ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

年末年始の旅を、オーストラリアかバングラデシュのどちらかに絞った(しかし第三の国に行く可能性もある)

2019-08-14 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

ミャンマー(ヤンゴン)に、3泊4日、実質には機中泊で2泊したので、5泊6日の旅だったのですが、夏休みの旅行に行ってきました。

原則夏と年末年始、2回長い旅行をするのですが、昨年末から今年初めにかけては、福岡県を旅行しました。外国に行かなかったのは、2010年~2011年以来でしたが、柳川市にも行けたし、関門海峡の地下トンネルにも行けたし面白い旅でした。しかし今年~来年にかけては、また海外に行きます。

パスポートも更新したし、今回は初訪問の国に行きます。それですでに下の記事でも書きましたように、現段階オーストラリアかバングラデシュのどちらかに行こうと考えています。

夏休み、年末年始の旅行についての予定(現段階願望)

その記事でも書いたように、オーストラリアに行くのならシドニーとメルボルンに行くつもりですが、たぶんバングラデシュはダッカのみの滞在かなあ。ミャンマーでヤンゴンのみ滞在するのと同じようなものになりそうです。

が、現段階頭のなかだけの計画なので、実際にどうなるかはわかりません。個人的には、カナダとキューバ(カナダ経由キューバ行きです)、アルゼンチンとウルグアイ(セットです)、ウガンダあたりに行ければと考えていますが、ウガンダはちょっとどうかだし、ラテンアメリカは予算超過が甚だしいので、やっぱり難しいかな。今回遺憾ながら1月4日に仕事が入ってしまったので、ラテンアメリカは今年は無理そうです。が、ネパールとかスリランカならいけるかも。フィリピンもまだ行っていないので、そこも考慮のうちです。北朝鮮は、やはり仕事を辞めてからですかね。

南半球にはまだ行っていないので、ラテンアメリカ、アフリカなどでのデビューもありですが、たぶんオセアニアでのデビューになるでしょう。ニュージーランドは航空券が高いとなると、やはりオーストラリアでのデビューかなと考えます。もちろん実際のところはわかりませんが。

旅というのも、繰り返しの訪問による楽しさと初めての新鮮な楽しみとがあります。この年末年始は、初めての楽しみを追求したいと思いますので、読者の皆さまの置かれましては乞うご期待。

 



コメント

パスポートを更新した(1994年から5回目の更新)

2019-07-21 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

前にこのような記事を書きました。

パスポートを更新して気づいたこと

で、その記事でも書いたように、私は5年物のパスポートを使っているので、1994年からほぼ切れ目なく更新していますから、1994年(最初がMP)、1999年(MQ)、2004年(MR)、2009年(MS)と、西暦の末尾が4年あるいは9年の年に更新しています。10年物のほうが割安なのは確かですが、赤より青(紺)のほうが好きな色なのと、10年たって10年前の自分の顔なんか見たくないので、えんえん5年物のパスポートを使っています。

それでM(これは、Multipleのことです。数次旅券、つまり繰り返し使えるということ。現在一般の旅券は数次旅券です)の次のラテン文字がP→Q→R→Sと続いたので、次に更新する2014年はMTかなと思っていたら、MUでした。

さてさて今月7月、失効直前のパスポートを持って行って、パスポートの切り替え申請をしました。私が興味があったのは、次のパスポートはMUかMVかあるいは別のものか。大変楽しみでした。予定通り新しいパスポートが発行されたので、嬉々として受け取りに行きます。

さてそれで、次なるパスポートの2番目のラテン文字はと確認しますと・・・(ボケた写真ですみません)

あーら、MUでした。ただ次の2桁の数字が「97」です。前の5年前の7月に作ったパスポートは、上の2桁が「18」だったので、そう考えると、2014年7月の段階ではMUが始まったばかりで、今回はMUがそろそろ終わりということなのでしょう。

外務省が発行した2018年の旅券統計によると、2018年に発行された一般旅券の5年物が1,630,382通、10年物が2,454,376通。2018年12月末時点で有効な5年物旅券が7,444,371通、10年物が22,492,099とのこと。旅券の数字の桁数は、7桁です。つまり仮の番号なら、MU1234567というような番号になります。とすると、MU0000001からMU9999999という番号であれば(最後の1桁は、チェックデジットではないんですかね?)、9,999,999個の番号が可能なわけで、そうすると、160万件を超えるくらいの申請なら、6年強でだいたい使い切ります。現実には、使わない番号もあるはずで、そうなると実際にはもっと早く使い切るはず。5年強くらいが実質的な期間でしかね。旅券の発行件数も、わりと波があり、1989年から2018年までで、1番発行件数が多かったのが、1996年の6,236,438通で、少ないのが2003年の2,721,029通ですので、半分をはるかに下回る数しか発行されなかったわけです。96年の発行数が多かったのは、前年に10年物の旅券が加わったことが大きな理由であると考えられます。それで、96年の10年後を見てみると、2006年は1つのピーク(微積分で言う「極大}?)ができています。おそらくパスポート更新者が多かったのでしょう。また、男女別では、男性47.1%、女性52.9%とのこと。やはり女性のほうが、海外渡航に関しては積極的なんですかね。ビジネスで渡航する人は男性が多いでしょうから、旅行は女性のほうが多いのかもです。もちろん旅券発行と実際の渡航はまたちがいますが。ともかく現在、3千万通くらいの有効なパスポートがあり、日本人の約1/3くらいがパスポートを所持しているわけです。

いずれにせよ5年間このパスポートは私と不可分の相棒です。このパスポートでこれからもいろいろなところを旅しますので、乞うご期待。

コメント

夏休み、年末年始の旅行についての予定(現段階願望)

2019-06-07 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

6月2日から4日にかけて、マカオと香港を旅しました。私のパスポートは、7月10日で失効しますので、これが私にとっての最後の現パスポートでの海外渡航となりました。

それで私としては、新パスポートでの夏休みと今度の年末年始の旅について、どこに行こうかと計画を現在練っています。

それで現在考えているのが、夏休みはミャンマーに行きたいと思っています。2016年以来行っていないので、しばらくぶりに行ければです。もっとも行くとしてもヤンゴンだけになりますが。3年たって、ヤンゴンもずいぶん変わったでしょう。

そして今度の年末年始は、オーストラリアに行きたいと考えています。シドニーとメルボルンです。冬季五輪についてはそこまでする意思はありませんが、夏季五輪の開催地は、死ぬまでにすべて行こうと考えていますので、行けばこの2都市を制覇できます。私が行ったことのある夏季五輪の開催地は、パリ、ロンドン、アムステルダム、アントワープ、ロサンゼルス、ベルリン、東京、ミュンヘン、モスクワ、ソウル、北京です(以上開催順)。冬季に関しては、トリノとかならまだいいですが、アルベールヴィルやリレハンメルなんか、行きにくくてしょうがない。ストックホルムとヘルシンキなどは、次の北欧旅行の際に一緒に行けそうです。ローマ、バルセロナは、60歳を過ぎてからかな。20年の東京、24年のパリ、28年のロサンゼルスは、すでに行っているので、しばらく余裕があります。アトランタはまだしも、セントルイスはちょっと行くのが面倒そうです。個人的には、カージナルスの本拠地の街というイメージしかありません。モントリオールはあこがれの街です。フランス語をばしばし話したいと思います。メキシコシティは、たぶん行くのは最後かも(苦笑)。リオデジャネイロは、やっぱり海岸で水着の美女の観察ですかね。あ、そうそうアテネを忘れてはだめですね。私は、キプロスには行ったことがあります。しかしギリシャはまだです。いつ行こうか思案中。アテネだけでなく、サントリーニ島でも行ってみようか。あそこは、かならずしも水着をつけていない人が大勢いるという情報もありますので、悪くないかもです。

そんな話はともかく、私はまだ南半球に入っていません。数年前、アルゼンチンとウルグアイへの旅を企画しましたが、休みがうまく撮れなかったことと、そしてこちらのほうが本質的な理由ですが、予算超過でとても行けませんでした。これもちょっと前、キューバ旅行を企画しましたが、これも予算超過で断念しました。やはりラテンアメリカデビューもしなければね。ジャマイカやバハマに積極的にいきたいとは思いませんが、キューバへは、ぜひというところです。フィデル・カストロが存命中に行きたかったんですけどね。

それで、オーストラリア以外の考えている所として、バングラデシュも候補にしてあります。本当ならパキスタンに行きたいのですが、無難なところでバングラデシュでも行こうかと。なかなか面白そうな旅になるかと思います。が、今回はオーストラリアが第一目標ですかね。

ほかにも新パスポート作成以降として、年内に香港・マカオ、バンコク、韓国2回、台湾、あとどっかに1回行ければなあと考えていますが、これは予算の裏付けのない願望ですので、実行できるかはわかりません。ただ昨今のご時世、LCCなどのおかげで、かなり航空券は安いのも確かです。

2011年にミャンマーに初めて行ったときは、まだこの国に行っていた人が少なかったせいもあり、いろいろな方が拙ブログをのぞいてくれたようです。ああいったこともあまりないでしょうが(いろいろな人が関心を持っているから、拙ブログに遊びに来てくれたのです)、オーストラリアのような定番の国もいいですが、バングラデシュのような国の旅行記もいろいろ興味深いところがありそうです。

以上、すべて頭の中の計画であり願望ですが、具体的になりましたらまたご報告させていただきます。

コメント (2)

今後の旅行記の予定について

2019-05-27 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

先日まで、2017年12月~2018年1月に、成都とバンコク、シェムリアップを旅した旅行記を連載させていただきました。読んでいただいた読者の皆さまに、感謝を申し上げます。

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(1)

それで

4月~5月の10連休の際のこのブログの記事について

の記事でも書きましたように、次の長期旅行の記事は、

>2014年12月~2015年1月にかけての北京、天津紀行

とすることを決めています。昨年夏の旅行は、バンコクでしたので今までの旅行記と場所がかぶりますので、これは少しほとぼりが冷めたらまた記事にしようかと考えます。

が、昨年12月に、韓国と台湾を旅していますので、こちらの旅行記を、短いものになろうかと思いますが、今週土曜日からまた始めたいと思います。まずはソウルの旅行記を書き、終了したら、北京・天津紀行をお届けします。台湾のほうは、北京、天津紀行がちょっと進んだら記事にします。

北京紀行につきましては、かなり長い記事になるかと思いますので、おそらく、上のバンコク紀行や来月行く予定の香港・マカオ紀行(またお知らせします)を間に挟むということになります。この旅行の際は、特に北京はかなりごってり回ったので、天津はともかく北京は充実した内容になるかと考えています。乞うご期待。

 

コメント (6)

10連休だけでなく、今年は年末年始も曜日配列がいい(さあ、旅行に行こう!)

2019-02-08 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

今年は、新天皇の即位にかかわる十連休というのが話題ですが、私は仕事が入りそうなので、十連休を満喫することはできないかなと思います。まあお盆やゴールデンウィーク、年末年始は旅行代も高いので、ある程度出費の覚悟が必要です。

それで、今年は年末年始もカレンダー配置がいいのです。12月28日が土曜日ですから、土日休みなら、27日で仕事納めです。さらに1月3日が金曜日ですから、すると5日まで休みを取れます。とすると9連休になっちゃいます。これはいいじゃないですか(喜)。

9連休なら、欧州やラテンアメリカ、アフリカなども可能です。今年は、バングラデシュにでも行ってみようかなという気もします。バングラデシュだけで9日間というのも気が進まないので、バンコクに滞在してもよさそうです。いや、ミャンマーに9日間いるのもいいかな。アフリカデビュー、ラテンアメリカデビューにしようか。キューバには、やっぱり行かねばなあですかね。アフリカなら、チュニジアかモロッコに行って、フランス語を話してみたいですね。最近フランス語も勉強不足です。アルジェリアやセネガル、コートジヴォワールは怖そうです。イスラエルあたりに行ってもいいかもしれない。ちょうどこんな記事も出ました。

>成田-イスラエル結ぶチャーター便 旅行会社がツアー商品として販売

2019.2.7 06:07

 観光庁などは6日、成田空港とイスラエルのテルアビブを結ぶ初のチャーター便が9月に運航されることになったと発表した。旅行会社がツアー商品として販売する。日本とイスラエルとの交流人口は増加しており、両政府でも関係強化の動きが進んでいる。ワールド航空サービス(東京)とイスラエルのサンドール国際航空がチャーター契約する。旅行会社などによるチャーター便は1992年以来となる。

 機材はボーイング777-200で、9月14日に成田空港を出発し21日に帰国する。旅行商品はワールド航空サービスのほか阪急交通社などが扱う。

 東京都内で記者会見した田端浩観光庁長官は「チャーター便を契機に需要が喚起され、人的交流が拡大して直行便の実現につながっていくことを期待する」と述べた

年末年始には、チャーター便の運航はないのかもですが、イスラエルが、政治の関係はともかく、旅先としてきわめて魅力的であることは、万人が認めるところでしよう。

しかし残念なところもあります。12月23日は休みでない。あれ、3連休じゃなかったっけと前ちょっと考えてしまいました。2019年は、この日は「天皇誕生日」ではないわけです。

オーストラリアなどで南半球デビューをしてもいいかもですね。いや、長年の宿願であるアルゼンチン、ウルグアイ紀行についにチャレンジするか?

なお、今年は、よほどのことがない限り、年末年始に国内にいることはないと思います。そういうわけで、読者の皆さまも、今年の年末年始は、ぜひ羽をのばしてください。私ももちろんそうします。

コメント (5)

来年あたりいよいよニューヨークへ行こうかという気がする(もしいったら3回目)

2019-01-02 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

私は米国には3回しか行ったことがなく、すべて本土です。ハワイも行ったことがありません。

で、私が米国のどこへ行ったかというと、ニューヨークとサンフランシスコです。ニューヨークに2回です。

現在私がこの2都市に行ったら、もう少し映画のロケ地を訪れただろうなあとかいろいろ考えます。やはりサンフランシスコだったら、「ホテルめまい」に泊まりたいものです。

サンフランシスコに行ったら、「ホテルめまい」に泊まることにしたい

が、やはりニューヨークに行くのが先決ですかね。ニューヨークもずいぶん長い間行っていないので、ここはそろそろ行かねばなあという気になりました。

が、ニューヨークの場合、実際には1日目と最終日は旅ができないので、5日か6日休んでも、3泊か4泊で、実質フリータイムは2日か3日でしかありません。また初日は時差ボケがきつい。地球の自転の関係で、東から西に行くのは楽ですが、その反対は思いっきり時差に苦しみます。こういうのは、年齢がストレートに出ますので、あらためて年を取ったなと感じる瞬間です(苦笑)。

本来ならキューバへニューヨーク経由で行ってみたい気もしますが、ニューヨークへはやはり単独旅行ですかね。ニューヨークは、私にとって旅の原点であるので、やはりわが最高の旅行先はこの街なのだなと思います。行けるかどうかわかりませんが、当てにならない予定を乞うご期待。本当にいくことになったら、新しい「北米(米国、カナダ)」というカテゴリーをつくる所存です。

 

コメント

2018年海外旅行の記録

2018-12-30 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

2018年の海外旅行の記録を書いておきます。なお、2017年年末~18年年初の旅行は、便宜上2018年の旅行として扱います。

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(1)

2017年12月29日~2018年1月7日

当時の所属の上司のはからいで、長い旅行ができました。現在記事掲載中。

マカオ・香港・深圳紀行(2018年4月)(1)

4月27日~4月30日

香港で、かなりすごい部屋に泊まれたのがよかったですかね。

ソウル紀行(2018年6月)(1)

2018年6月3日~4日

1泊2日でしたが、ピーチを利用したので、結構時間が取れました。

バンコク紀行(2018年月~9月)(未記事)

8月31日~9月3日

バンコクに特化した旅行です。

ソウル紀行(2018年12月)(未記事)

12月1日~2日

大邱と安東に行きたかったのですが、行けませんでした。

台南紀行(2018年12月)(未記事)

12月14日~16日

某人物のおつきで、台南を案内(?)しました。

6回の渡航ですか。世間一般では多いかもしれませんが、個人的にはもう少し渡航したかった気がします。また、各国とも出入国スタンプ廃止、省略の流れが著しく、私程度の半可通の旅行者には面白くない時代です。私より渡航の多い人は、スタンプ省略を歓迎します。

コメント (2)

今年の夏と年末年始の旅行は、バンコクとヤンゴンへ

2018-06-01 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

今年の夏の旅行はバンコクに行くことにしました。すでに航空券も買っています。

バンコクへは、今回はエアアジアで行くことにしました。時間も曜日も悪くありません。価格も安くすみました。昨今近場の渡航は、LCCか中国東方航空のような準LCCと言っていいようなキャリアを使うことが増えました。別に機内サービスとかにこだわる意思は全くないので価格重視でいいのですが、東京⇔バンコクというとそれなりの搭乗時間になりますから、時間のつぶし方もいろいろ考えさせられます。

それで年末年始の旅は、ヤンゴンに行くことにしました。2011年から定期的にヤンゴンを訪れるようにしていますが、2014年と17年は行くことができませんでした。よって2年続けて行かないというのは避けたいので、今年中に行こうと考えています。

ただ現段階まだ航空券は買っていません。今年の年末年始のカレンダー配置はあまりいいとは言えないので、6日間で5泊の旅になろうかと思いますが、価格が高いのは仕方ないと考えて、ANAの直行便あるいは現地滞在時間が長い便に乗ろうかと考えています。

それでそうなると長期の旅については、昨年~今年の年末年始から、3回続けて東南アジアの旅ということになりますね。その前もインド(コルカタ)で似たような性質があるし、その前もシンガポール、マレーシア、インドネシアといったところでやや東南アジアづいているのかもです。いや、別にそんなに東南アジアが好きなわけではないのですが。

いろいろあって長期の旅で遠くに行くのは難しいのが現状なのですが、それでも外国に行くといろいろストレスも軽減されます。またえんえん旅行記を書くことになろうかと思いますので乞うご期待。

コメント

今年の海外旅行はアジアに徹することになるかも

2018-05-02 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

一昨日(4月30日)に無事日本に帰国できましたが、今後の旅の予定をちょっと考えてみました。

今年は仕事の都合で、ちょっと長期に休むのが難しそうだし、またカレンダーも年末年始はそんなに曜日の配列が良いとは言えないので(1月4日を休めば、また話は変わりますが)、だいたいこんなものになりそうだなと考えました。

6月:韓国(ソウル)

9月:東南アジアのどこか

11月:台湾

12月~1月:東南アジアのどこか

可能なら、どこかで中国か香港への再訪をしたいのですが、難しいかなです。今年は、ボーナスを旅行以外で使いたいこともあるので、そのあたり近場での旅行になるというのは仕方ない部分もあります。また今年は、前にも書きましたように、地域の観光大使にも注目したいので、そちらのほうにも金と休みを使わなければいけません。宮崎はまだ行っていないので、宮崎訪問にかこつけて、観光親善大使の人と写真を撮ろうとかつまらんことも考えます。そうすれば、来年は鹿児島に注目してもいいわけです。それで、来年か再来年に愛媛に行けば、めでたくに日本47都道府県を制覇することになります。

4月1日以降、この種の観光親善大使とは2回お目にかかっていますが、東京駅の方は偶然、橿原市で練り歩いていた方は、関西に遠征してからそこに出現することを知ったので、どちらも偶然なわけです。なかなか彼女らの予定も事前発表が少ないのでわからないしわかっても間に合わないこともおおいのですが、私なりに研究を重ねてうまく遭遇できればと考えます。

すみません、海外旅行の記事が国内のお遊びの記事になってしまいましたが、まあ人間、可能な時にいろいろできることはやっておいたほうがいいでしょう。そういうわけで、読者の皆様もぜひこういうことをしたいということをされるのがよろしいかと思います。私もそうしますので、お互い頑張りましょう。

コメント (12)

2018年の海外旅行の予定(完全な机上の空論です)

2018-01-31 00:00:00 | 旅(海外旅行一般 あるいは上以外の国々)

題名にもあるように、具体的なものではなく、頭の中の計画です。フランス語の接続法みたいなものです。

4月~6月のうちに1回:台湾あるいは香港

7月:ミャンマー(北京経由?)

8月:韓国

9月:バングラデシュあるいはパキスタンもしくはスリランカ、そうでもなければネパール

10月:バンコク

11月:台湾あるいは香港もしくは中国のどこか(4月~6月に行かなかったところ)

12月:フィリピン(セブ島?)

12月~1月:ウガンダあるいはチェコ・スロヴァキアもしくはバルト3国さもなければポーランド、でなければキューバ・カナダ

あくまで机上の空論ですから、たぶん全部は行けないし、実際には全然違う国に行きそうですが、上の国の中で、台湾、香港、ミャンマー、韓国、タイ、中国以外は行ったことのない国なので、今年はそれなりに初めての国にこだわろうかなと思います。

コメント (10)