たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

継続したい情報発信

2023-08-07 22:16:46 | 広報政策

8月7日(月)、本日は午前7時前から「たかお治久後援会報(NO.32)」を後援会会員宅にほぼ終日配布。配布したのは阿弥陀地区と曽根地区。阿弥陀地区では高御位山(タカミクラヤマ)の麓にて美しい花の咲く池を見つけました。(写真ではその美しさが上手く伝わらなく申し訳ないです)

下は地元では有名な高御位山。←詳細情報はこちらを。

今日は若干雨も降り、太陽の光も少し優しく、配布作業には助かりました。

夕刻、メンズ・カーブスに行き、最後は午後7時半から青少年補導委員会広報部会。全てが終わって帰宅したのは午後9時頃。

会報や当ブログを通じ、私の日々の活動や考えを世の中の人に知って貰いたいと思っていますので、これからも継続して情報発信していきたいと思います。

では、明日も“明るく元気に積極的に“いきましょう!(with smile)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「後援会報」を通じて

2023-04-17 21:27:05 | 広報政策

4月17日(月)、朝は直接議会へ登庁し午前中は会派控室で過ごし、11時過ぎから会社へ。会社では来客対応をして再び議会へ。

午後は夕刻まで「たかお治久後援会会報(NO.32)」の原稿作成に専念。令和5年度予算の概要は行政が発行する「広報たかさご」である程度把握できるので、より詳細な情報を提供することで、後援会会員の皆様に理解を深めて貰いたいと思っています。

例えば下の資料⬇️。これは今年7月から実施される当該世帯の所得制限なしに高校生世代の医療費を無料にするとの議案で可決され本年7月から実施される政策なのですが、その議案審査で提出された兵庫県内の自治体の政策状況(令和4年7月時点)です。

高砂市はこの時点(令和4年7月)では高校生世代への医療費助成は無く、入院費用への助成については所得制限を設けて実施していました。

資料を見て頂くと神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市などは軒並み未実施。自治体間で政策が違うことが分かります。

また、2050年カーボンニューロラル宣言をしている高砂市では新庁舎駐車場には電気自動車の充電設備(⬇️)も整っており、中小企業へも環境配慮投資に対し助成を行う予算が組まれています。(これも出来るだけ紹介したいと思っています)

その横にはレンタル電気自動車(⬇️)も置かれています。

後援会会報を通じ、市民の皆様に政策への理解を深めて頂くとともに、社会がより良くなる様な影響力のある記事を掲載したいと考え、明日も原稿作成に頑張ります。

では、明日も“明るく元気に積極的に“いきましょう!(with smile)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

低投票率と後援会会報誌の在り方

2023-04-11 21:06:51 | 広報政策

4月11日(火)、朝は会社に出勤後、早々に議会へ移動。午前中から【たかお治久後援会会報(NO.32)】の作成に取り掛かりました。

その途中には昼食、来客等があり中断することもありましたが、何を書くべきか、何を伝えたいか、色々と思考を巡らせながら机に向かいました。

さて、話が一旦逸れますが、先週末高砂市では兵庫県会議員の選挙が行われ、その投票率は32.59%。実に3人に2人が投票に行っていない惨状です。

何故なのか?個別には色々な事情があるとは思うのですが、私なりに捉えている理由は以下の2つ。

①政治への期待の希薄化。②熟成社会で多くの方がそれなりの生活をできているとの認識にある。

これらの2点が絡み合う中で、投票に行かなくなっているのではないかと思います。

投票率32%台、社会全般で政治と政治家への期待が薄まっているのではないかと思う中で私の後援会会報に何を記載し報告するべきなのか、考えさせられます。

何とか、自分の伝えたいことや考え、活動を分かり易い形で伝え、市民の皆さんのご意見を聞きながら少しでも市民、関係者の幸福に貢献したいと思います。

下は昨年12月に発行した「たかお治久後援会報(NO.31)」(最新版)です。

気合いを入れて近日中に後援会会報原稿(案)を作成したいと思います。

では明日も“明るく元気に積極的に“いきましょう!(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネット公開情報の在り方(検討中)

2022-12-22 07:20:22 | 広報政策

12月21日(水)、午前9時半から議会にて打合せの後、10時から議会運営委員会、13時からは総務常任委員会に出席しました。

午前中の議会運営委員会では、現在課題を抽出して進めている議会改革について話し合いが行われましたので、その課題の幾つかをご紹介させて頂きます(⬇️)。

①議案のインターネット公開

②委員会の“録画“放映

③議員報酬の議会HPへの掲載

 ①の議案のインターネット公開について、議案として議会に提出された時点で何処でどの様に公開されても法に抵触する訳ではありませんが、だからと言ってネット公開となると一定の配慮を実施している自治体が県内でも半数近くあります。例えば公用車の交通事故で相手型(被害者)の住所、氏名が掲載された議案、これについてネット公開も同様に扱って良いか等の妥当性です。

②の委員会の“録画“放映について、現在は全ての委員会(常任委員会、特別委員会、議会運営委員会)をネット中継しているのですが、「議会運営委員会は定例議会中には頻繁に開催される上、扱う内容がナイーブな内容である場合がある」との意見もあり、今後の検討課題になりました。

③の議員報酬の公開については、既に種々のインターネット上に掲載されているのですが、高砂市議会のHPに掲載するのであれば、周辺自治体議会や市長、副市長との比較、議員処遇に関連する年金や退職金が議員には無い事等も掲載すべきではないか、との課題を残しています。

インターネット時代の到来で情報公開の在り方が検討されるのは当然のこと、みんなで検討して最適な形にしていきたいと思います。

下は午後の総務常任委員会で示された公共施設削減状況の資料です。この公開には全く問題ありません。

では、本日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はりま情報サイト「TANOSU」(タノス)

2022-02-17 21:31:17 | 広報政策

 2月17日(木)、本日から3月定例議会の議案勉強会。本日は午前9時から財務部(1.5時間)、政策部(1.5時間)、健康こども部(2時間)、福祉部(2時間)の議案について勉強をさせて頂きました。

どの部署も議案の勉強に加え、幾つもの関心事項があり、質疑は尽きる事なく「あっ」と言う間に予定(申請)した時間枠が終わってしまいました。

そんな勉強時間を通じ、下のようなHPがある事を教えて貰いましたのでご紹介します。

名前は「TANOSU」(タノス)と言うHPですが、これには兵庫県播磨地域の有意義な情報がタイムリーに載っている事を発見しました。

自分の住むエリアで如何に楽しい時間を過ごすことができるか、これは何処に住んでいても大切な事。是非、このページを活用して、新しい事に触れて楽しい時間を過ごして欲しいと思います。

では、明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする