たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

「議会だより」の写真に思う

2011-12-28 07:11:52 | 日記
 12月27日(火)直接議会棟へ。12月定例議会中の文教厚生常任委員会審議内容の「議会だより」向け原稿を議会事務局へ提出後、9時よりほぼ終日挨拶廻り。
 さて、今般高砂全戸に配布されました「議会だより(新年号)」、表紙は㈱カネカが約12年前同社創立50周年に地元高砂市に5千万円の寄付し、総工費1億円以上を費やして本日12月28日完成する江戸時代の庶民の学問所【申義堂】(しんぎどう)の写真が掲載されています。
 そして一枚めくるとそこには市議会議員22名の顔写真が両面に大きく、貴重な紙面を使って掲載されています。各議員の顔をご存知の方には明らかに違和感を感じる写真と実物とが”随分と違う”(と私は感じる)写真が幾つかあります。このことを、事実を伝える発行物で、適切ではないと話題にし、某議員に個別に確認をした所、「5年前のもの」とのこと。
 政治に求められる幾つかの要素の中で、ルールを守ることは当然ですが、社会通念を逸脱しないこともその一つ。5年前の写真、ご本人は恐らく「別人物の写真を載せている訳ではなく、ルール違反なし」と弁護し、より若く、少しでも美しく?掲載されることを望んでおられると思いますが、政治家として掲載される写真に5年前のものを堂々掲載することは社会通念上、如何なものかと思います、政治家に本来求められると思っている”真摯な態度”からはかけ離れている様に思います。話題にするのも情けないと思いつつ、こんな話を5年前の写真を掲載されているご本人にしましたが、「お金がかかるし、、、」とのこと。何とも情けない限りです。
 
 本日は仕事納めです。1年間ブログをご愛読頂きありがとうございました。年末年始中は毎日の更新はしないと思いますので、事前にご報告させて頂きます。
 来年も様々な価値観をもった議員と呉越同舟ではありますが、皆様の意思を少しでも反映できる様取り組んでいきたいと思いますので、ご指導の程宜しくお願い致します。それでは、寒さ厳しい新春となると思いますが、楽しくお過ごし下さい。1年間本当にありがとうございました。 
 
身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H24年7月75kg 減量率10%)
前回体重77.6kg(朝測定)
本日体重78.6kg(朝測定)
*あかんやろ、これは。一年の最後にこれ?新年にはいい数字に変身してみせます。

パラダイムシフトの時

2011-12-27 06:35:34 | 日記
 12月26日(月)直接議会棟へ。9時半~11時迄、私が所属する会派(民主クラブ:横山議員、福元議員と私)と市長・副市長との意見交換会を行いました。
 例年ですと、会派要望という形で会派より「新年度予算に対する要望」といった形で文書を出すこともあるようですが、今年は先ずは意見交換会という形で考え方を確認する場を持ちました。
 市長側も色々とご質問を持たれており、限られた時間の中では、満足な意見交換が出来ませんでしたが、民間企業のノウハウや仕組みについてのご質問がいくつもありました。
 いまだ私は、公務員の方の仕事のモチベーションがどうやって保てているのか?疑問でなりません。成果が出なくても給与がもらえ、頑張らなくても首にならない仕組みの中で、どうやってやる気を出し、リスクある挑戦をされているのでしょうか?思い切って以前横浜市が実施した様に給与にも大きな差を設ける方が職員の為になり、市民の為になると思います。
 やはり汗を流した人、リスクを背負い挑戦した人、成果を出した人がより高い評価を受け、より良い対価を得ることが、公平な仕組み(社会)であると思いますし、だから「頑張ろう」とモチベーションを保てるのだと思っています。成果を出した人と出していない人が同程度の対価を得ることは平等ではありません。
 日本の仕組みには公務員制度はじめ、様々なパラダイム転換の時が来ている様に思います。本当にこの転換を図るべく、口だけには終わらない活動をしたいと思います。

 その後、11時~13時、議会だより原稿(12月定例議会文教厚生委員会報告)作成、~15時迄年末挨拶廻り、~17時まで会社内大掃除とあっという間に時間が過ぎていきました。

 本当に寒くなって来ましたので、防寒服をしっかり着て、備えてください。


身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H24年7月75kg 減量率10%)
前回体重77.4kg(朝測定)
本日体重77.6kg(朝測定)
*昨晩は夕食会にて山陽電鉄高砂駅前の新しい店(パチンコ店の2階)に行きました。そこそこ食べた後に、私の大好きなマンゴーケーキを食べお腹一杯。しかしそれ程体重は増えていない。胃が小さくなったのだろう。

頑張れ、オール兵庫中学生

2011-12-25 06:35:39 | 日記
 12月23日(金)は終日我が家の大掃除、年一回しか掃除をしない窓枠や網戸掃除等それだけで殆ど一日を費やしてしまいました。「面倒だな。」と思いながらやっていると、何処からともなく神様が「一年の感謝を込めて掃除しなさい」と心に入って来た言葉に従い、丁寧に大掃除。色々な人に支えられて生きている私達は、色々な物にも支えられて生きていることを忘れていました。
 24日(土)は朝8時に会社へ。会社と言っても、会社施設の芝グラウンドです。この日から2日間、この芝グラウンドを使って中学生ラグビー兵庫県代表(オール兵庫)22名が年末の全国大会(於:大阪近鉄花園ラグビー場)に向けた強化練習を行います。高砂市ラグビーフットボール協会会長として激励を兼ねて顔を出させて頂きました。
 中学生と言っても、礼儀正しい動作が見につき、俊敏な動きに、流石選考を突破してきた精鋭達といった感じがします。この全国大会は、高校生の全国大会の日程の合間をぬって、二日に一度行われ、初戦は12月29日10時~オール大阪と対戦です。
 グラウンドを提供した㈱カネカの社員としても、こういったことで社会に貢献できたことを誇りに思いますし、スタッフの方々から感謝されると、お貸しできたことを嬉しく思います。

 今年も残り少なくなってきました。誰に、またどんな物に、支えられて今年一年を無事過ごすことが出来たのか、自分なりに振り返りながら過ごしたいと思います。

身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H24年7月75kg 減量率10%)
前回体重76.8kg(朝測定)
本日体重77.4kg(朝測定)
*昨日は家族でデコレーションケーキを食べました。

上下関係?

2011-12-23 07:05:29 | 日記
 12月22日(木)出社後、早々に年末挨拶廻りに出かけました。午後は議会棟へ出向いた後、14時には加古川市議会へ、15時には東播磨県民局へ。
 これは、今年9月の台風12号以来、被害のあった法華山谷川及び間の川流域に住む加古川市議会議員3名と高砂市議会議員4名で立ち上げた議員連盟として、県民局に対し当該河川の治水における具体的改善(案)を文書として提出するために出向いていたためです。既に県(東播磨県民局)では加古川市・高砂市で技術検討会を立ち上げ、大学教授等も参画頂いて対策を検討中であることは承知していましたが、私たちのスタンスとして「住んでいるからこそ判ることがあり、任せっきりではなく、積極的に意見を申し上げていく」こととし、今回の訪問となりました。
 面談は、加古川土木事務土居所長をはじめ、池田副所長、速水主幹、川崎河川砂防課長の4名と当方側には顧問として就いて頂いている地元県会議員(釜谷氏、山本氏、井上氏)に同席頂き行われました。(他、三戸県会議員にも顧問になって頂いてます)
 県民局からのコメントは、「出来るだけのことはやるが、実現不可能なことを考えても仕方が無く、実現性のあることをしっかり検討し出来れば今年度中に素案をまとめ、既存の河川整備計画に修正が必要であれば修正を加える」とのこと。また私から「対策の目標は当該地域に床上浸水ゼロとなりますか?」との質問には「それも現在検討中」とのこと。
 前向きである様で、どうなんだろうと心配にもなりそうなコメントもあり、何とも言えませんが、財政等限られた資源であることも理解しつつ、地域の安全を守るためにしっかりと意見を言い続けていきたいと思っています。何かしら上下関係(お金を握る県行政が上)がある様に感じたのが正直な感想です。

 夕方からは高砂ラグビー教室の生徒とコーチの二家族が広島(竹原市)と青森(八戸市?)に転勤することになったことから開催された送別会に参加。出会いと別れを繰り返す人生で、多くの仲間を増やしていくのですが、やはり別れは辛いものです。最後に出て行くお父さんコーチが挨拶で「休日になればラグビーの練習に行き、仲間と過ごし帰りは家族でワイワイ会話をする。こんな何気ない毎日が凄い楽しい日々であったことに今気付きました」とのこと。いい送別会でした。
 
身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H24年7月75kg 減量率10%)
前回体重78.4kg(朝測定)
本日体重76.8kg(朝測定)
*昨晩の送別会は殆ど食べず、飲んでばかり。ちょっとセルフコントロールできました。(”V”ブイサイン)

自分の足元は大丈夫?

2011-12-22 03:43:49 | 日記
 12月21日(水)出社後、早々に議会棟へ。10時~の【議会運営委員会】を傍聴。開かれた議会に向け、事前通告(質問)のあり方や、質問時間・回数等が議論されましたが、堂々巡りの感は否めない感じがしました。
 その後、13時~尾上大和会館へ。市職員のご尊父告別式に参列。15時~16時半は【議員研修会】にて「高砂西港盛り立て地に関する津波・地震への追加検証」について大阪大学藤田先生を講師としてお招きし勉強させて頂きました。追加検証とは高砂西港にある盛り立て地が東日本大震災規模の地震に襲われた場合の地震・津波に対する検証をさし、結論は某議員のお言葉を借りれば「非常に安全。むしろ市庁舎や自分の家の方が心配」「地震・津波の際には盛り立て地が最も安全で避難所になる?」といった表現が出る通り、非常に安全であることが再確認されました。
 行政当局や議会は、以前から非常に強い地震が起こった場合や津波が来た場合を想定し、盛り立て地のより安全な対策を要求しています。しかし、その一方、自分の足元である市庁舎や公共建造物に対しては、その対策をとっていないのが実情です。自分の足元は大丈夫なのでしょうか?こんなスタンスでいいのでしょうか?何故対策をとっていないのか?近々、この疑問を行政当局に投げかけてみたいと思います。

身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H24年7月75kg 減量率10%)
前回体重77.4kg(朝測定)
本日体重78.4kg(朝測定)
*大波です。忘年会、一回一回違うシチュエーション、その時その時のメンバーと本気で語っていると、ついつい食べ過ぎる。これぞ言い訳、敗軍の将、言い訳を語ってしまいました。