☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

お門違い

2018年04月08日 | パソコン

 こうして書いているブログについて、同年配の知り合いから今まで何度かクレームがついたことがある。ブログの内容に関してではなく、文字の大きさについてである。

 「おい、君のブログをいつも読ませてもらっているが、もう少し、大きな字で書いてくれないか。字が小さすぎて読みにくいぞ」とのお叱りである。私も、パソコンの初心者であったころは「ごめんごめん、今度から大きく書くから……」と、いつものようにまずは頭を下げることに徹していた。

 ところが、パソコンで読む文字の大きさは、読む側の人によって好きな大きさに変えることができるようになっている。具体的にはパソコン画面の上段に「ファイル」「編集」「表示」「お気に入り」「ツール」などと書かれた「メニューバー」がある。その中の「表示」というところをクリックすると、「文字の大きさ」とか「拡大」という欄があり、これで自分が好きな大きさに拡大・縮小ができる。

 これを知ってからというもの、冒頭のようなクレームに対しては、優しくしかし毅然として、読む側の人の好みで大きさを変えることができることを伝えている。文字の大きさは、読む人によりまちまちであろう。自分の好きな大きさに変更出来るということを知らずに、書き手を責めていることになるが、それはお門違いということになる。

 しかし、そんな人に対して、そっけない対応をしていたのでは、素人が書くこんなブログは読んではもらえない。ここは謙虚に丁寧に説明して理解していただくことが大切であるが、この「謙虚に丁寧に」という台詞、誰かがテレビで何度も言っていたことを思い出して苦笑いをしている。

 (追)知人よりご指摘がありました。
文字の大きさを変える簡単な方法は「パソコンキ―の『CTRL』を押したまま、マウス中央にある『スクロールホイール』をくりくり回すと、即座に縮小や拡大ができます」ということでした。やってみると、これが一番簡単でした。
 
 

コメント