たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

勇気ある行動に感動(新聞記事より)

2022-06-15 06:50:21 | 安全

 6月14日(火)朝、一件立ち寄り議会へ登庁。昨日、高砂市議会では午前10時から一般質問が行われ9人の議員が登壇しました。(詳細割愛)

夕刻、会社に戻り会合に参加した後、帰宅。その時に見つけた神戸新聞(夕刊)の記事の内容(概要)が⬇️。

5月5日、淡路島内の高速道路を走行中、数百メートル先に白煙をあげて止まっている車を発見。近づいてみると女性が車内から助けを求めていたので、自分の車を止めてその女性と車内の子ども3人を救出。救出した山田さんご一家がこの度、淡路広域主消防事務組合(洲本市)より感謝状を受けた。とのこと。(以上が記事概要)

高砂市民の方が表彰されている記事なんですが、私の知人の知人で、この様に表彰を受けるとは聞いていましたが、本当に勇気のある凄い方がおられるものだと驚きました。

この日はゴールデンウイーク中で、淡路島に出かけた人が「帰宅時に事故の為の大渋滞に遭遇して大変だった」とも聞いていましたが、この事故の関連だったのかなと推測しています。

この勇気ある行動をされたご家族には本当に頭が下がります。

毎日、新聞は見ますが、目にとまるのは凄惨な内容の記事が多い中、この様な記事に出会い嬉しくなりました。

記事を掲載することは著作権に抵触する可能性がありますので、代わり(?)に高砂市役所玄関(横)に鎮座する高砂人形+ぼっくりん人形の写真を掲載します。

本日(6月15日)の高砂市議会は一般質問(2日目)、8人の議員が順次登壇されますが、最後(8人目)は議員として44年(11期)を務められた池本晃議員です。

昨日の一般質問でも傍聴席(コロナ対策で一つ飛ばしの座席設定)が満席になっていました。本日も議場内傍聴席では傍聴できない可能性があります。そんな場合は「高砂市議会インターネット中継」にて視聴頂ければと思います。(おおよその開始時刻は下の通り:昨日の再掲)

本日も"明るく元気に真剣に"いきましょう!(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カメラはスタンドアロン型で

2022-06-09 22:37:50 | 安全

6月9日(木)、本日は高砂市議会6月定例議会(2日目)。一般会計補正予算(案)の本会議質疑に入りました。

その中で先ず議論が集中したのが見守りカメラ。これについては3月議会(令和4年度の当初予算)審議にて「再検討」扱いになり、今般再び提案されました。⬇️は本日帰宅時に私の所属する自治会(島町内会)が設置している防犯カメラを撮影したものです。

ポイントは必要経費が嵩むネットワーク式カメラからスタンドアロン式に変更し経費を抑えた形になった事。当局が必要と考えている500台のカメラを設置した時のコスト比較が下の通り。*ネットワーク型とスタンドアロン型の違い(←ここをクリック)

ネットワーク型は映像を現地(カメラ設置の場所)に行かないでも通信で入手できるのですが、スタンドアロン型はカメラの下まで行かないと映像は入手できません。

と言う事で、私は敢えて「何故スタンドアロン型を選択したのか」を確認したのですが、その理由は単純にコスト。その差額は下の通りです。

整備費の差額:1億円から2億円

年間維持管理費の差額:3千5百万円から5千5百万円(スタンドアロン型は人件費300万円必要分含む)

この様なコスト差がある事からスタンドアロン型を選択し、令和4年度の内に様々な検討を行い、次年度予算にて設置を行う予定です。

犯罪抑止力、犯罪の早期解決などの為にこの様に税金を使いますが、議会の中でも意見が出た通り、地域の方々が取り組んでくださっている人の目による見守りも並行して大切な事だと思います。(これを担ってくださる後継者が課題の所もある様です)

その他、私は市ノ池公園キャンプ場のゴミ持ち帰りの仕組みについて、高砂市に少しでも好感を持って頂く為にも「有料でも置いて帰れる仕組みに変更すべき」と要望(これは会派要望にも織り込み済み)。中々この要望が通らないのが理解できない状況です。

明日も本会議質疑、私が事前に通告している質疑は本日で終わっており、明日以降は他の議員の質疑を聞くだけになりますが、しっかりと聞いて理解を深めたいと思います。

では、明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安全で安心な社会実現の為に

2022-05-12 21:12:14 | 安全

5月12日(木)、午前9時半から議会にて資料確認。同10時からは全員協議会にて下記3項目について情報共有を行いました。

1)見守りカメラについて

2)地域交流センターの整備について

3)高砂市高齢者はり、きゅう、マッサージ等施術費助成制度の見直しについて

これら3項目の中で現在特に方向性が定まっていないのが1)の見守りカメラ。これについては3月議会で一度提案されましたが、取り下げられ、現在その内容を再度検討中となっています。

今回の全員協議会ではその検討内容の現段階の考えが公表され扱われました。

見守りカメラの目的は「安全・安心なまちづくり」にあり誰もが望む事ではあるのですが、その手法には様々な形があり、具体的結論が出ていません。

防犯カメラは現在既に自治会が結構な数で設置しており、これで足りないのか?この自治会設置手法と警察や行政の連携によるより有効な方法は無いのか、更には根本的に億単位の税金を使って設置する意味があるのか?など腰を据えた検討が必要だと思います。

さて、安全安心なまちづくりと言えば通学時(⬇️)の安全確保は非常に大切な課題です。

上は私の地元の交差点での昨日の通学風景ですが、交差点ではこれよりも遥に長い行列となっており、課題となっていました。

先ずは従来の通学路⬇️

A,Bから来るルートが交差点で合流するのですが、Aルートの行列は信号を渡って直ぐに待つことになる為、Bルートの行列とぶつかり多くの子供が滞留し大集団となってしまいます。

そこで提案したのが⬇️

そして現在実施されているルートが⬇️

提案の内容はPTAでも議論され、警察、行政立会いの確認が行われこの4月から上の形で実施されている様です。

大切な命が一瞬にして無くなる事故を回避する為に、みんなが知恵を出し、行動していきたいものですね。

では明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高砂市の自転車事故状況

2022-03-14 19:02:03 | 安全

 3月14日(月)、午前8時40分から市議会にて打ち合わせ。その後同9時から議会運営委員会、そして同10時から本会議質疑。

本日の高砂市議会本会議では、先週に引き続き「総務費」に計上されている予算案について質疑が行われました。

多岐に渡る総務費ですが、その中でも本日は特に「政策アドバイザー」「職員研修」「電動アシスト自転車」(交通安全対策事業)の質疑にて紛糾した様に思います。

令和3年度より高砂市に来て頂いている政策アドバイザー佐伯武彦氏を講師として行われたの研修の在り方、同氏の雇用形態と今後期待される役割などについて、種々意見が出され保留事項になりました。

また「電動アシスト自転車」では、JR宝殿駅南と山陽電鉄高砂駅南にてレンタル自転車として貸し出しする事を予定しているが、それに見合う安全な道路状況になっているか?安全対策は?事故が起こった場合はどうするのか?等色々な質問がなされ、明確な答弁が得られず、これについても保留となりました。

現在、高砂市の自転車事故状況は(⬇️第11次高砂市交通安全計画より抜粋)

(*令和1年度が赤線で囲まれている事は今回の掲示には関係ありません)

高砂市は、交通事故に占める自転車事故の構成比率が県下ワースト1位と聞きました。自転車に乗っている人の比率が高い自治体ではあると思いますが、この様なワースト1位は残念な事です。

これを切っ掛けに徹底的に自転車事故削減の取り組みを組織で真剣に行うことを強く望みますし、自分自身が勤める会社にもこの状況を伝え、より良い結果になる様にしていきたいと思います。

明日も本会議質疑、明るく元気に真剣にいきたいと思います(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする