ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

ロンドンオリンピック三段跳びの美女たち

2012-09-16 08:47:40 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)




ウクライナのクニャジエワ(Hanna Knyazyeva)です。4位に入りました。



スロヴェニアのセスタク(Marija Šestak)です。決勝では、上位8位に残れませんでした。スロヴェニア国籍ですが、セルビア系みたいですね。



銀のコロンビアのイバルゲン(Caterine Ibargüen)、金のカザフスタンのリパコワ(Olga Rypakova)、銅のウクライナのサラデュハ(Olha Saladukha)です。金の人は、前記事を書きました。



リパコワです。



サラデュハとクニャジエワです。



ロシアのレベデワ(Tatyana Lebedeva)です。彼女も上位8位に残れませんでした。



8位のヴァルケヴィッチ(Viktoriya Gurova Valyukevich)です。彼女は今年30歳のベテラン。



金と銅の2人です。旧ソ連つながりで仲がいいのか悪いのか。



ベルギーのポルシャコワ(Svetlana Bolshakova)。名前からわかるようにロシア生まれで、ベルギー人と結婚してベルギー国籍を取得しました。残念ながら予選落ち。ああ、美女は弱い。



イタリアのシモーナ・ラ・マンティア(http://en.wikipedia.org/wiki/Simona_La_Mantia)。ちょっと顔がわかりにくいですね。



ついでだからもう一枚。彼女も予選落ち。



米国のスモック(Amanda Smock)。予選落ちです。そうは見えないでしょうけど、もう30歳です。

だいたい毎週日曜あるいはその近辺の曜日におもに白人を中心とするロンドンオリンピックの美女たちをご紹介します。お楽しみに!
コメント

ロンドンオリンピック3000m障害の美女たち

2012-09-08 01:59:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
女子の陸上競技としてはマイナーな競技、3000m障害の美女たちをご紹介。



これは予選の写真。米国のキップ、ラトヴィアのジェリザロワ。彼女はロシア系ラトヴィア人みたいですね。



ドイツのモルドナー=シュミット



米国のフラネク



モルドナー=シュミットとクラウゼ。この写真はオリンピックのものではありません。



クラウゼ。ドイツの選手です。



スペインのドミンゲス



米国のコバーン。彼女はなかなかの美人です。



英国のパーカー



フィンランドのエリクソン。彼女はスウェーデン系フィンランド人です(たぶん)。英語版ウィキペディアにも、「Swedish-speaking Finns」のカテゴリーに入っています。



金メダルのザリポワ



表彰台では笑顔です。

というわけで、定期的にロンドンの美女たちを特集します。お楽しみに。
コメント

オリンピックの知られざる美女(1)アンジェリーク・トランキエ (モナコ)

2012-08-20 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
1)としましたが、(2)以降があるかどうかは分かりません。どっちみち美女には困りませんから、いくらでもネタはありますが。

私はロンドンオリンピックの開会式を見ていて、モナコの旗手の女性に注目しました。なかなかの美女ではないかと思ったわけです。

調べてみて、彼女の名前がアンジェリーク・トランキエであることがわかり、いろいろ情報と写真を仕入れることができました。

彼女は水泳背泳ぎの選手です。まったく決勝に残れる力はなく、予選落ちでしたが、しかしモナコの選手ですから、参加するだけ意義がある、っていうことなのかもしれません。今回モナコで女性選手は彼女だけです。



左側が、アンジェリーク・トランキエ。真ん中の男性は、モナコ大公アルベール2世。









こちらの写真は、昨年の世界選手権のもの。







金髪の美女は、モナコ大公アルベール2世の奥さんであるシャーリーン・ウィットストックです。

で、これはご存知の方もいるでしょうけど、実は彼女は南アフリカ(出身はジンバブウェ)の競泳選手で、しかも背泳ぎの選手だったんです。2000年には、シドニーオリンピックにも南アフリカ代表として参加しています。たぶん同じ水泳選手なので、彼女もトランキエにたいする思いは格別なんじゃないかな。

しかしアルベール2世ってハンサムじゃないね(苦笑)。お母さんが超美人なんだから、彼も絶世の美男とまではいわずとも、もうすこし美男子でいい気はします。奥さんはすごい美人だから、子どもはどうなんですかね? 隔世遺伝ということもあるのでなんともいえませんが。奥さんとの子どもは(まだ)いません。

アルベール2世なんかどうでもいいですが、これからも美女の探求を続けますので乞うご期待。
コメント (4)

ブリッタ・ハイデマンのヌードとドイツのホッケーキャプテンのヌード

2012-08-18 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
ドイツのフェンシング選手のブリッタ・ハイデマンという人が、韓国選手との判定でトラブルを起こしました。彼女自身は今回は銀メダルです。前回北京オリンピックは金メダルでした。








で、実は彼女は2004年にヌード写真を発表しています。







実はこの時、一緒にヌードになった人に、現ドイツホッケーチームのキャプテンがいます。ほんとドイツって、いい国です(笑)。













すごいでかい写真でごめんなさい。これだと職場のPCとかじゃ見にくいか(笑)。

また美女選手を探求しつづけます。

なお今日は8月14日ですが、18日の記事として発表します。
コメント (6)

美女特集に長きにわたっておつきあいいただきありがとうございます(でもまだ終わりません)

2012-08-15 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
こんな記事を書くのも変な気もしますが、オリンピックの際は、白人女性を中心とするアスリート美女を徹底特集しました。バンクーバーオリンピックの際は、このブログの読者増に美女特集が強力な武器となったので、今回のオリンピックも当然そのつもりでした。

で、想像以上に効果がすごかったですね。今回は、ほんと他の記事は書かない(最初はスポーツの記事は書くつもりでした)という方針のもとに美女を探求しました。が、結果はというと残念ながらなかなかオリンピック美女探求は難しいというのが正直なところです。陸上の世界選手権などは陸上だけに集中できるので美女の調査も容易ですが、しかしオリンピックは種目が多すぎて収拾がつきません。もちろんぜんぜん知らなかった美女の発見も連日ですのでこんな楽しいことはないのですが、それにしても紹介したい美女が多すぎて大変です。

残念なのは、紹介したヴラシッチやクリシュナらが出場しなかったということです。クリシュナについては、ちょっと事情が不明なところもあるのですが…。

次はソチで美女探求ですか。それ以前にいろんなスポーツイベントで美女を探求しなければいけませんが、私もこればっかり記事を書いているわけにもいきません。しかし可能な限り美女をさがしてこのブログで紹介したいと思います。

というわけで、いろいろやっていて私が理解したことがひとつあります。それは、

美女に勝るもの、この世になし

ということです。が、前にも書いたように このブログは美女紹介ブログではないし、私も美女記事に飽きたので、1週間くらい美女記事はやめます。しかし、たぶんもうしばらくすれば、また喜々として美女記事を書く私がいます。

で、せっかく美女についてさまざま探求したのにオリンピック終了後にその成果を発表しないのはもったいないので、しばらく「ロンドンオリンピックの美女」とでも題して、継続的に美女の写真を発表しようかと思います。たとえば毎週日曜日に発表するようなことを考えています。

というわけで、美女記事の好きなあなた、「ライプツィヒの夏」をまたよろしくお願いします。あ、映画や旅や社会関係の記事ももちろんばしばし書きますので、こちらのほうも。

8月13日ですが、15日の記事として発表します。
コメント (4)

ロンドンオリンピックの美女たち

2012-08-14 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)


エマ・グリアン(Emma Anna-Maria Green Tregaro)、スウェーデンの走り高跳びの選手です。今回のオリンピックでは8位です。



おなじみ、ロシアのアンナ・チチェロワ(Anna Vladimirovna Chicherova )、走り高跳びで金メダルです。今回はヴラシッチが出場しなかったので、彼女にとっては金メダルをとるチャンスでした。



上に同じ。





アリアネ・フリードリヒ(Ariane Friedrich)ドイツの走り高跳び選手で、セーラームーン大好き女性です。今回は、決勝に残れませんでした。



ポーランドのアンナ・キールバシンスカ(Anna Kiełbasińska)、200メートルに出場しましたが、予選であえなく敗退。ポーランドも美女が多いのでちょっと詳細に研究してみます。



エレン・スプルンガー(Ellen Sprunger)、スイスの七種競技の選手で、19位でした。



ジェシカ・スミス(Jessica Smith)、カナダの800mの選手です。準決勝で敗退しました。ああ、やはり美女は弱い。



ロシアのマリア・キリレンコ(Maria Yuryevna Kirilenko)、ロシアのテニス選手です。ロシアも美女国です。もっとも名前からすると、彼女はウクライナ系なのでしょう。



おなじみ、パラグアイのレリン・フランコ(Leryn Franco )です。予想通りといっちゃなんですが、やっぱり予選落ちでした。

というわけで、そろそろ美女特集もおしまいです。
コメント (4)

残念、ハンナ・イングランドとデイドラ・ライアンはそろって討ち死に

2012-08-13 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
今日は非常に残念な記事を書かなければなりません。美女大好き人間の私からすれば、痛恨のきわみです。

私が今回のオリンピックでもっとも期待していた2人の美女、ハンナ・イングランド(英国 1500m)とデイドラ・ライアン(アイルランド 走り高跳び)が2人とも決勝に残れなかったのです。

正直、ライアンに関しては、決勝にいければもうけものくらいだと考えていました。そんなに抜群の実績があるというわけでもないので。

しかしハンナちゃんは、昨年の世界選手権で銀メダルまでもらっているので、メダルはともかく決勝くらいは進めるのではと考えていました。

しかし…現実は厳しいですね。ライアンは1m90がクリアできずに敗退、ハンナちゃんも予選はさすがに通過しましたが、準決勝はどうにもならない完敗というところです。

以下、今回のオリンピックでの彼女らです。最初はハンナちゃん。











昨年の世界陸上で見せてくれたハンナちゃんの笑顔は今回はまったくありません。彼女は地元開催のオリンピックで当然張り切っていたのでしょうが、やはり調子が悪かったんですかね。詳細は分かりませんが、彼女の最高の笑顔を見たかったんだけどなあ。なでしこが銀メダルだったことよりも、柔道男子がひとつも金メダルを取れなかったことよりも、これほど私にとって残念でくやしいことはありません。

次はライアンを。彼女の写真のほうが多いのは、好みの問題と解釈していただいてけっこうです。























なんか最後の写真、すごい心にしみわたりました。アイルランド人ですから彼女も今回は準地元開催ということではりきっていたはずですけどねえ。

どうでもいい話ですが、私の女性の好みというのは、美人で、背が高くて、色白で、頭が良くて、やせいている人です。で、この2人は、すべてにおいて文句のつけようがありません。

2人とも(少なくとも私にとっては)すごい美人だし、背が高いし、白人だから色白だし、ハンナちゃんはオックスフォード大学の教員の娘だし、ライアンはダブリンの大学で博士号取得のために勉強中です(私も修士はもっているから、博士をめざそうかな)。で、2人ともやせすぎているくらいやせているじゃないですか。すばらしい女性とは、このような方々です。

彼女らのような最高レベルに私の好みの女性が活躍してくれると、オリンピックも見ていて楽しいんですけどねえ。なかなかそうはいきません。

たぶんライアンは引退、ハンナちゃんはどうかな? ともかくお2人の今後の活躍を祈ってこの記事を終えます。

なお、本日は8月12日ですが、13日の記事として発表します。
コメント (5)

アレックス・モーガンの写真(たまには美女が不美女に勝つ)

2012-08-12 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
サッカー女子は、米国が日本に勝ちましたね。

もともと総合力では米国のほうが強いことはわかっていたわけで、日本が負けたのは仕方ないところでしょう。よく頑張ったというべきです。

ところで、だいたいにおいて、美女と不美女が戦うと美女が負けるような気がしないでもないですが、しかし今回は無事に美女のほうが勝ちました。美女の味方の私としてはほっとしたところです…というのもひどい話ですが。

というわけで、お約束どおりアレックス・モーガンの写真を。ほんとはもっと早く記事を出したかったのですが、日本戦の写真がそろうのを待ちました。

日本戦での彼女の写真です。余談ですが、米国の監督が猫背なのは、やはり自分が長身なのに若干コンプレックスでもあるんですかね。昔はともかく今はそんな人はいないと思いますけど。











まさに勝者の笑顔です。



コロンビア戦での彼女。







隣は、日本戦でのゴールを挙げたロイドです。

フランス戦での彼女。



たぶん次のオリンピックにも彼女は出場するでしょう。彼女の動向には私も注目したいと思います。

8月11日ですが、12日の記事として更新します。


コメント (2)

いろいろな競技の美女たち

2012-08-11 00:00:00 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)


ダフネ・ジッパーズ、オランダの七種競技の選手です。コメント欄で、Ko1tnkさんから紹介していただきました。



上に同じ。優勝したジェシカ・エニスと。




エリスカ・クルチノワ、チェコの七種競技の選手です。



上に同じ。



アニエセ・アレグリーニ、イタリアのバドミントンの選手です。



イヴァナ・マクシモヴィッチ、セルビアの射撃の選手です。



ヴィクトリア・ペンドルトン、英国の自転車競技の選手です。



サイナ・ネワル、インドのバドミントンの選手です。



ユリア・ローデ、ドイツの重量挙げ選手です。



レリン・フランコ、パラグアイのやり投げの選手です。

まだまだ美女探求は続きますのでお楽しみに!

まだ8月9日ですが、11日の記事として発表します。
コメント (4)

棒高跳びの美女たち そして 祝! 300万PV突破

2012-08-10 08:26:58 | 美女探求(2012ロンドン五輪の美女たち)
棒高跳びはパワー系の種目なので、他の跳躍種目とくらべると選手も筋骨たくましい人が多く、かならずしも私の好みでもないんですが、やはり記事にします。

まずは、べつに美人ではありませんが、金メダルをとった米国のジェニファー・サーです。彼女は旧姓スタチンスキで、ポーランド系ですね。コーチと結婚していまの姓になりました。



肩の筋肉、すげえ…。あとパンツもでかめですね。







顔はごついけど、感涙にむせぶ女性っていいですね。前回銀メダルだったから、感激も人一倍でしょう。

銅メダルをとったおなじみエレーナ・イシンバエワ。彼女ももう30歳なんですね。



4位のジルケ・シュピーゲルブルクです。なかなかの美女です。



5位のマルティナ・シュトルツ。やっぱり染めているんですかね。1159�と棒高跳びの選手としては小柄な方。



6位のリサ・リジッヒ。彼女は旧ソ連出身ですので、ソ連在住のドイツ系だったということですね。





ドイツもいい棒高跳びの選手がいる国です。

米国のベッキー・ホリデイ、9位の選手です。



どうでもいいですけど、彼女の金髪は天然なんですかね?

アラナ・ボイド、11位に終わりました。



昨年世界選手権優勝のファビアナ・ムレルは予選落ちです。決勝でも記録なしということがあり得るのが、棒高跳びの怖いところです。



ほかにもご紹介したい選手は何人もいるんですが、オリンピックの写真が見つからないので断念しました。また、本日は9日ですが、10日の記事としてご紹介します。

以下は、ちがう記事です。





このブログのアクセス数が昨日(8月8日)300万PVを突破しました。100万PVを突破したのが去年の4月、200万PVを突破したのが今年の1月だったので、私としては10月くらいの300万PV突破を予想していたのですが、意外とはやく突破できました。つまりはオリンピック関係の美女の記事のおかげです。美女がいかに偉大か、あらためて痛感します。ここしばらくは1日につき8,000PV以上のアクセスをいただいているわけですから、なかなかすさまじいアクセス数です。

それにしても100万PV突破まで3年5ヶ月ですから41ヶ月、200万PVまで9ヶ月ですから、かなり読者も増えてきたなと思います。実は、今年あたりは、どうやらこのブログの読者数もそろそろ頭打ちかなと考えていたのですが、まだこのブログは読者数を伸ばす余地がありそうです。このブログはいろんな内容があるので、こいつの政治の主張には賛成しないが美女が好きだから読むというう人もいるでしょうし(そういう人はあんまりいないかもしれませんが、いたらごめんね)、美女には興味はないが旅の記事が面白いという人もいるでしょう。世の中、ブログの読者数を上げるには内容を絞ったほうがいいというのが定説ですが、このブログはむしろさまざまな記事があることが読者数を稼ぐ要因のようです。世の中必ずしも定石が正しいわけではありません。

このブログは国際政治の話から美女のヌードまであるというのが宣伝文句です。左にブックマークさせていただいているさまざまな方々からいろいろなことを勉強させていただいています。ほかにもWakabunさんやApemanさんその他のサイトからもいろいろ勉強させていただいていますし、ここではお名前はあげませんが常連コメンテイターの方々ほかいろんな方々から勉強させていただいています。放蕩息子さんその他さまざまな方々の支援もいただきました。これからもさまざまな記事を書いていきますのでよろしくお願いします。
コメント (4)