ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

ソチオリンピックの美女たち(12)(フィギュア アイスダンスSD)(2月18日発表)

2014-02-28 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

アイスダンスのショートダンスの写真を。ただ、今回の記事って、美女を選りすぐったんじゃなくて、白人の選手の写真をかたっぱしから集めたっていうところですかね。

カナダのアレクサンドラ・ポール(Alexandra Paul)。

トルコのアリサ・アガフォノヴァ(Alisa Agafonova)。ウクライナ出身。

イタリアのアンナ・カッペリーニ(Anna Cappellini)。

イタリアのシャルレーヌ・ギニャールCharlène Guignard)。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ(Ekaterina Bobrova )。

ロシアのエレーナ・イリイヌィフ(Elena Ilinykh)。

オーストラリアのダニエル・オブライエン(Danielle O'Brien)。151cmと小柄な方。

リトアニアのイザベラ・トバイアス(Isabella Tobias)。

アゼルバイジャンのユリア・ズロビナ(Julia Zlobina)。

カナダのケイトリン・ウィーヴァー(Kaitlyn Weaver)。

米国のメリル・デイヴィス(Meryl Davis)。今回は、ガチガチの金メダル候補。

フランスのナタリー・ペシャラ(Nathalie Péchalat)。

ドイツのネッリ・ジガンシナ(Nelli Zhiganshina )。

英国のペニー・クームズ(Penny Coomes )。

フランスのペルネル・キャロン(Pernelle Carron)。

スペインのサラ・ウルタド(Sara Hurtado)。

ウクライナのシボーン・ヒーキン=キャネディ(Siobhan Heekin-Canedy)。ビヴァリーヒルズ出身というから、すごい金持ちの娘かも、っていうか、だいたいフィギュアスケートをやる人なんて、裕福な家のお嬢さんが多いんですけどね。しかしこれ、相方を怒っているの?

ドイツのターニャ・コルベ(Tanja Kolbe)。1990年9月7日生まれですから、ドイツ統一直前に生まれた方(統一は10月3日)。

カナダのテッサ・ヴァーチュ(Tessa Virtue)。前回の金メダリストで、私の大好きな選手。

ロシアのヴィクトリア・シニツィナ(Victoria Sinitsina)。

明日は、フリーダンスの写真を集めて記事にします。

コメント (2)

ソチオリンピックの美女たち(11)(フィギュア、カーリング以外)(2月17日発表)

2014-02-27 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

では、今日も美女をご紹介。女子アルペン、滑降の金、銅であるスイスのドミニク・ギザン(Dominique Gisin) とララ・グート(Lara Gut)。グートちゃんについては、オリンピック終了後、オリンピック以外の写真も集めて大特集しますのでお楽しみに。

滑降金の、おなじみスロヴェニアのティナ・マゼ(Tina Maze)。念願の金にうれしそうです。もっともおかげでグートちゃんは金を取れませんでした。個人的な趣味を言うと、ティナ・マゼのようなわりとシャープな顔より、ララ・グートのようなおとなしめな顔のほうが私は好きかな。

女子スーパー複合銅メダルの米国ジュリア・マンクーソJulia Mancuso)。

女子フリースタイルスキー、スロープスタイル、イタリアのシルヴィア・ベルターニャSilvia Bertagna)。こういう美女がいるから、美女探求はやめられません。

カナダのフスロープスタイル、の金メダリスト、ダラ・ハウウェル(Dara Howell)。

スノーボード、ハーフパイプで金メダルの、米国のケイトリン・ファリントン(Kaitlyn Farrington )。明るい美女っていうところですかね。

このブログで繰り返し紹介するオーストラリアのハーフパイプで銀メダルのトーラ・ブライトTorah Bright)。何回も紹介しているところからして、私の好みの女性であることがわかっちゃいますね。笑顔のいい美女です。なお彼女はモルモン教徒で、その関係もあってか現在ソルトレークシティ在住です。もちろんトレーニングにいい(冬季大会開催地だしね)という側面もあるのでしょう。結婚するまでは男性体験なし(ほんとかどうかは知りません)というのを売り(?)にしていた女性。なおすでに婚姻しています(笑)。

スノーボード、スロープスタイルの金メダル、米国のジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson )。金メダルを取って、喜色満面というところですかね。

同じくスロープスタイルに出場したノルウェーのシリア・ノレンダールSilje Norendal)。

カナダのスケルトン、サラ・リード(Sarah Reid)。きりっとした顔の美しい女性です。

続きは明日。

コメント

ソチオリンピックの美女たち(10)(フィギュア、カーリング以外)(2月16日発表)

2014-02-26 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

15日は、とりあえず美女特集はお休みしました。オリンピック前半戦に登場した美女アスリート(フィギュア、カーリング以外)をご紹介します。

ロシアのアイスホッケー、アンナ・プルゴワAnna Prugova)。

ノルウェーのクロスカントリー女子スプリントフリー、イングヴィル・エストベルグ(Ingvild Flugstad Østberg)。銀メダルを獲得。

ロシアのスピードスケート、エカテリーナ・ロビシェワYekaterina Lobysheva)。500mと1000mに出場。

米国のリュージュ女子シングルで銅メダル、エリン・ハムリンErin Hamlin)。なかなか侮れない美女です。

フィンランドのバイアスロン、カイサ・マカライネンKaisa Mäkäräinen)。残念ながら美しさと成績が釣り合いませんでした。

チェコのバイアスロン、ガブリエラ・スーカロヴァGabriela Soukalová)。2競技で4位と、惜しくもメダルに届きませんでした。

ノルウェーのバイアスロン、シノーヴェ・ソレルダム(Synnøve Solemdal)。

ベラルーシのダリア・ドラムチェワ(Darya Domracheva)。10�パシュートと15�個人で金メダルを獲得したすごい人。

カナダのモーグル、クロエ・デュフォール=ラポワントChloé Dufour-Lapointe)。銀メダル。

同じくカナダのジュスティーヌ・デュフォール=ラポワントJustine Dufour-Lapointe)。上のクロエの妹、金メダル。

上の2人に長女のマクシム(Maxime Dufour-Lapointe)。を加えた3姉妹。マクシムは、12位。しかし3人とも顔よく似ているな。

オーストリアのリュージュ、ニナ・ライトマイヤー(Nina Reithmayer)。これが3大会目ですが、残念ながらあまりいい成績ではありませんでした。

また同じような記事を続けます。

コメント (1)

日本にとって今大会は、男子の大会になったと思う(2月15日発表)

2014-02-25 00:00:00 | スポーツ

羽生結弦が金メダルですね。すごいと思います。女子から遅れること2大会で金ですか。女子に浅田真央以降、トップをねらえる選手が輩出していないにも関わらず、19歳と若い羽生が金メダルというのは、男子のほうが強化自体は現段階では成功しているってことですかね。

【ソチ五輪】羽生、基礎点が1・1倍になる後半の連続ジャンプで金メダル決めた

サンケイスポーツ 2月15日(土)9時9分

ソチ五輪フィギュアスケート男子フリーが14日、アイスバーグ・スケーティング・パレスで行われ、羽生結弦(19)=ANA=が178・64点。合計280・09点で、金メダルを獲得した。町田樹(23)=関大=は冒頭の4回転こそ転倒したもののその後はミスなく演じ、253・42点で5位。高橋大輔(27)=関大大学院=は、点数が伸びず250・67点で6位。世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(23)=カナダ=は、275・62点で2位だった。

 悲劇が喜劇に変わった。『ロミオとジュリエット』に乗った羽生は、冒頭の4回転サルコーで転倒。続く4回転トーループこそ決めたが、次の3回転フリップを失敗。ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半は、コンビネーションジャンプを連続で決めた。華麗なスピンで終え、観客にお辞儀。安堵の表情を浮かべた。

 すべてはあとに滑るチャンのでき次第だった。世界王者は4回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に失敗。羽生の点数を上回ることができなかった。事実上、金メダルを確定させた19歳は、最終24番滑走を務めたジェイソン・ブラウン(米国)の得点を取材エリアで見届けると、指導を受けるブライアン・オーサー氏(カナダ)と歓喜の抱擁を交わした。

 「ビックリしているとしかいいようがない。結果として金メダル。日本人として誇りに思う」

 フラワーセレモニーでは、銅メダルのデニス・テン(カザフスタン)、チャンを従えて、表彰台の中央に立った。前日のショートプログラム(SP)で、史上初の100点超えとなる101・45点で首位に立ったことが大きかった。日本選手団に今大会初の金メダルをもたらした。

はっきり言って、SPのレベルの演技をフリーでもできれば羽生の金は動かなかったでしょうが、フリーはSPほどの完成度でなかったので、チャンが最高の演技をすれば厳しかったのですが、記事にもあるようにチャンもやや調子が悪いのが幸いしました。これはやはり、コーチのブライアン・オーサーの手腕によるところも大きいのでしょうね。前回大会でキム・ヨナを金に導いたオーサーの実力は大したものだと思います。彼は、オリンピックでは2回続けて銀でしたが、その悔しさを晴らすためにも愛弟子の金は最高の喜びだったでしょう。

あ、どうでもいい話ですが、オーサーはゲイです。Wikipediaにものっています。だからキム・ヨナのような女性を見つめる視線と、羽生を見つめる視線、身体をたたくときのしぐさも微妙に異なる・・・かどうかは知りません。ちゃんとパートナーはいるそうです。

それはともかく、この記事を執筆している15日午前の段階で、日本のメダル獲得数は、金1つ、銀2つ、銅1つです。そして私が注目したいのが、このメダル獲得選手が全員男子だということです。

おそらく今後女子は、これに匹敵する4つのメダルを取ることはできないと思われますので、今回のソチ大会は、日本は男子のほうが女子より成績がいい大会だったということになろうかと考えられます。冬の大会では、男子のほうが女子よりだいぶメダル獲得数が多いのですが、しかし最近は女子もだいぶいい成績を取るようになってきました。

過去の日本の冬季オリンピックにおける女子のメダル獲得数を調べてみますと…。すいません、以下こちらからいただきました。面倒なもので。ごめんなさい。

 

つまり日本人女子で最初に冬季オリンピックでメダルを取ったのが、92年の伊藤みどり 橋本聖子、金が98年の里谷多英が最初、ともかく92年以降は、女子は誰かがメダルを取り(男子は、06年のトリノで誰も取れませんでした)、02年以降はだいたい同じ数か1つ違いのメダル数をもらっていたということになります。今大会も、浅田真央はなにがしかのメダルを取る可能性が強いでしょうからたぶん女子メダル0(ゼロ)ってことはないでしょうが、あまり女子が調子がいい大会、ということでもなさそうです。

で、日本の女子アスリートがなぜ強くなったかというと、もちろん女子の種目が積極に採用された(過日のレスリングの五輪種目復活も、結局は女子種目の充実を要求されるものでした)ということがありますし、また女性アスリートの層がどうしても世界的に薄いので、日本のような国のほうが優秀な女子アスリートを輩出しやすい、という側面が大きいかと思われます。ご存知の通り、イスラム系の国では、女子は髪の毛すら出しにくいし、また夏季のスポーツですが、陸上などの軽装はタブーということにもなります。メダルは取れませんでしたが、高梨沙羅が世界トップの地位にいたのも、つまりは女子ジャンプが層の薄いスポーツであるが故です。他のスポーツでは、彼女のような年齢で世界のトップに行くのは(スポーツによりけりの側面もありますが)なかなか難しい。

それはともかく、冬季の女子アスリートは白人女性が多いので、美女探求にはいいですね。私は白人女性が好きなので、ある意味夢のようなものです。あらためて白人女性の美しさを痛感します。これからもしばらく美女とオリンピックの記事が続きます。よろしくお願いします。

コメント (6)

ついに真打ちがソチに参上!!!(2月15日発表)

2014-02-24 00:00:00 | スポーツ

心強いニュースが報じられました。私にとっての希望の星、真打ち、オリンピック連覇を目指し、浅田真央の金メダルを阻止してくれそうな方、我らがキム・ヨナが12日深夜にソチに入りました。

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140213-00000145-jij-spo

>日程の差、どう影響=金妍児、1週間前のソチ入り〔五輪・フィギュア〕
時事通信 2月13日(木)18時33分

【ソチ時事】フィギュアスケート女子で連覇がかかる金妍児(韓国)が12日深夜、ソウルからモスクワを経由してソチ入りした。「準備はしてきた。今の状態はベスト」と自信を見せるが、19日に始まる競技に向けて調整面の課題はある。
 前回バンクーバー五輪時はカナダ・トロントに拠点があったため、4日前の現地入りでよかった。それに比べれば今回は現地での調整期間が長くなる。
 「時差があるので、早く来た」と金妍児。ただ、五輪では氷上練習の時間が自由に取れない。実際、浅田真央(中京大)は団体戦の後、「体がなまっているので通常に戻したい」と時差のないアルメニアに移動して調整中。金メダル候補に浮上した15歳のユリア・リプニツカヤ(ロシア)もモスクワに戻った。
 団体戦に出場した影響はどう出るか。日本の小林芳子監督は「一度滑った経験がつながる」と場慣れのメリットを挙げるが、金妍児の考えは違う。「体力的に試合をしない方がいいし、ストレスにもなる。(団体に出た)日本や米国、カナダの選手でなくてよかった」
 金妍児は「結局、試合はその日の運。そう考えた方が私はリラックスできる」とも。本音はともかく、それぞれの異なる条件も、メダルの行方を左右するかもしれない。


昨年の世界選手権なら、正直彼女の演技には浅田真央はまったくかなわない、磐石の強さ、というところでしょうが、今シーズンは必ずしもそうも言えません。現段階では浅田真央もあんまり調子は良くないし、また(よせばいいものを)団体戦なんかに出さされたので(あれは、浅田と鈴木明子は、出しちゃかわいそうですよね。どっちみちメダルの可能性なんかないんだから、度胸付け(≒犠牲)の意味で村上佳菜子を出せばいいのにね)、そういう点ではシングル一本に絞って調整してきたヨナさんが有利かなと思います。ただ、私としては、最終的には浅田真央を倒してくれればヨナさんでなくてもリプニツカヤちゃんでも鈴木明子も誰でもいいのですが、誰かが勝つのならヨナさんを応援します。いずれにせよ私にとっては、ヨナさんとリプニツカヤちゃんの2人を絶対応援したいのです。この2人が、浅田真央に一番勝てそうなので。そしてこの2人のうちなら応援するのはヨナさんです。ヨナさん引退の後は、リプニツカヤちゃんを応援しようか。いや、すぐプロになっちゃうかな。「さん」「ちゃん」をつける人と敬称を略する人との差が、私の想いをそのままあらわします。

とりあえず現段階では、ヨナさんが優勝候補筆頭でしょうが、リプニツカヤちゃんのほうが上という観測もあります。そう考えるとどっちみち浅田真央は厳しいと思いますが、あとは本番にならないとわかりませんので素人予想はやめます。

ただ…。もしキム・ヨナが勝って浅田真央が負けたら、たぶん日本の反韓の連中は激怒するんだろうね、きっと。すさまじいやつあたりのヒステリーが起きると思います。リプニツカヤちゃんならそこまでひどくはならないか。そうなったらどうなるか、これはこれで興味深いものはあります。

なお、あらぬ誤解をしている方も多いかもしれませんが、日本でキム・ヨナはそんなに嫌われているわけではありません。下の記事を参照ください。むしろ日本人に最も親しまれている韓国人は彼女、と言ってもあながち言いすぎではありません。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/16439564d490784d4b3540fbc2bb34fe

というわけで、ヨナさんとリプニツカヤちゃん、その他浅田真央以外の選手の健闘を祈ってこの記事を終えます。

コメント (14)

ソチオリンピックの美女たち(9)(カーリング)(2月14日発表)

2014-02-23 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

ちょうどこの記事を執筆している午後7時30分ごろ、カーリングの日本対英国戦をやっています。あるいは、イヴ・ミュアヘッドあたりのアクセスがあるかもしれないので、彼女をふくめたカーリング美女の特集をします。いくらかいい写真も収集できたので。

おなじみ、英国のイヴ・ミュアヘッド(Eve Muirhead)。美女カーラーとして知られます。

ロシアのアンナ・シドロワAnna Sidorova)。彼女は、あらゆるアスリートの中でも超トップクラスの美女でしょう。ちなみに彼女は、13歳までフィギュアスケートをやっていたとのこと。

ロシアのアレクサンドラ・サイトワAlexandra Saitova)。うーん、この方も美人ですねえ。ロシアチームは美しさでは他を寄せ付けません。でもカーリングは美人コンテストではないからね。

ロシアのエカテリーナ・ガルキアEkaterina Galkina)。

ロシアのマルガリータ・フォミナMargarita Fomina)。

カナダのケイトリン・ローズKaitlyn Lawes)。

カナダのジェニファー・ジョーンズJennifer Jones )。どっかで聞いた名前ですね。まあ英国系(厳密にはウェールズ系)としては、きわめてありきたりの名字ですが。

米国のジェシカ・シュルツJessica Schultz)。

スウェーデンのマリア・ヴェネストレム(Maria Wennerström)。

デンマークのヘレ・シモンセン(Helle Simonsen )。

デンマークのレネ・ニールセン(Lene Nielsen)。

明日(2月15日)は、ちょっと美女特集はお休みしようかな。実際のところは未定。

コメント (2)

ソチオリンピックの美女たち(8)アンナ・シドロワ スノーボードハーフパイプ)(2月14日発表)

2014-02-22 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

一昨日このブログはやたらアクセスが良く、何だと思ったらアンナ・シドロワ(Anna Sidorova)関係の記事でした。で、アクセスの高い時間を見ても、テレビ中継がされていた時間に高かったので、彼女の美しさに感動した人たちがネット検索して、私もブログにたどり着いたようですね。1日ずれましたが、後日彼女のことを確認する方もいるでしょうから、彼女の写真を特集しましょう。その前に、アクセス状況の証拠を。

gooで17位というのは、なかなかのアクセス数だと思います。うれしい。

残念ながらソチでの彼女の写真がなかなか入手できないんですね。写真がそろったらって、もしかしたらオリンピック後かもしれませんが、あらためて彼女の写真を特集しようかな。

お次は、スノーボードハーフパイプ。

米国のケイトリン・ファリントン(Kaitlyn Farrington )。金メダル。

オーストラリアのトーラ・ブライト(Torah Bright)。銀メダル。読者の皆さんも気づいているかもしれませんけど、私彼女のような顔好きなんです。明るい美女っていうところですかね

米国のケリー・クラーク(Kelly Clark)。銅メダル。ソルトレークシティで金、バンクーバーで銅ですから、息の長い選手です。

 

 米国のハンナ:テッター(Hannah Teter)。4位。

フランスのミラベル・トヴェックス(Mirabelle Thovex)。

スイスのウルシナ・ハラー(Ursina Haller)すいませーん、彼女については、ゴーグルをしている写真しか入手できませんでした。

一応断っておきますと、選手の写真は、すべて今回のオリンピックでの写真です。

コメント

ソチオリンピックの美女たち(7)(アルペン ララ・グート、ティナ・マゼほか)(2月13日発表)

2014-02-21 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

2月12日に行われた滑降を。最初は、私の好きなララ・グートLara Gut)を。美しくて(かわいくて)強い、まさに女性アスリートの鏡のような選手です。この競技では銅メダル。

金メダルの同じスイスの同僚ドミニク・ギザン(Dominique Gisin )と。

スロヴェニアのティナ・マゼ(Tina Maze)と3人で。マゼとギザンは珍しい同着金メダル。では、系統は違いますが、こちらも美女アスリートとして名高いティナ・マゼの写真を。

スペインの、カロリーナ・ルイス・カスティロ(Carolina Ruiz Castillo)。

米国のロレンヌ・ロス(Laurenne Ross).

 

コメント (1)

ソチオリンピックの美女たち(6)(フィギュア・ペア)(2月13日発表)

2014-02-20 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

では皆さまお待ちかね、フィギュアのペアを。

イスラエルのアンドレア・ダヴィドヴィッチ(Andrea Davidovich)。

ドイツのアリオナ・サフチェンコ(Aliona Savchenko)。

カナダのカーステン・ムーア=タワーズ(Kirsten Moore-Towers)。

ロシアのクセニヤ・ストルボワ(Ksenia Stolbova)。

ドイツのマイリン・ヴェンデ(Maylin Wende)。

カナダのメーガン・デュアメル(Meagan Duhamel)。

イタリアのニコーレ・デラ・モニカ(Nicole Della Monica)。

カナダのペイジ・ローレンス(Paige Lawrence)。

イタリアのステファニア・ベルトン(Stefania Berton)。

ロシアのタチアナ・ヴォロソジャル(Tatiana Volosozhar)。

ロシアのヴェラ・バザロワ(Vera Bazarova)。

いやあ、みなさんお美しいですね。これは、アイスダンスと女子も楽しみです(男子は?)。

コメント (2)

ソチオリンピックの美女たち(5)(女子ジャンプ、カーリングほか)(2月12日発表)

2014-02-19 00:00:00 | 美女探求(2014ソチ五輪の美女たち)

では本日も美女を。女子ジャンプのドイツのカリーナ・フォクト(Carina Vogt)。

同じくドイツのジャンプ、ジャニーナ・エルンスト(Gianina Ernst)。

セヴリン・フロイント(Severin Freund)。

おなじみ米国のサラ・ヘンドリクソン(Sarah Hendrickson)。やはり本番は調子が良くありませんでした。

日本の2人。高梨沙羅伊藤 有希

ロシアのイリーナ・アヴァクモワ(Irina Avvakumova)。

カーリング、おなじみ英国のイヴ・ミュアヘッド(Eve Muirhead)。今回は、金髪には染めないんですね。

デンマークのレネ・ニールセン(Lene Nielsen)。美しさでは日本よりデンマークを応援しちゃう私。

同じくヘル・シモンセン(Helle Simonsen)。 試合でなく、練習の写真であることはご了解ください。

ヤンヌ・エレガール(Jeanne Ellegaard)。こちらも本番でなく練習の写真です。

ロシアのアレクサンドラ・サイトワ(Alexandra Saitova)。

おなじみ、ロシアのアンナ・シドロワ(Anna Sidorova)。

オーストリアのスケルトン、ヤニン・フロック(Janine Flock)。美しい女性です。

コメント (1)