たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

高砂市「住み続けたさ」アップ!「いいね」

2018-03-06 06:02:48 | 委員会報告

嬉しい事に昨日の当ブログ訪問者は348。通常が250位ですので、非常に嬉しいです。

さて、昨日(3月5日:月曜日)は雨の中スタート。朝企業1社立ち寄った後、議会へ。

9時半から【代表者会】、そして10時から本会議が開会しましたが、即休憩し、常任委員会に切り換え、3常任委員会が開催されました。

私は【総務常任委員会】に副委員長として出席。この委員会が所管する部局の平成29年度補正予算を以下の順に逐次審議していきました。(議会事務局⇒消防本部⇒監査・公平委員会⇒選挙管理委員会事務局⇒こども未来部⇒企画総務部)

本日も常任委員会が予定されているのですが、当委員会が残している部署は財務部のみ。

昨日、神戸新聞(朝刊)にも掲載されていたのですが、昨日の企画総務部からの報告事項に『平成29年度高砂市民満足度調査』がありました。非常に興味の持てる内容でしたので一部抜粋して紹介させて頂きます(高砂市のHPにも掲載されているらしいのですが、発見できず残念、一度検索してみて下さい)

「愛着・親しみ」や「住みよさ」については平成25年度と比較して若干のアップですが、「住み続けたさ」は約9%アップと顕著に良くなっています。

その内容を明確に分析できている訳ではありませんが、アンケートの詳細を見ていくと、これまで実施してきている浸水対策や図書館の建設等の項目に満足度のアップが示されています。

[開館して3年となる高砂市立(新)図書館]

もちろん、その一方で高砂町のサンモールの閉鎖に伴う対策へのご意見が多数寄せられているのも事実で行政として何ができるのか、対策を打っていかないといけません。

市民の方々が求める政策と行政に出来ること、必要と考える政策が必ずしも一致しないとは思いますが、満足度が高まっていることは嬉しいことです。

これからの時代は、施設の削減や統廃合等、一見痛みを伴う施策を実施していくことになりますが、これを実施し何を実現しようとしているのか、丁寧な説明を通じ、出来るだけ満足度を下げない(むしろアップさせる)努力をしないといけません。

今日も”明るく元気に前向きに”頑張っていきましょう(with smile)

 

 

 


1月21日(日)は議会報告会

2018-01-11 21:58:55 | 委員会報告

 1月11日(木)、朝会社に出勤後は早々に外出し、午前中は外回り。

そして午後からは1月21日(日)に予定されている議会報告会にむけて総務常任委員会委員長(森秀樹議員)と打ち合わせ。

今回の議会報告会も前回同様、各常任委員会別に報告をすることになっており、各常任委員会が所管している部署(のテーマ)の中で市民の皆様に聞いておいて頂きたい項目を選択しています。

そして総務常任委員会が選んだのが市役所新庁舎に関する事と『公共施設等総合管理計画』について

この『公共施設等総合管理計画』は今後迎える人口減少社会を背景にこれまで建造してきた公共施設を全て維持管理することは困難であることをベースに全国の多くの自治体で作成され、今後数十年で施設削減を進める事になります。

その対象と言えば、例えば集会所。

 上の集会所が対象と言う訳ではありませんが、市内各所に点在するこういった集会所もどうしていくか、今後のテーマとなります。

今回の議会報告会では今後どういう風に進めようとしているのか等、議会としても市民の皆様により理解を深めて頂くことが大切と考え、今般扱うテーマと致しました。

寒気が襲ってきています。皆様、気をつけてお過ごしください。


決算認定に向けて

2017-11-21 06:41:36 | 委員会報告

 11月20日(月)、朝会社に出勤後、早々に議会へ。議会では10時~【決算特別委員会】。

昨日の委員会では、これまで審議してきた平成28年度の各会計の採決を行い、全て「認定」しました。

分かり難い表現ですが、即ち平成28年度に執行した予算、事業については委員会としては「OK]したという事です。

今後は、委員長報告を作成の上、本会議で報告、採決と言う流れで最終的な「認定・不認定」が決定します。

ただ、認定はしたものの、指摘事項等がある場合は、この委員長報告に付すことになり、昨日よりこの委員長報告の作成に精を出しています。

例えば、膨大な永久保存の書類ですが、これが毎年段ボール(縦横高さ40cm位のサイズ)にして80個~100個発生する状況で、保存スペースの確保もこれからの課題であること等が確認できており、この事は当局も認識はしているものの今からしっかりした対策を検討しておかないと保管場所だらけになってしまいます。

[保存書類の一部(↑)。今回の現場現物確認で保存書類の状況を改めて認識し驚かされました]

永久保存の中には明治時代からの資料等もあるのですが、土地の経緯等についてはその歴史が重要とのことなのか、中々廃棄することは難しいのかも知れず、廃棄の考え方の確立も難しそうです。

また電子化保存は既に検討対象となっているのですが、永年保存に耐える技術となれば「これだ」と言えるものが未だ定まらない様です。

先ずは委員各位に諮り、しっかりした委員長報告を作成したいと思います。

本日も寒そうですが、気持ちは明るく元気に前向きに、頑張っていきましょう(with smile)。

 

 

 

 

 


決算審査 終了

2017-11-16 06:32:44 | 委員会報告

 11月15日(水)、午前9時~会派にて打ち合わせ。10時~18時前迄【決算特別委員会】。

昨日の委員会では、最初に選挙管理委員会事務局の決算審査。その後、先日委員会で現場・現物視察に行った旧子育て支援センターや旧高砂西保育園、旧北浜幼稚園での内容質疑を行い、最後は教育部の審査。

[旧高砂西保育園に保管されている備品類。(再掲)]

選挙管理委員会事務局の審査では、先日の衆議院選挙で顕在化した期日前投票に絡めて、期日前投票所の在り方(例えばショッピングモールへの設置や日別に地区の公民館を移動する方式等)を検討すべきではないかとの意見も出ました。

現場・現物確認では、市の備品とイベント団体(例:万灯祭実行委員会)の備品の区別を明確にし市が税金を投入して所有する物が明確に判別出来るようにすべきであるとの意見が出されました。

今回の決算特別委員会の最後の部署となったのが教育部。現在、中学校(公立6校)には部活動をサポートする民間の方が各校2名配置されており、専門的(技術的)指導で貢献して頂いているのですが、生徒減少からくる教師減少、すなわち部活数減少の流れの中、間接的にはこの事業は部の存続にも好影響を与えている様に思います。(教育部では他にも多数審議が行われましたが割愛させて頂きます)

長く続いた決算特別委員会も漸く全部署の審査を終えました。今後は12月の高砂市定例議会にて委員長報告をすべくまとめ作成に取り掛かります。

11月も後半に入りました。今日も一日頑張っていきましょう(with smile)


市民病院の今後は?

2017-11-07 21:04:04 | 委員会報告

11月7日(火)、朝市役所に行く時に見たのが↓。法華山谷川の川に入って何やら測量らしき事に取り組んでおられる様子。

最近はこの法華山谷川の護岸工事と川床掘削の効果か、台風が来ても周辺の水路からも円滑に流れている様に思います。

本日は、午前9時~議員控え室にて会派メンバー3人で打ち合わせ。テーマは今週末(11月11日)に実施する会派活動報告会。

今回は現在の高砂市の状況(会派認識)と将来像について示した上で、会派要望(素案)をお示しし、参加者各位と意見交換をさせて頂きたいと思います。

そして10時~は【決算特別委員会】。本日は高砂市民病院と健康文化部の平成28年度事業について審査させて頂きました。

市民病院では、病院経営に携わっておられる方々が真剣に取り組まれていることは話を聞けば聞く程強く感じる一方、当然のごとく今後の展開が最大の関心事となっています。最大の課題は医師の確保、私達の理解しずらい医療業界の中で如何にこの課題を克服していくか、近隣自治体の医療体制が新しくなっていく中、本当に難しい課題ではですが、これを克服しないと市民病院の将来が非常に厳しくなってくると思っています。

その後の健康文化部の審査では、市民サービスコーナーの今後、マイナンバーカードの普及率、検診受診率、国民健康保険料の負担者状況等々が審議されました。

平日は毎日【決算特別委員会】と言う感じがしますが、本当にこう言った審査、検証を通じて行政の仕事がより有意義になり、市民により良い公共サービスが提供されることを願います。

明日は8時半~会派打ち合わせ、9時半~代表者会、10時~臨時議会、と色々ありますが、しっかり取り組みたいと思います(with smile)。