもんね。温泉のあとは、食事。
15年前にも来た食堂へ。


連休のせいか、自慢料理がほとんど売り切れてたのが残念だったけど、それでも十分美味しかった。









この近所に住んでる友達に連絡してみたら、具合悪くて台北の病院にいるって返事でびっくり。お大事に。


食事のあと、桃園の空港まで送ってもらう。朝帰りはそれほどの渋滞もなくスムーズ。早めに空港についた。



携帯の充電コーナー。

夜12時前に離陸して、2時間半で羽田についた。始発まで空港のベンチにごろ寝。(すべてのベンチがそのように使われていた)


5:15発の始発バスに乗ったら乗客は私一人だった。道も空いてるからあっという間に家についた。







コメント

Great longing for peace

2017年08月25日 | ☆旅行─海外旅行
むかしから旅行の記録をWEB上でしている。久しぶりに更新してみたら、
台湾旅行が61回海外旅行全体では117回になっていた。
ふひゃー。

このブログの読者の皆さんはお気づきのことと思うけれど、私の旅行はいわゆる観光旅行は少なくて、コンサートを見に行ったり、友達に会いに行ったりというのが多い。そのため(?)同じところに繰り返し行くことになる。旅行というより、出張とか帰省に近いものかも。

ちょっと旅行先を整理してみた。

1位:台湾 断トツ! 61回
2位:韓国 10回
3位:香港 8回
4位:シンガポール 7回
5位:サイパン 6回(これはすべて社員旅行ですね)
6位:マレーシア 4回
   グアム 4回(これもすべて社員旅行)
8位:アメリカ 3回
   タイ 3回
   イタリア 3回
   フィリピン 3回(これもすべて社員旅行)
その他、イギリス2回、中国2回、インドネシア1回、ベトナム1回


以上、15の国と地域に渡航してた。
ほんとは、もっといろんなところに行きたい。
昔は真剣に世界一周をしようと考えてて、いろいろルートや航空券情報などを集めたりした。でも先立つものもなく、第一に休みが取れないよね。ってことで、いまのところ、ただの「夢」に終わってる。


ギリシャに行きたいなぁ。
ゴジ・ダツジさんご推薦のフランスパリにも行ってみたいし。
ベルギーに行って、ベルギービール飲み放題というのもやってみたいし。
ブラジルにも行きたい。大学の卒論のテーマはブラジルだったんですよ。

残りの人生でどれだけ行けるだろうか…。
そのためにも世界平和!!
われ切に希求するものなり。
コメント (4)

旅行会社の倒産

2017年03月25日 | ☆旅行─海外旅行
旅行会社の「てるみくらぶ」が倒産したらしい。
※現時点で未確認情報です。訂正しておきます。スミマセン。3/27 9:30
今回の倒産は、かなりひどいことになっているようで、まさに今旅行中の人たちのホテルがキャンセルされていたり、帰りの飛行機がキャンセルされていたりするらしい。これから出発するという人も、飛行機の予約は残っていたりいなかったり、ホテルは予約はされていても料金は払われてないので、お客がダブルで払わなきゃいけないとか。空港に着いたら送迎は来てないは、ホテルはキャンセルされててホテル探しからやらなきゃとか。
いろんなケースがあって大混乱しているそうだ。
旅慣れていない人ならなおさら相当混乱、心細いことだろう。

利用していた皆さん、本当に気の毒だ。
私もしょっちゅう旅行してるし、格安旅行ばかりだから他人ごとではない。
でもよく考えたら、もう旅行会社を利用する旅行はほとんどしていないのだった。
飛行機は、航空会社に直接予約。
ホテルはネットの予約サイトBooking.comとか楽天トラベルとか使ってるけど、現地払いにしてることが多い。
ツアーに至っては、もう10年以上お世話になってない。一人旅ばかりだから、使いにくいというのが最大の理由だけど、それでかえって助かってるのかも。格安ツアーや航空券販売の旅行会社が倒産するニュースもう何度もきいてきたもの、遠いところの話ではないのだ。

てるみくらぶで働いてた人も辛いだろうなぁ。
(会社の倒産経験してるので、これも身にしむ)

コメント (9)

20歳の初海外一人旅

2016年10月03日 | ☆旅行─海外旅行
20歳の姪が台湾に一人旅したいといって連絡を取ってきた。普段から連絡を取るような付き合いはあまりしていないが、台湾といえばYOKOおばさんだろうと思いついたんだろう。わざわざ、FBで友達申請してきたので、何事だろうかと思った。(姪は普段FBを使っているわけではないらしく、友達は私一人)

その子の親からは「できれば同行してほしい。」と連絡が来たが、もう20歳。一人旅したいなら実現させてやりたい。

大学生の旅行だからお金はないけど時間はあるのかと思ったら、そうではないらしい。色々制約があって、二泊しかできないらしい。あらら。

彼女の旅行には個別にアドバイスをしていこうと思うが、20歳の女の子が初めての海外一人旅を台湾でするっていうときにどんなアドバイスするか、考えてみた。



一番のところには少し解説が必要ですね。
若者の貧乏旅行(と決めつける(^_^;)の場合、安いホテルにするくらいなら、ドミトリーがいいという意味です。また、安全の定義は、身の危険系がないということで、モノが盗まれるたぐいのことは考慮していません。

世間知らずの若い女の子の場合、性犯罪とかそういうのか一番心配で、本人の自制心などを考えても、一人で泊まるのはできれば避けたほうがいい。。いい人と悪い人の区別つきにくいし、仲良くなって部屋に遊びに行くよーなんて場面ゴロゴロしてますよ。自分のことを振り返ってもね。その点、ドミトリーなら常に人の目が複数あるので安心というわけです。本人に対しても抑止力になるという。セキュリティーのしっかりしたホテルなら安全かというと・・・それもね。本人が部屋に入れてしまったらダメだものね。


門限9時はやはり夜歩きは慎んでほしいということですね。台湾は夜市が楽しいけど、早めに切り上げましょう。

タクシーは、99%は大丈夫だと思うけど、これも安全上の理由です。密室に二人とかいう状況はあまりない方がいいので。初めての一人旅であれば、公共交通機関で行けないような難易度の高い場所には行かない方が無難でしょうね。

貴重品は、ホントに身に着けて大事にしてほしい。これと命があれば何とかなります。ドミトリーに泊まるなら、シャワー室にも持ち込むくらいの気持ちでね。その他のものなら盗まれて警察体験するとかもありかもしれませんが。

飲酒・・・・
一人旅で飲酒とか、やっぱりお勧めしません。絶対誰かが声かけてくるし・・・。飲酒は2回目か3回目くらいからにしておいて‥部屋で飲むならいいかもだけど。


以上、私の妙なアドバイスです。


あ、それともう一つ。

宿は公共交通機関から近いところにとりましょう。
タクシー使わない前提なら必須。台湾ならそんなに問題ないけれど、荷物をもっての移動が短時間の方が、いろいろ狙われないからです。それに楽だし。
コメント

ベトナム語2つだけ

2016年02月25日 | ☆旅行─海外旅行
今回のベトナム旅行は、ほとんど準備しないで行きました。
このブログを読んでくださる方はご存知でしょうけども、私は旅の準備が大好きです。ほとんどのところにツアーでなく航空券をホテルを別々に予約して乗り込む個人旅行なので、下調べをしないと空港からホテルにたどり着くこともできませんから。でもそんな私も年に一度、ほとんど下調べをせずにガイドブックも持たずに行く旅があります。

それは、社員旅行です。
今回がそうでした。

社員旅行は、毎回パックツアーを使います。
空港に迎えのガイドさんがいて、ホテルまで連れて行ってくれます。
らくちん。
オプショナルツアーなどもそのガイドさんに申し込んだりして、自分で何かをする必要があまりない旅です。
食事も社長が調べて連れて行ってくれます(そしてご馳走してくれます)
リゾートなどに行くと、その他の時間はプールサイドでのんびりしたり、SPAに行ったりして過ごします。



今回は初めてのベトナム。
なにも調べていきませんでしたが、ガイドさんにベトナム語で「ありがとう」と「こんにちは」だけを教えてもらいました。声調があると聞いていたので、本で見るより現地の人に発音してもらうのが一番だと思いました。


こんにちは、は「シンチャオ」「xin chao」。
朝昼夜いつでも使えるという話でした。
発音もそんなに難しくなかった。


ありがとうは「ガムオーン」。
これは、カタカナで書くのが難しい微妙な発音で、何度も発音しては直されました。
「cám ơn」と表記します。

何度も発音するうちに「OK!」をもらえましたが、難しい。

ガ の子音は正確には中国語で言う「g」の音みたい。濁音じゃないけど無気音。
ム は、「m」
オーン は、日本語のアとオの中間くらいの音、中国語の「e」あるいは、韓国語の「어」に「n」をつける。
ちゃんと「n」で止めないと、「ng」に聞こえてしまうのか、OKを出してもらえなかった。




ここまでやって、あれ?これって「感恩」って書くんじゃないだろうか?
と思い始めた。

そして帰国して調べたら、やっぱりそうだった。
ベトナムも漢字の国だったんですもんね。
でも「シンチャオ」の方は、漢語由来の言葉でないので、漢字にはあてはめられないらしい。




ベトナムではほとんど英語を使ったけど、我々が行くようなところはかなり日本語の通用度も高かった。
「英語はわかりません。日本語かベトナム語で」と言われた店もあった。


もし次があったら、少しベトナム語使ってみたいな。
コメント (2)

ホーチミン市帰国

2016年02月22日 | ☆旅行─海外旅行


最終日は夜行便で帰国です。
12:40発。


ホテルは18時にレイトチェックアウト。
荷物を預けて、食事へ。
ホーチミン市で一番高いビルの展望台へ行き、その後、初日と同じレストランへ。
21:30ピックアップ。
30分位で空港到着。
空港ターミナルへは乗客しか入れないとのことで、外に大勢の人々。出迎え?旅行会社の係の人も入ってこない。
カウンターで延々並び、チェックイン。出国審査もかなりの行列でした。



ベトナムドンを44万ドンほど残していたので、最後の買い物。空港の土産物は全てアメリカドル表示。
適当につかんでこのくらいかな?とレジへ持っていくと、44万ドンだった。なんだか嬉しい。
あまりゆっくりする時間もなく、すぐに搭乗。
私の席は窓側だったんだけど、急にパニック発作みたいな状態になり、通路の席と変わってもらった。疲れてたのがいけなかったかな。
席を変わったら、かなり気楽になった。
帰りは5時間くらい。速かった。あまり寝られず、音楽聞いたり映画など見て過ごした。


映画「The man from U.N.C.L.E.」時間の関係で途中までしか見られなかったけど、面白かった。
ガイ・リッチー節がいい感じ。
続きを見ようと思って、TsutayaTVでないか探したけど、まだレンタルしてなかった。


朝10時ごろ帰宅、朝食食べてから寝て、夕方まで。
夕食食べて寝て、朝まで。
よくねた~~。

コメント

ホーチミン市3日目

2016年02月21日 | ☆旅行─海外旅行


ホーチミン市3日目。
朝ごはん、もりもり。

ホテルから歩いてベンタイン市場へ。
おネーサンおネーサンと声がかかる。
日本人なのすぐにわかるみたい。
コーヒーを量り売りで買う。値段はさっぱりわからない。

地下鉄工事中。日本の協力で建設中っていうのがデカデカとかいてある。


てくてく歩いてエステへ。
タイマッサージみたいなのと、ハーブボールの組み合わせ。
90分 60万ドン
お昼は、チェーン店みたいなところへ。
3人で344000ドン。

スーパーで買い物。イオンにも行った。
ハイランドコーヒーというチェーン店でコーヒー。

歩き疲れてホテルへ戻り、チェックアウトまでのんびり。
シャワー&荷造り。



コメント (2)

ホーチミン市2日目

2016年02月20日 | ☆旅行─海外旅行

日の出。

二日目は6時起き。
ホテルの朝ごはんをもりもり食べ、散歩。サイゴン川沿い。
朝のラッシュで道路が渡れないけど果敢にチャレンジ。
ペンギンゴミ箱。

連れはメコン川クルーズに出かけた。
単独行動開始。
まずネイルサロンへ。
80万ドン

それから、雑貨屋さんで買い物。
スカーフ28万ドン

ベトナムカフェ体験。
ドンコイ通りの専門店ぽいところへ。
メニューにある中で高い方から二番目の高級コーヒー94000。
ミルク入り。
すごく美味しい!
苦くない。
豆とフイルターも買った。
安物は薦めないと友人が言ってたので、高いのを買った。



お昼ご飯はショッピングモールのフォー24という店へ。
一番安いメニュー。
おしぼり代がかかるらしい。
街歩き。
サイゴンビール。
夕涼み。しかも
すずしくて気持ちいい。
コメント

ホーチミン初日

2016年02月19日 | ☆旅行─海外旅行

サイゴン川のながめ。
ホーチミン市にきました。

現地時間で午後2時頃到着。暖かいという感じ。
アフタヌーンティーやらを食べ、夕食はベトナム料理。
食後にベトナムコーヒー。
ドンコイ通りをぶらぶら。
カフェが多い。
バンセオ。
ペットボトルの水、大きいの10000ドン。
コメント (2)

初ベトナム

2016年02月18日 | ☆旅行─海外旅行
ベトナムへ行ってきます。
初めてです。
ホーチミン市です。
帰りは深夜便で、2泊4日です。

とりあえずガイドブックを借りてきて、気になるところだけコピーしました。
多分、ほとんど下調べしないで行くことになりそう。
社員旅行なので、あんまり調べまくっていって趣味に走りすぎるのもあれなので、このくらいがちょうどいいのかもしれません。

今回は旅行中にネットできるかは不明です。
できたら現地からレポします。



コメント (2)

2015年 お出かけ記録

2016年01月22日 | ☆旅行─海外旅行
aripさんのまねをして、2015年をまとめておこうと思います。
いろんなまとめ方の尺度があると思いますが、1泊以上のお出かけしたことを記録してみます。それと、映画、展覧会、コンサート、イベントなども。



1月
1/2まで 台湾
1/11~1/13 タイバンコク
1/22~1/25 サイパン


2月
☆映画「KANO」@チネチッタ川崎


3月
3/18~3/19 新潟出張
3/4~3/5 土浦・つくば

☆「KANO」魏聖徳さんと語る会@新宿京王プラザ


4月
4/18~4/19 つくば

☆筑波農林技術週間@つくば
☆演劇東京印@下北沢タウンホール
☆統一地方選挙
☆NHK交響楽団@渋谷オーチャードホール


5月
5/2~5/5 熊本
5/16-5/17 水戸
5/24~5/26 香港

☆ビューティーワールドジャパン@東京ビッグサイト
☆漫画『ドミトリーともきんす』の住人 牧野富太郎 @牧野記念庭園
☆NHK交響楽団@NHKホール
☆水戸室内管弦楽団×小澤征爾@水戸芸術館
☆鈴木まりや個展@世田谷
☆演劇「ブス会」@東京芸術劇場


6月
☆NHK交響楽団@NHKホール
☆陳明章コンサート@台湾文化センター
☆CITEジャパン@パシフィコ横浜


7月
7/11~7/12 行田

☆ブックフェア@東京ビッグサイト
☆演劇「Sweat&Tears」@赤坂Redシアター
☆原初の唱和 台湾、沖縄、アイヌの音楽の夕べ@池上実相寺


8月

8/13~8/15 つま恋
8/17~8/18 横浜
8/24~8/25 横浜

☆新日本フィル@ミューザ川崎
☆蘇打緑コンサート@品川
☆PUBシャーロックホームズの帰還トークイベント@神田
☆落合さとこコンサート@鶴ヶ峰


9月
9/4~9/7 シンガポール
9/14~9/15 横浜

☆岡部茂氏講演会@高崎
☆PUBシャーロックホームズの帰還トークイベント@神田


10月
10/15~10/19 台湾

☆鐵玫瑰音楽祭@桃園
☆ROCKBANDOH@台北
☆映画「湾生回家」@台北


11月
11/18~11/19 新潟出張
11/20~11/23 熊本

☆橋幸夫コンサート@赤坂ACTシアター
☆演劇「ブス会お母さんが一緒」@下北沢スズナリ


12月
12/14~12/15 横浜
12/30~1/3 台湾

☆井上陽水コンサート@東京国際フォーラム
☆見田村千晴コンサート@名古屋
☆映画「あの頃エッフェル塔の下で」@ルシネマ
☆陳昇コンサート@台北



こうやってまとめてみると、あちこちでかけていますね。
忙しかったかも。

動けるうちに動いておきたいと思います。
憧れている暮らしの形に、「家でゆっくり美味しい食事を作って食べ、体を動かし、本を読む。」というのがありますが、全くその正反対な暮らしぶりです。
今しばらくはこのスタイルでもいいかな。
コメント

2015-2016台北ダイジェスト

2016年01月11日 | ☆旅行─海外旅行
今回の台湾旅行、時間がたつと自分でも忘れてしまうので、メモ代わりに写真でつづるダイジェストを残しておきたいと思います。


羽田発チャイナエアライン、台北松山行



初日の宿は、貸部屋みたいなところ。
広さは十分。
しかしフロントなどがなくチェックインに手間取った(私が説明書をちゃんと読んでいかなかったのが敗因)


夕食は火鍋(蛋&ローラ)


コンビニでトリップコーヒー買ってきた。
湯沸かしセットは備え付けてあったので使い倒しました。


二日目


バスで移動。民生社区へ。


ランチ。「邀月兒」


パイナップルケーキの有名店
「微熱の丘」

またバスで長安東路へ移動。
マッサージ2時間強。2000元



夕食


当帰鴨。美味しかった!


コンサート





三日目


宿替え


今度はホステルへ



毎年恒例、北京ダック


喫茶店難民、リージェントホテルでコーヒーを飲む


夕食はコンビニおにぎり


コンサート


四日目

朝食抜きでエステへ


松江市場で紅豆湯と花生湯


行列に並んで客家の餅を購入





台北市大佳河濱公園で行われた音楽会へ


台北市立國樂團と亂彈阿翔の競演


友人にばったり。おしゃべりしながら途中まで。

阿栄から夕食の誘い



大陸朋友


五日目

早朝チェックアウト



地下鉄で松山空港まで



帰国

コメント

絶対にお勧めできないケド

2012年11月17日 | ☆旅行─海外旅行
ジェレミ・ーブレットのシャーロック・ホームズを見続けていて、
「そうだ、私昔BRETTって名前の人と知り合ったことあったっけ」
と思い出しました。

ある年の夏、私はニューヨークからデンバーに向かっていました。
目的地はコロラド大学があるボウルダー。
この前アメリカ大統領選挙のディベートが行われた場所ですね。

デンバーに向かう機内では、3人がけの席の真ん中に座っていて、左隣は40~50代の男性、右隣は30代の女性でした。
その頃、飛行機に乗ると、だいたい隣り合った席の人と何かしら挨拶がわりにおしゃべりすることになってました。私は見るからに旅行者だし、外国人なのでどこから来たのか、どこへ行くのかなど一通り話をしました。

右隣の女性は、ロサンゼルスに住んでる人でデンバーには両親が住んでいるとの話。私が、帰国便はロサンゼルスから出ると話すと、
「旅の最後にロサンゼルスに来るなら、ぜひ連絡してね!」
と連絡先を渡してくれました。

しばらくおしゃべりしましたが、やっぱり言葉が不自由だったので、そのうち私の両隣の人が私の頭越しに会話をはじめて、私はぽかーんと聞くことになりました。

さて、デンバーに着いたとき、予定よりだいぶ遅い時間になっていました。
天候不順などもあり、飛行機を三つ乗り継いでかなり遠回りしてしまったせいでした。

預けた荷物が出てくるのをターンテーブルの前で待ってましたが、結局私の荷物はでて来ませんでした(初体験!)。右隣の席にいた女性が心配して面倒を見てくれました。おかげで、窓口でロストバゲージの手続きも無事済ませることができました。さらに、かなり遅い時間になっていたので、私の空港からの足も心配してくれて、これまた知らない人ですが、同じ方向に行く(そして同じ宿に泊まる)人を探してくれて、私を連れて行ってくれるように頼んでくれました。

なんて親切!

一人で知らない街に夜着いて、荷物も無くなって、とても心細かったところにこの親切。
身にしみました。


それから数日経って、帰国前にロサンゼルスに到着した私は、迷わず彼女に電話しました。彼女は家に招待してくれ、翌日ハリウッドのチャイニーズシアターの前で待ち合わせることになりました。翌日の夕方待ち合わせの場所へ行くと彼女が車で迎えに来てくれ、郊外にある自宅まで連れて行ってくれました。

ロサンゼルス郊外は、からっとした気候で丘陵地帯に住宅が広範囲に広がっていました。「モータリゼーションとともに発展した町」という教科書の言葉を思い出していました。車が無ければこんな風に町は作れなかったでしょう。


彼女の家は、丘陵地(ほとんど山といってもいい)の緑豊かなところにありました。家は、山小屋みたいなこぢんまりとしたつくりで、「台所が狭くて冷蔵庫が置けないの」と言う話で、実際冷蔵庫がポーチにおいてありました。
雨の多い日本じゃ考えられないことです・・。
さすが、雨が少ないからという理由で、映画産業と飛行機産業の発達した地方。

彼女はご主人と二人暮らし。
猫が何匹かいました。
居間に通されて、くつろいでいるうちに、彼女が夕食を作ってくれて二人で食べました。ラムチョップにマッシュポテトでした。おいしかった。
そうするうちにご主人も仕事から帰ってきて、挨拶して一緒にビール飲み、さらにお隣のご夫婦もやってきて、夕食後の語らいの時間に。ここでもわたしは言葉が不自由で、殆んどはただニコニコしてただけでした。

アメリカにしては小さな家で、居間とキッチンのほかには部屋が二つ(多分)、ひとつは夫婦の寝室。
もうひとつが私の泊めてもらった予備の部屋でした。その部屋に折りたたみのベッドがあり、手早くお客さん用のベッドメイキングをしてくれました。

て、「一人じゃさびしいでしょ?」って子猫を一匹部屋に入れてくれました。
猫の名前は「キューボール」だった。
ビリヤードに関係する言葉みたいだけど。
ビリヤードしないし、よくわかりませんでした。



翌朝、支度をした後、出勤する彼女について職場へ行きました。
彼女は大学に勤めてる人でした。
大学といっても州立大学みたいなでっかいユニバーシティではなく、小さなかわいい私立の女子大でした。彼女は仕事があるので、私は「入学希望者のための学校案内コース」に参加させられ、一組の女子高生親子と一緒に、学内を案内してもらった。説明聞いても???だったけど。

お昼になって職員室に帰ると、「ランチ食べる?」と聞かれたのでついていくと、「ランチミーティング」だそうで、なぜか職員会議に参加していた。テーブルにサンドイッチや飲み物が用意されていて、好きなものをとって食べていいことになってたので、お昼をさせてもらった。もちろん会議の内容はちんぷんかんぷん。

午後、彼女の休憩時間に近くのショッピングモールまで送ってもらった。
そこから空港行きのバスが出ていたのでした。
空港について近くのホテルを探しそこで一泊し、翌日帰国した。

ほんとにお世話になりました。
飛行機で隣り合わせただけのご縁で、泊めていただき、職場にも連れて行っていただき、旅の最後の最後に、不思議なよい体験ができました。

その方が、ブレットさんでした。
ファーストネームなんだったかな?
帰国後お礼状を出し、何度かカードなども送りましたが、そのうち引っ越したらしく届かなくなってそれっきりになってしまいました。
いまFBなどで探したら、見つかるかもしれないですね。



実は私はこれにとどまらず、韓国でも一度、博多からのビートルで隣の席だった老夫婦の家に泊めていただいてます。台湾も初めのころはネットで知り合った人の家に泊めてもらってました。自分自身も、何度か手紙のやり取りをしただけの初対面の人を、一人暮らしの部屋に泊めてあげたことがあります。

こういう体験は、自分としてはとても楽しかったのですが、決して他の方(特に若い女性に)お勧めできるものではないですね。
自分の身内だったら断固反対するでしょうね。
矛盾矛盾!(by三島由紀夫)
コメント

夏の旅行

2011年06月07日 | ☆旅行─海外旅行

今月25-27は台湾旅行の予定。

さらに、7/16,7/23,7/30のどこかで台湾へもう一度行きたい。
 7/16なら、台北
 7/23なら、墾丁
 7/30なら、膨湖

膨湖行ったことないから行ってみたいけど・・月末は仕事休みにくい。

それと7/23あたりに香港へ行くという話もある。
それがだめなら9月に上海とか。



夏のこの辺は台風が心配だな~。
お金も心配だけど(笑)
10月は北海道だし。
コメント

YOKOの好きなもの羅列

(順不同)地図、河岸段丘、保存樹木、宮本常一、縄文時代と日本の古代、文明開化と江戸時代、地方語、水曜どうでしょう、シャーロック・ホームズ、SHERLOCK(BBC)、陳昇、John Mellencamp、Kate Bush、イ・スンファン、カンサネ、1997年以前の香港映画、B級コメディー映画、SNL、The Blues Brothers、台湾、旅行の計画、イタリア、エステ、宮部みゆき、ショスタコーヴィチの交響曲5番、森川久美、のだめカンタービレ、くまモン
台湾旅行一覧 ただいま64回
海外旅行一覧 ただいま123回?