ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

2019年4月30日に映画館で見かけた光景

2019-07-17 00:00:00 | 映画

今年のの十連休は、ザ よこはまパレードに行ったのと北海道に行く以外には仕事をしたり家でじっとしていたので、5月2日以前は、あまり特筆することがなかったのですが、唯一4月30日、映画でも見に行くかと思い、池袋と銀座に行きました。池袋では文芸坐に行き、フランソワ・トリュフォーの『突然炎のごとく 』と『恋のエチュード』の2本立てを観て、そのあとベトナム料理を食べて銀座に行き、ジャン=リュック・ゴダールの『イメージの本』を観ました。ヌーヴェルヴァーグの映画監督の作品を連続して観たのは単なる偶然です。ゴダールの映画が、私が今年4月に観た最後の映画になりましたから、必然的に私が元号「平成」の最後に観た映画は、『イメージの本』になります。私は「元号」というものは、徹底拒否している人間なので、そんなことはどうでもいいのですが、いちおう書いておきます。

それで、池袋の映画館で、私が観た光景。

映画が終わり、ぞろぞろ観客が移動している時、ある老女がこれまた老人(男性)に、後ろの席から次のように言いました。

老女「これ(荷物)、そこの椅子においてくれませんか?」

老人「あ、すみません、私そういうことできません!」

老女「これ、そこの(以下省略)」

老人「できません!」

あと数回、似たような問答が繰り広げられました。が、どうやら老人は最終的に断ったようです。

老女は、より見やすい席を望んで老人に席をとってくれと頼んだのでしょうが、老人はそういうことはできないと考えたのでしょう。そういうことをしてあらぬトラブルが起きてもしょうがないので、その態度は妥当なのかなと思います。

ちょっと話は違いますが、ここで突然思い出したことがあります。以前大宮駅から埼京線に乗って新宿へ向かった時のことです。

土曜でしたが、朝でほぼ椅子が埋まっていたのですが、やや空いているところがあったので私が座ろうとしたら、中高年女性のグループが物を置いて、そこをすでに確保していました。私思わず 「そういうことやめません!?」といってしまいました。さすがに女性たちもばつの悪そうな顔をして、「いや・・・お年寄りが座るから・・・」といって「あ、座ってください」といいましたが、私も座る気を無くしたので座りませんでした。それにしても電車の席とかでそういうことをされると、非常に不愉快ですね。前やはり宮城県で席を老人のために席を確保するというのがありました。もう昨年の話です。

>「敬老者が乗車します」置き紙で電車席16人分を占拠 批判受け仙台老人ク連合会が謝罪
2018/4/10 18:38

宮城県内のJR東北本線で、電車の中の座席の上に老人クラブのグループ名で「席をお譲り下さい」との置き紙があったと、ツイッターで疑問や批判が相次ぐ炎上状態になっている。

花見に行く予定のグループの一行が、乗車駅の手前の駅から席を確保するのが狙いだった。批判を受けたこのグループが所属する仙台市老人クラブ連合会は、「ホームページ上で謝罪文を掲載する準備をしています」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「次の駅から、敬老者が16名乗車します」
同連合会の事務局長によると、グループのメンバー1人が電車内に置き紙をしたことを認めた。

置き紙は、座席の座部に載せてあり、A4判ぐらいの白い紙に大きな字で印刷されていた。

「次の駅から、敬老者が16名乗車します」。置き紙には、こう書かれており、前の駅で乗ったグループのメンバーが座席に貼り付け、「場所取り」をしたらしい。

最後に、「伊達なクラブ」という仙台市老人クラブ連合会の別称、そして、その中のグループ名が書かれていた。

メンバーらが乗ったのは、4月9日午前9時台の電車だといい、60代のメンバー1人が仙台駅で乗って、16座席に置き紙をした。次の長町駅でほかのメンバーが乗り、お花見をするため大河原駅で降りた。

このメンバーは、ほかのメンバーに80代ぐらいの高齢な人が多いため、気を使って席を確保したのではないかとした。ほかのメンバーは、置き紙をすることは知らなかったという。

一方、ツイッター上の投稿によると、電車の中は当時、宮城県大河原町内の花見名所に行く乗客らで混雑しており、乗客は、置き紙のある座席に座らず、立っていたという。電車の車掌が回って来て、グループのメンバーに注意したともいう。

これらの点について、連合会では、車内が混雑していたか、車掌に注意されたかは、まだ確認が取れていないとしている。

「いくら高齢者でも、このような行為は問題」
グループメンバーらの行為について、ツイッター上などでは、なかなか席を譲ってもらえない事情があるのでは、健常者目線で物事を判断しない方がいい、といった指摘が出た。

しかし、「これはないわーーー」「勝手な人たちだな」「恥ずかしいと思わないのかな?」「この行為では敬われないと思うが」などと疑問や批判の方が多い。「座りたきゃ指定席買いなさいって思ってしまいます」「ここまでするならバス貸切にすればいい」といった声も出ていた。

連合会の事務局長は、

「誰でも自由に座れる場所ですので、いくら高齢者でも、このような行為は問題があると思います。車内のルールを守る必要があり、紙を置いた会員を指導し、ほかの会員にも周知するつもりです。ホームページ上でも、謝罪文を掲載する準備をしています」
と語り、謝罪した。

こうした行為は、過去に聞いたことはないという。事務局には、お叱りの電話やメールが数件来ていることも明らかにした。

JR東日本仙台支社の広報担当者は、「特にお知らせする内容ではないと考えています。調べる予定はなく、お答えすることはございません」と取材に答えた。

ご老体は、この人たちだけではないんだからさ。こんなことをやられると非常に迷惑ですね。別にこのグループの貸し切りではないんだからさ。

なんだか映画とは全然関係ない話になりましたが、今度このようなことに遭遇したら、

「お年寄りは、あなたたちだけではないでしょ!!」

と指摘したいと思います。

コメント

なんとも無様で無残な話だと思う(拉致被害者家族の有本明弘氏)

2019-07-16 00:00:00 | 北朝鮮・拉致問題

神戸新聞の記事より。

>「この6年半、拉致問題は進んでいないが…、北朝鮮にモノが言える政治家は安倍首相しかいない」

 神戸市出身で北朝鮮による拉致被害者、有本恵子さん=失踪当時(23)=の父明弘さん(91)は、自らに言い聞かせるように語る。

 自民党も参院選で「外交の安倍」を前面に押し出している。6年半に及ぶ政権の安定した土台と、米トランプ大統領との蜜月を生かした外交面の実績を強調。選挙公約に「世界の真ん中で力強い日本外交」と見出しを掲げ、各国首脳と会談する写真を掲載した。

 だが、安倍首相が掲げてきた拉致解決の道筋は見いだせない。「圧力を最大限にし、北朝鮮から対話を求めてくる状況をつくる」。従来の強硬路線は、拉致進展を開催条件にした日朝首脳会談、さらには無条件開催の呼び掛けへと、態度の軟化が続く。

 対話ムードへの転換について「トランプ大統領とも連携しているはず」と明弘さん。参院選で与野党が「拉致解決」を訴えているが「外交は票にならないとされ、拉致問題に熱心な政治家が減っている」と話し、本気度を見極めようとしている。

だからこういうことを何回書いたかわかりませんが、安倍晋三が首相になって何をしてくれたんですか、第二次安倍政権が現在のところ6年半以上つづいていますが、具体的に拉致問題で何らかの成果があったんですかということとじゃないですか。有本氏は、「これこれこういう成果があった」ということを言えるのか。言えないでしょ、悪いけど。

だいたい有本氏の発言だって、まったく論理性がないですよね。

>この6年半、拉致問題は進んでいない

>北朝鮮にモノが言える政治家は安倍首相しかいない

じゃ、まったく内容がそぐわないじゃないですか。拉致問題は進んでいなくても、安倍晋三は北朝鮮にものを言える政治家だからそれでいいのか。何の意味もないでしょ、そんなこと。といいますか、こんなことを有本氏が本気で考えているかも疑わしい。何しろこの記事ですら、

>自らに言い聞かせるように語る。

ですから。そんなこといまさら考えちゃいないでしょう。だいたい記事にもあるように、安倍って、最近北朝鮮にたいして、なんか厳しい発言していますかね? していないでしょう。有本氏は、この期に及んでまだ安倍のことを信じているんですかね。私にはそうは思えませんね。いまさら自分(たち)の誤りを認めたくないっていうことに尽きるんじゃないんですかね。つまり、ほんと自分たちのために動いてくれた、考えてくれた人たちを切り捨てて、自分たちを徹底的に利用しようとするばかりの人間とつきあってしまったことを。

けっきょく拉致被害者帰国に導いた小泉元首相、田中均氏といった人たちを罵倒して田中氏にいたっては職を追われることになり、蓮池透氏を家族会から追い出した。それでその代わり、安倍晋三とか荒木和博とか西岡力みたいな役にも立たない馬鹿なクズ連中との関係を維持し続けて、それで今日の姿になったわけです。あまりにひどすぎますね。

 前にこんな記事を書きました。

いまにして思えば、拉致被害者家族会にこのようにきっちり話をした外務官僚がいたことが感慨深い

で、その記事に書いたことを再掲しますと、

だいぶ前ですが、荒木和博が次のようなことを書いていました。

>2014年12月10日

たった10人 

【調査会NEWS1722】(26.12.10)

 「たった10人のことで日朝正常化交渉がとまっていいのか。拉致にこだわり国交正常化がうまくいかないのは国益に反する」

 これは平成11年(1999)12月の自民党外交部会で槇田邦彦・当時の外務省アジア局長が言った言葉です。当時拉致被害者は「7件10人」と言われていました。槇田氏は私が救う会にいた当時、家族会の人たちと外務省に要請にいったとき、帰り際増元照明さんを呼び止めていました。後で聞くと運動団体の人間と一緒にやらない方が良いと「忠告」したそうです。

 さすがにこんなことを公然と言う人間はいなくなりました。それでも比較的最近、「特定失踪者で確実なのは10人位」と言う官僚がいたとの話は聞いています。それならそれで10人だけでも取り返せよと言いたいのですが、そういうつもりはないようで、結局大したことではないと言いたいだけなのでしょう。そういう人はおそらく、数が百だろうと千だろうと関係ないのだと思います。やがて自分は別のところに異動する。それまでに仕事を増やすよりは仕事をやっているふりをした方が遥かに楽です。

(後略)

荒木の言う

>さすがにこんなことを公然と言う人間はいなくなりました。

というのは、いまはこのような非常識なことを言う人がいなくなった、という意味かと思いますが、正直私は、「ああ、当時は、増元氏などにこのようにきっちりと話をする外務官僚がいたのだなあ」ということのほうが感慨深いですね。荒木の言う

>さすがにこんなことを公然と言う人間はいなくなりました。

とは、つまりは、外務省のみならず、拉致被害者家族たちに親身になって忠告する人がいなくなったということです。

 もちろん荒木の立場からして

>後で聞くと運動団体の人間と一緒にやらない方が良いと「忠告」したそうです。

というのは認めるわけはありませんが、しかしですよ、拉致被害者帰国まではいいとしましょう、それ以後「救う会(私の表記では「巣食う会」)」その他関係団体は、拉致被害者家族たちになんらかのプラスになることを何かしたんですかね。何もしてはいないでしょう。文字通り足を引っ張っただけです。それでいて荒木など「特定失踪者」とかの話にのめりこんでいるのだからお話にもなりません。

有本氏は、この外務省の役人の言っていることは間違っている、荒木さんらは我々を本当に親身に助けてくれたと本気で言えますかね。彼もそれは言いかねるんじゃないんですかね。安倍も荒木も西岡ほかも、自分たちのために拉致被害者家族を使い倒しただけです。だから荒木は金大中氏を罵倒するし、蓮池透氏を会から追い出したのです。本気でこの連中が拉致被害者のことを考えていたら、もうすこしまともな態度でしょう。有本氏ではないですが、横田さんたちもだいたいそのように考えているから、巣食う会にも家族会にも黙って、モンゴルでお孫さんたちに会いに行ったのでしょう。そしていまだ巣食う会と家族会と関係を続けているこの人たちの自己欺瞞も、最低最悪のレベルだと思います。

で、安倍とか荒木とか西岡らは論外として、有本氏に限りませんが、こういう自分たちの誤りを認めたくないが故の自己欺瞞で安倍ほかを支持するなんていう態度は、ほんと迷惑ですね。bogus-simotukareさんがお書きになっているように、

> 「米国に言われるがまま、中国から撤退したら、日中戦争で死んだ英霊に申し訳が立たない」として米国との戦争に踏み切った「戦前日本政府」と同じような考え

というレベルじゃないですかね。こういう態度では、拉致問題なんかかかわるのを嫌がられて当然でしょう。それで有本氏は、

>参院選で与野党が「拉致解決」を訴えているが「外交は票にならないとされ、拉致問題に熱心な政治家が減っている」と話し、本気度を見極めようとしている。

なんて語っていますが(これも定番の発言です)、私が下の記事

けっきょく巣食う会と言っていることが変わらない(代弁しているだけじゃん)

で指摘したように、家族会は、平壌に連絡事務所を置くことすら

>「聞こえの良い隠蔽工作」には絶対反対する立場を私達は貫きます。

として拒否します。つまりまともに動こうとすれば絶対反対なんだから、政治家だって動けないし、動く意思すらなくなるでしょう。そもそも拉致問題なんて、選挙でどうこうというものではない。与野党問わず誰だって「何とかしたい」となるでしょう。しかしそのための道筋を片っ端から家族会が反対しているんだから、お話にもなりません。つまり巣食う会からああしろこうしろといわれてそれをはいさようですかとオウム返しに語っているだけです。それで、巣食う会は、拉致問題は反北朝鮮の道具としか考えていないんだから、そういうめちゃくちゃなことを平気で主張する。安倍晋三だって、自分が何もしなくったって拉致被害者は自分を支持してくれるんだから、こんな扱いやすい連中はいないわけです。お話にもなりません。

で、この惨憺たる状況の最終的な仕上げが、やっぱり蓮池透氏の追放だったなと思います。あれで、完全に巣食う会の家族会でのヘゲモニーが完成した。この件で家族会に同情する気には全くなりませんね。あまりにひどすぎる。まったく無様で無残な光景です。

この記事は、bogus-simotukareさんの上に引用した記事からヒントを得ました。感謝を申し上げます。

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(13)

2019-07-15 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

いろいろなものが飾られています。

 

前天皇(上皇)が1992年に訪中したときのもののようですね。

ミャンマーからの贈り物ですかね。

オランダからのものですかね。

 

 

さすがに疲れたので、今日は引き上げます。

やはりみな、莫大な展示品につかれたようです。

なかなか面白い博物館でした。行かれることをお勧めします。

一度ホテルに戻ります。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(12)

2019-07-14 05:20:24 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

展示品を見て回ります。

子どもたちが持っている防寒着に注目。やっぱり赤ですね。

1972年のニクソン訪中の際の写真ですかね。

日本からの土産物です。

なかなかきれいな人形です。

村田省蔵氏は、実業家、政治家で、1955年に周恩来と会談しています。1957年に亡くなっています。

富士山というのも、ややベタすぎる気がしますが。

中国人の子どもも、いい服を着ている時代になったと思います。もちろん北京の子どもは他より恵まれているでしょう。

1978年の土産物ですかね。

鄧小平と英国首相のマーガレット・サッチャーです。香港返還交渉の際のものですかね。

1998年に当時の橋本首相からのもの。

(つづく)

コメント

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(11)

2019-07-13 00:05:24 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

展示を延々見つづけます。

だんだん新しくなります。

 

これは、中国の各民族が共生して中華人民共和国を成立させている、っていう意味なんですかね? いやわかりませんけど。

見てお分かりのとおり、大変だだっ広い博物館です。行かれる方は、なるべく早い時間で1日つぶすくらいの覚悟で行かれる方がいいかもです。

 

 

外国からもらったさまざまな土産物です。

 ごってり写真をお見せします。

(つづく)

コメント

何をいまさらながら、実に無様で無残でな有様だと思う(フジテレビのデマ報道)

2019-07-12 00:00:00 | 社会時評

過日の2つの報道を。

韓国からの違法輸出、4年で156件 韓国政府発表 :日本経済新聞

兵器に転用可能…韓国「不正輸出リスト」を独自入手! サリンやVXの原材料も第三国に - FNN.jpプライムオンライン

日本経済新聞の報道はこのようなものです。

>韓国違法輸出、4年で156件 ウラン濃縮用機械など

2019/7/10 22:00 (2019/7/11 10:02更新)
【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の産業通商資源省は10日、2015年から19年3月までに戦略物資の東南アジアや中国、中東諸国などへの違法輸出が156件に上ったと明らかにした。対象には、生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造にも転用できるフッ化水素などの輸出も含まれていた。昨年5月にはウラン濃縮に使われる遠心分離機がロシアなどに輸出された。

同省によると、15年に14件だった無許可輸出の摘発件数は16年に22件、文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足した17年は48件とほぼ倍増した。18年は41件、19年は1~3月だけで31件だった。

産業通商資源省の資料によると、化学兵器原料になるフッ化ナトリウムなどが17年12月にイランへ輸出されていた。遠心分離機が18年5月にロシアなどへ輸出されたこともわかった。

半導体の製造工程で使われるフッ化水素酸も17年12月にベトナム、19年1月にアラブ首長国連邦(UAE)へ不正輸出されていた。フッ化水素は核兵器の製造や猛毒サリンなどの化学兵器の合成材料にも使われる。日本政府が韓国への輸出規制を厳しくした対象品目にもなっている。

日本政府は韓国への輸出規制を厳しくした理由として、韓国側に輸出管理の「不適切な事案」があったことをあげている。ただ同省は「一部の国内企業が許可なく輸出したものを摘発した事例で、日本産のフッ化水素ではない」と説明した。

さらに「サリンに転用されるのは低純度のフッ化水素。日本から輸入している高純度のフッ化水素が転用されることはありえない」と強調。日本の一部で指摘されるフッ化水素の北朝鮮への流出は「いかなる証拠もない」と強く否定した。

同省は10日発表したリストについて「輸出管理が効果的にされている証左」と主張。「日本は違法輸出の摘発件数さえ公開していない。一部の事例を選んで公開しているだけだ」としている。

ただ先々、韓国からの輸出品が東南アジアや中東などを経由して北朝鮮など大量破壊兵器の保有・開発が懸念される国々に輸出されていた事実が判明すれば、日本にとどまらず米欧各国なども韓国に対する輸出規制の強化に動きかねない。

また将来、元徴用工問題が解決に向かうことがあったとしても、違法輸出問題への対応は別個の問題として残ることになる。

一方フジテレビの報道は次のようなものです。

>兵器に転用可能…韓国「不正輸出リスト」を独自入手! サリンやVXの原材料も第三国に

2019年7月10日 水曜 午後8:38
国際的に厳しく規制されている物資が韓国から不正に輸出?
サリンやVXの原材料も含まれ北朝鮮などに流れた可能性も
「韓国はホワイト国(安全保障上の友好国)ではないのでは」

生物化学兵器に転用可能な物資を不正に輸出!
FNNが韓国政府作成の「不正輸出」リストを独自入手した。

リストによると兵器に転用可能な物資が第三国に不正に輸出されていたことが判明。2015年から2019年3月にかけて、韓国から無許可で輸出された案件は156件に上っている。

このリストを日本語に翻訳してみると、核兵器や生物化学兵器に転用される恐れがあるとして、国際社会が厳しく統制・監視している物資が掲載されていることがわかる。

例えば、2017年10月、韓国のD社がパキスタン、マレーシア、中国、シンガポールに輸出した「ジイソプロピルアミン」という物資。これは、化学兵器に転用可能だという。

国連安保理 北朝鮮制裁委 古川勝久元パネル委員 ;
ジイソプロピルアミンは、科学関連の物資を管理する国際レジウムで規制されてる化学品。具体的にはVXの原材料としても使用されている

神経剤VXは、おととしマレーシアのクアラルンプール空港で起きた、金正恩委員長の兄・金正男氏の殺害にも使われた。

さらに、7月から輸出管理の優遇措置が撤廃された3品目の1つ「フッ化水素」も不正輸出のリストに…

2017年12月に、韓国のG社からベトナムへ。2019年1月に韓国のS社からUAE=アラブ首長国連邦へ輸出されている。

国連安保理 北朝鮮制裁委 古川勝久元パネル委員 ;
フッ化水素は化学兵器の中でもサリンなどの神経剤の原材料になるとして輸出管理・規制がされている

さらに、中国に不正輸出されたジルコニウムという物資は、核燃料棒を覆う被覆管の原料になるという。

「韓国はホワイト国として扱えるのか」
国連安保理 北朝鮮制裁委 古川勝久元パネル委員 ;
北朝鮮とか、イランとか、そういったところに流れていった可能性は十分考えられるので、韓国政府は調べないといけないですが、そこまでやっているのかどうか、非常に疑問に思われる

このリストで明らかになった実態を受け、古川氏は「韓国をホワイト国(=安全保障上の友好国で輸出上の手続きを簡素化して優遇する国)として扱うのは難しいのではないか」ともコメントしている。

7月9日、スイスで行われたWTO=世界貿易機構の理事会で、日本の措置について改めて撤回を要求した韓国。

文在寅大統領は7月10日「サムスングループ」や「SKグループ」など、韓国の財閥や大企業30社のトップらと緊急の意見交換を行い、今後の対応を協議した。

韓国・文在寅大統領;
我が政府は、日本の不当な輸出制限措置の撤回と対応策の用意に非常な覚悟で臨んでいます

今回のFNNの報道について、韓国大統領府の関係者は「内容を把握していません」とコメントしている。

なんかだいぶ報道の雰囲気が違いますね(苦笑)。

フジテレビが「独自入手」といっているものについて、同じ日に日本経済新聞がその件に触れず韓国政府の発表としてそれを報道するというのも変ですが、フジの報道だと大要安倍政権の対韓国輸出規制の正当性の証拠だみたいなニュアンスですが、韓国側の発表では、これは違法輸出であり、政府が感知しているものではない、といった感じで、むしろ日本側への反論でしょう。

そもそも論として、これが日本側の韓国への輸出規制の正当性の証明なら、日本政府が自分たちで発表すればいい話ですが、フジテレビのスクープ(?)なんていう怪しさ100%(20,000%)なのも変な話です。

で、たいていの人間がそう思うでしょうけど、これたぶん安倍政権のリークですよね(苦笑)。自分たちが公然と公表するわけにもいかないので、子飼い、盟友、手先のメディアに流したと。

と、思っていたんですが、実はそんなレベルですらありませんね。5月17日付の「朝鮮日報」の記事です。

>記事入力 : 2019/05/17 10:02

大量破壊兵器に転用可能な戦略物資、韓国からの違法輸出が急増

3年でおよそ3倍…生物・化学兵器系列が70件で最多

第三国経由で北朝鮮・イランに運ばれた可能性も

 ミサイルの弾頭加工やウラン濃縮装置などに転用できる韓国産の戦略物資が、このところ大量に違法輸出されていることが16日に判明した。大量破壊兵器(WMD)製造にも使える韓国の戦略物資が、第三国を経由して北朝鮮やイランなどに持ち込まれた可能性もある。

 保守系野党「大韓愛国党」の趙源震(チョ・ウォンジン)議員が産業通商資源部(省に相当)から提出を受けた「戦略物資無許可輸出摘発現況」によると、2015年から今年3月までに政府の承認なく韓国の国内業者が生産・違法輸出した戦略物資は156件に上った。2015年は14件だった摘発件数は、昨年は41件と3倍近くに増えた。さらに今年は、3月までの摘発件数だけでも31件に上り、急増する様子を見せている。

 戦略物資とは、WMDやその運搬手段に転用できる物品や技術のこと。昨年5月には、ウラン濃縮などに使える韓国産の遠心分離器がロシア、インドネシアなどに違法輸出された。17年10月には原子炉の炉心に使われるジルコニウムが中国へ、また生物・化学兵器(BC兵器)の原料となる「ジイソプロピルアミン」がマレーシアなどへ輸出された。「ジイソプロピルアミン」は、北朝鮮当局がマレーシアのクアラルンプール国際空港で金正男(キム・ジョンナム)氏を暗殺する際に使った神経作用剤「VX」の材料物質でもある。15年9月と昨年3月には、北朝鮮と武器取引を行っているといわれるシリアに、BC兵器製造関連の物資などが違法に輸出された。

 戦略物資の違法輸出は、BC兵器系列が70件で最も多かった。通常兵器は53件、核兵器関連は29件、ミサイル兵器が2件、化学兵器が1件だった。韓国では、戦略物資を輸出する際、対外貿易法に基づいて政府の承認を受けるよう定めている。

 国防安保フォーラムのヤン・ウク首席研究委員は「北朝鮮の友好国に向けた違法輸出が増え続けており、第三国を経由して北朝鮮に渡った可能性を排除できない」と語った。

キム・ヒョンウォン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

・・・・(苦笑)。こんなもののどこが

>韓国政府作成の「不正輸出」リストを独自入手した。

なんでしょうか。馬鹿も休み休み言えとはこのことです。愚劣で馬鹿げているにもほどがある。この記事は、scopedog氏のブログよりご教示いただきましたが、氏はさらに

>この朝鮮日報記事自体が非常に偏っていて、単純な摘発件数の推移を「韓国からの違法輸出が急増」と曲解している記事になっています。

さらにさらに、朝鮮日報の記事も別に特ダネとかでも無く、基本的に韓国政府が毎年公表している統計情報で、何のこともない公開情報です。

とご指摘になり、さらに

>要するに韓国政府が輸出管理をしていて不正事案に対して摘発を行っているからこそ、摘発統計があり透明性確保のためにその統計も戦略物資管理院が「연례보고서(年例報告書)」で公表されている、と。
同様の統計はアメリカも不法輸出処罰の統計として集計しており、2015年から2017年までの3年間で、刑事罰94件、行政処罰134件と公表されている、と。2015年から2019年3月までの4年3か月間で、行政処罰156件(輸出制限:48件、改善命令:87件、警告:21件)の韓国が特段に多くも無く、年平均で見れば、行政処罰に限ってもアメリカよりも少ないんですよね(アメリカ:44.7件/年、韓国:36.7件/年)。
むしろ、日本の方こそ摘発事例の全件数を公表しておらず、一部の事例だけを抽出して公開しているだけで透明性に欠けている、と指摘してます。

日本産フッ化水素が北朝鮮に搬出された疑惑については7月9日に韓国の産業部長官が発表した通り、その証拠は発見されていない、と。
FNNが報じた記事にあるフッ化ガス関連無許可輸出事例は、韓国国内メーカーが関連製品をUAEやベトナム、マレーシア等制裁対象国以外の国に無許可で輸出したのを韓国政府が摘発した事例であって、日本産フッ化水素が無許可輸出された事例ではない、と反論しています。

>FNNのやり口は、例えるなら犯罪統計を取り上げて日本は犯罪天国だと主張するようなもので、嫌韓煽動以外の何物でもない極めて悪質なプロパガンダです。

と論難し、さらに次のような引用をしています。「中央日報」の記事です。

>産業通商資源部は10日、日本のフジTVが「韓国では、過去4年間の武器でのみ可能な戦略物資を密輸出た事例が156回摘発されたことが分かった」と報道したことについて、「これは韓国の司法当局が戦略物資無許可輸出を摘発した実績であり、公開された資料」と「韓国の輸出統制制度が効果的かつ透明に運営されている反証」と反論した。フジTVは極右・惚れ(反韓)性向を帯びた産経新聞系列放送会社だ。

あまりの無様さと無残さに言葉もないですね。こんなものを「独自入手」なんて大々的に報じているなんて、これ、報道機関としての最低の信用すらも無くすレベルのものじゃないですか(苦笑)。フジの関係者のなかでも、「安倍にだまされた」みたいに考えている人いるんじゃないの(笑)。

まあでもこういうのは、政権と極端に癒着したマスメディア(グループ)の末路なんでしょうね。けっきょくいいように利用されて、とっくの以前の発表ものを、重大情報としてつかまされる。何とも愚劣な光景です。

今回の記事は、上のscopedog氏の記事と、bogus-simotukareさんの記事を参考にしました。感謝を申し上げます。

コメント (5)

ポスト・ジャニー氏の、ジャニーズのスカウト態勢に注目したい

2019-07-11 03:51:03 | 映画

すみません、本日の記事は、映画というより芸能全体についての記事ですが、適当なカテゴリーがないので、やや無理に「映画」のカテゴリーにします。

ジャニーズの社長であり、まさにジャニーズにこの人ありだったジャニー喜多川氏がお亡くなりになりました。読者の皆さまにとっても何をいまさらですが、記事を引用します。

>ジャニー喜多川氏逝く 87歳 SMAP、嵐…帝国築いたアイドルの父

[ 2019年7月10日 05:30 ]

 SMAPや嵐など、数多くのトップアイドルを生み出したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)が9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため、都内の病院で死去した。87歳。米ロサンゼルス出身。6月18日に体調不良を訴え救急搬送され病院に入院。連日、タレントが見舞いに駆け付けたが、祈りは届かなかった。あまりに偉大なカリスマだっただけに、その死の影響は大きく、アイドル帝国の今後が注目される。
 先月18日に救急搬送されてから3週間。芸能界の偉大なカリスマが力尽きた。所属タレントの誰もが奇跡のカムバックを願ってきたが、その祈りは届かなかった。

 ジャニーさんは先月18日午前11時半ごろ、自宅で体調の異変を訴えて、病院に向かおうとしたところ意識を失い救急搬送された。救命措置で一般病棟に移ることができたため、タレントやジャニーズJr.との面会がかなったという。新旧のジャニーズヒット曲が流れる病室には、タレントたちが年の差を超えて集まり、ジャニーさんの好物だったハンバーガーやホタテ貝のおつまみなどを食べながら思い出を語り合った。危険な状態に陥ったときも「タレントたちが呼び掛け、体をこするたび危機を脱することができました」(事務所)という。

 スポニチ本紙の取材では、救急搬送されてから3週間、意識が戻ることはなかった。今月1日に入院が発表されて以降、落ち着いた状態が続いていたが、9日午後に突然体調が悪化。危篤状態になり、最期は家族らに見守られ、眠るように亡くなった。通夜・告別式は所属タレントとジャニーズJr.だけによる「家族葬」で執り行われる。後日、お別れの会を開く。

 日本一のアイドルメーカーとして最期まで第一線に立ち続けたジャニーさん。僧侶だった父親が布教のために行ったロサンゼルスで生まれた。1952年、朝鮮戦争で米軍の一員として朝鮮半島に派遣され、除隊後、米大使館軍事顧問団に勤務。62年に最初に発掘したグループ「ジャニーズ」を結成し、ジャニーズ事務所を設立した。

 当時は男性アイドルへの目が冷たかった時代。売れっ子を出せず苦しんだ時期もあった。それでも、歌って踊れる男性アイドルにこだわり続け、フォーリーブスや光GENJI、SMAP、嵐など、多くのトップスターを生み出した。

 手掛けたアイドルは主なデビュー組だけで45組、延べ166人。派生グループなどを含めるとこれ以上の数になる。経営など実務面を手掛けた姉のメリー藤島副社長(92)との二人三脚で、年間売り上げ1000億円超と言われるアイドル帝国を築き上げた。

 しかし、お金や名声には全く興味を示さず、男性アイドルのプロデュースを自身の使命と位置付け、そのスタイルを生涯変えなかった。ジャニーさんをよく知る芸能関係者は「タレントを発掘し育て、どう売るかを考えるのが生きがいで、その才能にもあふれていた。こんなプロデューサーは二度と出ない」と語る。

 今年から、タレントの発掘と育成業を滝沢秀明氏(37)に継承。死後への布石を打っていた。ただ、あまりに大きな存在だっただけに、その死が事務所の今後に与える影響は計り知れない。芸能界の転換点になる可能性もある。

 来年の東京五輪に向け、日本のショービジネスを盛り上げることに意欲を見せていたジャニーさん。生前、タレントに「もうボクの時代じゃない。つくるのはユーたち」と話していた。多くの人々を魅了してきた世界観は、残された者に引き継がれる。

 ◆ジャニー喜多川 本名・喜多川擴(きたがわ・ひろむ)。1931年(昭6)10月23日生まれ、米ロサンゼルス出身。62年にジャニーズ事務所を創業。ジャニーズ、フォーリーブス、光GENJI、SMAP、KinKi Kids、嵐など多くの男性アイドルを生み出した。2011年に「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」で、12年に「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」のギネス世界記録に認定された

これも記録になりますから、全文引用しました。ご年齢もご年齢だし、しかも病名も相当厳しいものでしたから非常に予後は悪いだろうなと思っていましたら、やはりそうでした。ご冥福をお祈りいたします。私は男性の異性愛者ですが、やはりジャニーズのタレントで好きな人はけっこういるくらいで、まさに日本を代表する芸能プロモーター、プロデューサーでした。他の新聞については確認していませんが、「朝日新聞」も一面で彼の死を伝えたくらいです。

さてジャニー氏というと、少々(いや、非常に)よろしくない話も定期的に報じられました。いわゆるゲイ、少年愛、ペドフィリアの関係ですが(「ゲイ」はともかく、後2者はやばいでしょう)、これは興味のある方は、Wikipediaのその項目をお読みになってください。今回私が書くことは、それとは関係ないこと、実はそうでもないのですが、いろいろマスコミでも指摘されていることです。つまり、彼の持つ少年に対する独特の審美眼のことです。

ジャニーズの次の社長は、姪の藤島ジュリー景子が就任することになりそうです。ちなみに彼女の父親は、藤島泰輔であることは、みなさんご存じでしょう。いわゆるマネジメント関係、プロデュースなどは、ポスト・ジャニー氏でも問題はないと思います。優秀な演出家はジャニーズでも育っているらしいし、またマネジメント体制も、元SMAPのマネージャーだった飯島三智氏などの有能な人物を輩出しているわけで、こちらも特に今後問題はなさそうです。ただしジャニー氏を慕っているタレントは、今後移籍、独立が激しくなるかもしれません。それは仕方ないこととして(新社長は、今後独立や移籍に今までよりシビアになるという話もあります)、最大の問題は、ジャニー氏の持つ他人にはまねできない能力です。彼は、日本中から送られてくる少年たちの写真を日々見て、そしてその子どもの成人後の姿を想像してスカウトをしたといいます。そういう能力は、ほかの人にはない。「日刊ゲンダイ」の記事を引用します。同じようなことが、いろいろなメディアで報じられています。

>「男版の宝塚ともいうべき、男性に特化した唯一無二のアイドルを生み出し続けたエンタメ界の巨星でした」(ジャニーズ事情に詳しいジャーナリストの中村竜太郎氏)

 (中略)
光GENJIやSMAP、嵐などの人気グループを世に送り出した功績はそのまま戦後の男性アイドル史と重なるといっていい。それはひとえにジャニー氏のタレントを発掘する“千里眼”によるところが大きかった。

「声変わりする前の男の子の写真を見れば大人になった時の顔がわかるそうで、新規にグループをつくるときはメンバー同士の個性が最大限に発揮できるよう組み合わせていました。グループのネーミングセンスもそうですが、天才プロデューサーでした」(テレビ関係者)

(後略)

世の中、学ぶことができることとできないことがあります。サッカーなどでは、ゴールキーパーはその国のサッカー協会など組織で養成することによって優れた選手を輩出することができます。つまり経験を積み、さらに指導することによって成長することができるのです。ところがストライカーというのは育てることができません。あれは、独特の感覚(センス)を必要とするし、気質としても抜け目のなさ、ずるさ、相手の裏をかいたり相手がマークしていないところにすかさず付け込む鋭さみたいなものを要求されます。これは、他人が教えられることではない。ほかにも本多勝一氏もかの「日本語の作文技術」で書いていましたが、わかりやすい文章を書く技術は他人に伝授できるし学ぶこともできますが、「うまい文章」というのは才能やセンスの問題だということです。

ジャニーズの最大の強みは、まさに彼のタレント発掘能力でした。こんなものは、他人がまねできるものではない。これはまさに天才というものでした。上の記事で引用したテレビ関係者のコメントが、彼のすごさを言い表しています。それがなくなるのは、ジャニーズとしてはものすごく痛いですね。いや、ジャニー氏もご年齢がご年齢でしたから、この日がそんなに遠くないことはご当人もふくめて誰もがわかっていた話ですが、会社の体制やマネジメント体制などは引き継ぐことができてもこの感覚は引き継げないしまねができない。これがジャニーズの今後の問題になることです。

ところで上の記事で書かれている

>男版の宝塚

というのはなかなかいい得て妙だと思います。宝塚歌劇団に男がいないように、ジャニーズには女がいない。宝塚が定期的に「入学試験」をして2年間鍛え上げているように、それとはやり方が違いますが、ジャニーズもダイヤモンドの原石を発掘してレッスンさせて鍛え上げたわけです。そうなると、今後はどうやって優れた人材を確保していくかがジャニーズの死命を制するわけで、これは私も興味深く見ていきたいですね。宝塚は、歌劇団として集団で選考試験をしてそれで一応のレベルを保ち続けている。ジャニーズはそれを事実上ジャニー氏のみでやっていたわけであり、今後はそれが通用しない。おそらく集団態勢で新たなる人材を発掘していくのでしょうが、試行錯誤も多いかと思います。いろいろ注目したいところです。

なおこのブログは原則その日の0時に記事を発表する設定になっているのですが、本日は記事を書くのが遅くなったので発表の時間も遅くなりました。お詫びを申し上げます。

コメント

ブラジル人美女モデル(のヌード)をご紹介(ライス・リベイロ)

2019-07-10 00:00:00 | 美女探求

飽きずに(懲りずに)、またブラジル人モデルの写真を。今回ご登場願うのは、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして知られるライス・リベイロ(Lais Ribeiro)という人です。彼女は、「スポーツ・イラストレイティッド」の水着特集のモデルでもありました。英語版Wikipediaによると、1990年10月生まれ、身長183cm、子ども1人とのこと。なお彼女自身は、看護師になりたかったようですね。こんな女性に看護されたら圧倒されちゃいそうです。今回も、ヌードの写真を中心に、大胆な水着の写真もあわせてご覧いただきます。

2

 

 

 

 

 

どうでしょうか。なかなかいいでしょう。これからも、彼女に負けないようなすごい美女を探してお見せしますので、乞うご期待。

コメント

なぜこんなくだらん話をして、他人を不快にして迷惑をかけて、自分の首を絞めるのか(苦笑)(福岡親善大使の暴言)

2019-07-09 00:00:00 | Weblog

あ、すいません、どうでもいい話ですが。やや旧聞ですが、これも「どうもなあ」の内容です。

福岡県を中心に活動するタレントに、田上真理子という人がいます。彼女は、2017年~2018年、厳密には、2017年5月の博多どんたくから2019年のそれまで、福岡市の観光親善大使を務めました。

それで6月29日に、彼女が全国ネットの番組に出演する直前に、彼女のインスタグラムで発表した述を。

お知らせ😳

明後日6月26日21時〜と 29日(土)23時半〜
日テレの【有吉反省会】に出演させていただきます。
初の全国放送!!
ぜひ観てください🙇🏻‍♀️
 
それで、放送翌日の6月30日に投稿されたインスタグラムを。写真はなくて真っ白です。
 
>お詫び
6月29日に日本テレビで放送されました「有吉反省会」について
私、田上真理子は福岡愛はうそだという内容の放送がございました。
実際、私にとって福岡は第2の故郷として大好きな大切な地です。
しかし番組の演出なども考えた結果、私の言葉足らずで皆様に誤解を招いてしまいました。
不快な気持ちにさせてしまった福岡をはじめ全国の皆様、また日頃お世話になっている皆様、
誠に申し訳ございませんでした。
心よりお詫び申し上げます。
田上真理子

私もこの番組は見ていませんが、詳細は次のようなもののようだったとのこと。
 
元福岡親善大使、田上真理子が「有吉反省会」での発言を謝罪

2019/07/02 15:02

 元福岡親善大使でタレント、田上真理子(26)が6月30日、自身のインスタグラムを更新し、29日放送の日本テレビ系「有吉反省会」(土曜後11・30)での発言を謝罪した。

 同番組は「ウソつきアイドル祭り!!」をテーマに構成され、田上は「今まで散々福岡好きをアピールして活動してきましたが、実は福岡愛がウソであったことを反省します!」と銘打って出演した。

 過去に福岡親善大使も務めていた田上だが、「仕事のきっかけがほしかった。(オーディションは)いろいろ受けたんですが、唯一受かったのが福岡親善大使」「大学で福岡に出てきて、そのままズルズル福岡に住んでる」などと、親善大使であったにも関わらず福岡愛のない発言を連発。MCを務めるタレント、有吉弘行(45)から「(親善大使に)何の未練もない?」と問われると、田上は「ないです」とキッパリと答えていた。

 福岡を“ダシ”に笑いを誘う行為はネットで炎上する騒ぎとなった。田上は「実際、私にとって福岡は第2の故郷として大好きな大切な地です。しかし番組の演出なども考えた結果、私の言葉足らずで皆様に誤解を招いてしまいました。不快な気持ちにさせてしまった福岡をはじめ全国の皆様、また日頃お世話になっている皆様、誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます」と弁明した。

 田上の所属事務所「ASPREAD」の公式サイトも、「弊社所属の田上真理子の発言につきまして、放送中の本人の言葉不足や番組演出の関係で、福岡をはじめ全国の皆様に不快な思いを与えてしまいました。心よりお詫び申し上げます」と掲載した。

・・・(苦笑)。なにがどうしたらここまで馬鹿なことを言いますかね(呆れ)。

「田上真理子」という人自体は、たぶん全国区では無名でしょうが、私も彼女を直接目にしたことはありませんが、彼女が顔を出した動画を拙ブログにはりつけたことがあります。
 

九州の親善大使たち@博多どんたく2018

現在は、福岡の地域タレントとして活動しているようですが、現在福岡で活動中の人が、こんな話を全国放送でしますかね(苦笑)。なにがどうなったらここまでひどい勘違いをするのか。

上の引用した記事にも書いてありますように、彼女の所属事務所も陳謝の告知をする始末です。この記事を書いている7月8日現在、トップページにあります。ご当人が馬鹿を見るだけなら不徳の致すところで仕方ありませんが、そして事務所にも管理責任はあるとしても、一緒に活動した親善大使やもちろん親善大使の運営元、あるいは現在出演中のテレビ番組の放送局やスタッフ、出演者などにもひどい迷惑です。他の仕事関係もそうだし、もちろんほかの人たちをも無意味に不快にさせる。馬鹿も休み休み言えとはこのことです。
 
で、私がよくわからないのが、この番組の収録に彼女のマネージャーみたいな人も立ち会っていたんじゃないのということです。彼(女)は、この発言を何とも思わなかったんですかね。事前にどういう話をするかは入念に打ち合わせておくものだとおもいますが、こういう話をしてOKだと考えていたのか。どうも理解できません。ずいぶん昔、あびる優という馬鹿が、テレビで万引きの話をして、これまたしばらく活動を自粛したことがありました。まったく同郷の阿比留瑠比といいどうしようもない連中です。2人とも出身は福岡県太宰府市です。それはともかく、あびる優にしたって、なにもテレビで自分の非行の話をしなくてもいいと思いますが、これも事前に事務所のチェックとかは入らなかったんですかね? よくわかりません。
 
前に次のような記事を書きました。
 
この記事では、桜田五輪相の論外の発言を取り上げましたが、そこで引用させていただいた記事を再読してみました。
 
 
そこで私が、参考になるなと思ったのがこちら。
 
>次に、失言が生まれやすい場所としてあげておきたいのは、多くの人々が集まるパーティーなどのイベント。「自分の話で多くの人々を魅了しなければいけない」という気持ちから、表現が大げさになり、わかりやすい固有名詞や数字を多用し、時折笑わせたくてくだけた話し方をしてしまう……失言のリスクがどんどん高くなっていく様子がわかるのではないでしょうか。

なかでも気をつけたいのは、知っている人の多いところと、めったに行かない自分にとってのアウェー。「クスっと笑わせたい」「何とか打ち解けたい」という気持ちから、ポロっと失言してしまいがちなのです。例えば、「スピーチ中、旧知の顔が何人か見えて、つい悪ノリしてしまった」という失言。また、塚田国交副大臣が北九州で失言したのも、「地方で面白おかしく話そうとしたから」という一面がありそうです。

本人にしてみれば、「サービス精神」のつもりでしょうが、聞き手にとっては、特に求めていないものにすぎません。このような独りよがりのサービス精神は、失言のリスクが高いのです。

今回の場合、ここで出てくる「アウェー」というのがポイントですね。自分のインスタグラムで宣伝をしているのだから、初めてらしい全国放送の出演に、彼女と当然事務所も相当張り切ったのでしょう。それでその結果が

>「クスっと笑わせたい」「何とか打ち解けたい」という気持ちから、ポロっと失言してしまいがちなのです。

ということであり、また

>地方で面白おかしく話そう

というのは、この件では「東京で面白おかしく話そう」になったのでしょう。要するに、無意味に話を盛ってしまったのです。

まーったくねえ、この人の「福岡愛」がフェイクだったなんて話は、他人からすればまったくもってどうでもいいことであって、そんなの面白くともなんともないのですが、仮に面白くたって、ご当人と事務所がHPで陳謝するに値するようなものじゃないでしょう。ほんと、お話にもなりません(呆れ)。

それにしても人間、こういう悪乗りというのは、宿痾みたいなものなのかもですね。彼女にとって、おそらくこの全国放送出演というのは、たぶん彼女の人生のなかでも最高レベルに記念すべき瞬間だったはずで、それがこの様ではまったくどうしようもないにもほどがあるというものです。ほんと、猛省してほしいものです。

ところでテレビ局も、さすがにこれはまずいんじゃないのとは思わなかったんですかね。別に局がそういう話をしろといったんじゃなくてタレントが(事務所の合意のもとに?)勝手にしたんだから、何があっても自己責任だ(あびる優みたいな犯罪の話でもないし)という判断だったんでしょうが、いずれにせよこの件は、軽率、悪乗り、非常識、馬鹿にもほどがあります。こういうことをしていてはどうしようもありません。なおこの記事に添付した写真は、上は、引用した記事より、下は、動画のスクリーンショットです。

参考:彼女の所属事務所による陳謝の文面全文
 

この度 6月29日放送の日本テレビ系「有吉反省会」に出演致しました、弊社所属の田上真理子の発言につきまして、

放送中の本人の言葉不足や番組演出の関係で、福岡をはじめ全国の皆様に不快な思いを与えてしまいました。

心よりお詫び申し上げます。

 

株式会社ASPREAD

代表取締役

古田厚子

コメント (4)

祝! 櫻井よしこの「週刊ダイヤモンド」での連載が、25年を経てついに打ち切られる!

2019-07-08 00:00:00 | 社会時評

櫻井よしこのオフィシャルサイトより。太字化ほかは、私がしました。

>「 日本の歴史をどれだけ深く学ぶかによって近未来を切り開く道が自ずと明らかになる 」
『週刊ダイヤモンド』 2019年6月29日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 最終回 

(略)

さて、25年間にわたった連載は今回で終了する。読者の皆様には深く心からのお礼を申し上げたい。編集部の方々にも深く感謝申し上げる。

祝! 櫻井よしこの「週刊ダイヤモンド」での連載が、25年を経てついに打ち切り!

こんな狂信右翼の与太が四半世紀も続いたなんてこと自体正気の沙汰ではありません。大変いいことです(喜)。

ただ個人的にはすごく意外ですね。安倍晋三が首相である限りは、彼女の連載は続くのかと思っていたので。それで、これは私の単なる推測でしかありませんが、これなんとなくやはり「ダイヤモンド」側から切られた雰囲気がありますね。櫻井が自分から連載中止を申し出たという印象ではない。実際のところはわかりませんが、最後のくだりを読んでも、彼女が自分の意志で連載を打ち切ったようには思えない。たぶんですが、「ダイヤモンド」の編集部とかにも「あれひどすぎる」という苦情が、無視できないレベルであったのかもですねって、たぶんそうでしょう(苦笑)。

もっともそういうことを言えば、たぶん25年前の彼女は、今よりはまともだったのでしょう。連載が始まったころは、ここまでひどい人間だったわけではない。それが劣化が激しくなったのでしょう。

もちろん「週刊新潮」での連載は当分続くと思いますので(たぶん安倍が首相を辞任しても続くのでしょう)、雑誌媒体での彼女の週いちのコラムは今後も続くわけです。おそらく彼女はいまさら路線を変えることはないでしょうから今後の彼女の言論活動にもいろいろ注目をしたいと思います。当然私の立場からすれば批判が多くなるでしょうが、やはり現首相ブレーンの1人ですからそんなに馬鹿にもしていられない。もはや彼女は「ジャーナリスト」でなく極右政治活動家ですが、これからもいろいろなところで暴れまわるのでしょうから、やはり批判はこれからもし続けます。櫻井のような人間がでかい顔をしている国が、まともであるわけがない。実際この最終回の記事も、安岡正篤がどうしたこうしたなんていう話が最初です。今どき安岡もないもんですが、つまりは櫻井というのは、そのレベルの狂信右翼なわけです。まったくどうしようもない。詳細は、bogus-simotukareさんが批判されているのでぜひお読みください。

コメント