たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

ほんとですか?中1、中3同じ給食量!

2024-02-28 21:41:45 | 教育

2月28日(水)、高砂市議会では午前10時から前日に続き本会議質疑。

本日は令和5年度補正予算に関する特別会計(国保、後期高齢、介護事業会計)、企業会計(水道、工業用水道、下水道、市民病院)が扱われましたが特記事項はなく、午前中に終了。

午後は来週以降に予定されている令和6年度の予算案の質問通告に対する職員の趣旨確認があり、会派部屋に来られ複数部署と面談。

その質問の中でも特に時間を割いたのが教育部の2項目。

一つは先日も当ブログに記載した中学校給食の量。

本日の話では「中学1年生も3年生も1人あたりの主食(米)の量は同一」とのご説明。思わず「本当ですか!?」と再度確認しましたが「そのはずです」と。そこで再確認を依頼すると共に、それが本当なら何としても変更して学年に相応しいボリュームに変更して欲しいと思います。

そしてもう一つが「中学校部活動の地域移行」。これについては令和5年から同7年の3年間を推進期間として取り組まれることになっているのですが、課題は山積。

そもそもそのきっかけは教員の負担軽減(働き方改革)。とは言うものの現在の中学校部活動は教育的意義を含め相当な歴史を経る中で日本中で浸透した仕組み。これを完全に外部に移行するにはその管理者の質や量が速やかに準備できるか否か等現実的課題を抱えています。

時代の変化に伴い状況が変わっていくのは当然のこと、現場の事情をしっかりと踏まえつつ最適な姿に落とし込んでいきたいものですね。

夕刻庁舎を出る時に通過した昼間は確定申告にて使用している場所では、高砂市水道事業100周年のビデオ映像が流されていました。このビデオは水道の歴史と共にその有り難さを実感できる映像で、この場所で放映していることに職員さんの前向きな取り組みを感じます。

明日の高砂市議会の予定は委員会での議案審査。

明日も“明るく元気に積極的に“いきましょう!(with smile)


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「学校に行くのは楽しい」が多い高砂市

2024-01-27 06:43:04 | 教育

1月26日(金)、午前10時から文教厚生常任委員会に出席。各部署(教育部、市民病院、健康こども部、市民部、福祉部)の報告を受け、15時頃に終了しました。

教育部では、先日の熊本市への視察で話の出ていた『全国学力・学習状況調査』の報告があり、学力分野の報告よりも学習状況調査への関心が集まりました。

下の添付資料では朝食と正答率の関係等がグラフ化されており、日常生活のあり方の大切さが見て取れます。

そして下の資料では、学校に対しては肯定的である生徒が全国平均を上回っている事が分かり、日頃の先生方の努力が実っている様に感じました。

では、「学力は?」となると👇の通り、全国平均を下回っている結果となっています。

この調査を詳細に確認できていませんが、私は学力が高いことも大切ですが、小中学生の頃にはやはり「生きていく力」(生き抜く力)を身につける事が大切だと思います。

教育の専門家でもない私の考えですが、生徒たちにとってこれから先長く続く人生では様々なことに遭遇することは間違いなく、時には理不尽なことにも遭遇すると思います。

その時に負けない人間力を備えていることが大切で、それをこの義務教育の期間に団体生活を通じ身に染み込ませて欲しいと思います。

その意味では「学校に行く事が楽しい」と応えている生徒の数が全国平均を上回っていることは非常に望ましいことだと思います。その様な状況をつくって下さっている関係者の方々には感謝です。

では、良い週末を!(with smile)


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不登校について

2024-01-24 22:12:50 | 教育

1月24日(水)、前日より熊本市に宿泊し、本日は午前9時半より熊本市役所を訪問。

先ずは熊本市役所から見えたゆるキャラ“くまモン“です👇

本日は熊本市役所にて不登校児童むけに確立されたフレンドリーオンライン(教育ICTを活用したオンライン学習支援)について学ばせて頂きました。

オンラインを通じての学習支援の目的は不登校生徒とのつながりを持つことにあると理解しました。

この熊本市だけではなく多くの自治体で不登校児童が増加傾向にあると言われており、その原因も特定できていないのが実情の様です。

不登校が継続すると外界とのつながりがなくなり社会的自立をする機会を失うことになる為、つながりを保つ手段として実施されています。

昨日も当ブログに掲載させて頂いたフレンドリーオンライン(詳細はこちらを)。本日のご説明の最後には受講生の声が画面に文字として流れたのですが、受講生からは結構感謝の言葉が綴られているとの印象があります。

そして、これを運用していくにも画面の向こうで適切にカリキュラムを進めることのできる人材がポイントとのこと。

不登校と言う現代社会の課題はその原因も明確に定まらない状況ですが、当該人とその保護者の人生においても、また日本においても放置できない課題。非常に重要な課題だと捉えています。

このテーマで勉強をさせて頂いた後には、遠藤洋路熊本市教育長とのフリートークの機会(30分)を設けて頂き、「全国学力調査」においては、同時に学習の姿勢も問うており、自らが計画を立てて勉強をする姿勢を身につけているかを確認する事が大切とのお話を頂戴し感銘を受けました。

では明日も“明るく元気に積極的に“いきましょう!(with smile)


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

重過ぎる中学生のカバン

2024-01-19 21:26:40 | 教育

1月19日(金)、朝会社に出勤後、組合事務所にも立ち寄り、その後外出。1軒立ち寄った後、議会(議員控室)へ。

午後、市役所内教育部へ相談に行ったのが中学生の通学カバンが重過ぎる事への改善。何名かの中学生保護者に確認すると、やはり「重い!」とのこと。独りの意見ではない事を確認した上で要望として扱いました。

経緯としては、自分の息子のカバンの重量を数週間前に測定した時が13.7kg。そして本日は14.5kg。私自身が背負おうとしても中々しんどい重量でした。

この件についてインターネットでも情報収集。その一つが中国新聞の記事(その内容はここをクリックしてください)。その記事に掲載されている写真を2枚添付します。

私が測定したのが13.7kgと14.5kg。学校にも何らかの事情があるのかも知れないので、本日は「何故この様な状態になるのか先ずは調べて欲しい」と要望しました。

成長期に両肩から押さえつける様なリュックサック。子ども達の健全な成長の為にきめ細かな運用を求めたいと思います。

本日の最後は午後6時からの高砂保護司会の研修会と理事会への参加。これを終えて1週間が終わりました。

では良い週末を!(with smile)


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中学校長のコンビニ不祥事

2024-01-11 23:11:11 | 教育

1月11日(木)、午前9時半から文教厚生常任委員会。ここでは教育部より3項目について報告が行われたのですが、その3項目目が⬇️。

内容は高砂市立Z中学校校長によるコンビニでのレギュラーサイズを購入したにもかかわらず、実際にはラージサイズのボタンを推してカップに入れたという出来事に伴う警察の聞き取り調査事案。

詳細は不明ながら警察による聞き取りがあったことから今回が初めての行為では無かったことが予想されます。非常に理解に苦しむ事案で、現在の中学生への教育的観点での悪影響を懸念します。

私の理解では、先生と言えばそれなりにお手本になる行動ができる人でその言動も真似をすべき人物とのイメージがあります。そして勿論、色々なことをご指導頂ける人との印象があります。

所が、学校での先生方のトップである校長がこの様な行動を確信犯として複数回実行していたとすれば、生徒達は不信感を抱き、なめてかかるのではないかと思います。

今日の委員会ではこの辺りのフォローの大切さを要望しました。本当に残念な事案です。

では明日も“明るく元気に積極的に“いきましょう!(with smile)


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする