ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

2008年はお世話になりました

2008-12-31 00:00:16 | Weblog
2008年も本日で最終日です。現在ソウル滞在中のブログ管理人より、08年に大変お世話になったことに関して御礼申し上げます。

なぜか先週このブログのアクセスが非常に多く、12月26日が648IPの1367PV、27日が417IPの699PVでした。それぞれ、gooブログの433位、842位のアクセス数でした。前にも1度1000位以内に入ったことがあるのですが、今回もアクセス解析をしてみてもなぜ突然こんなにアクセス数が増えたのか正直とても不可解です。が、これも言うまでもなく読者の皆様のおかげです。あらためて、管理人より厚く感謝を申し上げます。

もう少し映画の記事を増やしたかったとか、歴史修正主義関係の記事の扱いをどうすればよいかなど、いろいろ迷っているところもあります。また来年4月以降、私の仕事の環境が大幅に変わる可能性があり(詳細はこのブログでまた発表させていただきます)、今年のようなスタイルを維持できるかどうかも分かりません。が、なんとか楽しいブログを作っていきたいと考えています。どのようなものになるかまだ見えない部分もありますが、2009年もよろしくお願いします。
コメント (7)

2008-2009  韓国俗物紀行(3)

2008-12-30 16:44:40 | 旅(韓国)
今日はクリスマスですので街もにぎわっていますが、バスの停留所には家に戻る人たちが大勢列を作っていました。そろそろご帰宅の時間でしょうか。ドーナツ屋では、(多分)アルバイトの学生が大声でドーナツを販売していました。写真を撮ろうとすると、女性は顔を隠しました。それで私が買わないで去ると「買ってよー」(でしょう、おそらく)という声が響きました。確かに買ってあげればよかったかな。



で、明洞名物というか韓国名物の屋台を冷やかしながら歩きます。いやあ、それにしてもほんと屋台って絵になりますね。だから私は、韓国の街をぶらつくのが好きです。









中に道の真ん中で犬を数匹抱えている老女がいました。犬は売り物なのでしょうか。日本語で「見物のみはお断り」みたいな立て札がありましたから、やっぱり売っているんでしょうね。でも韓国から日本に犬を運ぶのは通関その他が容易ではありません。

私も屋台で少し食事をして見ます。ソーセージが2,000ウォン。ハンバーグの中に餅を入れたものが1,500ウォンです。特にソーセージはあんまり安くありません。日本のコンビニくらいの値段かな。餅入りのは、比較の対象がないのでなんともいえませんが。

よせばいいものを、もう一軒で食事をすることにしました。はじめは部隊鍋(プデチゲ)と呼ばれる寄せ鍋を食べようかと思ったのですが、さすがにそんなのは量が多すぎて食えっこないので、どこか違う店で食べようかと思いました。

で、結局、ホテルの近くの、前々から存在は知っていた食堂に足を運びました。中に入ると思いっきり韓国語で挨拶されました。日本人だと言うと、日本語メニューを持ってきてくれました。

私がカルビタンと焼肉一人前(牛の薄い肉)とビールを注文すると、焼肉は二人前出なければいけないとのこと。そんなこと知っていますが、一人前で出してくれる食堂もあります。で、それならいらない、カルビタンだけくれというと、それでは不可とのこと。面倒なので、なら焼肉二人前ということにしてしまいました。ちゃんと炭火を持ってきてくれます。



そうこうしていると、日本人の女の子二人組みが入ってきて私のテーブルの隣に座りました。彼女らは日本語で挨拶されたから、やっぱり私はぱっと見日本人より韓国人に見えるんですかね。

女の子のうちの一人が、灰皿を求めて煙草をすい始めました。あんたねえ、煙草は体に悪いよ。ていいますか、普段煙草をすうのはぜんぜんかまわないけど、このような食堂ではやめてほしい。煙草の煙がくると、思いっきり味覚が狂っちゃうんでね。

焼肉自体は肉も薄い(笑)ので二人前でもぜんぜん平気でした。が、韓国名物の膨大な付け出しにはさすがに参ります。







あれは「食べきれないほどたくさん出す」という哲学が基本のものであるため、食べきってしまうとかえって失礼なんだそうですが(という話を聞いたことがあります)どのみち食べきれる量ではありません。

勘定は29,000ウォンでした。内訳は
ビール:4,000ウォン
牛の三枚肉(二人分):20,000ウォン
カルビタン:5,000ウォンです。

レートの関係で安いですが、しかし食べすぎと散在ですね。旅は長いので気をつけないと。
コメント (4)   トラックバック (1)

2008-2009  韓国俗物紀行(2)

2008-12-29 15:32:01 | 旅(韓国)

地下鉄を乗り換えて「市庁」の駅で降ります。ここに、私が食べてみたいなと考えた冷麺の店があるわけです。



今回は、今までに食べたことのある食堂では絶対食事をしない(カフェを除く)と考えているので、これから訪れる江西麺屋という店も初めての店です。



探すのに苦労しましたが、なんとか店を見つけました。1948年創業で、ソウルならぬ平壌で店を始めたとか。朝鮮戦争でこちらに移ったということでしょう。たしかに朝鮮戦争のあとにソウルにたくさんの冷麺屋ができたというのは確かなようです。



店に入ると客は誰もいない。大丈夫でしょうか。

あ、説明が遅れましたが、韓国ではクリスマスは国民の祝日です。韓国は、フィリピンやレバノンとならんでアジアの中ではキリスト教徒の多い国です。

冷麺と牛肉の辛味あえ(とでもいうんでしょうか)を注文します。





牛肉もうまいが冷麺はほんとにおいしかったと思います。はさみで切ってくれることもしませんでしたが、ともかく淡白なあっさりと下味です。はじめは物足りないくらいでしたが、最後までスープを飲み干してしまいました。つまりは、いかに私の舌が化学調味料に影響されているかというところでしょうか。

どちらも冷たい料理だったのですが、なんだか心は温かくなってしまいました。とりあえず、私のホテルがある明胴に向かいます。

が、ホテルに行く前に明日行く予定の場所の調査をするため観光公社へ向かいます。

クリスマスなので、そこらじゅうでイベントをやっています。カップルが(当然ながら)大多数です。











観光公社で明日向かう予定の咸平(ハムピョン)についていくつか質問します。全羅南道にある街で、光州経由でないとバスがないのかなと思ったのですが、案内所の親切な女性は、ダイレクトのバスがあるかどうか確認してくれるといいます。ぜひお願いしますと頼むと、明日の朝8:30その他数本のバスがあるとのこと。それならそのバスに乗ろうと考えました。スムーズに移動できそうです。



私の定宿ホテル・メトロにチェックインします。料金は、ネットで予約したせいもあり割引で65,960ウォンです。朝食もついて(個人的には、ソウルの観光に際してホテルの朝食は必要ないと思いますが)この値段ですから非常に安いですね。



とりあえず疲れを癒しました。テレビをでたらめにチャンネルをまわしていると、格闘技の番組をやっていました。韓国人の選手と白人の選手が戦う趣向で、キックボクシングだったり総合格闘技だったりしました。なぜか白人の方が道着を着ていました。それを見ていたらだいぶ疲れも取れてきたので、とりあえずロッテ・ホテルのコーヒーショップに行ってみることにしました。



別に安くはありませんが、とりあえずここに行って今日の作戦を練ろうとかんがえたわけです。



アイス・カフェラテとチョコレートのムースを頼みます。客は日本人が大勢いました。

歌手も歌っています。クリスマスソングなどを歌っていました。

勘定は、サービス料10%と税金10%(韓国は通常内税なのですけどね)をふくんで計27,225ウォン。蛇足ながら内訳をご紹介すると
チョコレートムース: 8,500ウォン
アイスカフェラテ :14,000ウォン
SVC : 2,250ウォン
VAT : 2,475ウォン
です。

10%のsvcに値するサービスを受けたであろうか、いや、歌も聞けたからいいかと貧乏くさい考えをして30,500ウォンなりを払ったら、3,270ウォン釣りが帰ってきました。5ウォン少ないじゃん。このホテルを利用する人は、5ウォンくらいは目くじらを立てないのかな。日本円なら何十銭の世界ですけどね。韓国では現在5ウォン通貨は流通していないのだから、切り下げるなり切り上げるなり何なりすればいいような気がしますけどね。

明胴の街を少しぶらつくことにします。

コメント (4)

2008-2009  韓国俗物紀行(1)

2008-12-27 01:23:09 | 旅(韓国)
12月25日、クリスマスに日本を出国しました。成田空港は空いていました。不景気な上、まだ出国ラッシュには早いでしょうか。



荷物検査、出国審査を終えると、韓国入国の手続きの一部を成田で行うというサービスをやっていました。入国書類を記入してスタンプを押してくれました。そうすれば、韓国入国の際スムーズにすむのだそうです。



韓国も1年半も入国をしていないので、そんなサービスをやっているとは初耳でした。とりあえず私もやっておきます。

ロビーでぐうたら過ごします。それにしても第一ターミナルもきれいにになりましたね。



今回は大韓航空(いや、コリアン・エアだっけ)です。この航空会社に乗るのもしばらくぶりです。

機内食は、ライスにイカの甘辛煮がついていました。アシアナ航空同様、韓国のエアは機内食が充実しています。これも結構おいしかったと思います。



仁川国際空港に到着します。気温は零度だそうです。おお、さむ。

スムーズに入国審査を終えます。荷物はあずけていないので、税関の無申告のところを通り抜けます。が、外に出る前に両替をします。



この銀行でいつも交換している記憶があります。が、元本保証ですか。これほんとかしら。

とりあえず40,000円を両替します。548,000ウォンでした。1円=13.7ウォンですか。

封筒に入ってきたので、確かにその金額があることを確認します。そしていくつかに分けて、体中にしまいました。

空港鉄道の駅に向かいます。非常に近代的で格好いい駅です。



各駅停車で料金は3,200ウォンです。ガイドブックには3,100ウォンとのっていたから100ウォン値上げでしょうか。日本円では7円強くらいでしかありませんが。



金捕空港の駅に着きました。ここで地下鉄に乗り換えます。同時にT-Moneyのカードに10,000ウォンチャージしました。これは日本のSuicaその他と同様、お金をチャージしておいて改札時に接触してお金を自動的に引き落とすというカードです。私の持っているのは昔のデザインのカードのようですが、使えるのでずっとそのまま持っています。地下鉄も切符よりも安く乗れるので、リピーターでなくても地下鉄を多用する旅行者の方は持っていたほうがいいと思います。

いよいよソウル市内です。
コメント (4)

nanntokasourunitukimashita

2008-12-26 07:50:51 | 旅(韓国)
suimasen nihonngonyuuryoku ga huka nanode ratennmojide utteimasu

nantokabujinitukimasita ga korekara tihoutosihe mukaimasu

matomona kousinnha asuikoudesu

soredehamata
コメント (2)

いま成田空港にいます

2008-12-25 11:10:18 | 旅(韓国)
いま成田空港にいます。

韓国でこのブログを更新できるかどうか未定(多分できると思いますが)ですので、もしかしたらこれが今年最後の更新になるかもしれません。というわけで、一応2008年はお世話になりましたとご挨拶をしておきます。でもたぶん明日にはなにがしかの記事が書けるかも。

いやあ、しかし昨日で個人的な仕事おさめをしたのですが、ほんと今年は仕事については厳しい年でした。

来年が皆様にとって良い年でありますように。

でも一応明日以降もチェックしてください。たぶん記事を更新しています。
コメント (6)

ピーター・フォークが認知症に

2008-12-23 17:45:02 | 映画
      

日本でも、「刑事コロンボ」の主演俳優として知名度の高いピーター・フォーク氏(以下敬称を省略)が認知症になったらしいという報道がありました。1927年生まれで今年81歳のフォークですので、年齢的には仕方ないところもありましょうが、しかし彼が認知症ですか…。とても残念です。

「刑事コロンボ」ではイタリア系の警官という設定でしたが、実際の彼は東欧系ユダヤ人です。コートと葉巻(これも、昔はともかく今は時代錯誤なものですよね)にもじゃもじゃ頭という独特の風貌が印象的ですが、一番最初の作品である「殺人処方箋」ではきれいなコートと整った髪形をしています。あの個性的な風貌になったのは、71年にNBCでシリーズ化されてからです。

なお、ご存知の方も多いと思いますけど、フォークの声は故・小池朝雄氏が担当していましたが、小池氏の声は、フォークの声とあまり似ていません。小池氏の美声とフォークのハスキーな声はかなり違いがあるのですが、しかし小池氏でないとコロンボの声はだめだという方も多いと思います。その後石田太郎氏や銀河万丈氏といった方々が声をあてていますが、少々割があわない後継かなと思います。

NBCでの放送は、78年までの計45本にて終了。が、そのころから「ブリンクス」などコロンボシリーズにとらわれない映画出演につとめた感があります。が、予想通りというかやはりコロンボを上回るインパクトのある俳優活動をするにいたりませんでした。個人的には、「カリフォルニア・ドールズ」が好きな映画です。

89年から、NBCのライバル局ABCで刑事コロンボの新シリーズが始まりました。このシリーズは03年まで続きましたが、もう新しい「刑事コロンボ」が製作されることはなさそうです。

IMDbによると、09年(公開秒読みなのですかね)まで彼の出演作品は製作されていますが、あるいはカメオ出演なのかな。「ベルリン・天使の詩」にも、彼は出演しています。

渥美清と同様、フォークも「刑事コロンボ」があまりにはまりすぎて、正直役者の幅がひどく狭くなってしまったように思います。もっともっといろいろな映画に出演してほしかったし活躍してほしかったのですが、もう彼にまともな映画出演ができるとは考えにくいものがあります。

このブログで、フォーク氏やコロンボの話も書きたかったのですが(そして書くつもりですが)、ちょっと彼の俳優活動について前向きな話を書くことができそうにありません。認知症ですので、治るとか改善するということも考えにくいのですが、ともかくフォーク氏が安らかな生活を送られることを希望したいと思います。

2011年6月26日追記:ピーター・フォーク氏が2011年6月23日にお亡くなりになったので、この記事にも大量にアクセスをいただきました。ありがとうございます。氏の追悼記事をこちらに書きましたので、よろしかったらご参照ください。
コメント (4)   トラックバック (1)

金をたかられる

2008-12-21 22:02:10 | Weblog
いやあ、今日は東京以外はどうだか知りませんが暖かかったですね。私はコートを着て街をほっつき歩いたのですが、いいかげん暑くてうんざりしました。

で、夜の7時過ぎ、私が秋葉原の駅を歩いていたら、一人の太った男が私に声をかけてきました。ヘッドフォンをつけていたのではずして話を聞いてみると(迷ったのかなと。秋葉原駅は複雑ですから)、お金をなくしたので900円・・・とのこと。私は手を振ってその場を離れました。そんなことを駅なんかで頼んでくるんだから、いい度胸です。

そういえばずいぶん昔、私が福岡に行ったとき、ホームレスだったかどうか定かでないのですが「すいません、恥ずかしいのですが200円恵んでくれませんか」と頼んできました。私は断りましたが、それにしても私って頼まれやすい顔をしているんですかね。それは悪いことではないかもしれませんが、積極的にいいことともいえませんね。

日本で金をたかられた記憶はこの2件くらいですが、海外では私はしょっちゅうたかられています。困ったものです。

たとえばベルギーのブリュッセルにて。

女の子2名「(走ってきて)ねえねえ、フランス語か英語できる?」
私「英語」

今にして思うと、女の子たちはフランス語で話しかけてきたのだから「フランス語」っていってやればよかったかな。ともかく、こんな連中の話を聞くと不愉快になるのが確実なのですが、よせばいいものを私は話を聞いてあげました。

女の子「あたしたちー、電話かけたいんだけど、お金がないのよ。1ユーロくれない?」

やっぱり聞かなきゃよかったと後悔しました。私は断ってその場を離れました。

彼女らはたぶん12歳くらいだったと思います。服もそんなに悪いものではなかったし、英語も話すのですから普通の少女でしょう。たぶん何回かに1回くらいは金をくれる人がいるんでしょう。どうもね。

ほんとに困っている人間ならまだしも、こんな女の子に金なんか絶対あげるわけにはいきませんよね。
コメント (2)

年末年始に韓国に行きます

2008-12-20 20:10:10 | 旅(韓国)
年末年始に韓国に行くことが決定しました。といってもそんなのとっくの以前から決まっていたことだったのですが、職場に届を出していなかったのです。昨日正式に出して、上司の冷たい顔に耐え、なんとか行くことができるようになりました。

12月25日出発、1月3日帰国です。1月4日は、仕事の関係で自宅で待機していることになりました。実質10日です。かなり長い旅行になります。

ソウルだけではもったいないので当然地方にも行きます。ソウルだけではわからない、田舎の韓国の魅力の一端を読者の皆様と分かち合えればと思います。

頭の中ではそれなりに計画を立てているのですが、私の旅行の計画は常に変わりますのでそれは仕方ありません。したがってソウルを除くと宿も頼んでいません。交通手段も未定です。それなりに気合の入った旅行になるかもしれません。

あと、あんまり読者の方には関係ない話ですが、今まで行ったことのある食堂(カフェは除く)には行かないことにしました。同じ店に何度も通っていて、ややワンパターンな感がありました。ともかく、スンデその他あまり日本ではお目にかからない食べ物もたくさん食べてこようかなと思います。

さてさて、どのような旅になるかわかりませんが、08年は個人的に厳しいことがたくさんあった年でした。その苦しみと疲れをいやす意味も込めて、最大限楽しんできます。そして、楽しい記事を書くこともお約束します。

が、そうすると25日はともかく26日以降の記事はどうなるかは未定です。韓国はネット環境は充実していますが、記事を書けるかどうかは何とも言えません。

さて、韓国ウォンはまた一段と安くなっています。2008年12月20日午後5:59現在のレートは、日本円100円にたいして韓国ウォン1,438.35ウォンです(こちらにて調査)。

韓国の物価も上がることは避けられないでしょうが、いまならそんなに影響はないし、また円高によってはるかにお得になっています。というわけで、ほんの短い旅でも今韓国に行かなければ絶対損です。ぜひ読者の皆様も韓国へどうぞ。
コメント (4)

関西紀行2008年冬(2)

2008-12-18 23:56:09 | 旅(国内)
中を見学してみます。このビルは、よくいえばオフィスビル、悪く言えば雑居ビルです。



エレベーターホールの中です。さすがにレトロな雰囲気があります。

中には喫茶店(カフェというより喫茶店というイメージです)、診療所、仕立て屋、旅行会社その他さまざまなテナントが入っていました。一軒、喫茶店に入ってみます。「大大阪」という店です。




コーヒーをいただきました。450円です。

中は、文房具その他を商うショップも併設されています。また、大阪に関する本も自由に閲覧できます。テーブルの上にある赤い本も、この店に置いてあった本です。



この店も来年春ごろに閉店するとか。もう一度くらいは足を運べればと思います。



ビルの廊下です。



ダイビルを正面から撮りました。なお、この写真は路上に寝転がって撮りました。写真を撮る際に路上に寝転んだのは、ニューヨークでロックフェラーセンターのビルを撮って以来かも。あの時は夜で人通りの多い時間だったのでさすがに恥ずかしかった記憶がありますが、これを撮ったのは土曜で人通りの少ない時間でしたので、堂々と寝転がれました。


コメント