たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

次年度向け会派要望検討中

2020-10-05 22:56:40 | 会派活動報告

  10月5日(月)、新しい週の始まり。いつも通り総合運動公園で行われているラジオ体操に参加してから会社に出勤。そして再びラジオ体操をし、幾つかの事を終えて、議会へ移動。

議会では午前10時から12時すぎまで次年度以降の予算への反映を考えての会派要望の打ち合わせ。そして、午後は令和2年度7月から9月の政務活動費の申請、新聞5紙のチェック等を行い、夕刻に大塩シーサイドパークへ行き能鑑賞(⬇️)

このイベントの概要は⬇️の通り。

これ、なんの事?!と思われると思うのですが、これは私の知人が運営をしている大塩シーサイドパークなるグループの活動の一環です。その趣旨は(私の理解では)青少年の健全な成長支援であり、その取り組みはエストレラと言う名の団体が行っていて、そのクラブハウス(⬇️:本日の能上演前の様子)が山電大塩駅南に作られています。

能はこのクラブハウスの直ぐ横で行われました。

子供への伝統芸能の理解を伝承しようとされているこの団体、通常はこのゾーンにあるサッカーグラウンドにて児童のスポーツ活動支援を行っています。

色々な人が人の成長を願い、活動をされています。私も自分の信じる道をしっかりと歩みたいと思います。

では明日も一日、“明るく元気に積極的に“行きますよう!(with smile)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

会派報告会では新たな気づきが。

2017-11-12 22:59:34 | 会派活動報告

 11月11日(土)、午前10時~市ノ池公園内で行われた高御位山・緑の再生記念式典に来賓として出席。これは平成23年の山火事にて失った緑の再生を願い三菱重工業㈱(現三菱日立パワーシステムズ㈱)等が中心になって取り組んだ高御位山での植林事業に一つの区切りがついたとのことで行われた式典であった様に思います。

[感謝状を受けるのは、共に植林をしたNPO法人キッズ・スペースの代表者]

緑は色々な機能があり、本当に大切。心の底からそう思います。私が勤める㈱カネカももう少し北の方で兵庫県の事業に参画し「カネカ未来の森」と称して同日に従業員が山に出向いていました。

その後は13時半~15時(於:ユーアイ帆っとセンター)と19時~20時半(於:伊保東部自治会館)に開催した明風会会派報告会を主催。両場所とも約15名の参加者が来場してくれ、今回意図した通り多数の意見を伺うことができ、成功であったと思っています。

[13時半~15時、ユーアイ帆っとセンターで開催した会派報告会]

会場レイアウトも上の様に囲む形にしたことで、お互いの会話もでき、色々なご意見が出ました。

政治には関心をもっている人がそれ程多くはありませんが、集まって頂くと本当に「なるほど!」と思うことが多々意見として出ます。立場が違うと全く気付かない課題があることを実感しますし、この声を真剣に受け止め、どう実現していくかにエネルギーを割かないといけない様に思います。

出席頂いた方、当ブログを閲覧して下さっている方々には新ためて感謝したいと思います。明日からまた新しい週が始まります。

いつも明るく元気でありたいものですね(with smile)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

少ないながらも充実した会派報告会

2017-05-21 22:11:53 | 会派活動報告

5月20日(土)14時~15時半過ぎ、この土曜日には第4回の会派報告会がありました(↓)

集まって頂いた方は15名とあまり多くはなかったのですが、時間不足となる位に皆様からご意見を頂戴し、有意義な時間であったと思っています。

主なご意見としては、「会派として何がしたいのか、もっと具体的に示した方が良いのではないか」「人口減少に対する具体策として市職員には市内に住むように促すべき」「今は高砂に住んでいるが魅力がなく出て行きたくなる」「結局は高砂市をどうブランド化できるかがポイントでは!」「ブライダル都市って言いながらやっていることが実に中途半端」等々。

考えさせられる部分も多分にあり、ちょっとこの辺りでギアチェンジしないといけないのかな、もっと明確に具体的施策の実現に当局に食い込んでいかないといけないのかな、と思い始めています。

土曜日の午後という週末出かけ難い時間帯にも関わらずお越し頂いた方々には本当に感謝の思いで一杯で、気を引き締めてこれを仕事で返さないといけないと思っています。

また会派報告会を開催したこの土曜日の午前中には、久し振りに朝ごぱん市に顔を出した後、「漢文で論語」(寺子屋ネットワークとして私も主催者の一人)「あすなろ学園祭」等にも少しばかり顔を出させて頂きました。(バタバタはしたのですが、どうしても少しでも顔を出しておきたいと思ってしまいます。)

また、日曜日には廃品回収、自治会の集まり、そして楽しみにしている月間誌『致知』読者による勉強会(東播磨木鶏クラブ)等にも顔を出させて頂き、充実した週末が終わりました。

さあ新しい週が始まります。『世の為、人の為(それが自分の為)』との思いを秘めて、口だけではなく実行に移し、頑張りたいと思います(with smile)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安堵と悶々、次へ繋ぎたい

2016-11-19 06:53:25 | 会派活動報告

 11月18日(金)、昨日は午後6時半~会派報告会を開催しました。31名の方に出席頂き、”「何とか合格点?」と言える”報告会が出来たのではないかと思っています。(写真↓)

進行は下記の要領(説明者)で行い、6時半~始め、全体の説明を終えたのが7時15分位。そこから終了予定の午後8時まで何人ものご意見を頂きました。

1)来年度予算に対する会派要望の説明(島津議員)

2)「高砂の観光」について 

①市はどういうことをしようとしているのか?(鷹尾)

②工楽邸改修・堀川周辺・駐車場整備

質問、要望の中には、◎観光バス増加に対する通学路の安全確保 ◎グラウンドゴルフで使用する多目的広場での日射病対策としての日陰の必要性等、自分達には気がつかなかった事や、向島公園の充実とそこへのアクセスに関し高砂町から橋を架けるべきでは?等、今回言われて改めてその必要性を確信した事項等色々ありました。

そう言いながら、気になるのが出席者からの評価、私の仲間、支援者も多く参加してくれていたので後日意見を聞いてみたいと思っています。

ここ数日、報告会のことが気になっていましたが漸く終わりほっと安堵していると共に、「まだまだ力不足だな」「更に報告会のやり方を磨いていかないといけないな」等色々と考え、悶々とする部分も残っています。

この悶々に答えを見つけ、次に繋げていきたいと思います。

ご両親に声をかけて来て下さった方、自転車で20分位かけて私の自宅近くから来てくれた方等々、出席頂いた方々、本当にありがとうございました。

昨日集まって頂いた方々を前方から見ていて、出席は出来なかったけれどもいつもこのブログを見て下さる方々等のことも思い、本当に多くの人によって支えられていることを実感しました。

「昨日は本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします」という心境です。

良い週末を(with smile)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オガールプラザ(岩手県紫波町)

2016-05-20 07:59:50 | 会派活動報告

 昨日(5月18日:木曜日)は東北地方への会派視察二日目。前日は石巻市にて災害時の議会対応について勉強をさせて頂きましたが、昨日は北隣の県(岩手県)に移動し、紫波(しわ)町にて官民連携運営による複合施設について勉強をさせて頂きました。

 他市(香川県の何処かと茨城県取手市)の市議会議員と一緒に説明を聞き、現場を見学しましたので、幾つか写真を添付させて頂きます。

[会議室にて、他市の市議会議員さんと一緒に説明を聞きました]

施設概要:

名称:官民複合施設 オガールプラザ

延べ床面積:5826.02㎡(内 公共施設2693.53㎡ 民間施設2344.28㎡)

竣工:2012年(平成24年)6月

總事業:1,095(百万円)

[官民が出資し、運営をしているオガールプラザ㈱の仕組み]

[オガールプラザの全体図]

[JR紫波中央駅前からオガールプラザを望む。100m先に憩いの空間が広がっています。]

[オガールプラザ入り口から広がる憩いの空間]

[地元の産物を中心に販売している紫波マルシェという売店] 

[稼働率が一番高い、という音楽室]

[同じ敷地内にある図書館。私の隣は石崎徹議員]

[同じ敷地内にある市役所庁舎]

この施設、所期の目的は、紫波町が所有してしまっていた駅前の不動産を有効に活用することにあり、その中で、オガール(同地方で「成長する」との意味と、フランス語で「駅」の意味があるらしい)プロジェクトなるプロジェクトが生まれ、こういった官民連携にて出資、運営する場所が誕生しました。

 少しこの説明だけではご理解頂きにくいとは思いますが、官(行政)だけでは中々やりにくい大胆な発想もあり、素晴らしい地方創生の見本がここにあった様に思います。

 1泊2日の会派視察が終わりました。本日から高砂にて再び活動です。

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする