ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(26)

2019-11-13 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

適当に歩きますが、あまりのだだっ広さに絶句します。清朝は、これを再建したためにだいぶ経済的に傾いたそうですが、たしかに「民主主義国家」ではありえないものです。

 

なかなか味があります。

何かを売っていました。女の子が夢中(?)になっているのだから、あるいはアクセサリー類ですかね。

 

このようなところで楽器を演奏するというのも、中国でもあるようですね。

ひたすら歩きます。

美女は、当然撮影します。

日本語でも説明がありました。

すごいでしょ、って私が自慢してもしょうがないですが、こういうものも、まさに「皇帝」なんていうものでないと作れなさそうです。

白人美女も当然写真を撮ります。

こういう緑と赤のコラボ(当方若干色弱なので、実は赤と緑がいっしょだと少し苦手なところがあります。もちろんこの写真くらいなら平気です)は、朝鮮の建築物にもよくみられます。やっぱりあれは、中国の影響なんですかね。

さらに観光を続けます。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(25)

2019-11-09 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

次は頤和園(いわえん)です。地下鉄4号線北宮門駅からです。円明園駅のすぐ近くです。

てくてく歩きます。

裏門(ていうんですかね)から入ります。

 

このあたりであまりのスケールの大きさに早くも驚きます。

 

カラフルです。

ふうふう歩きます。

体力を使うところです。

すばらしい眺めです。

さらに観光します。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(24)

2019-11-05 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

いよいよ円明園見学も佳境です。

観光客も、ここは円明園の見どころですから大勢います。

迷路です。私も歩いてみました。

ひどい破壊の跡です。

まあそれにしても略奪ぶりがすさまじいですね。以下写真をたっぷりお見せします。

 

看板がありました。白でコーディネイトしているんですかね。

円明園をお暇します。後半は、だいぶストレスのたまる見学でした。が、やはりここは読者の皆さまもぜひご覧になってください。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(23)

2019-11-04 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

さらに散策します。

上から中国語、英語、日本語、韓国(朝鮮)語ですかね。

食事処があるので、ここで昼食をとることにします。

私以外に客はいませんでしたが、営業はしていました。

けっこうこの肉料理はおいしくいただきました。

店の人たちです。中国人にしてはフレンドリーって言っちゃまずいかな。彼女らと記念写真も撮影しました。

看板にも、さっき言ったレストランがあります。

それで円明園の見もの、アロー戦争で破壊、略奪された廃墟です。

やはりここがメインですので、さらにじっくりと見学します。

 

復元された迷路を歩く観光客たちです。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(22)

2019-11-02 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

散策を続けます。

酷寒の北京でも、こうやって座り込んでいる人もいます。

 

なかなかいい風景です。

このような緑と赤の色彩というのは朝鮮の建物によく見られます。あれも、中国の影響なのでしょうね。

やはり高級カメラを持ち歩いている人たちは、お年を召した人が多いわけです

 

もうしばらく円明園の記事が続きます。乞うご容赦。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(21)

2019-10-27 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

写真はありませんが、高級カメラを持って撮影をしているお年寄りが2人程いました。おもわず「中国でも、高級カメラを持って撮影にいそしむ人はお年寄りばかりだなあ」と思いました。

地図を見ます。

ほんと、赤い服が好まれます。

ね、赤い服でしょ。

さらに歩きます。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(20)

2019-10-26 17:27:09 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

さらに園内を見学します。

この写真は好きな写真でして、PCの壁紙(の1つ)に設定しました。

やはり凍っていると寒々とした気分になります。

橋を渡ります。

グラウンドがありました。

 まだまだ散策は続きます。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(19)

2019-10-22 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

こういったいかにも寒々とした光景をえんえん見つづけます。

共産党の標語は、そこら中にあります。

これらが中国共産党の目指す社会主義というわけです。

きれいな橋です。

女性が腕をしっかり組むのは、アジア(日本を除く)ではわりとありふれた光景です。

ソーセージを買って食べてしまいます。

さらに歩きます。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(18)(10月16日発表)

2019-10-17 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

それでは中に入って見学をします。

中国の観光名所の関所(?)は、こういう感じのところを多々見ます。

温暖化が進んでいるのでしょうが、やはり凍りついています。

やはり冬の寒い時期のほうが、このようなところを訪れるには向いているのかもです。

今写真を見なおしても、ほんと寒そうな雰囲気です。

いろいろ歩きます。

氷に太陽の光が映えます。

なかなかすさまじい破壊だったということです。

 散策しても飽きないところです。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(17)(10月14日発表)

2019-10-16 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

さらに歩きます。

目的の店が近くになりました。

このあたりが、目的地のはずです。

こちらのレストランです。

おいしくいただきます。

 

歴史のある店なので、写真もあります。

 

店を出ます。

目的地は・・・

こちらです。そう、円明園です。

なかなか面白い意匠です。さすが円明園の駅ということですかね。

チケットを買います。

あまり人は多くなく閑散としています。

 では中に入ってみましょう。

(つづく)

コメント