たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

豪雨、通学路安全、高齢者移動手段等々

2022-09-30 22:29:58 | 政策

9月30日(金)、高砂市議会では一般質問の2日目として6人が登壇し、質疑を行いました。

2日間を通じ、質問が重複して多くあったのが「ゲリラ豪雨に対する治水対策体制」と「通学路の安全確保」「高齢者の移動手段」であったと思います。

そのことは先日(9月1日)の高砂市議会議員選挙の真っ最中に発生したゲリラ豪雨で小学生の通学路が冠水し、道と田畑の境目がわからなくなった事例を含め、昨今のゲリラ豪雨時の対応が問われました。

通学路も晴れた時に点検しているだけでは見えない危険が潜んでいる事を認識させられた内容でした。

又、人生100年時代、高齢者となっても健康で生きる時間が長くなった方々にとって、社会に出ていく機会は非常に大切であることは間違いなく、免許返納後も社会と交わる機会を保持することは生きることそのものだとも思います。

一般質問は議員にとってのマンツーマンの真剣勝負。議員(市民)の立場から見た高砂市の課題を指摘しての質疑・要望は「なるほど!」と思う事が多々あります。

しかし行政側には財政的制約他、多種多様な事情がある場合もあり、様々な説明があります。

今回の一般質問の多くは、議員の要望に対し非常に前向きな答弁(行政の見解)があった様に思いますが、兎に角、社会の課題を紐解き、新たな道を発見し、みんなが知恵を出して、政策にして行くことが大切だと思います。

夕刻より山電高砂駅前に出向き、社内某団体の宴席に参加。高砂駅前(今晩の駅前⬇️)も少しずつ賑わいが戻りつつある様に思います。

週末にはお酒を飲んだり、家族と過ごしたり、色々な形があるとは思いますが、リフレッシュをしたいものですね。

では、良い週末を!(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日、明日は一般質問

2022-09-29 21:03:56 | 一般質問

9月29日(木)、高砂市議会では午前10時から一般質問が行われ、午前3名(迫川高行議員、島津明香議員、坂本まり議員)、午後4名(春増勝利議員、横田英樹議員、岩見明議員、芝本鎮彰議員)が登壇しました。

明日(30日)も10時から一般質問が行われ、午前3名(山田光昭議員、藤森誠議員、鈴木利信議員)、午後3名(大西由紀議員、松野優也議員、北野誠一郎議員)が登壇する予定になっています。

*一般質問は質疑・答弁含んで議員一人当たり40分で行われます。

話は変わりますが、現在工事中の高砂市役所外構工事の様子を撮影しましたので掲載させて頂きます。

中央の少し左から白いブロックの様なものが建物に向かって2列並んでいます。これは建物入口に向かってのエントランスになる坂道部分です。建物前は駐車場と広場になります。

一般質問では議員より様々な観点で市民サービスの在り方などの質問があります。

建物も市民サービスも時代にあった形で市民の皆様に喜んで頂ける形にしていかなければなりません。

では、明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

知って貰う努力

2022-09-28 23:16:07 | 地方創生

9月28日(水)、高砂市議会が一日休会になった為、朝会社に出勤し午前中は在社。午後議会へ移動し、市民相談の対応等に取り組みました。

そして午後4時前に再び会社に戻り、リモートでの研修を受けた後、夕刻は組合の集いの最後にご挨拶をさせて頂きました。

さて、話は変わりますが、最近会社の若者と話をしていて気が付いたのが「身近な人が高砂の名所に行ったことがない」と言う現実があること。

例えば、工楽松右衛門旧宅や生石神社、その他にも十輪寺や高砂神社、曽根天満宮などなど自分の日常では「みんな行っている」と“思ってしまっている所“へ行ったことがない人が沢山いる事に驚き、反省しています。

自宅には観光冊子(⬇️)もあるのに!

