シネマトリックス

面白かった映画、つまらなかった映画、見なかった映画は空想で・・とにかく毎日1本取り上げて好き放題書きます

こんなもんでいいのか?

2017-02-11 09:59:18 | Weblog

えーーーーっと

先月末、imaxで「ドクター・ストレンジ」に行っているんですけど、別につまらなかったわけでもなんでもなかったけれど、特に書く気になれず。

ヒーローものとしては、ヒーローになった(ならされた)経緯が珍しく、その点は面白かったし、カンバーバッジの声の良さとマントに味方してもらってからのかっこ良さったらなかったけれど・・
(あのマント君、「アラジン」の魔法の絨毯みたいだった)

でも、主人公にとって当初の目的とはまったく違った展開になったのに、なぜゆえイッキに戦う気になったのか、その点がパカっと抜けている気がしてねー

見ている時は感じなかったけれど、終わってから
「あのダークサイドは何が目的だったんかね?」
とポッカーンとしちゃうし。

まあ、こうしたヒーローものになんだかんだ言う方が間違っているのでしょうから、このくらいにしておきましょう。

ものごっつい映像体験は確かにすごい。でも、映画そのものは「アントマン」の方が面白かったかな。

てなわけで、話は全然ちゃいますが、昨日相方の帰りを待ちながら、見るとはなしにつけていたテレビから流れていたのは「銭形警部」

悪い意味で「イライラ」したわ。いい意味なら「ハラハラ」させたいところだろうけど、まったくそっちじゃないくて。

だって、銭形をサポートする刑事の三浦君、弱すぎでしょ。刑事さんって基本柔道とか訓練されているはず。

キャラ設定なのはわかるけれど、不自然すぎるとイラつくよね。

爆発が起きた現場でも、
「ひどい爆発で証拠は何も見つからないよ」
って・・・

そんなに警察の捜査がザルなわけないし!
そうしたら「科捜研の女」はありえないし!

ラスト、空港でのシーンが一番ひどくて、あれだけ証拠をつきつけられて、でも、必死に逃げる犯人。仮にそこで捕まえられなくても、警察が連絡すれば、出国審査で足止めできるはず。それを、犯人側も、平気で高飛び出来ると言い放つ、あまりにも荒唐無稽な展開。

思い切り笑える展開でもないし、ただただ「くだらない」と片付けられちゃうような・・俳優もそれなりの人を配しているのに残念なんじゃない?

いまどき、あんな銭形ファッションの刑事なんかいないでしょ。ならば、いっそ、銭形の息子っていう設定にして、ちょっとしたときに銭形っぽいところが出るみたいなほうが面白かったんじゃない?

まあ、テレビドラマってあんな感じかね。他のものを見ていないので、わからんけど。

てなわけで、109シネマズポイントがたまったので、おそらく「ラ・ラ・ランド」を見に行こうかねって言っている昨今でした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セリフ劇なんだろうけど

2017-01-21 14:45:16 | Weblog

なんだろう。

再放送でテコ入れだと思われる「カルテット」を偶然見ているが、

つまらない。

あまり動きのない画面でどちらかというセリフ劇なのはわかるが、

なんだろう。

つまらないんだなー

悪くないキャスティングなのにね。

最近のテレビドラマってキャラを立てようってヘタな努力をしすぎだ。

普通の人でも、みんな十分にキャラ、立っているよ。

「私は青空より曇った空のほうが好きです」

あっちゃー

あいたたたた

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【公式】ビッグクラブパニック予告

2017-01-13 10:18:54 | Weblog

これは、わろた

2015年の作品なのよね。ストップモーションがカクカクしすぎてて、とてもここ数年以内に製作されてものとは思えないが。

だし、カニは横歩きだと思うし。でも、まっすぐ歩いてくるし。

当然ながら日本未公開。

映画「ビッグ・クラブ・パニック」のトレーラーである。

でかいカニかー
造形からして怖くないのである。ならば、ちっこいカニがウジャウジャ襲ってくる方が気持ち悪いと思うけど。「レギオン襲来」のあのちっこいのがガメラにビッシリたかる図みたいにね。

【公式】ビッグクラブパニック予告

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 ワースト映画ランキング TOP10 最もクソだった映画

2017-01-09 10:53:02 | Weblog

最近チェックしているのが、ryujiの映画レビュー動画。

この方、2年くらい前から映画のレビュー動画を上げているようですが、年末には必ず1年を総括してベスト10とクソ10を発表しているのね。

昨年2016年のクソ映画の動画が結構笑えたので、あげておくね。

ベスト映画10のキャプチャーとクソ映画10のキャプチャーがあまりにも違うのが、おかしいですよ。

2016年 ワースト映画ランキング TOP10 最もクソだった映画

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やばいんだけど」と泣いた大晦日

2017-01-01 15:49:44 | Weblog

大晦日、見るとはなしにつけていたテレビで「犬と私の10の約束」が・・

ワンコが高齢になり、息を引き取るシーンで「やばい、やばい」を連発しながら滝涙。映画自体はなんだかダルダルでかったるかったが、飼い主が、命が消えていくワンコを抱きしめながら、「この前まで子供だったのに」と泣くシーンに激しく嗚咽。

そうなんだよねー、以前、ヨーキーを連れて散歩されていた奥様と話したが、その子は、とってもちっこくて毛の色も黒いので、まだまだ若いと思ったが、結構なお年だそうで、奥様は切なそうに「パっと見ると、そんなことないと思うけど、年を取っているんだなーって思うと寂しい」とおっしゃっていた。

つまり、どうしても
どうあがいても、先に虹の橋を渡ってしまうんだねー

「私が死ぬ時はそばにいてください」ワンコからの切ない約束。

そんな大晦日を過ごし、夜中にはMXテレビの「おママ歌合戦」でダイアナが司会していることに、「相変わらず顔でかいなーでも、いいですねー」と思いつつ、今日は元旦。

皆さん、今年もよろしく!更新頻度も何とかもうちびっと上げていきたい・・です・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あと8時間で2016年も終了

2016-12-31 16:51:04 | Weblog

まったく実感なく大晦日。

皆さんもそんなものではないですか?

今年も相変わらずヘタレな更新なのに、お立ち寄りいただいた皆様、また、なぜか読者登録して下っている皆々様、感謝です。

以前のお仕事場の先輩から「読んでいるんだから、せっせと更新せんかいな」と激励を受けました。

さ、さ、さーせん!

おなじみのブログ友の方たちのところへはお邪魔していますが、読み逃げでごめんねー

てなわけで、来年も引き続きのご愛顧を!

今年はなんだかビッグバジェット・ムービーばっかり見たような気がします。

でも、観終わって数日で記憶から消えた作品もアリ・・

「スーサイド・スクワッド」、それはあんたのことです。

ベストを選ぶほど本数を見ていないですが、おそらく何年か後でも「面白かった」という感覚で残るであろう作品は「オデッセイ」

1月2日には「ローグワン」を2Dで再見する予定。どんな違いを発見できるかいな?

ではでは、皆さん、良いお年をお迎えくだちゃいねー

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦火に散った者たちの物語

2016-12-23 14:51:22 | Weblog

いつものこれで始まった「ローグワン」

でもね、SWが持っている「冒険活劇」「宇宙の西部劇」っぽいものを期待すると受け入れることが難しい作品になります。

出だしから15分くらいは、どんどん出てくる新しいキャラと、どんどん新しい星の場面になるので、いささか「んんんんん?」

ちっと待って、それ誰だっけ?そこ、どこだっけ?になります。と思ったが、途中からどんどん調子を取り戻します。

え、この人、もう〇〇だよね、な人も出てくるあたり、いや~映画技術ってすごいざんすねって思いました。

終盤の戦闘シーンも素晴らしい。
今までの3Dの飛んでくるものをよけるなんていうレベルではなく、カメラと共にカラダが移動して画面の奥に、あるいは上部に吸い寄せられていくことを実感できることが驚き。

さっきも書いたように、本作はウキウキする活劇ではなく「ウォー」戦争を描いている作品。だから、息苦しいし、ヒャッハー的なものがあまりない。

「革命軍が勝利をおさめた裏には、こうした名もなき兵士が捧げた命があった」 それを描いた作品ですね。

できれば、初回は3Dで。

ラスト5分、ベーダー卿が出てきて相方はウルウルしたそうです。あまりのかっこよさに。

そして、ラストシーン、振り返るその人に「希望」をつなげて、見事に4へと。。。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日imaxで出撃

2016-12-21 09:58:52 | Weblog

いや~

色々書きたいことがあったのに、こんなに時間がたっちまった。

Billさんのビヨルンの画像に驚き、でも、彼がもしも女性で「ベルサイユのバラ」のオスカルを演じてくれたら最高だったのになと思ったり。

渡辺直美ってイケてるおデブさんだわと思ったり。

ゲイの見分け方、coolさんの記事を読んで、そこまではやっぱわかんない、でもテレビに出ている時、音声消して見ていると、なんとなく「そうかな」と感じることがあったり。

島根の事件、本当に残虐な方法で殺人して、それを撮影していたなんて・・・ひどすぎると思ったり。死んでお詫びしろではなく、死なずに償えと思ったり。

ヘッポコ監督、ドン・ドーラーの記事を書きたいと思ったり。

何度見てもピコ太郎でキレイさっぱり笑えない自分がいるなと思ったり。クスっともならないなー

そんなこんなな日々ですが、本日「ローグワン」
imaxにて出撃してまいります。

最近よく見るyoutubeの映画レビュー、Ryuji show
歯切れがいいし、面白いし、「あーわかる、わかる」って感じですが、彼は本作に10点中8点をつけています。結構得点高い方ですね。
私はどうだろな?

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

古舘伊知郎の使用方法

2016-12-07 09:06:06 | Weblog

古舘伊知郎の新番組「フルタチさん」が苦戦しているらしい。

興味なかったけれど、番組サイトを見てみると、
「これ、他でもやっていることじゃないの?」
的な内容のバラエティらしいですね。

でも、古舘が軽妙なベシャリでリードしていることに意味があるって局側は言いたいんでしょう。

古舘伊知郎という人は、何かしら、すごいコンテンツがあって、それを鋭角的な言葉に変換して伝えることに長けている人だと解釈している。

プロレス中継
F1中継

セナを「音速の貴公子」など、すごい言葉を思いつくなーと思うことがシバシバ。。。だった。

だから、この人を登場させるのであれば、強力なメインの出し物が必要なのだ。それに伴走するのが適切な役回り。なのに、「ひっかかることを検証していく」では・・・

それに時代も、もう彼のようなバリバリとしたベシャリ手を求めていないような気もする。

「面白くないよね」
知り合いがポツリと言っていた。
そう、もはや面白くない領域にまで達した感ありのフルタチさん。これからどう進んでいくのか?そっちの方がむしろ気になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

youは何しにアメリカへ・・「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」

2016-11-26 14:35:46 | Weblog

JKローリングさん脚本による「ハリポタ」シリーズのスピンオフ、全部で3作の製作が予定されているそうですが、1作目を先日鑑賞。

飛び出さない2Dだったけど、十分ではないかと・・

「ハリポタ」は私も相方もどうも食指をそそられず、テレビ放映を見ていても途中で寝てしまうのだが、これはなかなかでした。

といっても、爆発的な面白さではなかったので、2作目を見るかはわからないっす。

ローリングさんの「あるある」としては、登場人物たちの最初の行動目的は途中でどうでもよくなり、途中経過で見せる、読ませるシーンに盛り込む出来事に気を取られて・・っていうのがあると思います。本作でもエディ扮する魔法動物学者がイギリスから渡米するのですが、本来あった目的は途中くらいからあまり意味がなくなり(一部は存続するけど)そこで起こる騒ぎでお腹いっぱいに・・

でも、ま、いっか。

エディはノリノリでなんとなく弱気そうな心優しい研究者を演じていて、たまに「バカなの?」的な顔になったりします。(ファンの方、ごめんねー。褒めているつもり)

口、ポッカンのシーンが多いんで、そう感じるね。

すごいな~と思ったのは、あの美少年、エズラ君があの「アダムス・ファミリー」のラーチのような雰囲気で恐怖と怒りを中に鬱積させる役をやっていたこと。

エズラ君、いわく、コリン・ファレルの邪悪なすごさのおかげで、自分もあんな演技ができたとのこと。

ふたりがからむ怪しいシーンはかなり良かったです。

てなわけで、まずまず・・でした。今年はあと「ローグワン」、そして年明けは「ドクター・ストレンジ」だわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見たこともないって、そりゃ、そうでしょ

2016-11-16 13:18:24 | Weblog

B級をはるかに凌駕するZ級の映画が世界に生息しているのは知っていますが、この作品もまさにそのカテゴリーに属する1本と言えましょう。
youtubeの解説には

「ナチスが生み出した不死身の怪物の恐怖を描くパニック・アクション、2016年のアメリカ映画。

1942年、ナチスが極秘に開発していた生物兵器は破壊され、世界に平和が戻った。
だが、怪物は実は生きていた。そして現在、海辺の小さな町に人造生命体・フランケンジョーズが現れる…。」

はい、ちゅーもーく
2016年の映画ですよ、これ。
最注目点です。
しかも商業映画です。

サメがね
なんか
アンコウに見えるのは私だけでしょうか?

登場人物も「そんなバカな」とか「すごい」とかセリフがあるんだけど、極めて無表情。

いや~~これ、当然未公開らしいですが、レンタルで見られるらしいんですよ。
怖いモノ見たさで・・いや~~お金もったいないから、テレ東でやってほしい。

『フランケンジョーズ』 予告編

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この狼はガチ物?

2016-11-13 14:31:29 | Weblog

来月公開の
「ワイルド わたしの中の獣」
ドイツ映画らしいんですよね。

どこかしら閉塞感のある毎日を送っていた若い女性。
彼女はある日、公園ではぐれ狼と出会い、心を奪われる。
なんとかその狼を捕らえて、手なずける彼女。
やがて狼への気持ちは恋となり、彼女の野生が吹き出す・・

てな話。

人間以外の動物との恋愛映画は今までもあったよね。大島渚の「マックス・モナムール」などもその中の1本。

いわゆる獣姦シーンがあるかどうかはわからないけど、マッパでトイレに座る彼女の股座に顔を近づけようとする狼という画像があり、う~~ん、結構エロ度が高いです。

にしても、この狼はガチものなのかしら?
CGじゃないような感じだけど。。だとしたら、どうやって撮ったんだろう?ワンコの中に外見が狼とよく似ている子がいるので、そうしたワンコを使った可能性はあるかな。

トレーラーはこちら。

オオカミを愛する女性…映画『ワイルド わたしの中の獣』予告編

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なんかすごい人生だね、ひっさしぶりに画像を見たサマンサ・フォックス

2016-11-03 17:07:40 | Weblog

youtubeで80年代の舶来音楽(洋楽)ベストヒットを聞いていて
「あああ、音楽の神は80年代を最後に立ち去ったな」
などと勝手にため息をついていたら、とても久しぶりにこんな人の画像を見ました。

サマンサ・フォックス

アイドル的なお顔にムチっとした容姿で一時期人気があった人ですね。

ちょっとヤンチー系っていうのか。トレーシー・ローズに似ていなくもない・・(トレーシーを知らない人はググってちょ)

調べるとですね、見事ヌードにもなっているようでバストに保険をかけていたんだって。

人生の歩みを見ると、こういう人特有のとっても大変なことも体験されているようです。
父ちゃんがジャーマネをしていたらしいが、母ちゃんと離婚しており、どうも娘の稼ぎを使い込んでいたらしい。

絵に描いたような、よくある話です。

その後もワチャワチャあって、彼もいたことがあるけれど、現在は女性マネージャーと結婚された模様。たぶん、バイセクシュアルなのでしょう。

現在50歳になり

はい、白人の迫力系の方にアリガチなお姿に。

この人の画像を見ると、不思議なことにこうして腰に手をあてているポーズが多いんだ。ファイティングポーズ的っていうのか・・この方の人生を表しているような・・てか、こういうポーズが痩せて見えるっていうことなのかもしれんね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今見返すと、やはりよくできている

2016-10-26 09:15:34 | Weblog

今秋の新番組でスタートした織田裕二の推理もの。再放送で偶然見たが、?????いっぱい。

しゃべりぶりも?????

右京????

それに天才の頭脳が解き明かす事件の真相ってことになっているのに、そうした「おおおお」感がゼロ。

これ、これからどんな展開になるんだろうかね~怖いモノ見たさで結構数字が出るのか?はたまた3回目以降は、もういいやってなって急降下???

織田裕二は悪い俳優ではないでしょ。ヘタでもないし、魅力がないわけでもない。でも、髪型が(ほぼ)不変で、そうした何かとてつもないこだわりが邪魔している部分があるのかな?確か以前フシさんが、時代劇ですら、あの髪型でその上にチョコンと小さなチョンマゲというマカ不思議さだったと。

俳優は外見含め役柄によってガラっと違ってくると楽しいんだけどな。

このドラマ、「話し方が右京そっくり説」があるけれど、「古畑任三郎」も放映当時「刑事コロンボ」のマネだって言われていました。まずは犯罪が行われ、視聴者は犯人を目撃、そこを刑事が謎解きをして・・っていうプロセスがそっくりだし、犯人役に豪華な俳優を配するのも、主役である任三郎の特徴的な話しぶりも・・と言われたけれど。

最初のネタ晴らしはコロンボ特有のものではないし、任三郎はコロンボと違って風体の冴えない男ではなく、ある程度おしゃれでスタイルをもった男だし、部下はみんな任三郎ラヴでお近づきになりたがるし。

田村正和に「私のように襟足を長くした男」なんていうセリフを言わせるのも、なかなか。

部下の今泉役の西村君のおとぼけぶりもキャラが立っているしね。

コロンボとまた違った楽しさがある作品に立派になっているなと思います。

youtubeで、キムタクが犯人役を演じている回を見ましたが、面白かったです。キムタクも若かった。。

人気番組、人気キャラをまねること自体は、ダメではないので、織田さんのドラマも「面白ければそれで良し」
でも、「面白くなければ、ただのパクリ」に終わってしまうので、頑張ってね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フジテレビ、それでも懲りない製作者たち

2016-10-16 08:52:14 | Weblog

またも「未解決事件FBI捜査シリーズ」を放映したフジテレビ。

今回、前半、元FBIのプロファイラーのおばさまが来日。未解決事件をプロファイリング。結構細かいところまで分析したってことになるけど、このレベルのプロファイル、日本の警察にはできてないのか??

この分析によれば、犯人はこのご家族と(ある程度)顔見知りなわけで、そうなると一気に絞られないかね?

後は日本の警察次第なんだろうけど。

前半の最後の方で、プロファイラーのおばさまがアメリカに帰国、何人かの精鋭を集めて、ちんまい会議室で分析会議をしていた様子が映った。
おばさま以外にも、○○大学教授だかなんだか、女性が複数人でていた割にまったく発言なし。編集するにしても、ひどくない?わざわざ来ていただいているのに、ただテーブルを囲んで真剣な面持ちで座っているのが映っただけって・・言ってもいいんなら、まるでダイキンエアコンか殺虫剤のCMみたいだった。

でもまあ、ここまでは許すわ。

問題は後半。

7年前、宿泊野外学習中、山中でこつ然と姿を消した小学生の女の子の捜索。

アメリカで行方不明者を50%の確率で発見しているっていう団体が登場、そして、またも懲りずに変なおじさんが出てきた。

いわゆる「視えます」っていう奴。

以前にもジョー・パワーだかなんだか知らんけど、すんごい怪しい超能力おっさんを出して、バッシングを受けたのに、またやっている。

この道を通っている、それが見えるみたいなことを言ったが、視聴者からその道路は女児が失踪した当時には開通していなかったとクレーム。

そんな極めて正しいクレームをものともせず、今回もダウジングして、「この場所にいる」と断定。

そこにワンコ数匹を投入、優秀なワンコたちでほんのわずかな腐敗臭や血液の匂いにも反応って・・・
あのさああああああ、この女の子が行方不明になってから7年が経っているんだよ。

もしも、そこに(かわいそうでお気の毒だが)遺体となっていたとしても、そんな匂いが出ないだろ!!!

案の定、指定の場所から発見には至らず、お母さんの希望もあり、他の場所も探したが、手がかりもつかめなかった。

こういういつもの展開で、保護者の方たちはどんな気持ちになるんだろうか?

毎回、毎回、同じこと。本国ではすごい手柄を立てているっていう超能力者が、日本では本領発揮できずに帰国・・って。本国でのご活躍も本当のところは謎だけどさ。

しっかし、よくも恥ずかしくないよね、こんな番組作っていて・・

放映する神経が知れないよ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加