☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

木工の依頼

2018年10月22日 | 木工・細工・DIY

 定年を迎えた年、生まれてくる初孫に暇にまかせて木馬を作ってやることにした。まずは、電動ノコ、糸ノコ、電動ドリルなどの電動工具を買い、設計図を引いて1カ月かけて木馬を完成させた。これを契機に、台所用品やガーデンチェアー、薔薇のアーチ、オベリスク、トレリスなどを奥さんの注文に応じて楽しみながら手作りしてきた。

 遊び心で、道路に面した庭の入り口に「工房木馬」と糸鋸でくり抜いた木製の看板をぶら下げて、ここが木工の店であるかのように装ってみたりもしている。

 それから17年が経った。看板を見てかどうかは分からないが、数人から「こんなものを作って欲しいのですが」と言って、木工品の依頼が入ることがあった。絵を描く時に使うイーゼル、調味料を乗せる棚箱、紙芝居の舞台、大きな表彰状額、玄関先に置く額縁型のプランター、刺繍糸を収納する箱など大小さまざまなものを作ってきた。

 ここしばらくはそんな依頼もなく過ごしていた先日、知り合いの生け花の師範から初めて見る妙な写真を見せられた。「こんなものを作っていただけませんか」と、熱心に頼まれる。生け花を台の上に乗せて飾るとき、背景として使いたいという。

 言ってみれば、大きな額縁を2枚蝶番でつないだようなものである。1枚の大きさは縦横が90cm*60cmのものと、55cm*45cmの大小2組で、生け花の背景として屏風のように立てるという。

 仕上げとして、艶消しのペンキを塗ることにした。一緒にホームセンターに行き、適当な木材を調達して帰り、2日かけて作り上げた。何度も塗装すると漆を塗ったように厚くなり、贔屓目に見るからだろうか家具のようにきれいに見える。

 出来上がったことを電話すると「来年の3月に使うのでゆっくりでよかったのですよ」と言われ「私は何でもすぐやる課」ですからと答えておいた。このくらい大きなものを、全く同じ大きさで、きっちりとした長方形のものを2つ作るということは、思っていた以上に結構難しい仕事である。

 来年3月には、この背景をではなく、その前に飾られた生け花を、ぜひ鑑賞してみたいと思っている。

 

コメント

新人デビュー

2018年10月20日 | エッセイ・本・映画・音楽・絵画

 13年前に創設した「岩国エッセイサロン」では、ここ数年は17名の会員が、月に1回の定例会を開催しながら、新聞への投稿を通じて各人がエッセイの腕を磨いている。創設当初は「紅顔の美少年・美少女」であったが、毎年確実に年を重ねた結果、会員の平均年齢は72歳となっている。

 ところが先日、殊勝にも「エッセイを書いてみたい」という女性が、会員を通じて入会を申し込んできた。早速快諾し、昨日(19日)、今月の定例会に出席してくれた。計算してみると、平均年齢が1歳若返り71歳となったことが少しうれしい。

 毎回、毎日新聞の「はがき随筆」に掲載された1か月分のエッセイの中、優秀作品を読んで自ら学ぶというスタイルの勉強会である。先生はいない。会員がお互いに先生の役割を果たすという、自学自習の場である。

 新人のMさんも、直ぐに溶け込んで、感想や意見を言ってくれる。うん、中々いいぞ。定例会の終わりに「Mさんも、ぜひ何か一つ投稿してみてください」「挑戦してみます」と言い合って別れた。

 明けて今朝のことである。朝食前に新聞を開いた。真っ先に「はがき随筆」の欄を見て驚いた。Mさんの名前が早くも載っているではないか。「まず一歩」と題して、「岩国エッセイサロンに入会した。自己啓発を図り、輝いて生きることを目指す志高い会だ。そのようなお仲間に加えていただいて、私もこれからの人生を輝かせたい」と書いている。

 最近少しマンネリに陥っている我が身を顧みて「そうだった。輝いて生きようと思って創設した会であった」と、13年前の初心を思い起こさせてくれる、66歳の新人デビューであった。

 

コメント (2)

拾い物

2018年10月18日 | 生活・ニュース

 車に乗って奥さんと買い物に出かけた帰り「吉香公園に行ってソフトクリームでも食べようか」といい、公園内の空き地に車を止めた。少し涼しくなったせいだろう、夏場には観光客が長い列をなしていたソフトクリーム屋さんも、数人が並んでいるだけであった。

 奥さんがソフトクリームを両手に持ち、待っていた私の方に戻ってきた。辺りを見渡すと芝生の上に4脚のベンチが設置されているが、いずれにも誰も座っていない。木陰にあるベンチに座り、通る人を眺めながらおいしく食べた。

 さて、立ち上がろうとして、ベンチの端を見ると、何やら黒い革財布のようなものが目に入った。何だろうと思い、手に取って二つ折りのものを開いてみると、スマホである。

 カード入れには、持ち主の車の免許証のほか、身分証明書や2種類のクレジットカードなどが差し込んである。すべて英語で書いてある。どうやら米軍岩国基地の兵隊さんの持物のようであった。

 周りを見回しても、身分証明書に写っている顔写真のような男は見当たらない。ここに置いていては悪用されるかもしれないと思い、警察署に届け出ることにした。しかし錦帯橋の近くには、観光客が大勢やって来るにもかかわらず交番はない。

 1kmも離れたところにある錦帯橋交番に行ったが、入り口にはかぎが掛かっており「御用の方は本署に電話をしてください」との紙が貼ってある。仕方なしに、岩国駅に近い本署まで走って、拾い物を届けることができた。

 この拾い物、正確には落とし物か忘れ物かは知らないが、届けてから放免されるまでに30分くらいかかった。まず拾った人の住所と名前を聞く。拾った場所は地図を出して住所を調べる。中身を全部出していちいち記入する。拾得した人の権利を放棄するかしないかを問われる。落とした人からのお礼の連絡などしてよいかも聞かれる。すべての権利を放棄して、無事に警察署を出た。

 拾い物は、拾った人も私のように暇人でないと届け物の処理には時間がかかる。私も以前、置き忘れたデジカメを拾ってもらったことがあることを思い出した。かくて、小さな秋に小さな恩返しができたというお話だが、それにしても錦帯橋界隈に、交番がなさすぎではありませんかねえ。

コメント

天高く 馬肥ゆる秋

2018年10月17日 | 生活・ニュース

 季節は今、秋もたけなわ。稲刈りも終わり、道の駅を覗くと、イモやカキ、松茸やクリなど秋の収穫物がたくさん並べられていて、食欲をそそられる。まさに「天高く 馬肥ゆる秋」の通り、空は澄み渡って晴れ、馬が食欲を増し、肥えてたくましくなる絶好の秋を迎えている。

 ところがこの諺、「なぜ秋に、敢えて馬が肥えるというのだろう」と、ふと疑問を感じて調べてみた。「天高く馬肥ゆる秋」の由来は、中国の故事にある。秦滅亡後に建てられた中国の王朝・前漢(紀元前206年-8年)時代には、北方の遊牧国家・匈奴(きょうど)との争いが激化していた。当時既に万里の長城の一部は建設されていたが、匈奴の侵入を防ぐのに十分ではなかった。

 匈奴は秋になると収穫物を奪いに大きく育った強い騎馬で侵入してくることが多かった。そのため、前漢の将軍は次のように述べて、敵襲に備えよと皆に警戒を促した。

 「雲浄くして妖星落ち 秋高くして塞馬肥ゆ」(くもきよくして ようせいおち あきたかくして さいばこゆ)。「妖星」とは不吉な出来事の前兆、「塞馬」とは北方の馬、ここでは騎馬民族・匈奴の馬のこと。秋になると匈奴の馬が大きく強く育ち、その馬で攻め込んでくるから警戒せよといった内容である。

 当時の中国は、秋といえば北方の異民族が収穫期の作物を狙って南進してくる季節。辺境の軍事拠点では馬を肥えさせて防衛に務めなければならなかった。「空が高くなってきた。秋が近いぞ。そろそろ匈奴が馬に乗って収穫を奪いにやって来るぞ。みんな戦闘準備だ!」ということなのである。

 現代使われている「天高く馬肥ゆる秋」の意は、「空は澄み渡って晴れ、馬が食欲を増し、肥えてたくましくなる秋。秋の好時節をいう言葉」であるが、本来は全く異なる戦闘準備の意味であったことを知った。

 
コメント

仏の顔は何度でも

2018年10月14日 | スポーツ・山登り・釣り・遊び

 2018年のプロ野球、セ・リーグのペナントレースは広島カープが悲願の3連覇をぶっちぎりで飾った。10月17日からCSファイナルステージがマツダズームズームスタジアムで開催されるのを、今か今かと待ちわびている一人である。

 昨日(13日)は、2位のヤクルトと辛うじて3位に滑り込んだ巨人とがCSの1stステージの第1戦を行い、巨人が4対1で勝利し、ファイナルステージ進出へ早くも王手をかけた。

 ヤクルトか、それとも巨人か。いずれかを迎え撃つカープであるが、ペナントレースの終盤にかけて、昨年、1昨年と同じように、どうも今一つ勢いに欠けている。夏場のあの熱い戦いが影を潜め、主力も脇役も精彩に欠ける。

 いずれにしても何とかして短期決戦を乗り越えなければ、これこそ悲願の「34年ぶりの日本一」なんぞを達成することはできない。万一、今回も日本一となれなかったら、年間を通してあれだけ応援にこれ努めたカープファンも「仏の顔も3度まで」の諺にもあるように、3度までは許してくれるが、4度目はもう許してはくれまい。

 と、ここまで書いて「仏は3度までは許してくれる」ことに疑問をもって調べてみた。すると「仏の顔も3度まで」という使い方は間違いだという。正しくは「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の略で「仏の顔も3度」というのが正しいと書いてある。出典は「上方(京都)いろはかるた」である。

 慈悲深い仏様といえども、3度も顔を撫で回されたら腹を立てるということから、どんなに温厚な人でも、何度も無礼なことをされれば怒り出すことのたとえである。仏でさえ、3度目には腹を立てる。そうであれば、カープも3度目の挑戦となる日本一を今年果たせなかったら、日ごろは温厚なカープファンも怒り出して当然ということになる。

 しかしそこは紳士然としたカープファン、何があっても「所詮はスポーツの世界のこと」、「仏の顔は何度でも」の気概で、CS、それに続く日本シリーズを今まで通り楽しく応援していこうと思っている。日本一がやって来る日を何年でもじっと「待つ」という楽しみ方もありますものね。

 

 

コメント (2)

クリ霧中

2018年10月10日 | 季節・自然・植物

 夕方、庭に出ていた奥さんが、ポリ袋をもって部屋に戻ってきた。散歩しているような年配の女性が、我が家の前を通りがかった時、玄関のわきにこのポリ袋を置いて立ち去ったという。ポリ袋の中には、小ぶりな栗が30個くらい入っていた。

 「お父さん、これを置いていった人に心当たりはないの?」というが、声もかけずに立ち去るような人に、どう考えても心当たりはない。毎年、栗を持ってきてくれる人は、自転車に乗ってきて、必ず手渡ししてくれる。今まで、この人以外から栗をもらったことはない。

 どこの誰からもらったか分からないまま、昨日、ロケットストーブの上にダッチオーブンを置き、栗を入れて焼いた。火を入れて20分が経った頃に、ダッチオーブンの蓋の隙間から薄く白い蒸気が出始め、プーンといい匂いがし始める。焼きあがった合図である。包丁で半分に割り、コーヒーを飲みながら、スプーンでほじくって食べてみた。ほくほくして、これぞ秋の味覚であった。

 それにしても、この栗、どなたからの差し入れか分からないままに味わったが、2日経った今日も、誰が持ってきてくれたのかは依然として五里霧中ならぬ、クリ霧中である。

 

コメント

ファイティング ポーズ

2018年10月05日 | 季節・自然・植物

 台風25号が接近している影響であろう、朝からどんよりと雲が垂れ、小雨が時おり降っている。そんな朝、玄関のドアを開けて1歩を踏み出そうとしたとき、タイルの上で小柄なカマキリが、ドアに向かってじっとしているのを見つけた。

 久しぶりにカマキリと対面した。座り込んで横から眺めてみた。まだ小粒であるにもかかわらず、逆三角形の頭を私の方に向け、ファイティングポーズをとっている。「さあ、いつでもかかってこい」と言わんばかりの姿勢である。

 ファイティングポーズといえば、ボクシングで戦う意志を示すためのポーズであり、ノックダウンから立ち上がった後で試合続行の意思表示としてレフリーから求められることがある、あの姿勢である。すなわち、戦うための姿勢、戦う意志を示す構えのことである。

 カマキリは漢字で書くと「蟷螂」と書き「とうろう」とか「いもじり」などと読む。「蟷螂(とうろう)の斧」という慣用句があるが、カマキリが斧の形をした前脚を挙げて、大きな車に向かってきたという故事からきたもので、勇気ある者のたとえであった。

 しかし、その後「力のない者が、自分の実力をかえりみず、強い者に立ち向かうことのたとえ」として使われるようになったというが、始めから負け戦と分かっていても男たるもの、戦いを挑んでいかなければいけない時もある。

 小さなカマキリが、ファイティングポーズを取っている姿勢を眺めながら、ふと昨今のワイドショーを賑わせている面々のことに思いを馳せてみた。ところで「蟷螂」は、俳句では秋の季語だという。

 子蟷螂 生まれながらの 身の構え    (松永昌子)
 蟷螂の 斧向けたるは われなるや     (刈谷次郎丸)

コメント

ノーベル賞

2018年10月02日 | 生活・ニュース

 2018年のノーベル医学生理学賞を京都大学高等研究所の本庶 佑(ほんじょ たすく)特別教授と、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授の両氏に授与すると発表された。免疫の働きにブレーキをかけるタンパク質「PD-1]を発見し、このブレーキを取り除くことで、がん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」を実現したものである。

 図を使って、いくら説明を聞いても理解できない我が頭であるが、下世話なことはよく分かる。これに対する賞金は900万スウェーデンクローナ、日本円で約1.15億円で、2人の受賞者が等分するという。すなわち本庶氏は5750万円をもらうことになる。

 研究生活の一生をかけて成し遂げた結果、しかも人類の命にかかる歴史を変えるような研究成果を上げた報償がこの金額である。比較する土俵は全く異なるが、スポーツ選手の賞金額である。つい先日、テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみの優勝賞金は何と4億2千万円であった。

 日本のプロ野球の一流選手の年収は数億円。このような選手であれば、スポンサー契約やらでさらに上乗せがあり、庶民からは想像することができないくらいの収入がある。

 それに比べると、ノーベル賞という、その道の世界的な第一人者が受賞する賞であるにもかかわらず、頂ける賞金はあまりにも少ない。受賞者は、協力してくれた関係者と一杯やっただけで賞金は一文も手元に残るようなことはなくなるに違いない。

 今回の本庶佑教授の恩恵は、未来永劫、がんにかかった人の命を救うことになるようであるが、例えば100万人の命を救うことができたとする。1人当たりわずか1万円のお礼をもらえるとすれば、合計100億円の謝礼が入るという計算になる。

 そんなことを考えると、ノーベル賞の賞金で済ませるだけでなく、日本の国だけでなく世界の国から、スポーツ選手に負けない100億円くらいの賞金を出しても、決して出し過ぎだとは言えないと思う。

 それにしても、「佑」(たすく)という文字には、「助ける」という意味があるが、まさに本庶先生は名前に負けることなく、多くの人を助けるために研究しただけで、賞金の額なんかには興味はないに違いない。

コメント

読者の反応

2018年10月01日 | エッセイ・本・映画・音楽・絵画

 新聞に「新聞配達エッセーコン受賞作発表」という記事が掲載されているのを読んだ。日本新聞協会が「新聞配達の日・新聞配達少年の日」(10月21日)にちなんで募集した「新聞配達に関するエッセーコンテスト」の受賞作品を発表したものである。

 最優秀賞には45歳の女性が「小さな涙」と題して、配達先で仲良くなった子供が、別れの際に流した涙を振り返ったもの。中学・高校生部門は17歳の高校生が「病室まで届く新聞」と題し、自分の作文が新聞の投稿欄に載り、読者から反応があった体験を紹介。小学生部門には9歳の少年が「広がるぼくの世界」と題し、「知らない人が作文を読んで、ぼくのことを考えてくれるなんて」と配達員への感謝を表している。

 いずれのエッセーも全文は掲載されていないが、タイトルと概要を読んだだけで、何を書いたものかがよく分かった。毎日、新聞を配達してくれる配達員との心の交流があった様子や、自分の書いた作文を読んでくれた読者からの反応に驚きや喜びを感じたことを表現しているのであろう。

 これを読んだ時、14年前の私を思い出した。定年退職をした直後で、特段の趣味らしきものは何も持っていなかった私は、毎日、のんべんだらりと過ごしていた。或る日、毎日新聞の地方版に「はがき随筆」という、わずか250字の読者投稿のエッセーを読んだ。

 「これくらいの字数のエッセーなら、自分でも書けるかもしれない」と思い、生まれて初めてエッセーというものを書いて投稿した。1週間後、運よくそれが掲載され、近所の人や会社時代の知人から電話や手紙をもらったりの反響があった。

 大げさに言えば、小さいながらも自分の存在価値を認めてもらっているかのような、ささやかな喜びを感じることができたように思っている。以来14年間、今もってこうしてブログを書いたり、時には新聞に投稿したりの「文筆活動」で、あり余る自由時間の暇つぶしを楽しんでいる。今回の受賞者も、きっと同じ気持ちを読者から受けたに違いない。こんな投稿の楽しみ、皆さんも挑戦してみませんか。

コメント

カープ3連覇

2018年09月27日 | スポーツ・山登り・釣り・遊び

 広島カープが昨夜(26日)、2位のヤクルトに10対0と大勝して、3年連続でセ・リーグ優勝を果たした。今朝は、購読紙の毎日新聞を読んだ後、第1面に真っ赤な文字と写真が踊っている中国新聞を買いに行き、カープ優勝の喜びにひとり浸っている。

 新聞紙上で解説者や評論家が、カープが優勝した要因をのべている中、素人ながら私は考えてみた。今年のペナントレースが始まって3カ月余りが過ぎ55%を消化した7月18日に、私はこのブログで「ちょっと早すぎか」というタイトルで2018年のカープの優勝を、その時点までのデータをもとに「ちょっと早いが2018年 カープ優勝おめでとう」と書いている。

 その時点でのカープの勝率は、0.584、2位の巨人の勝率は0.506であった。今日現在カープの勝率は0.585で2位のヤクルトは0.515である。2位のチームは変わってはいるが、1位と2位のチームの勝率は誤差の範囲と言えるくらいに殆ど同じことに驚いた。7月の「優勝宣言」は決して「早すぎ」てはいないことが分かる。

 今年のペナントレースの天王山は、7月20、21、22日の2位巨人との3連戦であった。5ゲーム差で追ってくる巨人に、やや調子を落としていたカープは3連敗するのではないかと心配していたが、結果は何と3連勝で退けたことで、その時点で今年の優勝は決まったといっても過言ではない。

 ではカープは何故こんなに強かったのか。データを見ても不思議なことはたくさんある。まずは投手力を表す防御率は4.12で、6球団中の第3位で平均値の4.15とほぼ同じ。打撃力はどうか。打率は0.265で同率第2位とはいいながら、平均値の0.260とそれほどの差はない。

 ホームラン数は同率1位の172本で、平均値は131本。これは大きく得点力アップに貢献する。その得点は691点の第1位で、平均値の595点を大きく上回っている。それにしても、投手力も打率もほぼ平均値でありながら、ここまで得点力がある理由は何だろう。

 それは、カープの選手の心理的な特性と、選手間の人間関係ではないかと思っている。スズメバチの攻撃の習性に似て、誰かがヒットを打つと、みんなが我も我もとそれに続くという集中攻撃的な特性。プロの野球集団でありながら、高校野球のチームのように良い人間関係があり、競争と協調がうまく働いている。

 今日の新聞を見ながら、このように今年のカープの優勝を素人ながら総括してみましたが、皆さんはいかが見ておられるでしょうか。さあ、次は悲願の日本一だ。

「上がったぞ 秋(安芸)に悲願(彼岸)の 鯉のぼり」(詠み人知らず)   

コメント