高砂市への愛着を持ってもらう為に知って貰う努力ができるはずなのに(自分にできることがあるにも関わらず)できていない事を反省し、行動を変えたいと思います。

そして、身近な知人をご案内する中で、気がついたことがあれば、それを貴重な情報として行政に反映出来る様にしていきたいと思います。

明日から2日間(9月29日、30日)は一般質問。私も当初は一般質問をする予定でしたが副議長に就いた事もあり、一般質問を取り下げました。

では、明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伝えるのは「どんな社会を創ろうとしているか?」

2022-09-27 21:44:34 | 地方創生

9月27日(火)、高砂市議会では午前10時から前日に引き続いての一般会計(補正予算案)の本会議質疑よりスタート。

その後、本日の内に特別会計(国民健康保険事業、後期高齢者医療事業、介護保険事業、広域ごみ処理事業)と企業会計(水道事業、工業用水道事業、下水道事業、市民病院事業)全ての本会議質疑を終え、明日は休会となりました。

この様な1日の中で、私が本会議で質問したのは「公共施設整備事業に対する積み立て金」に関する事として、以下の様な事を述べました。

「この取り組みは公共施設の削減であり、一見市民に我慢を強いることになる。しかし高砂市は令和3年度より第5次総合計画(表紙⬇️)を示し、“暮らしイキイキ、未来ワクワク、笑顔と思いやり育むまち 高砂“を目指しているのであり、市民への説明で大切なのは、どの様な社会を創ろうとしているか?目指すべき社会、夢や希望があること、新しい価値を創造する為に必要なステップである事をしっかりと伝えるプレゼン(説明)にする必要があると思うが、どう考えているか」

更に追加の質問では、

「市民への説明の時には、事前に市長・副市長がその様なシナリオとなっているかをチェックし、その場に臨むことが必要と考えるが、如何か?」と尋ねました。

伝えたい事は事前の質問要旨確認でも伝えていたので、行政当局にご理解を頂けているとは思うのですが、これに本気で取り組み、市民の意識の中に「一時的には我慢をしても、その先には夢や希望ある」という意識を根付かせることが大切だと思います。

余談ですが、本日、自転車での帰宅時、携帯電話を落としましたが、15分後に帰宅して、その携帯に電話をすると、警察の方が出てくださり「鷹尾さんです?○○交番に届いていますので取りに来てください」と。ある方が拾得して届けて下さったとのこと。(勿論直ぐに取りに行き、今は既に手元に戻って来ています。)

日本という国の素晴らしい国民性を感じました。

「我々は素晴らしい国に暮らしている。そして高砂市ももっともっと良い街になる」そう信じて、自分もより良い社会をつくる一員として行動したいものですね。

では、明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「国葬」の陳情、定年延長(案)等

2022-09-26 21:37:27 | 議会報告

9月26日(月)、高砂市議会では午前9時半から【議会運営委員会】(以下「議運」と記載します)。その後同10時から本会議にて事件議案、条例議案、一般会計補正予算等について休憩を挟んで17時頃まで質疑が行われました。

そんな本日、議運では「国に安倍元首相の国葬の中止を求める陳情」(⬇️)の扱いについて話しあわれました。

議運で扱われた理由は当該の国葬が明日(9月27日)に実施される中、当市議会の当初の予定ではこの陳情の常任委員会での審査スケジュールは来週となっており、国葬後に審査することへの是非が議論され、結論は国葬後にはなるが、議員各位の考え方は明確に示すべくしっかりと審査することを前提に、当初予定通りのスケジュールで審査することになりました。

その後、午前10時から本会議質疑。多数の議案について質疑が行われたのですが、ここでは幾つかの議案をトピックスでご紹介させていただきます。

先ずその一つが「職員さんの定年延長」(資料⬇️)2年に1歳ごとに定年を延長し令和15年度には現在の60歳定年が65歳定年に移行します。

赤線は、昭和39年生まれ(私が該当)の人のラインです。

処遇は(⬇️)

少し分かり難いですが、給与月額は60歳時の7割と設計されています。

定年延長は社会的動向より妥当と思うのですが、少しずつ権限を持つ者が高齢化することが予想され、若者の価値観の反映に社会とのギャップが生じないかを懸念します。

その他、長期優良住宅の認定申請に係る手数料に関し下に資料の一部を抜粋しますので先ずはご覧ください。

申請手数料の金額は5,270,000円。申請時にはこのお金を現金で市役所に持参しないといけないらしく、実際にはこれ程の高額は高砂市ではないのかも知れませんが、100万円程度なら有り得る話で、未だに現金を持参しないといけない仕組みに違和感を感じています。

これだけキャッシュレスが普及した現代社会において、これに気がついたのが本会議質疑後であった為、本日は当局のお考えを確認できませんでしたが、何とかキャッシュレス化を進めて頂きたいと思います。

明日も午前10時から本会議質疑、しっかりと有意義な時間にしたいと思います。

では明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする