たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

『チーズは何処へ消えた』

2011-02-26 06:21:10 | 日記
 2月25日(金)議案熟読期間3日目。高砂市水道事業、教育関連、滞納整理について勉強させて頂きました。県下で2番目に安い水道料金(ちなみに一番は赤穂市)の値上げが検討されましたが、今のところ平成25年前後までは現状維持の予定です。滞納整理室という部署があり、税金や水道料金、国民健康保険料といった本来支払うべきものを支払っていない方々への徴収を行う事が任務となっています。

 突然ですが、『チーズは何処へ消えた』という話をご存じでしょうか?約10年位前になると思いますが、大変よく売れた書籍で、お話の概要は以下の通りです。
 あるネズミは自分の餌であるチーズが毎日手に入る環境にあり、毎日手に入るが為に、その有難味を忘れ、未来永劫あるものと思ってしまいます。しかし、実際には自分の周りの環境は変化しており、ある日チーズは手に入らず、自分の前から消えてしまい飢え死にします。この話は即ち、環境変化に気付かず努力しない者は生きていけないという警告のお話です。

さて、本題です。
高砂市には他市がうらやむ産業群があり、市税収入に占める法人市民税のウエイトも突出して高く、高砂市は産業によって経済基盤を支えられています。今般も旭硝子高砂工場では200億円の投資が決定しました。三菱重工の西港埋立も世界と戦い勝ち抜くためのインフラ整備で、高砂市への貢献は図りしれないでしょう。また最近時々新聞や高砂市が発行する資料に掲載される『申義堂』(江戸時代の学問所)再現は㈱カネカが同社創立50周年(今から11年前)を記念して高砂市に寄付した5000万円を原資に行われようとしています。

 日本の構図に似ていて、産業界は叡智を絞り世界と戦っている一方、行政の世界は色んな意味で内輪の事情だけで展開している様に思えます。
 
 チーズが消えないうちに、私含めた政治家や行政に関わる者は今ある環境を今一度見つめ直し【感謝の心】をもって、健全な財政状態で【自立】した街にしないといけません。


身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H23年11月78kg 減量率6.5%)
前回体重80.6kg
本日体重80.0kg
*強化週末実施中。

与えることは自立能力喪失

2011-02-25 05:45:05 | 日記
 2月24日(木)議案熟読期間3日目、10時~生活環境部、福祉部、そしてまちづくり部とそれぞれに2時間を費やし、高砂市の施策について勉強し、チェックを行いました。その中で「はたして必要なのか?」と思ったのが、出会い支援事業。所謂、婚活支援を税金(今回の場合県税負担)で行う訳ですが、人間は与えられれば与えられるほど『自立』能力を失うと思います。子供の時から親に(自分の意思に関係なく)勉強の使命を与えられ、良い学校を目指し、良い会社に就職することを目標に人生を過ごす。そして良い会社に入って初めて自分で考え、切り拓かざるを得ない場面に直面し、迷子になる。何とも気の毒なそして面白くない人生を大人たちが創っている様に思います。人は与えられれば与えられるほど、もっと欲しくなりますよね。そして自分で働きかける時に生じる軋轢を避け、益々自立能力を喪失していくように思います。
 公は、公にしか出来ない事に資源(人、物、金)を投入し、与える事を止めた方がいい様に感じています。

身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H23年11月78kg 減量率6.5%)
前回体重80.4kg
本日体重80.6kg
*昨日私の甥がこのブログを見て「体重が全然減っていない。頑張れ」とメッセージをくれました。今日も減っていない。いや増えている。今週末はちょっと体重減強化週末にしよう。

高砂市民病院経営健全化順調

2011-02-24 06:53:15 | 日記
 2月22日(水)高砂市議会は議案熟読期間2日目。消防本部、高砂市民病院の施策、予算について説明を受けました。消防本部に対する勉強は、先般の山火事消火活動への感謝からスタートしました。また、私の考えの一つである受益者負担の観点から、救急車の有料化可否を伺った所、有料化は法律に抵触することから困難とのことでした。高砂市民病院の経営改善は非常に順調に進んでいる事が確認出来ました。

 会社のラグビー部先輩が病によりご逝去。生前のソフトな雰囲気と笑顔が忘れられません。ご冥福をお祈り申し上げます。

身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H23年11月78kg 減量率6.5%)
前回体重79.8kg
本日体重80.4kg
*一進一退。ここが頑張り時。

議案熟読期間

2011-02-23 06:45:58 | 日記
 いよいよ始まった3月定例議会。昨日は10時~開会し、市長の市政方針演説(約40分)の後
【環境保全対策特別委員会】委員長から梅井地区産業廃棄物中間処理業者参入計画についての報告がなされました。
 午後から28日(月)までは各会派が市長提案の詳細を様々な部署から直接詳細説明を受ける期間(この期間を『議案熟読期間』といいます)です。昨日私が所属する民主クラブは①財務部 ②企画総務部の2部署から説明を受けました。ここでは平成22年度の補正予算や平成23年度予算案、高砂市歴史文化基本構想等について話が出ました。

身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H23年11月78kg 減量率6.5%)
前回体重80.2kg
本日体重79.8kg
*議会開会中は座る期間が長く、カロリー消費量がかなり落ちます。何らかの工夫が必要と感じています。

本日から3月定例議会

2011-02-22 05:45:32 | 日記
 2月21日(月)、午前中出社後、午後13時半~開催された【環境保全対策特別委員会】を傍聴。議題は1.高砂西港再整備について 2.梅井地区産業廃棄物中間処理業者参入計画について
でした。高砂西港は、兵庫県と三菱重工さんが実施する浚渫及び埋立に対する許可がおりたことから、いよいよ工事着工が近づいてきました。一方、中間処理業者参入の件については、住民や市当局、議会が参入反対の姿勢を示していますが、許可権限をもつ兵庫県は法律に基づく手続きを粛々と行うこととなり、事業計画者の手続きを待っている状況です。県の最終判断は、法に抵触していないかや事業継続能力等が検討され、結論が出ますが、今のところいつ頃結論が出るかは明確にはなっていません。

身近な社会貢献としての減量(経過報告)
(開始時H22年11月83.5kg 目標H23年11月78kg 減量率6.5%)
前回体重80.0kg
本日体重80.2kg
*焦らずに、着実に進みたいと思っています。