徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

高砂の松

2018-02-24 21:37:05 | 文芸
 2月も終りに近づいたというのに、床の間の掛軸が正月用の「高砂の松」のままになっていることに気付いた。まぁおめでたい掛軸だから、とかズボラさの言い訳をする。
 この掛軸は能「高砂」の一場面を描いている。

 肥後の国、阿蘇の宮の神主友成は、都へ上る途中、播州高砂に立ち寄り、浦の景色を眺めていると、そこへ竹杷と杉箒を持った老人夫婦が現れ、松の木陰を掃き清める。

 所は高砂の。所は高砂の。尾上の松も年ふりて。
 老いの波も寄り来るや。木の下蔭の落ち葉かくなるまで、
 命ながらえて。なほ何時までか生の松。
 それも久しき名所かな、それも久しき名所かな。

 この場面からさらに連想するのが、「おい」と声を掛けたが返事がない。という漱石「草枕」の一節。

 その上出て来た婆さんの顔が気に入った。二三年前宝生の舞台で高砂を見た事がある。その時これはうつくしい活人画だと思った。箒を担いだ爺さんが橋懸を五六歩来て、そろりと後向になって、婆さんと向い合う。その向い合うた姿勢が今でも眼につく。余の席からは婆さんの顔がほとんど真むきに見えたから、ああうつくしいと思った時に、その表情はぴしゃりと心のカメラへ焼き付いてしまった。茶店の婆さんの顔はこの写真に血を通わしたほど似ている。

 これはおなじみ峠の茶屋の婆さんとの出逢いのくだり。そこまで連想するのがいつものおきまりなのである。

 ちなみに、漱石の「草枕」は言葉が難しくて途中で断念したという方が案外多い。そんな方にお勧めしたいのが、熊本市西区のホームページにある「これならわかる!夏目漱石の「草枕」」というコーナー。難解な言葉の読みや意味を解説し、参考事項まで説明付きで「草枕」を読むことができる。ぜひお試しあれ!

これならわかる!夏目漱石の「草枕」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の花と武家屋敷で一句

2018-02-23 17:47:57 | 文芸


梅の香に 誘われ訪ぬ 武家屋敷





紅梅や 崩れし塀の 向うにも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作能「沖宮」オフィシャルサイト オープン!

2018-02-22 18:17:38 | 音楽芸能
 2月10日、90歳で亡くなられた石牟礼道子さんの最後のメッセージ、新作能「沖宮(おきのみや)」は今秋、熊本を皮切りに上演されることが決まっていますが、このほどオフィシャルサイトがオープンしました。

▼2018年公演日程
  熊本 10月 6日(土)[薪能] 水前寺成趣園能楽殿
  京都 10月20日(土)金剛能楽堂
  東京 11月18日(日)国立能楽堂

※下の画像をクリックしてオフィシャルサイトへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄海竜二さんの近況

2018-02-21 18:42:44 | 音楽芸能
 テレビタミン(KKT)が再び、熊本でリハビリに励む大衆演劇のスター・玄海竜二さんの近況をリポートした。昨年8月、公演先の横浜で脳梗塞で倒れて半年、熊本に帰って来てから2ヶ月が経過した。まだ体の右半分は思うように動かず、歩行器を付けての移動しかできない。飲食も自分の口からは摂れず、音声発生器もつけたままだ。だが、前回の放送の時と比べると驚くほど顔ツヤがいい。目力もだいぶ戻っているようだ。目標は9月、嘉穂劇場(飯塚市)での「座長大会」での舞台復帰だという。なんとか目標が達成されることを心からお祈りしたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お国 江戸城で踊る!

2018-02-20 13:33:49 | 音楽芸能
 今日2月20日は、慶長12年(1607)に江戸城で「かぶき踊り」が初めて演じられた日です。日本の代表的な伝統芸能の一つ「歌舞伎」は、出雲の巫女であった国と名のる女芸能者による「かぶき踊り」から始まったとされています。慶長8年(1603)に京の都で始まった「かぶき踊り」が、初めて江戸に下り、お目見えしたのが今日というわけです。江戸時代初期に書かれた史書「当代記」には、巻四の慶長12年2月の出来事の中に「廿日、國と云かふき女、於江戸にをとる、先度の能のありつる場にて勧進をす、」と記述されています。この1週間前に観世金春の勧進能が、江戸城本丸と西の丸の間に設えられた舞台で行なわれており、「かぶき踊り」も同じ舞台で行なわれたことがわかります。しかし、その時の演目など具体的な内容はわかっていません。
 それから17年後の寛永元年(1624)、猿若(中村)勘三郎が中橋(現在の日本橋と京橋の中間)に猿若座の小屋を開き、江戸歌舞伎の歴史が始まるのです。



 15年前、歌舞伎発祥の年とされている慶長8年(1603)から400年を記念し、関西楽劇フェスティバル協議会が主体となって「阿国歌舞伎」の復元上演が京都で行われました。そのプロジェクトの中心メンバーでもあった歴史学者の笠谷和比古氏が、日経新聞に「阿国再臨 京の夜彩る」と題して寄稿した、阿国歌舞伎について分かりやすくまとめた解説をご紹介します。


▼阿国歌舞伎のかぶき踊り「茶屋遊び」の詞章(一部)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイデルベルクとの文化交流

2018-02-19 21:07:05 | 日本文化
 田尻善裕さんのフェイスブックに、熊本市の友好都市であるドイツ・ハイデルベルクから市長始め友好団の方たちがお見えになり歓迎会が催された様子をリポートしておられました。
 それを見てふと、数年前からネットで交流させていただいている東京在住の森浩さん(九学出身)からだいぶ前にいただいた写真のことを思い出し、掲載してみました。
 これは平成2年7月に、狩野琇鵬さん(2016年7月他界)を始めとする喜多流能楽師の皆さんがハイデルベルク公演をされた時のスナップです。なお、森さんはその時、一行のアテンドをされました。これからもこの様な文化交流が続けばいいですね。

  
左から:狩野琇鵬さんとハイデルベルク市長/塩津哲生さんとハイデルベルク市長/狩野琇鵬さんと森浩さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本城マラソン2018

2018-02-18 14:24:43 | イベント

フルマラソン・フィニッシュ会場の二の丸広場は今日一日マラソンデー


フルマラソン男子は古川大晃選手(熊本大)がトップでゴールイン


古川選手の優勝者インタビュー


今年もランナーたちは崩れた石垣を横目に走る


ゴールは目前、ランナーたちは最後の難関「埋門坂(うずみもんさか)」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽生結弦のオリンピック2連覇!

2018-02-17 17:53:43 | スポーツ一般
 フィギュアスケートの羽生結弦選手が見事オリンピック2連覇を果たした。
 結果は12人で構成される審判団が細かい採点基準に沿って判定したものだから、相応の価値ある判定なのだろう。僕はそういった細かいルールは一切わからないので、舞踊や能舞などを見るようなアナログな感覚でしか見ることができない。
 羽生選手は、彼の代名詞のようになったプログラム「SEIMEI」を演じた。このプログラムで使われる音楽は狂言師の野村萬斎さんが主演した映画「陰陽師」で使われたもの。3年ほど前に、羽生選手が野村萬斎さんを訪ねてアドバイスを求めるテレビ番組があった。その時の、萬斎さんのアドバイスで印象的だったことをいくつかあげると

 ● 狂言もスケートも「型」が重要。
 ● 「型」の表現を効果的に見せるためには自分で解釈すること。
 ● 記憶に残る演技には「精神性」が不可欠。
 ● ジャッジや観客だけでなく会場全体を意識し、会場を纏うような気持で。

等々の示唆に富むアドバイスが記憶に残る。

 羽生選手は自分自身の演技をどう評価したのかわからないが、僕にはこれらのアドバイスはすべてクリアできているように思えた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「金栗大河」記念フルマラソン!

2018-02-16 20:19:38 | スポーツ一般
 玉名市が、「日本マラソンの父」金栗四三を描くNHK大河ドラマが来年放送されるのを記念して、市民ランナーを対象にした42.195キロのフルマラソン大会を創設することが報じられた。第1回は、2019年7月か、東京五輪前の20年春の2案で検討を進めているという。
 玉名市では昭和24年から「金栗杯玉名ハーフマラソン」が行われており、今年は第69回目を迎えるが、これと一本化する構想のようだ。フルマラソンとなると、従来のハーフマラソンとは違い、コース設定が難しそうだ。また、どの程度の参加数にするかによって宿泊等の受入体制も課題になる。
 いずれにせよ、観光振興などにも寄与するだろうし、いま一つパッとしない玉名市の活性化には期待できそうだ。


玉名市(旧高瀬町)の発展を支えた菊池川(高瀬川)


かつての物流拠点・裏川


高瀬米の積出港・俵ころがし
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年ぶりの試写会

2018-02-15 22:07:52 | 映画
 映画「空海 KU-KAI」の試写会に行った。試写会なんぞに行くのはたしか7年ぶり。それより何より映画館に足を運んだことも5年ぶりくらいだ。今回、たまたまテレビで「空海 KU-KAI」の試写会の募集を目にし、監督がチェン・カイコーだったので応募してみたら当たったというわけだ。
 映画を観てのコメントはいろいろ差し障りがあるだろうから控えておくが、チェン・カイコーの「黄色い大地」やチャン・イーモウの「紅いコーリャン」などの中国映画の時代は遠い昔になったなぁというのが正直な感想。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青ガエルの修復

2018-02-14 16:33:01 | ニュース
 引退してちょうど2年。いまだに根強い人気を持つ熊本電鉄の「青ガエル」(5000形車両)。この車体を美しい外観で保存しようと、クラウドファンディングを利用した車体の塗り直しなどの修復作業が進められている。今でもイベントでは動かされることもあり、かつての美しい緑色の車体が復元されれば、まるで現役復帰しそうな外観に戻るだろう。
 僕にとっては50年以上も前の学生時代、東横線通学で毎日乗った想い出の車体。美しい姿で残ってくれればこんな嬉しいことはない。


