たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

何故Uターンは駄目なの?

2020-09-29 22:16:02 | 道路事情

 9月29日(火)、本日は午前9時に市民相談解決の為に高砂警察署に行く事からスタートしました。

その内容は、国道2号線から姫路バイパス(加古川バイパス?)への侵入方法について、「高砂北ランプ」では「神戸方面へのUターン侵入は不可、しかしながら姫路方面へはUターンは”可”となっているが何故?できれば両方とも可能にして欲しいが、、、、。加えて、不可であるならば神戸方面への不可表示はもっと判り易くしてほしい」との要望。

(↑:Googleより抜粋の写真)

答えは、出来るだけ交通規制を少なくしながら安全に快適に走行頂く事を前提に、交通量、道路幅などの事情を考慮して規制を設けている、との事。そして「当該箇所の分かり難い表示は、既に追加して行う計画で早々に実施する」との事。

その他にも、私が日頃から感じていた、「何故、押しボタン信号は押したら直ぐに青にならないのか?」については「その先の信号とのタイミング、その前に一度押されているかいないか、等が考慮されてコントロールされている」との事。

勿論「横断歩道では止まって譲る、は促進すべき」とのお話もさせて頂き、この件については賛同頂きました。

非常に有意義な面談となり、私自身も今まで疑問に思っていたり、伝えたいと思っていたことを伝える事が出来てすっきりしました。

午後はじょうとんバスの今後の計画確認(これもご担当の方は一生懸命知恵を出してくれています)、市民病院経営改善検討特別委員会への会派意見の集約(市民病院スタッフの方々も懸命にこの苦境を乗り越えようと取り組まれている事は実感しています)等、幾つかの事に取り組んでいる内に夕刻に。

本日は、改めてそれぞれの立場の人が懸命に考えて街が創られており、その中で人々が生活をしている事を実感し、私も自分に出来ることを懸命に行い、人のお役に立ちたいと思いました。

先ず明日は、活動をより分かり易くしたホームページにすべく、リニューアル検討を行う予定です。

では、明日も”明るく元気に積極的に”いきましょう(with smile)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「逆境こそチャンス」と考えて

2020-09-29 07:48:48 | 考え方

 9月28日(月)、朝会社に出勤後、1件面談をしてその後早々に議会へ移動。

そして午前10時からは高砂市議会の総合計画検討特別委員会に出席。この総合計画(第5次)は自治体が10年に一度作成する長期ビジョンのようなもので、2020年という現在から10年後に高砂市のあるべき姿を描いたもので、その骨格が議決事項になっており、9月議会以降継続審査をしています。

そんな中、昨日私が質問したのは「第4次(2011年から2020年度)の総括としてできなかった事について、何故できなかったのか?が分析されているのか、それなくして次の10年の計画を作成しても再び「できませんでした」で終わるのではないか?」と言った内容。

確かに、それぞれの部署が個別に取り組む個別の政策については分析され、評価され、課題なるものが示されているのですが、それらが総合的に融和された全ての結果において、例えば人口問題としての「転出超過者数を0にする」と言う指標に対しては益々悪化している事に対し、分析や対策がしめされていないと認識しての質問でした。

私は、「それぞれの個別を集めても全部にはならない」と思っています。第4次総合計画を策定した10年前には恐らく課題を設定する時には全体像を捉え、共有した上で、全部から個別に分けて課題を設定したのではないでしょうか?

例として挙げたのが「野球でいえば、チームの打率、盗塁数、守備エラー数等全て優位にあるが、結果として勝てていない。原因を探れば、チャンスに打てていない。ではこのチャンスに打てる様になるためにはどうするべきか?この様に全体の結果から分析をして次に活かしていかないと、また同じ10年になるのではないか」との話をしました。

以前から国でも「縦割り行政の弊害解消」が課題となっていますが、総合計画の成就にむけても課題の一端はここにあると思っています。

そんな午前中を過ごした後、午後には下の講演を聞きました。

これまでも高砂市は人口減少が激しく、逆境にあったと思っています。更に加えて、一人一人の生活も新型コロナ禍にて逆境に立たされている方が多いのではないでしょうか。

話の中ではパナソニック創業者松下幸之助氏の逸話を題材に「松下氏は、

●学歴が無かったから(みんなに教えを乞えた)、

●健康でなかったから(みんなに協力してもらった。健康であれば自分が無理をして潰れていた)、

●貧乏だったから(、、、)」

と一見マイナスの状況をプラスと捉え、活路を見出して来られたとのお話でした。

この様な時だからこそ、人、組織、市民、みんなが今までのやり方を変え、新しく生まれ変わりたいものですね。(with smile)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の気配

2020-09-28 07:07:26 | 日記

 9月26日(土)27日(日)の週末、皆様如何お過ごしだったでしょうか?

 秋を感じる気候になって来ましたし、周囲の風景もその気配が漂ってきました。近所を歩いていると見つけた一枚の落ち葉(↓)

その他にもご近所風景は気持ちの良い日差しの下で、爽快な気分を感じさせてくれました。朝のラジオ体操の場所となる高砂総合運動公園内の今朝の風景(↓)

その帰り道(↓)

ふと、周囲の風景や足元に目を向けて、身近にある自然とその変化を感じるのも良いのではないでしょうか。

さあ、新しい週の始まりです。新型コロナウイルス感染症対策にはしっかりと取り組みながら、気持ちの良い気候を感じ、今日も一日”明るく元気に積極的に”いきましょう!(with smile)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山陽電鉄高砂駅に新看板

2020-09-25 22:09:31 | お知らせ

先ずは(↓)

これは地元(兵庫県高砂市)にある山陽電鉄高砂駅にこの度設置された㈱カネカの商品である還元型コエンザイムQ10高砂仕様ボトルデザインの看板です。

「人生100年時代」と高砂市に伝わる「和合長寿」の思いがマッチしたこの高砂版の還元型コエンザイムQ10デザインが私は大好きです。是非、皆様お買い求め頂き、共に長く元気に生きましょう!

 9月25日(金)、本日は早朝から結構な雨。そんな中、カッパを着ての自転車での出勤。本日の様な雨の場合は足元は長靴。会社に行けば安全靴に履き替える事ができるので、これが最適スタイルです。

「よし、完璧!」と出発するも、長靴にちょっと割れ目があり、そこから水が沁みこんで来ました。「とほほ、、、」

午前中は在社、午後は議会にて公園の芝生化を目指しての『県民まちなみ緑化事業』申請に着手。その他、幾つかの事であっと言う間に夕刻となりました。

夜8時からは米田地区の補導活動。こちらは本当に「異常なし」で一日が終了。

では皆様、良い週末を!(with smile)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

定例議会明け、ほっと一息

2020-09-23 21:59:41 | 日記

 9月23日(水)、連休明け初日、いつもの通りラジオ体操に参加し、自宅に戻って会社に出勤。その後は午前中在社、午後議会(議員控室)に移動し、総務常任委員会の「議会だより原稿」について、山田光昭副委員長が作成してくれた原稿(案)を確認し議会事務局に提出。その後連休中の新聞6紙のチェック等を行い夕刻になってしまいました。

会社から市役所(議会)への道中、十輪寺前のお言葉が変わっていたので撮影(↓)。

議会が終わり少し「ほっとした一日」でした。

では、明日も”明るく元気に積極的に”いきましょう!(with smile)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする