たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

”しつけ”か”体罰”か?

2019-12-04 22:14:11 | 考え方

 12月4日(水)、朝会社に出勤後早々に議会へ移動。その後1件面談を終えて、午後から議案勉強会。本日は企画総務部、教育部、そして選挙管理委員会事務局に会派部屋へお越し頂き、議案その他幾つかの事について勉強させていただきました。

 そして合間には、図書室に行って新聞を閲覧。本日の新聞でのトピックスは「親の子供への体罰を禁止する」事について厚生労働省が指針案をまとめた事。

記事によると「体罰禁止指針案のポイント」は下記の通り。

●身体に苦痛、不快感を与える行為は体罰とし、具体的には

・注意してもきかないので頬をたたく

・いたずらをしたので長時間正座させる

・友達を殴ったので同じように殴る

・他人の物を盗んだので尻を叩く

・宿題をしないので夕ご飯を与えない  等。

これらの多くは昔では間違いなく「教育の一環」であったと思いますが、現代社会はそれを許しません。正解は誰にもわからないと思うのですが、現段階ではこれを「正」としてこれに則った行動をしないといけません。

明日は議案勉強会の最終日。使い慣れないタブレットを駆使しながら資料を読み込みたいと思います。

では明日も”明るく元気に積極的に”(with smile)


SNS関連事件に思う

2019-11-29 22:18:20 | 考え方

 11月29日(金)朝は通学路の”旗当番”からスタート。その後は早々に議会へ出向き、日程調整や資料確認。

いよいよ来週12月2日(月)に議案提案の議会運営委員会が開催され、12月9日(月)の12月定例議会に入っていきます。

さて、定例議会とは別に、今私が社会で気になるのがSNSに伴う事件の多さとその内容です。

私は出来るだけ毎日、会社か議会(図書室)で新聞6紙に目を通す様にしているのですが、数日前の新聞には「警察庁によると昨年にSNSを通じて連れ去り事件の被害にあった18歳未満の子どもは42人で6年前の21倍に急増」との事。

下は新庁舎の図書室。この様に新聞が吊るされています。

報道の内容では詳細な背景は把握できませんが、「若者は何故SNSだけで知り合った人の所へ行ってしまうのか」、その若者の心に何か起こっているのか、孤独なのか、居場所がないのか、社会に、家族に何が起こっているのか、と思ってしまいます。

本当に社会と個人に新たな潮流が来ていると感じています。まだまだこの様なSNS関連の事件が増える気配を感じるだけに悩ましいです。自分だけで何とか出来るとは思いませんが、気にはかけておきたいと思います。

では、良い週末を(with smile)

 


なんか楽しい気分

2019-11-28 22:27:22 | 考え方

 11月28日(木)、朝会社に出勤後、午前中は在社、午後議会へ移動。その後は自宅に戻りPCを前に子ども会イベントの資料作り。

 この資料は先日も少し書かせて頂きましたが12月15日(日)に開催する地元高砂市立米田西小学校区の子ども会会員が集い年末に行う「お楽しみ会」用のもの。

 本日は私が、米田西校区会長の立場で午後7時からこの打ち合わせを主催し、その後約2時間、色々と話しあいました。

 約170名の子ども達が参加するこの企画。企画内容は以前から既にほぼ確定しているのですが、全体の流れの中では、レイアウトや担当者の決定等、詰めていくと色々と出てくるもので、あっという間に2時間が経過しました。

そんな中、学校からアドバイスを頂いているのが「嘔吐物処理」。子どもが嘔吐をした場合は感染性がある可能性があり、被害が拡大する事を避ける為に下の様な対処法説明書を学校より頂戴しました。

色々な事を想定しながら詳細を詰めていっている状況なのですが、関係者が前向きである事で助かっていますし、またこの事でつながりの出来た人も数名おり、”なんか楽しい気分”です。

共働きや片親等色々な背景があるので、子ども会に入る事を強要する訳にはいきませんが、出来れば多くの人が、この様なつながりや知り合いをつくっていける事が望ましいですよね。

さあ、明日も”つながり”を大切に過ごしていきたいと思います(with smile)

 

 

 

 

 


"スマホ時代”とこれからの日本

2019-11-25 19:02:43 | 考え方

 11月25日(月)、朝会社に出勤後、早々に議会へ。本日は会議など時間を決められた用件は無かったのですが、現在取組中の纏めものの為に午前中に自宅へ移動。

と言うのも、新議会棟への引っ越しと同時に従来使用していたパソコンがタブレットに変更になり、資料の作成等では使い慣れておらず非常に不便な為、自宅PCでの作業を行っているからです。

という事で終日まとめものの。

そんな中、朝会社手前で見つけた銀杏等の紅葉が(↓)。

紅葉真っ盛りのこの季節。PCに向かうばかりでは駄目で、少しの時間でも周囲の自然に目を向けたいものですね。

そして、本日(11月25日)は今から(午後8時から)街頭補導活動です。先日の補導委員研修ではスマホを使ってのSNS上での若者のスタイルが話題になり、犯罪被害の温床になりうるとの事で勉強させて頂きましたが、最近解決した大阪市で行方不明となった少女の事件も切っ掛けはスマホでした。

また今日は会社の先輩から「映画館に映画を観に行っている者が映画上映中にスマホを見ている事がある様なのですが、この本人は周囲に迷惑がられている事が認識できない」との記事を送って頂きました。

スマホやPCでの便利さはもう手放せないとは思うのですが、この風潮、習慣による人格への影響はどうなるのか、と心配します。

いつの時代も「最近の若者は、(けしからん)」との話があります。「けしからん」とは思いませんが、未来を懸念してしまいます。

もう少ししたら街頭補導に出発です。寒くなって来ていますので、皆様も風邪等病には万全のスタイルでお過ごしください(with smile)

 

 

 


スマホの世界と子どもの心

2019-11-21 22:19:29 | 考え方

 11月21日(木)、朝会社に出勤後早々に議会へ移動し10時から【文教厚生常任委員会】に出席。

本日も「手話言語条例」について議論し、明日10時からの議員間討議につなげることにしました。

その後は高砂市民病院、教育部、福祉部それぞれから報告を受けました。

高砂市民病院の経営は入院患者さんが加古川中央市民病院から転院して来られる流れが出来つつあり若干入院患者が増え、経営は改善されてきていますが、それでも現状では年度末には未だ4億円以上の資金不足による一般会計からの援助が必要になる状況です。

各部色々な課題をもちながら運営されているのですが、本日午後7時半から開催された補導委員研修では下の写真の通り「スマホやネットに潜む危険~子どものネット利用の現状を知る~」をテーマに講演を聞かせて頂き、出会い系サイトをはじめとするSNSでの通信(会話)による世界が子どもの人生や心へどの様に影響するのかを考えると恐ろしく感じました。

例えば好きな子にお付き合いを申し込むのもSNSらしく下のやり取りが。

A君「付き合って欲しい」 数秒後⇒ Bさん「無理」 恋は終了 です!

かつては手紙を出し、相手の返事が来るまでに色々と気をもみ、結果を知る。この時間に人は心を育んでいるが、一事が万事、この様なパターンが無くなろうとしている、と。

直接顔を見て言葉で伝える事が苦手になっている子が増えて来ており、その結果、自分の興味が低年齢化し幼児に向いているらしく、幼稚園児の水着姿写真がネット上では「高く売れる現象」が起こっている様です。

こんな中で大切なのは、「直接の生の声かけ・ふれあい」との事。

青少年の健全な育成、成長を目指し、生の声かけ、ふれあい、(生の)つながり等を大切に色々な企画も考えないといけないのかも知れません。

課題は山積ですが、前向きに出来る事を行動に移したいと思います(with smile)