熊本電鉄北熊本駅構内で進められている修復作業


2016年2月14日 ラストランの青ガエル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石牟礼道子さんが遺した新作能

2018-02-13 13:29:22 | 音楽芸能
 水俣病を描いた小説「苦海浄土」で知られる作家、石牟礼(いしむれ)道子さんが先日90歳で他界されたが、僕は石牟礼さんの作品を通読したことがまだない。「苦海浄土」を手に取ったことはあるのだが、読むのが段々辛くなってきて、途中でやめてしまった。訃報を聞き、やっぱり石牟礼さんを避けて通るのはいけないなと思い直した。何か入りやすい作品はないかと探したすえ、2002年に発表された新作能「不知火」を手始めに読むことにした。この作品は2003年に水俣現地で奉納上演されたほか、東京などでも上演されている。いつか熊本で再演されることがあればぜひ観てみたい。

▼新作能「不知火」あらすじ
 ヒトが作り出した様々な毒が、水脈に沿って山と海を覆い尽くし、生類は命脈を絶たれようとしている。ここに至って菩薩が竜神に命じ、不知火(姉)と常若(弟)に生類の命脈をつなぐ最後の仕事に赴かせる。毒により息絶えようとする二人を、八朔の満潮の恋路ヶ浜に呼びよせて、回生のとき夫婦の仲を約す。菩薩が呼んだ古代中国の楽祖が浜の石を打ち合せて二人を祝婚し、再び来る世はこの穢土よりと天高く日月と星のある限り甦らんことをと舞を舞い声なき浜を荘厳する。

 また、石牟礼さんのもう1本の新作能「沖宮(おきのみや)」が今秋上演される。島原の乱(1637~38)が終わった後の天草が舞台。天草四郎の乳兄妹で、戦乱で孤児となった少女あやは、干ばつに苦しむ村のため、竜神のいけにえに選ばれる。緋色の衣をまとい、海の底へと沈んでいくあや。その魂を迎えに、四郎の霊が現れる。やがて村に恵みの雨が降り始めるという物語だ。
 これは、東京、京都、熊本で上演されることが既に決まっており、見逃せない。


不知火海と天草諸島
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本城歌舞伎はいずこへ?

2018-02-12 21:17:08 | イベント
 今から4、5年前、こんな記事が熊日新聞の紙面を飾った。もうこんな話はなかったかのような感がある。熊本地震もあり、やむを得ない面はあるとは思うが、この計画はボツになったのか、まだ生きているのか、市当局にはハッキリさせてもらいたいものだ。
 熊本城の観光客がV字回復した一因として、ビッグイベントの開催があげられており、今こそ再検討の価値ありと見るのだが。


▼2013年11月の熊日新聞記事


▼2014年2月の熊日新聞記事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックの光と影

2018-02-11 13:48:53 | スポーツ一般
 平昌冬季オリンピックが始まった。Niftyニュースにこんな話が載っていた。
 脱北後にアイスホッケー女子韓国代表として活躍した皇甫永さんによれば、今回、南北合同チーム要員として北朝鮮から来た選手と監督以外に2人の「監視要員」が来ているという。

 これまでも大きな国際スポーツ大会は数々の亡命事件があり、北朝鮮が神経をとがらすのはある意味当然ではある。このニュースを見て思い出したのは1964年の東京オリンピック。大学1年だった僕は、水球競技会場の補助役員としてのアルバイトの合間に、世界トップレベルの選手たちの練習風景を見るため、2、3人の仲間とともにずっとプールサイドにへばりついていた。ある日、練習会場の一つだった神宮プールに優勝候補の一つ、ソ連チームがやってきた。練習が一段落した時、一人の選手がプールサイドにたたずんでいたので、今がチャンスとばかり、僕らはその選手に駆け寄り、片言の英語と身振り手振りを交えながら、ボールテクニックについてたずねた。その選手はほとんど英語を理解できなかったが、実際にボールを手に取りながら教えてくれた。ふと気が付くと、5、6㍍離れたところから僕らのやり取りをじっと見ているソ連チームの関係者がいた。CCCP(エス・エス・エス・アール)の文字が入ったジャージを着てはいたが、選手でもコーチでもないことはひと目でわかった。その時は通訳かなにかのスタッフだろうと思ったが、鋭い視線が印象に残った。オリンピックが終わった後、先輩があるところから情報を仕入れて来た。「あれはKGBだったらしいよ。選手たちの亡命をおそれて監視していたらしい」
 オリンピックにはそういう一面もあるのだということをその時初めて知った。

東京オリンピック水球決勝リーグ
ハンガリー v s ソ連(5-2)

ソ連のカラシニコフ(白5番)とハンガリーのルショラーン(青6番)のマッチアップ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漱石と春 そして琴

2018-02-10 19:54:18 | 文芸
紅梅にあはれ琴ひく妹もがな(明治29年)
 この年の4月に熊本へ赴任する前、松山の愚陀仏庵での作品だと思われる。



春雨の隣の琴は六段か(明治31年)
 大江村(新屋敷)に住んでいた頃の作か。

撮影:志場隆氏
コメント
この記事をはてなブックマークに追加