たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

明風会「会派要望」完成

2018-10-31 22:57:05 | 日記

 10月31日(水)、いよいよ10月も最終日。朝は会社に出勤後、工場見学のお手伝いをさせて頂き、その後は早々に議会へ。

移動の時、会社近くの十輪寺前で紅葉の始まった風景を発見し「パチリ!」と2枚撮影。

何でもない風景ですが、季節は確実に移り変わっています。

そして午後1時からは会派メンバー3人で「平成31年度予算編成にむけた会派要望」の作成ミーティング。

終了したのは午後6時過ぎ。みっちりと意思疎通を行い、高砂市に必要と思う事業等についてまとめ上げました。

内容については後日、ご報告させて頂きたいと思います。

あっという間に一日が過ぎていきます。有意義に過ごせるように、明日も”明るく元気に前向きに”頑張りたいですね!(with smile)

 

 

 


”不納欠損”について

2018-10-31 06:24:30 | CSR

 10月30日(火)、午前9時から議員控室にて「会派要望」にむけ会派メンバーと打ち合わせ。現在の高砂市を俯瞰し、来年度の予算に反映して頂きたい施策や今後を見据えて取り組むべき施策等について議論しました。

そして午後1時からは【決算特別委員会】。昨日は議会事務局、財務部を対象に審議を行いました。

財務部と言えば、高砂市の財布を握っている部署。税を徴収する役割も担っており、法的根拠に基づき、債権を放棄したケース(不納欠損と言います)もまとめて報告されました。

ちょっと見えにくかも知れませんが、上の資料におけるピンク色の不納欠損額は約1億1千2百万円。例年は6千万円程度らしいのですが、平成29年度はその倍となった不納欠損。

この理由は、1件で6千万円の不納欠損があったとの事で、事業倒産が原因の様ですが、止むを得なかったのか、手順等を確認しました。

公共事業の原資は皆様の税金、これをしっかりと徴収頂くことは全ての根源。これまで同様、しっかりと徴収頂き、高砂市の財政運営を担って頂きたいと思います。

こういった事をチェックする【決算特別委員会】、11月末までに各部署の事業と成果等を確認します。

さあ、今日も”明るく元気に前向きに”頑張っていきましょう!(with smile)

 

 

 

 


「会派要望」作成中

2018-10-29 21:45:57 | 日記

10月29日(月)、朝は会社に出勤後、早々に議会へ移動。

実はこの時期は来年度予算に対する会派としての要望を作成する時期でもあり、日頃考えていることを改めて纏めています。

議員の役割としては、予算や条例を審議し議決することがありますが、現在の高砂市を見た時に必要な事を提言し具体的形にすべく要望することも大切な事です。

議員各位、違う視点から要望する全ての事が予算に反映されることは本当にハードルの高い事ではありますが、財政事情を考慮しつつも、必要と考える事は毎年の様に要望することにしています。

私の場合は一番には「産業の発展支援」をベースにした上で「安全・安心な街の構築」であり「公園の充実による地域コミュニティーの構築」と考えています。

こういった事を試案する中では、大型ショッピングモール閉鎖後の高砂町の買い物不便対策は必須ですし、山電高砂駅前の再開発も必須事項です。

明日以降、会派メンバーで熟議し、近日中に提出したいと考えています。

明日(10月30日)は午後1時から【決算特別委員会】で議会事務局と財務部の審査を行います。

さあ、明日も”明るく元気に前向きに”頑張っていきましょう!(with smile)

 

 

 

 

 


真剣ラグビーに感動

2018-10-28 22:45:47 | 日記

 週末10月26日(金)【決算特別委員会】を終えてから東京へ行ってきました。

その目的はブレディスローカップ観戦(於:日産スタジアム)。これはラグビーの国際試合でニュージーランド代表(別称オールブラックス:世界ランク1位)対オーストラリア代表(同ワラビーズ:同7位)の真剣勝負。

滅多に見れないこの世界トップクラスの真剣勝負を生で見る機会を得、本当に感激しました。

やっぱりどんな物でも一流のものを感じる事は心に響くと感じました。

今回はこれを機会に上京し、東京勤務時代の仲間との旧交を温めたことも大切な目的の一つであり、良い時間を過ごすことができました。

そして本日(10月28日)早朝、東京を出発し高砂へ戻って午後から参加したのが「第5回米田なかよしフェスティバル」

第5回を数える地元のイベントですが、快晴に恵まれ多くの地元の方々がボランティアとして参加し笑顔溢れるイベントとなり、こちらにも感動。

私は地元の補導委員という主催者側の団体の一員として補導委員仲間と共にお手伝いとして参加。皆様の献身的な動きに頭の下がる思いとなりました。

国際試合に出場する様な選手も何処かで暮らしていて、その暮らす地で良好な人間関係を構築することは人生において本当に大切なことだと思います。

そういった意味でもこのフェスティバルは、非常に有意義で大切なイベントと感じています。(メインで主催されている方々は本当に大変なことだと思っています) 

さて、リフレッシュした週末も終了。明日から再び仕事モード、精一杯頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


書道演舞に感動

2018-10-26 06:47:12 | 日記

 10月25日(木)、朝会社に出勤後、早々に議会へ移動。そして午後からは尼崎移動し、補導委員の研修会(第51回兵庫県青少年補導委員大会・研修会)に出席。

この研修会は、現在私が務めている補導委員の兵庫県全体での大会・研修で、毎年県下の何処かで場所を変え開催されており、長年補導委員を務めた方への感謝状贈呈や講演会等が行われます。

そんな中、感動したのが尼崎市立尼崎双星高等学校書道部による書道演舞。非常に大きな紙の上に複数の者が筆をもち何かを書いていきました。

そして仕上がったのが(↓)。

これには感動しました!「双星高校書道部の皆様、ありがとうございました!」

そして講演は弁護士曽我智史様による「虐待と非行のはざま」というテーマで行われ、「非行のもとには、多くの場合虐待がある。誰からも見守られない事が非行を助長する。補導委員の方々の活動はまさに非行に流されてしまう青少年の未来の為に必要な活動」との考えを示して頂き、今後の活動へのモチベーションにもなりました。

夜は高砂に戻ってきて午後8時からまさしく補導活動を行い、米田地区周辺を巡回し、「異常なし!」。

兵庫県下、日本国中で補導委員が青少年の健全な育成を見守っており、世の為、人の為に活動をしています。みんなで社会を支えたいものですね。

さあ、本日午前9時から【決算特別委員会】審査が本格的に始まります。

今日も”明るく元気に前向きに”頑張っていきましょう!(with smile)