ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

2020年秋以降あるいは21年にiPhoneの5G対応機種を購入したい(SIMフリースマートフォンあるいはタブレットの購入も必要だ)

2019-11-12 00:00:00 | PC・通信・IT関係

私は、2012年にガラパゴス携帯からスマートフォンに移行しました。移行した理由は、単にガラパゴス携帯が故障したからです。それも機能ではなく充電用のジャックが酷使ですりへってだめになりました。周する気もしなかったので、とりあえずスマートフォンに移行しようとあまり物事を考えずに決めました。この時故障していなければ、たぶんもうしばらくガラパゴスを使っていたと思います。

購入する前にiPhoneかアンドロイドのどちらにしようかと考えて、別にどっちでもよかったのですが、iPhoneのほうが操作が簡単であるという話を何かの本で読んだので、そらなら簡単なほうがいいかなとこれまたあまり考えずに決めました。このあたりは好みの問題ですのでどちらだっていいのですが、結果論としてはこの時私は、一生Appleさんの奴隷になる運命を決定づけられたように感じます。いやもちろんiPhone→アンドロイド(あるいはその反対)にしたっていいのですが。

最初に買ったのはiPhone4Sで、これは紛失してしまいました。1度京浜東北線で紛失しまして、この時は幸い見つかりましたが、2度目はだめでした。紛失した件については、前に記事を書いたことがります。

さすが日本、といっていいかもの経験

仕方ないので2015年春、新しい機種を買いました。これがiPhone6です。これは、買った直後に地面に落としてしまって表面のガラスを割るという痛恨の失敗をしてしまいました。この時は、あまりに悔しいので、ガラスにひびが入ったまましばらく(相当長期間)利用し続けましたが、2度目に落としてさらにひびが入ったことと、さすがにガラスで手を切っても馬鹿らしい(けがをしたわけではありませんが)のでようやくガラスを好感しました。この時は、携帯のバックアップの重要さを痛感しました。いや、この時は、そんなに致命的な事態はありませんでしたが。ひびが入ったことについては、こちらの記事で少し触れました。

ツイッター風随想(私は、ツイッターはやっていない)

その後は普通に使っていて特に問題はありませんでしたが、2017年12月、とつぜんバッテリーの消費が異常に早くなり、画面に黒線が入ったりとまったく使い物にならなくなりました。買い替えようと思い自宅近辺のauの営業所に行き話をしたところ、Appleの商品にはそのようなことがよくあると営業所の人は語りました。彼の表情は、「苦笑」とでもいうものでした。同じような相談をする人が多いのだなと感じました。この件も、以前に記事を書いています。

iPhoneが壊れたので買いかえた(今日から毎日更新)

それでこの時購入したのが現在使っているiPhone8なのですが、私が契約している携帯キャリアであるauに、私が持っているiPhone6を下取りしてもらいました。私は車を持っていないので、商品の購入の際に下取りということをしてもらうのは、人生初めでした。私のiPhoneはおそらくスクラップになったのではないかと思いますが、世の中 中古品というものがそれなりに市場に出回り購入する人も一定数いる商品というものもあります。車、本、カメラ(およびその付属品)といったものがその代表でしょうが、スマートフォンやタブレットなども、中古品が流通しているものでもあります。

遺憾ながらこのiPhone8も地面に落とした後画面が真っ黒になりまた安くもない金を払って修理してもらったりしましたが、購入後2年近くなった現在、いちおう問題なく動いてはいます。前に使用していたiPhone6が1年半強で使えなくなったときは「故障するの早いじゃん」と大変気を悪くしたのですが、買い替えた際は、なんとか2020年までは使用したいなと考えていました。具体的には、東京オリンピック後にあると予想される iPhone新製品発表以降(例年秋)に購入したいなと考えていました。もっとも上にも書いたように、新品にこだわらないという選択肢もあります。

そんなことを考えていたら、先日こんなニュースを読みました。 

 >2020年iPhoneのロジックボードは大きくなってコスト上昇?5G対応のためとのアナリスト予測

Kiyoshi Tane

2019年11月4日, 午後02:05 in 5G

2020年のiPhoneには3モデルとも最新鋭5Gモデム採用との噂が報じられていましたが、それを搭載するロジックボードは面積が大きくなり、製造コストも上昇するとの予測が伝えられています。

(後略)

2020年に発売されるiPhoneが5G対応になるというのはほぼ確実なようですが(いろいろなサイトが報じています)、そうなるとちょうど買い替えにもいい時期なのかもしれません。

でもけっきょくスマートフォンというのは、数年サイクルで機種の買い替えですね。車などなら使い倒すことも可能ですが、スマートフォンというのは、基本的に買い替えを当然の前提としているところがあり、長きにわたって使い続けるのも容易ではありません。使ってもいいですが、壊れやすい。スマートフォンは使ってこそ価値のあるものですから、そうなると酷使することになって消耗も激しくなります。

実は私は、大の携帯嫌いだったのです。だから私の携帯の番号は、「080・・・」です。私くらいの年齢(別に何歳かなんて書かないけどさ)なら、最初に携帯を購入した際の番号は「030・・・」あるいは「090・・・」が多いかと思いますが、嫌いなので長きにわたって携帯電話を持ちませんでした。が、やっぱり最終的には持つに至ってしまいました。私は、TDRに行ったことがないとか、そういう何の自慢にもならないことを自慢するような人間ですから、携帯を持っていないこともかつては自慢していたのですが、いまにしてみると、やはり私が携帯を購入したころが、「携帯を持たない」なんてことが通用しえた最後の時期だったかと思います。なおTDRは、現在も行っていません。

ところで私は、海外でネットを利用する際は、WiFiルーターをレンタルしてそれでつなげているのですが、海外渡航もひんぱんですし、また特に複数の国を渡航する際はルーターだけでもかさばってしまうので、これはそろそろSIMフリーのスマートフォンを購入すべき時期かなと考えています。もちろんSIMフリータブレットを購入してもいいわけです。日本では、MVNOのSIMカードをさして、それを利用すれば安くて済みます。どっちみちタブレットを買ったら、docomo、ソフトバンク、auなどのようなメジャーキャリアと契約するつもりは私はありません。

SIMフリーのスマートフォンあるいはタブレットがあれば、渡航先の携帯電話事業者が提供してくれるプランから自分に都合のいいもの(日数、データ量、価格などがポイントです)を選んで契約すればいいのだから、こちらのほうが面倒はありません。最初は敷居が高いでしょうが、慣れれば何でもなくなるでしょう。また日本でも海外のSIMカード購入が可能になっていますので、それを購入してもいいわけです。

どっちみち長期で海外へ渡航する場合、日本の業者からレンタルWiFiルーターを持っていくという選択肢はありませんから、空港、港、あるいは国境の近場の携帯電話ショップでSIMカードを購入してそれを活用するということになります。それでもし第二のスマートフォンを購入するとなれば、さすがにSIMフリーのスマートフォンでiPhoneを購入する気はないので、アンドロイドの機種を購入することになりますかね。ファーウェイあたり?

そうこう考えてみると、私もずいぶん長く海外を旅していますが、昔とくらべていちばん「変わったな」と思うのが、やはりネット関係ですね。かつてはどっかのネットカフェみたいなところやホテルの端末でネットをしてお茶を濁していましたが、いつのまにかWiFiで自分のスマートフォンにつなぐのが当然になり、さらにレンタルルーターの利用が主になりました。そんなに遠い将来でなくたぶんSIMフリー端末を持つようになるわけで、このあたりの進化は、とくにそっちの方面に詳しいわけでもない いち旅行者であってもやはり無縁ではいられないというところです。ほんと、かつては電話や営業所に直接おもむいて航空券を手配したり購入したものですが、現在はほんとネットでの購入ばかりになってしまいました。それだけ時代が変わったのだなと痛感させられます。

そういうわけで、またSIMフリー端末を購入した際は記事を書きますので乞うご期待。

コメント

そろそろTwitterやInstagramやFacebookなどSNS(とみなされるもの)に本格参戦しようかと考える

2019-10-20 00:00:00 | PC・通信・IT関係

タイトルにもありますように、私はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)はあまりやっていません。LINEはやっています。ブログはSNSとは(電子掲示板などと同じく)、広義においては認められるようですが(Wikipediaより)、またTwitter(ツイッター)もツイッター本社はこれをSNSとは認めていない(これもWikipediaより)ので、タイトルにもそうしたように「SNS(とみなされるもの)」という概念がいいのかもしれません。

ツイッターをするのなら、ブログ記事の紹介と、あとはブログのネタにするほどではないことのご紹介や論評ですかね。ツイートあるいはリツイートをするにしても、勤務時間中にするわけには(当然)行きませんから、平日の昼間は休み時間のみにやることになるのでしょうね。始めたら当然あらためて記事にしますので、その際はご興味がありましたらぜひお読みください。

Instagramは、写真はブログに掲載したものと重複することになるでしょうが、あとこれもブログに掲載するほどのものでもない写真、さらには外食した際の写真、外食以外の食事の写真のご紹介ですかね。こちらも始めたらこのブログで告知します。

なおFacebookにつきましては、どっちみち本名でやるとなるとこのブログとはリンクできないのでひっそりすることになりますが、FBとは直接関係ないですが、私とトラブルを起こした某元ネット論客(武士の情け、商人の情け(私の先祖は商人なので)で誰かは書きません)が、その正体をばらされてしまい(私がばらしたんじゃありませんよ。念のため。そもそも先方の正体なんか知らなかったんだし)、まもなくネット界から逃げだした(別のHNで活動している可能性は否定できません)というなんとも無様で無残な事例がありまして、そういう立場には私もなりたくないので、このブログの内容と照合されて身元がばれないように最大限の注意を払いたいと思います。そうなったらこんなブログすぐ閉鎖になってしまいます。

そういうわけで、FB以外は、始めたら記事にも書きますし、隣のブックマーク欄にもブックマークしておきますので、ご興味がありましたらぜひお読みになってください。

 

コメント

ポメラは、私のような人間にはかなり有効なガジェットだと思う

2019-09-12 00:00:00 | PC・通信・IT関係

私はITとかパソコンとかネットとかスマートフォンその他についてあまり知識がないので、ガジェットとかにも詳しくないのですが、7月末にこのようなものを買いました。写真は、発売している会社のHPより。

キングジムが発売している「ポメラDM30」です。テキスト入力に特化したマシンです。ネットには接続できません。

大きさもさほどでなく、重さは電池挿入(そう、充電式でなく単三乾電池2個をいれます)で500gを超えるくらい。これは以前の機種と比べるとだいぶ重くなったようですが、私個人としてはさほどでもありません。

ポメラというのは、2008年に発売されましてその後製品の改良やチェンジが進んでいます。キーボードが折り畳み式のものとストレートキーボードタイプがあって、前者が最後の数字が2桁、後者が3桁です。DM30は、昨年発売された最新型です。

それで私がこれを買った理由は、主に2つです。最大の理由は、これが安かったからです(苦笑)。

2018年5月発売の際の希望小売価格は、こちらによると税抜き43,000円、価格comの最安値が5月24日時点で41,696円(たぶん税込み)だそうで、これではちょっと手を出す気がしません。が、これを買った7月下旬は、17,980円でした。買うと決めた日に価格comで一番安かった店舗です。

私が買ったのは上野近辺にある某店舗でした。つまり一般の量販店ほかよりはいろいろな手法で安いのはわかりますが、現在Amazonですらかなり安く買えます。つまりは相当に値崩れしているということです。ってことは、ユーザーからあまり評判がよくない、売れ行き不振ということでしょう(苦笑)。

それで次なる理由は、これは旅先でのメモ他への活用です。私は、2012年から毎日日記をつけていまして、2014年からは2日前日記というのを書いています。それで今日までだいたい毎日書いていますが、やはり旅行の際は書く道具がないのでなかなか面倒でした。タブレットあるいはスマートフォンにブルートゥースのキーボードで書くのもいいですが、それは旅先では荷物になる。ノートPCも荷物になりすぎる。もちろんスマートフォンに直接書き込んでもいいのですが、私はけっこう長い文章で日記をつけるので(基本私は記録魔です)、これはあまりにわずらわしいにもほどがあるというものです。

そうこう考えて、どういう方法が一番自分のストレスが少なくて日記を書けるかなと考えていたら、このポメラを購入するのがいいという結論に至りました。上にも書いたように、私はこの種のガジェットについては全くの情報弱者ですのでポメラなんてものもよく知らなかったのですが、昨年執筆した記事で引用したのですが、山本弘のこちらの記事を読んで、ちょっと興味を感じたのです。

> 妻に頼んで愛用のポメラ(キングジムの小型文章作成機械)を持ってきてもらった。いつも持ち歩き、喫茶店などで小説の下書きをするのに重宝しているマシンだ。

これを旅先にもっていけば、電車の中、飛行機の中、高速バスの中、その他さまざまなところでいろいろな執筆ができると考えたわけです。これを読んだのが昨年の10月ですから、ほぼ9か月後にようやく購入にいたりました。山本の持っているポメラの型がどれかは不明ですが、さすがに中古を買う気はしなかったので、最新型を書くことにしました。今新品で売っているのはDM200とDM30ですが、安いのとコンパクトだということで、後者にしました。安いというのがやはり最大のポイントかな(苦笑)。

それでポメラ自体は、購入後すぐに使い始めましたが、最初の旅先としてミャンマー旅行の際ではいろいろ便利でした。飛行機のなかやホテル、カフェで書ける。これはほんといいですね。かさばらないし、非常にいい。先日行った、京都アニメーションほかでの旅でもたいへん活躍してくれました。

私個人は、この機種に大変満足したのですが、値崩れしていることからわかるように、DM30はあまり人気があるとは言えないようです。乾電池の使用による電源というのはやはり賛否があろうかと思います。今どき充電式が当然だろうと。乾電池でも、今の時代コンビニですぐ買えますが、このあたりは評価が分かれそうです。

あと誤変換は「どうもなあ」ですね。なぜか「この」と入力すると「庫の」と変換されたり(なぜ? 私は誤変換した記憶はないですが)、ちょっとひどい変換が散見されます。私は通常文章をわりあいこまめに変換するようにしていますので、そういう点ではまだいいですが、長い文章を書いて変換するとかなり「おいおい」という事態になりそうです。

またキーボードがそんなに大きくないので、やはり誤入力が多いところはあります。これはコンパクトさとトレードオフの部分があるので仕方ないかもです。下に参考動画をはりつけておきます。

デジタルメモ「ポメラ」DM30を使ってみた

ただこのような道具があれば、通勤時にもカバンに入れて荷物にならないし、職場の休み時間でもいいし、また帰りにファミリーレストランとかカフェでそれを書くのも容易です。私のように、日記からブログの記事など大量のテキストを書く人間にはありがたいものだと思います。現在の機種はあまりよくないのかもですが、故障したら今後もまたこれ(あるいは似たような他機種)を購入するのだろうなと思います。自宅にいるのならPCのメモ帳で書いてWordの日記(私の日記は、日記ソフトとかでなくWordにひたすら書くだけのものです)にコピペするのが一番面倒がないですが、ポメラで日記を書いてそれを移すのもいいものです。なおDM30は、データを移動するのは、WiFIとかで直接は移せませんので、iPhoneのアプリでQRコードに変換(アンドロイドのアプリは現在ないとのこと)するとか、USBコードを接続する(私はこれを使っています)、SDカードを使うといった方法があります。またFlash Airを使うこともできます。自分に都合のいい方法でやればいいでしょう。

またポメラは、ケースが別売りでありまして、純正品でなくまがいものを購入したのですが、現状ついていた袋に入れています。個人的にはこれで十分です。いや、セキュリティの面ではよくないのかな?

ポメラでなくてもクロームブックがいいという人もいるし、いずれにせよ人間自分に都合のいいものを持つことがいいのだと思います。これからはこれを活用して旅記事ほかを充実させたいと思いますので乞うご期待。

コメント

リニューアル、アップデート、機能のパワーアップ(?)をしたと称するわりには、使い勝手がよくない

2019-02-20 00:00:00 | PC・通信・IT関係

gooblog(「ブログ」から「blog」に変更したとのこと)は、2月6日から、リニューアルしています。goo側の説明によると・・・

>[終了機能]

・ブックマーク
・フォトチャンネルへのリンク
・コメント欄の「タイトル」「URL」項目
 既に投稿されたコメントについては、引き続き表示されます。
※PC版ではご利用いただけます。

スマートフォン版もリニューアルされたわけですが、あんまり読みやすくないなあというのが正直な感想です。これは、しばらくすれば慣れるのかもですが、上に引用した「終了機能」のうち、ブックマークとコメント欄の変更については、特にブックマークの終了は、私にとってものすごく不便なんですが。たぶんサイトに埋め込んだブックマークじゃなくて、スマートフォンでのブックマーク機能で代替してくれということなのでしょうが、正直私にとっては非常に不便ですね。ブックマークはなんとかせいという気がします。

それで、その直前には、はてなも、はてなダイアリーを終了、運営するブログサービスは、はてなブログに特化されました。これもねえ、現段階はてなダイアリーのほうがよっぽど使いやすいですね。はてなブログはコメントなども確認しにくいし、過去記事を閲覧するのも面倒です。ほかの部分では改善しているのかもですが、少なくとも現段階でははてなダイアリーのほうがよっぽどましというのが正直なところです。

ブログというサービス自体、たぶん絶頂期を過ぎてだいぶたっているわけで、それはまあしょうがないことなのでしょうが、もうちょっとねえという気はします。実際、gooなども、同じ経営系列のOCNのブログサービスなども吸収しているという次第で、集約化とかいろいろな建前とともに、だんだん先細っていくのかなと(悲観的に)考えます。で、話は違いますが、私もツイッターやインスタグラムをしようかという気もします。後者に関しては、写真は私は、日々大量に撮影しているので、読者の皆さまにもいろいろ紹介したいなという気はするのですが、個人情報保護とかいろいろ気を付けたいと思います。

話が飛びました。元に戻ります。

それで、これは当方の個人情報保護のために、具体的なことを説明できないので、正直読者の方からすればさっぱり訳が分からないということになりますが、拙職場で使っている社内イントラが、新年から新しいものになったのですが、実に評判が悪いですね(苦笑)。何が何だかさっぱりわからん、意味なく名前を変えただけだ、など。変わってわかりやすくなったという社員は、私の周囲にはいません(笑)。もちろん私も、何が何だかさっぱりわかりません。

どういう事情で新しいシステムに変わったのか知りませんが、理由はともかくリニューアル、アップデート、パワーアップをしたのなら、もう少し使い勝手を良くしろよと思います。ワードやエクセルも、いらねえ機能が付きすぎているからもう少しぜい肉を落としてくれという声をききますが、上のブログサービスや拙職場のイントラシステムは、とても「よくなった」とは現段階言いかねます。これって職場の研修の担当などが、外部からの売り込みを聞いて、実際に役に立つかどうかなんてろくに考えないでいろいろな研修を導入して、社員からは悪評を買う、なんていうのと酷似しているような気がしますね。ブログサービスやイントラネットのサービスのほうが、研修よりはより具体的に改善されているのかもですが、個人的には、gooもはてなも、拙職場のイントラネットのサービスをリリースした会社同様、あんまり信用できないなという感想につきます。いろいろな意味で、困ったものです。

コメント (2)

ようやくネット復旧できました(ネット復旧始末記)(11月10日更新)

2018-11-07 00:00:00 | PC・通信・IT関係

月曜(11月5日)の朝、ネットがつながらないことに気づきました。私は、ネット接続プロバイダは、某超大手企業の子会社であるO社を長きにわたって利用していまして、ダイヤル接続から始まりまして(まさに、電話線を固定電話から外して接続するなどということをしました)、ADSLになり、それでO社からの「これからの時代は、ご自宅でも無線LAN接続の時代です」という甘言にのせられて(って、べつにセールスの人が間違っていることをほざいたわけではありませんが)、「それもそうかな」という気分になり、けっきょくWiFiルーターをレンタルすることになりました。その件で下の記事を書いています。

ネット環境を、ADSLからWi-Fiに変更する

その記事を再読してみると、2013年の話ですが、当時の私のPCはVistaの時代で、無線を出す装置すら内蔵されていない代物でした。そういえばそんなことがあったっけなあと思い出しました。いずれにせよこの時はまったく設定がうまくいかず、プロバイダやPCのメーカーに電話やメールを繰り返しして、よやく設定ができました。

それで、この2013年の時のルーターは、イー・モバイルのものでした。この会社もすでにありません。2015年にNECのルーターAtermMR03LNに変更になりました。これは、inti-solさんもお使いになっていたようです。私と同時期に、ルーターを替えた模様。2月~3月の話です。

上が、日曜日まで使っていたルーターの写真です(写真は、こちらからいただきました)。

で、この時はたしかSIMカードをルーターに入れた記憶があります。いや、違ったかな。イー・モバイルの時は確かに入れましたが。このNECのシリーズはかなり出来がよかったようで、3年半ほど軽快に動いていたのですが、11月5日に動かなくなってしまったわけです。

日曜は朝にPCをいじっただけですので、たぶんその後から翌日朝のどこかの時点で故障したのかと考えられます。再起動させようとしたり、電源アダプターを替えたりするなどいろいろ試みたのですが、まったくどうしようもないので、その日の夕方O社に電話を入れてみました。すると、対応するセクションがすでに時間外になってしまったというので、翌日の火曜日に電話を入れることにします。それで、更新不可の記事を掲載しました。

翌日、昼休みに電話し、担当セクションに電話をつなげてもらうことになりましたが、昼休みなので立て込んでいるので、こちらから電話するといいます。そうしたら3時ごろ電話がありましたが、その時間は仕事ではずせなかったので、結局出られず。その日は残業があったのですが、ネットなしのままでもしょうがないので、こちらからまた電話をかけなおし(フリーダイヤルですから、電話代自体はかかりません)、担当の人にまたまた同じことを説明します。すると、ようやく担当セクションにつながりました。

担当の人「McCreary様、お手元のルーターのバッテリーを、入れなおしていただけますでしょうか?」

う、それはやっていなかったぞ。しかしここは職場で自宅ではありませんから、それはできませんと答えたら、ちょっと協議していましたが、では新しいルーターを送らせていただきますとのこと。その回答を待っていたんです。

けっきょく新しいルーターを送ってもらう、古いものは返送するということで話がまとまりました。この手続きは前にも複数回やっているのでお手の物です。

それで私はたずねました。

私「いつ頃送付されますかね」

担当の人「あ、申し訳ございません(うかつな担当さんです)。1週間くらいお待ちください」

は!? ずいぶん遅いなと思いました。これが火曜の夜6時30分くらいです。が、実際には保険をかけたのでしょうが、木曜の夜(19:00)に、私の携帯にSMSが流れまして、現在配送中とのこと。翌日の午前中に届きました。それで仕事から帰ってきて、23時50分過ぎくらいに作業をはじめて(まずは充電からする必要があります)日にちが変わって土曜の午前2時くらいまでになんとかネットが見られる体制ができました。今回も、「おいおい」というミスがあっていつものことながら苦笑しましたが、なんとかできました。

さて今回送ってもらったルーターがこちらです。

 

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm MR05LN (デュアルSIM 対応/nanoSIM×2) PA-MR05LN

不要にでかい写真ですが、前に私が使っていたルーターの後継機種です。製品名でもわかりますように、2つのSIMカードをさすことができます。やっぱり定評のあるルーターのようです。それでこの記事を書き始めましたが、眠いので寝て、朝また書き始めました。今回は、はじめからSIMカードがささっている仕様で送付されました。いまは、標準的なのはそのようなのですかね。

なおルーターの電波の調子はかなりいいですね。

この件について考えるに、自宅のPCは、たぶん今の機種が3代目(だと思う)、携帯電話は5代目(2台ガラパゴス形態、3台スマートフォン(iPhone)、ルーターは3代目、ネット環境もダイヤルアップ→ADSL→WiFiとずいぶん変わりました。当方そんなにITとかに強い人間ではまったくありませんが、それでもだんだん進歩はしています。日本中、世界中の人がそうなのだろうなと考えます。

そういうわけで、今日(11月10日)からまた復活します。毎日記事を書き、書かなかった日は、1日2記事で調整します。よろしくお願いします。そういえばちょうどコメントをいただきましたように、今日はアニセー・アルヴィナのお亡くなりになった日ですから、その記事をアップしたいと思います。

コメント

iPhoneが壊れたので買いかえた(今日から毎日更新)

2018-04-22 00:00:00 | PC・通信・IT関係

そんな関係の記事を昨年発表しておいて早くもこんな記事を書くのもどうかですが、めでたくiPhone6が故障したので買いかえることにしました。昨年の6月ごろに1度割れたガラスを修理したのですが、また万単位の修理代を払ってもしょうがないので、買いかえを決意しました。

実は、壊れる数週間前くらいからでしょうか、いきなりバッテリーの減少が極端になったのです。さっきまで数十パーセントの充足率だったのが、急にほぼバッテリー切れになったりして、これはいよいよ変だと思っていたのですが、こんどは前触れもなく画面の左部分が急に黒くなり、まともに画面が作動しなくなりました。もうだめだと思ったので、新しいiPhoneを買うことにしたのです。これが昨年12月の話です。

私がこのiPhone6を購入したのが15年の春でしたから、私としてはまる3年は使いたかったのですが、けっきょくかないませんでした。かなり乱暴に扱ったからなという気もしないではありません。

それで昨年末の某日、近所にあるauの某営業所に朝いちで行き、担当の人に故障したので新しいiPhoneを買いたいと話をしたのです。

それでiPhoneのどのタイプがご入用かといわれて、iPhoneXは必要ないので、iPhone8の256GBのゴールドにしました。

それで安いプランに変更し、オプションもばっさり切り、iPhone6も下取りにだしました。これで私は、また月賦を払い終えるまでアップルさんとauさんの奴隷です。それもどうかです。私の職場の後輩S君は、奴隷になるのを拒否してiPhoneXを一括で払ったそうですが、私もそうしたいのですが、まあ月賦でいいやと毎度安易に考えてしまいます。

それで店の人に、急にiPhone6の調子が悪くなったという話をしたところ、彼は「そうです、アップルの製品は、2年何か月くらいで調子が悪くなることがあるんです。もっとひどい時は数か月ということもあります。製品によるので、もちろんそうでないこともあります」と答えてくれました。売る側がする話ですから、きっとそうなのでしょう(笑)。

しかしそうなるとiPhoneてのもひでえ商品だという気はします。スマートフォンなんてそんなものなのかもですが、それもどうかです。

その後、LINEのトークを引継ぎしそこなうとかいろいろどうしようもない失敗もありましたが、幸い私はそんなにLINEには依存していないので、そんなに強烈な打撃は受けなかったかなと思います。いや、そうでもないかな。

しかし1回使い始めると、iTuneの奴隷になっちゃいますからね。別にそういったしがらみを捨てて安いスマートフォンにしてもいいのですが、やっぱりiPhoneを買っちゃうのだから、私はたぶん死ぬまでアップルさんの奴隷ですね。

さて2017年12月末の購入となると、私としては2020年までのどこかの時点までは使いたいですね。その年の秋ごろでしょうか、発売される新製品を購入するべきか、その前の時点でiPhoneナントカを買うかいまから考えます。いずれにせよ、目標、「東京オリンピックまでは、現在のiPhoneを使う」です。

余談ですが、私がいままで購入したiPhoneは、4S→6→8です。つまり偶数ですが、次のiPhoneの型式にもちょっと注目したいと思います。

それで前のは購入2日後に落として画面にひびをいれるという痛恨の事態になったので、今度はカバーを購入しました。これでひびが入る危険はだいぶなくなったと思います。ところがまたまた地面に落としてしまって画面が真っ暗になってしまったので、それでアップルの修理店に行き修理をする羽目になりました。しょうがないとはいえどうもなあです。落下して画面が真っ暗になるというのは、かなりいろんな人が遭遇しているみたいですね。私もどうしようもない人間です。

この件とは違いますが、そろそろSIMフリー端末を買おうかなという気もします。年末年始の東南アジア紀行のように長期の旅行になると、レンタルWiFiの価格も馬鹿にならない。これは海外にもって行くものですから、もちろんiPhoneとかでなく、安いものでかまいません。国産メーカーでなくても中韓のサムソンやヘーウィあたりでじゅうぶんです。あるいはポケットWiFiを買うこともできます。。海外の空港でSIMカードを購入してさせばいいわけです。これも面白そうです。

読者の皆様へ:今日から1日1記事の精神でまた更新します。よろしくお願いします。

コメント (2)

MVNOに携帯キャリアを変えてもいいかもしれない(追記あり)

2017-12-17 00:00:00 | PC・通信・IT関係

inti-solさんは、携帯電話はドコモのガラパゴス携帯、使っておられるタブレット(iPad-mini)は、MVNO(IIJ mio)との契約です。それでドコモの契約金額は1,300円、MVNOは975円とのことですので非常に安価です(2016年現在。こちらの記事より)。

2017年12月19日の追記:inti-solさんからコメント欄で、

ガラケーは少し上がりました (inti-sol)2017-12-19 08:18:23昨年当時はその値段でしたが、購入1年を経過して、少し上がって今はガラケーは2000円弱です。それでもモバイルルーターとあわせて3000円に届かないので、充分に安価ですが。

追記 (inti-sol)2017-12-19 08:26:04追記しましと、以前通話に関してはMVNOよりガラケーの方が安価または同じくらいでしたが、現在はMVNOの通話料を安くする様々な手段が出てきているので、今は通話もMVNOに統一した方が安上がりかもしれません。値段だけで比べればね。(使い方にもよると思いますが)
ただ、使い勝手という意味では通話機器とネット接続機器が分かれている方が便利、通話だけならガラケーのほうがスマホより使いやすい、ということはあります。
私は、いまだ相棒とiモードメールのやり取りをしているので、ガラケーを手放せません。LINEにかえてしまえばよいのでしょうけど。

という注釈をいただきました。inti-solさんありがとうございます。

で、私はというと、私が契約しているキャリアはauですが、10,000円前後でした。以前は現在使っているiPhone6の月賦を払っていたのでこれより高額でした。まあつまりは、私がろくに考えもせず電話料金を払っていたということですが、これはよろしくないので(auさんにそんなに金を貢いでもしょうがないので)、私もそろそろ電話料金を安くしようと考えることにしました。inti-solさんをみならえです。

そうなると、番号はポータビリティ制度で変わらないとして、問題はキャリアメールです。これは変わるので、その連絡ほかが面倒ですが、幸いLINEをはじめたので、職場に登録している非常時のメールに変更が必要なほかは、ただ1人のみキャリアメールで連絡を取り合っている人物がいるだけになりました。

キャリアメールで連絡を取り合っているのは、このブログにも登場する友人Nですが、職場への登録メール変更と彼にメルアドが変わったと連絡をすればいいだけなので、事実上MVNOにはいつ変更してもかまわない状態になったかなと思います。それで友人NにLINEはしないのかと聞いたところ「予定がない」というので、これはしょうがないと考えて、変更した際に連絡すればいいことにしました。ちなみに彼は、ガラパゴス携帯を使用しています。

というようなことを考えていたら、灯台下暗し、自分の母がMVNOの携帯に変えたことに気づきました。母はソフトバンクの携帯を使っていたのですが、携帯を変えたといっていたので、それは機種を変えたという意味だと思っていたのですが、キャリアをソフトバンクからMVNOに変えたということだったのです。J.COM.に変えたとのこと。

母とは以前はショートメッセージサービス(SMS)、現在はLINEで連絡を取っているので、キャリアを変えたことを知らなかったわけです。つまりはキャリアメールの存在意義もだいぶ低くなっています。

そうなると、もういつでもauからMVNOにキャリア変更しても問題ないかなと思います。iPhoneを使っている限り別にキャリアに固執する意味はないし、いちばんの問題点であるキャリアメールも、事実上どうでもよくなりました。あとは考え次第です。

それで先日、あまりの携帯代金の高さにうんざりしてしまい、auが最近推奨している「ピタットプラン」なるものにプラン変更しました。これからは、自宅でiPhoneでネットを見るときはWiFiで見ることにします。あるいは無料WiFiを使えるところでシビアにつなげるとか。オプションはばさっと切ってしまい、保険のみ付けることにしました。これだって別に安くはありませんが、買った2日後にiPhoneを落としてガラスを割るという不始末をしたので、これは仕方ないからつけることにしました。それでもやっぱり高かったら、今度は通話もMVNOに変更しちゃいます。機種は、しばらくこの時代遅れのiPhoe6で構いませんが、MVNOに通話を変更するのなら、その時点でSIMフリーのiPhoneにでも変えましょう(って、私もアップルさんに貢いでいるな)。

余談ですが、私がプランを変更したのとほぼ同時に、支払いを口座引き落としかクレジットカード払いにしてくれい、しないともう機種変更させないぞという脅しの通知が届きました。私は納付書払いなのです。個人的には割高でも納付書払いって好きなんですが、どうもそうも言っていられない時代になったのかなと思います。

というわけで、何らかの動きがまたありましたらまたご紹介させていただきますので、読者の皆さまもご意見やアドバイスをもししていただければたいへんありがたいのでよろしくお願いします。

コメント (3)

gooがトラックバック機能を廃止するとのこと

2017-11-01 00:00:00 | PC・通信・IT関係

先日、こちらの通知を読みました。

トラックバック機能終了について

2017-10-26 11:59:25 | 機能追加/変更について

日頃よりgooブログをご利用いただきありがとうございます。

「トラックバック機能」について、ご利用者数の減少およびスパム利用が多いことから、
送受信ともに2017年11月27日(月)にて機能の提供を終了させていただきます。

ご利用いただいておりました皆様におかれましてはご不便おかけし申し訳ございません。
何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

なお、トラックバックの送受信機能は終了いたしますが、既に受信されているトラックバックは、ブログ面、編集画面ともに消去されません。
※編集画面「トラックバック管理」にて、既存トラックバックの公開・保留・削除は継続して行なえます。

■提供終了する機能
トラックバック機能(送受信ともに)

■提供終了の理由
利用数の減少、スパム利用が多いため

■提供終了予定日
2017年11月27日(月)


引き続き、gooブログをご愛用いただきますよう、お願い申し上げます。

拙ブログにもトラックバックはありまして、左側を見ていただければお分かりのように拙ブログに好意的なものも批判的なものもありますが、読者の参考にもなるかなと思い(当然ですが)トラックバックを削除したりはしていません。が、確かに上の記事にもあるように、トラックバック機能なるものがうまく運用されている、機能が精確であるといわれるとあまりそうもいえませんね。

アダルト系や悪徳商法系のものもあるし(後者はともかく前者はうれしい?)、またあれもうまく通らないことがあるんですね。理由は不明です。またinti-solさんのやっている楽天ブログはトラックバックがないし、bogus-simotukareさんその他のはてなも、いまいちgooからは通りにくくなっています。理由は不明。たぶんですが、gooのトラックバックはあんまり機能がよくないのかもです。

ほかにも、はてなのbogus-siomtukareさんのトラックバックをおなじはてなの高世仁は断っていますし、かつて安倍晋三の無責任発言を絶賛した(そして現在では、自分の絶賛をなかったことにしているらしい)noharra氏という人物も、自分のはてなブログへのトラックバックを拒否している(いた?)みたいですね。それは先方の自由なのでどうでもいいですが。

また参考になったのならコメント欄でお礼を申しあげるほうがいいし、こちらの真意もいろいろ話せますから、そちらのほうがいいかなと思います。ただはてなの場合、idコールというのがあるので、それによってこちらも話題になっていることが分かるということはあります。私もはてなidを持っています。id:Bill McCrearyです

さらにですが、上の楽天同様、ライブドアなども昨今トラックバック機能を廃止しています。となると、トラックバック機能の継続の意義が薄れてきたということは否めないと思います。私も、最近トラックバックしていないしなあ。ただ、山本弘がこうむった災難の記事にしたトラックバックは、現在もそのおかげでしょうか、拙ブログの当該記事へのアクセスがたまにあります。その山本のブログも、すでにトラックバックは受け付けていません。またはてなも、ブログはトラックバック機能はないみたいですね。

なおスパム系以外のトラックバックで私が削除したのが、こちらでご紹介したクズトラックバックです。

読めば先方の書き手が私に愚にもつかない言いがかりをつけているだけなのは明白なクズ記事ですからそのままにしていたのですが、事情は知りませんが先方15年の12月初旬にブログその他はてな関係を閲覧できない状態にしていて、その後今日まで復活していません。閉鎖3か月が過ぎた時点で削除して、再度トラックバックしたければ勝手にしろと書いておきましたが、この分では先方からまたトラックバックされるということはなさそうですね。どっちみち過去の人物です。

余談ですが、先方かつては拙ブログに(当方を非難する)コメントを寄せたりトラックバックをしてきたりしたのですが、はてなを閉鎖した年に拙記事につけたはてなブックマークでは、idコールすらしない始末ですからね(苦笑)。どんどん腰が引けているのも面白いところです。そのはてなブックマークも現在閲覧できません。

ブログというサービス全体もいろいろ今後について限界や先細りその他問題もあるのでしょうが、好きなことを勝手に書けるという意味では私の嗜好にあっています。そういうわけで今後も続けるつもりですが、トラックバックというのはねらいは良かったのですが、機能や実態が継続に値しないという判断になったということですね。いろいろ考えさせられます。

そういうわけで、11月27日までは、したい方は拙ブログに勝手にトラックバックしてください。

コメント

(なにをいまさらながら)LINEをはじめる

2017-07-11 00:00:00 | PC・通信・IT関係

ずいぶん以前の話ですが、祖父の葬式だかなんだったかの際、某親戚と話をしていて、なんでそんなことを言ったのかは覚えていませんが、私はこんなことを話しました。

私「私は、LINEをやっていないんだ」

すると某親戚は私にこういいました。

某親戚「信じられない」

私は日常生活でもやや既成の常識にとらわれない行動をすることがないわけではないので、そのようなことを言われることがたまには、ではないかもしれませんが、あります。が、それからしばらく経ちまして、いろいろな理由があって、私もそろそろLINEを始めなければいけないなと考えるようになりました。

で、前にも書きましたように、私の母は私にSMSで連絡をくれと言っていました。キャリアメールはよくわからないというのです。それで母に伝えました。

私「母さん、こんど私もLINEを始めることにしたよ」

すると母は私に言いました。

私の母「ならこんどからLINEで連絡ちょうだい」

あれ、母もLINEをしていたのか。私の母は実母ですから私より(当然)ずっと年上ですが、やーっぱり今の時代LINEをしない人間は、相当なひねくれ者なのかもしれませんね。別に私は自分がひねくれ者であることを悪いとは考えていませんが(でなければ、こんなブログを長期にわたって続けていません)、LINEくらいはしてもよかろうと考えて、LINEを始めることにしました。

もっともLINEでのメールは、仕様はSMSと似ていますので、そう考えると母にもLINEのハードルは高くないのかもしれません。

それでネットで検索すればいいのですが、私は本を読むほうが好きなので、次の本を買い求めました。

500円でわかる LINE最新版 (Gakken Computer Mook)

この本の最初のほうを読みながら手続きをします(ただAmazonのレビューでは、この本あるいはムックは1つしか書評はありませんが、あまりよくないですね。ただレビューワーは、自分の求めているものとは違ったという趣旨のことを書いているので、内容の善悪ではないのですが)。それで6月28日の午後11時ごろLINEのアプリをダウンロードします。実は、スマートフォンにしてから(最初はiPhone4Sでした)数年(確認したら4Sを購入したのが、2012年のちょうど7月だったようです)、これが最初のアプリダウンロードでした。何かのサイトだったかで、アプリを入手しなければスマートフォンなんか何の意味もないという内容のことが書かれていまして、確かにそれはそうなのかもですが、私もそういうことに実に何の興味関心もない人間です。

それでダウンロードが完了するまで時間がかかりそうなので、この日は寝ることにしました。それで翌日6時過ぎ、早起きして電話番号、メールとパスワードを認証してもらい、私もめでたくLINEを使えるようになりました。すると、前の職場の人、現段階つきあいのない人からも電話番号登録をしているので続けざまに友だちになりました。LINEですから当然といえば当然ですが、私などから友だちでは迷惑じゃないかなと思いました。が、現段階別に苦情も来ていないので、たぶん大丈夫なのでしょう。

それでいろいろな人とLINEつながりをしています。いろいろな人と交わして、適宜メールを送ります。

それでLINEがいいのが、金がかからないということもそうですが、写真を送るのが容易なのがいいですね。キャリアメールですとやや面倒です。

それにしてもこのブログでもちょいちょい電話の社会的役割変化の話をしますが、携帯電話の発達、さらにネットの(特に携帯電話での)メールが一般的になって、「固定電話での長電話」というのが社会から激減したのは面白いですね。昔は娘(あるいは奥さん。あまり夫や息子は関係しないのがステレオタイプな見方です)が長電話をしてお父さん(夫)が注意するというのがありましたが、それも過去の話です。それで携帯電話のメールが一般的になった後LINEのようなより簡便なSNSが一般的になる。そのような変化は、私のような人間には「すごいなあ」と感心させられるばかりです。

という記事の内容から明らかなように、私はこの種のことにまったく興味も知識もない人間ですが、これからも適宜このような記事を書いていきますので、いろいろご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

コメント

SMSで連絡を取ること

2016-04-04 00:00:00 | PC・通信・IT関係

最近某芸能人(どうでもいい話ですが、私は彼女1回握手をしたことがあります。ずいぶん昔の話です)に関するトラブルでも話題になった「LINE」ですが、携帯電話が発達して、いろいろな通信手段が増えてきました。

日本人にとっては携帯電話会社が提供するキャリアメールが一般的でしたが、LINEもだいぶ力をつけてきていますし、また海外ではショートメッセージサービス(SMS)が一般的です。

日本では、つい最近まで他社の携帯電話ではSMSが使えなかったくらい、SMSは相手にされない通信手段でしたが、ようやく2011年から使えるようになりました。

それで、最近母から、こんな申し出を受けました。

母「こんどから、SMSで連絡をちょうだい」

私「なんで?」

母「携帯のメールはよくわからないから」

それ以前は、私もSMSはほとんど使うことがありませんでしたが、で、母の要望ならと使ってみると、あーら、思ったより便利です。

使ってみれば簡便だし、純粋な通信手段としては使い勝手がいいと思います。つまりは携帯電話の番号で連絡が取れるわけですから、私のように絵文字その他に興味がなくテキストだけを送れればいい人間には使いやすいわけです。

キャリアメール(そもそもこれは、和製英語です)も、やや日本で特異な発展(ガラパゴス的発展ですかね)をしていたわけですが、料金設定などを考えるとキャリアメールのほうが有利ですが(私の使っているauでは、SMSは発信に税別で3円かかります)、シンプルなSMSのほうが単なる通信手段としては私の好みに合いそうです。

いずれにせよ携帯電話のおかげで社会はいろいろ変わりました。「激突!」みたいな映画は、携帯電話が一般的だったら成立しないし(携帯電話が何らかの理由で使えないという設定にする必要があります)、職場に遅刻しそうになったときも、連絡を取るのが容易にもなったし、またプライベートな時間も制限されるようになってしまったわけです。

私はどっちみちそっちの方面に詳しい人間じゃありませんが、これからも亀のごとく勉強して、自分なりにいろいろな通信手段を使いこなして行きたいと思います。

コメント (2)