たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

豪雨、通学路安全、高齢者移動手段等々

2022-09-30 22:29:58 | 政策

9月30日(金)、高砂市議会では一般質問の2日目として6人が登壇し、質疑を行いました。

2日間を通じ、質問が重複して多くあったのが「ゲリラ豪雨に対する治水対策体制」と「通学路の安全確保」「高齢者の移動手段」であったと思います。

そのことは先日(9月1日)の高砂市議会議員選挙の真っ最中に発生したゲリラ豪雨で小学生の通学路が冠水し、道と田畑の境目がわからなくなった事例を含め、昨今のゲリラ豪雨時の対応が問われました。

通学路も晴れた時に点検しているだけでは見えない危険が潜んでいる事を認識させられた内容でした。

又、人生100年時代、高齢者となっても健康で生きる時間が長くなった方々にとって、社会に出ていく機会は非常に大切であることは間違いなく、免許返納後も社会と交わる機会を保持することは生きることそのものだとも思います。

一般質問は議員にとってのマンツーマンの真剣勝負。議員(市民)の立場から見た高砂市の課題を指摘しての質疑・要望は「なるほど!」と思う事が多々あります。

しかし行政側には財政的制約他、多種多様な事情がある場合もあり、様々な説明があります。

今回の一般質問の多くは、議員の要望に対し非常に前向きな答弁(行政の見解)があった様に思いますが、兎に角、社会の課題を紐解き、新たな道を発見し、みんなが知恵を出して、政策にして行くことが大切だと思います。

夕刻より山電高砂駅前に出向き、社内某団体の宴席に参加。高砂駅前(今晩の駅前⬇️)も少しずつ賑わいが戻りつつある様に思います。

週末にはお酒を飲んだり、家族と過ごしたり、色々な形があるとは思いますが、リフレッシュをしたいものですね。

では、良い週末を!(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雑草、その課題解決方法は?

2022-09-15 21:17:49 | 政策

9月15日(木)、本日も午前9時から会派別に議案の勉強会。本日のスケジュールは⬇️。

市民病院の現在の経営状況は黒字。これには新型コロナ用の病床確保で国から頂ける補助金が大きく寄与しています。

上下水道部、教育部、都市創造部それぞれに課題はありますが、今9月定例議会で私が一般質問で扱う「雑草問題」について、職員さんとはこの議案勉強会中に意見交換を行いました。

先ず下⬇️をご覧ください。

これは現在毎日私が通る法華山谷川土手の歩道。歩道幅のほぼ半分が雑草に覆われています。これは市内の雑草現場の一例ですが、行政への除草依頼はかなりの件数の依頼が来ていると聞きました。

昨今の気候は何となく雑草を益々繁茂させる状況になっているのではないかと思います。

そんな状況下、行政としてこのまま「要望があれば除草対応をする」でいいのだろうか?何らかの新たな手段はないのか?この様なことについて確認をしようと思います。

下は私が除草を要望した現場の状況。現在は既に除草されています。(一度、当ブログにも掲載した現場です)

新しい技術の活用も含め、何らかの新たな方法を考え、社会課題を解決していく必要があると思います。

明日も午前中は議案勉強会。

では、明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高砂市の課題 サンモール跡地

2022-08-11 22:24:14 | 政策

8月11日(木:祝日)、今日は「山の日」。猛暑日のこの日、私は終日、鷹尾治久後援会会員宅を訪問することに時間を費やしました。

朝、高砂町付近を通った時に撮影したのが⬇️。

高砂町内を戸別訪問しているとやはりこのサンモール跡地をなんとかして欲しいの声を頂きます。

現在は民間企業(アスクプランニングセンター)の持ち物をなっているこの土地に行政が手を加える事は私の知る限りかなり難しく、民間企業への要望をベースに何らかの折衝を行い、糸口を見つけるしかないと思います。

私としては、困難でも折衝を粘り強く行い、その状況を公表できる範囲で近隣住人(高砂町内の方々)に確実にお伝えする事が大切と考えます。

現在、行政がどの様な交渉をどの様な頻度で行っているのか、殆ど見えていないのが現状だと思うので、せめて行政がどう考えどう動いているのか、公表できる範囲で公表する事を望んでいます(会派要望にも記載)。

市民の皆様のお気持ち、考えをお聞きする貴重な機会となる戸別訪問。明日もしっかりと行いたいと思います。

明日も暑いと思いますが、“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

公益資本主義と株主資本主義

2022-05-30 21:15:01 | 政策

5月30日(月)、午前9時から議会にて代表者会。その後議員控室にて打合せなどを行い、午後は加古川プラザホテルへ。

その目的は東播懇話会主催の講演会(⬇️)の拝聴。

趣旨は「利益を従業員にしっかりと返すこと(賃金上昇)で→消費拡大→内需拡大→企業業績改善→企業投資拡大、この循環を目指すべきで、これが公共資本主義という考え。対義語が株主資本主義で、今の資本主義は「株主に利益というお金が分配され、利益が出なければ従業員から搾取するパターン」これでは好循環にならない。

この内容に非常に納得した本日の講演会でしたが、講演の中では竹中平蔵氏が主導した財政政策と相容れないものであることは理解できたものの、何が違うのかは理解できないまま終わりました。

一昨日は、甘利明代議士の話を聞いたばかり。色々な方のお話を聞きながら、自分の意見をしっかりと持つことの大切さも感じています。

では、明日も“明るく元気に真剣に“行きましょう!(with smile)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

住み続ける街づくりのストーリーは?

2022-03-04 22:43:56 | 政策

先ずクイズ。これ(⬇️)は何という鳥だと思いますか?

答えは最後に。

さて本日は金曜日、あっという間に平日の5日間が過ぎた感じでした。

本日は午前9時半から資料確認。その後、10時から本会議にて「中期財政計画」について質疑が行われました。(見え難いですが、添付します⬇️)

これは、高砂市の今後5年の財政状況について、具体的事業を考慮した上でお金の計算をして示した計画で、更にプラス5年間は「中期財政“見通し“」として示されてもいます。

その資料から見えてくるのは、令和8年度時点では貯金(上の赤線で引いてある「財政調整基金」)は29億8千8百万円とそれなりにあるのだが将来は、、、という事です。

と言うのが、令和8年度より更に未来には、山陽電鉄連続立体交差や髙砂市民病院の建替えなどが控えており、それに備えておかなければならないとの認識がある様です。

本日、私が質問した趣旨は「列挙されている事業を進めることで、高砂市は第5次総合計画で掲げている2030年人口84千人とするだけの政策になっているのか、それが私には見えないので、市長が考えているストーリーを聞かせて欲しい」という事。

これに対し「これらを着実に実行し、移住定住を増やし達成したい」と。

ハード事業だけでは自治体の魅力を語る事はできませんが、ではソフト事業にどんな仕掛けがあるのか、それらを含めてどんなストーリーを描いていのか、聞かせてほしいと思っていたのですが、その話は聞けなかったと感じています。

高砂市には今、関係者のご尽力でコウノトリ(最初の写真の答え)が飛来しています。こんな魅力的な鳥が身近に見れる高砂市、みんなで誇れる街にし、住み続ける形にしていきたいものですね。

では良い週末を!(with smile)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする