ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

どちらも最高レベル(最低?)にひどい話だと思う

2017-06-30 00:00:00 | Weblog

昨日(6月29日)に読んだ、「これはひどい」と私が思った記事を2つご紹介。

バンジージャンプで死亡した17歳、事故の原因は「ヘタな英語」か

6/27(火) 19:10配信 女性自身

2015年8月、オランダ人のヴェラ・モルさん(当時17)は旅行先のスペイン・サンタンデールの橋の上から挑戦したバンジージャンプの最中、下の壁に激突し死亡した。

モルさんを担当していたインストラクターは過失致死罪に問われ、現在裁判の真っ最中だ。先日行われた公判で、安全器具を装着した後にインストラクターが言った「no jump(ジャンプしないで)」という英語を、モルさんが「now jump(さあ、飛んで)」と聞き違え、器具の調整をしないままジャンプしてしまったことが事故の原因となった可能性があることがわかったと英テレグラフ紙が伝えている。

「犠牲者が『no jump』という拙い英語を聞いて、『飛べと命令された』と誤解したということはかなりの確率であり得る」と判事は述べたという。

・・・(絶句)。これ、真相はわかりはしませんが、もしこの記事が事実であれば、なんとも気の毒としか言えませんね。お亡くなりになったVera Molさんのご冥福をお祈りします。なおこの件は、世界中で報道されている模様です。

 しかしですよ。次の記事は、読者の方も知っているかもですが、ほんとすごいですよ。もちろん悪い意味で「すごい」ということです。

>ユーチューバーが生放送中に誤って恋人を射殺 「もっと視聴者がほしい」
HuffPost Japan | 執筆者: ハフポスト日本版編集部
投稿日: 2017年06月29日 17時30分 JST 更新: 1時間前 YOUTUBER

恋人同士のユーチューバー。視聴者を集めようと過激さがエスカレートした末に、悲劇が起きた…。

アメリカ・ミネソタ州で6月28日、19歳の女性が、YouTubeでのライブ中継中に、22歳の恋人を誤って射殺。女性は過失致死の疑いで逮捕された。現地メディアのミネソタポリス・スター・トリビューンなどが報じた。

銃を発射したのはモナリサ・ペレス容疑者。「デザート・イーグル」という50口径の短銃を使って、恋人のペドロ・ルイスさんを撃つ様子をYouTubeでライブ配信した。中継は、胸に百科事典のような厚い本を持って立つルイスさんに向かって、恋人が発砲するという内容だった。

しかし、約1フィート(約30センチ)離れた場所から発射された銃弾は本を貫通し、ルイスさんの胸に当たった。1発の銃弾によって、ルイスさんは死亡した。

CNNによると、ペレス容疑者は、ルイスさんからこのアイデアを持ちかけられ、説得されたのだという。ルイスさんはペレス容疑者に、彼がかつて銃で撃った別の本を見せて、大丈夫だと安心させた。以前の本では、銃弾が貫通していなかった。

ペレス容疑者はこの日、「私とペドロは、これまでで最も危険な動画を撮影する予定です。私ではなく彼のアイデアです」とツイートしていた。

ルイスさんの叔母はルイスさんからこのアイデアを打ち明けられたときに、止めるよう諌めたという。ルイスさんはこの時、「より多くの視聴者がほしい」と話しており、ライブ中継では2台のカメラを用意。約30人の視聴者がいた。

2人の間には既に子供が1人おり、現在ペレス容疑者は妊娠7カ月だ。2人は3月に、YouTubeチャンネルを開設。「10代で親になった若いカップルのリアルな生活を明らかにします」などと説明していた。

あんたたちどんだけ馬鹿なのよ・・・と本気で絶句しました。記事では

>恋人

とありますが、事実婚のようですね。名前からすると2人ともスパニッシュのようです。それで女性のほうはティーンエイジャーで2人目の子どもを妊娠中ですか・・・。決して裕福なカップルでもないでしょうし、女性が実刑になるかどうかも定かでありませんが、すでに生まれている子、これから生まれてくる子にこの事態を将来どう説明するのか、考えれば考えるほど気がめいります。

こんな記事を書いている私も思いっきり精神が鬱になりました。今日はこれでやめます。

コメント

前に担当してもらったバスガイドの女性と再会する

2017-06-29 00:00:00 | 身辺雑記

ちょっと前、私が仕事で観光バス数台をつらねる行事の随行みたいなことをしたところ、「おや」と思いました。数人のバスガイドの女性の1人が、私が前にやはり仕事で団体に随行した際に担当してくれた人だったのです。今回は私が乗ったバスの担当ではありませんでしたが、間違いなく同じ女性でした。20代前半くらいです。

日々仕事に追われているんだろうから、私のことなんか覚えていないだろうなと思いながらちょっと話しかけてみました。

私「昨年○月に××の関係でお世話になりましたよね」

バスガイドの女性「はい! その際はお世話になりました!」

意外にも覚えてくれていたみたいです。でも覚えていなくったって、こういう場合は覚えているように装うからね。私の場合随行ですから、ほかの人よりは印象に残ったということはあるでしょうが。

前にこんな記事を書いたことがあります。 

俳優・岩瀬亮と数分間だが1対1での話ができた

それでその記事に登場した俳優岩瀬亮に、実は私は記事発表後再度顔を合わせることができて、話をする機会に恵まれたのです。それで私は彼に、このように言いました。

私「以前私、△△で岩瀬さんとお話させていただいたんですが・・・」

岩瀬さん「あ、覚えています!」

これもどんなもんかいなと思いますが、ただある人は、覚えていないのなら「そうですか」と言うんじゃないのと私に語りました。あるいはそうかもしれません。

それでバスガイドの人との話に戻りますと、私のほうもその節はお世話になりましたという趣旨の話をして、その場を去りました。自分のバスに戻って、私のバスを担当したバスガイド(彼女は中年女性)に聞いてみました。

私「実は、他の車両に知っているバスガイドの女性がいたのですが、やはり見覚えのあるお客がいるということあります?」

バスガイドB「はいあります。たとえば・・・」

話をしてみると、そんなに珍しいことではないみたいです。もちろんバス会社の規模にもよるでしょうが。たとえばはとバスのガイドなら、はたして覚えているかどうか。

で、目的地に到達したあと、先ほどの女性に(よせばいいものを)ちょっと頼みごとをしてしまいました。

私「ガイドさん、せっかくまたお会いしたのだから・・・」

バスガイドの女性「はい」

私「私と記念写真を撮ってくれません? もうお会いすることもないでしょうから」

バスガイドの女性「いえ、そんなことをおっしゃらずに・・・」

近くにいた運転手の人に撮ってもらいました。それにしても私みたいな人間からこんなことを頼まれるのですから、バスガイドという仕事も大変です。

でもまあ快く(?)撮ってくれたのですから、いいか。

顔を見せないのだから第三者は確認できませんが、私のほうはだいぶ固い顔です。前にアラン諸島からアイルランド本土へ向かう船で韓国人美女と写真を撮った際のほうがいい表情でした。この日は仕事だから仕方ないか。女性のほうはさすがににこやかです。

まあたまには(でもないか)こういうしょうもないことをしてもいいだろうということで記事にしました。私と一緒に写真を撮ってくれたあなた、ありがとうございます。

コメント (2)

やっていることが、反社会的勢力と変わらない

2017-06-28 00:00:00 | 社会時評

bogus-simotukareさんの記事を読んでいて、おいおいと思いました。産経新聞の記事より。

>2017.6.27 05:00

自民党が120万党員確保へ強権発動 党員獲得のノルマ未達議員は名前を公表へ 近く正式決定し支持基盤固めを狙う

(中略)

自民党の党員数は回復基調にあり、昨年は8年ぶりに100万人を突破して104万人となった。ただ想定より回復ペースは遅い。執行部は、来年末までに衆院選があることも踏まえ一層の取り組みを促すため、今年末時点で党員1000人に満たない議員の名前を来年春にも公表することにした。

 自民党は平成24年の政権復帰後、党勢回復を目指して26年から「120万党員獲得運動」をスタート。全議員に新規と継続を合わせた党員を1000人以上確保するよう指示した。未達の場合は不足党員1人につき2000円の罰金を命じている。

 関係者によると、昨年のトップは武田良太衆院議員(福岡11区)で、1万人を超えた。一方、410人以上いる党所属議員のうち約150人がノルマを達成できていない。最下位の議員の獲得党員数は、わずか2人だった。未達議員は若手が多いが、「超大物」議員もいるという。

 党員獲得運動の指揮をとる山口泰明組織運動本部長は「罰則について曖昧にしてきた面もあるが、今後は厳格に行う。党員獲得数と選挙での強さは比例するだけに、組織固めは喫緊の課題だ」と語る。

(後略)

自民党の党員に幽霊党員が多いというのは有名ですが、こんなことをおしすすめても、幽霊党員が増えるだけという気がしますけどね。党費が入ればいいのか、実態は怪しくても対外的な数が発表できればそれでいいのか。それでいいのでしょうが、どうもなあですね。

それで、自民党の党員がナントカ人とかいうのはまだしも、私が驚いたのがこちら。

>議員に新規と継続を合わせた党員を1000人以上確保するよう指示した。未達の場合は不足党員1人につき2000円の罰金を命じている。

これ私にはほとんど反社会的勢力とやっていることが同じような気がするんですけど。暴力団の上納金じゃないですか、まるで。

それで記事の後半部分をご紹介。

>候補差し替えも示唆

 氏名公表には「不協和音を招く」と慎重論もある。だが、二階氏は「当選するのに10万票を集めようという議員が、1000人の党員を集められなくてどうする」と意に介さない。未達議員に対しては「次の公認について考えないといけないという声が党内にある」と選挙での候補差し替えも示唆する。逆に優秀者は人事での希望を考慮したり、比例代表の場合は名簿登載順位を優遇したりするなど、信賞必罰を明確にする考えだ。

 若宮健嗣防衛副大臣(衆院東京5区、当選3回)は27年の党員獲得数が19人で最少だった。罰金196万2000円も支払った。党に申告する時期を勘違いしたミスだったが、「最下位は若宮氏」と報道された。若宮氏は「恥ずかしさと悔しさでいっぱいだったが、数字は事実だ。次はきっちり達成しようと誓った」と振り返る。昨年はノルマを達成し、「政治家ができなかったことに責任を取るのは当然だ。罰金も名前の公表もあってしかるべきだ」と語る。

 牧原秀樹衆院議員(比例北関東、当選3回)も27年は未達だったが、昨年は「党青年局長(当時)がノルマ未達成では示しがつかない」と半ば泣きつきながら1000人を確保したという。牧原氏は「党員にまでなってくれた人は選挙で強固な基礎票になる。今だから言えるが、1000人は必死になれば無理な数ではない」と述べた。

(後略)

> 若宮健嗣防衛副大臣(衆院東京5区、当選3回)は27年の党員獲得数が19人で最少だった。罰金196万2000円も支払った。

これひどいですよねえ。ご当人

>政治家ができなかったことに責任を取るのは当然だ。罰金も名前の公表もあってしかるべきだ

と言っていますが、それはそう言うでしょうね。このようなことに対して「理不尽だ」「選挙区の特性とか当選回数とか後援会の強弱など個々の議員であまりに事情が違いすぎる」なんて言ったら、たぶん

>候補差し替えも示唆

になっちゃうじゃないですか。

でもさあ、200万円弱の罰金て、これやっていることがブラック企業、暴力団、ゴロツキのやっていることに酷似するような気がしますね。若宮という人がどんだけ大金持ちなのか知りませんが、さすがに今の時代、こんな罰金制度を堂々と公表して新聞にも(いくら産経とはいえ)書かれるなんてことがあるんですかね。とても考えにくいような気がします。他党だってそういうノルマはあったとしたって、「罰金」なんてさすがに課してはいないんじゃないんですかね。課していたとしたって、こんなに堂々と発表はしないでしょう。

こういうことが、昔からされていたのか昨今始まったのかは知りませんが、これってモラルの上でもさることながら、法律上だって問題を指摘されかねないなと思います。「議員はみな納得している」とか言いかねませんが、現段階異議を申し立てられるような状況ではないでしょう。

それにしてもこういうことというのは、たぶん安倍晋三ほか自民党全体の価値観をもろに反映しているのでしょうね。いまさらながらどうしようもない連中です。

bogus-simotukareさんに感謝をいたします。

コメント (4)

阪神タイガースでなく、「阪急タイガース」の時代なのだろう

2017-06-27 00:00:00 | スポーツ

私は関西在住でなく、関西に行く際も阪急にはわりと乗りますが、近鉄や阪神に乗ることはあまりありません。むしろ京阪にはわりと乗るかな。南海にいたっては、まずめったに乗りません。切符の関係で、関空絡みでもJRを使うことが多いので。

大阪⇔京都を往復することが多いのですが、そうなるとJRでなければ阪急や京阪を使うことが多いということです。奈良や和歌山へ行かないわけではないですが、でも切符の都合でJRのほうを使います。

そういう私ですから、関西の私鉄については通りいっぺんの知識しかないし、阪急沿線は山の手系、阪神沿線は庶民系(下町系)なんていうステレオタイプの見方を知っているばかりです。そういえば昔南海電鉄のことを関西の東武東上線だと誰かが評していて笑ったことがあります。いや、笑っちゃいかんですね。読者の中で南海電鉄と東武東上線沿線にお住まいの方、いたら(たぶんいるでしょう)ごめんなさい。

阪神電鉄は、いつとは言いませんが(記事にもしていないので)1回だけ甲子園球場に行ったり、「ゆいゆいシスターズ」という人たちのライヴに行ったとき、別件で利用したことがあります。私の活動範囲からすると、阪急電鉄のほうが利用しやすい鉄道です。

それで現在阪神電鉄は、阪急阪神ホールディングスというグループに入っています。阪急と阪神では経営規模はだいぶ阪急のほうが上ですから、つまり事実上阪急の買収に近い形になっています。

さて過日面白い記事がありました。ぬるい記事ばかりの昨今のスポーツ新聞にしてはかなり突っ込んだ記事です。

監督人事や巨額FA資金の最終決済は誰が? 実質は「阪急タイガース…」と感じた株主総会

阪神タイガースは、今後最終的な決裁は、阪急側によって行われるという可能性が高いということのようです。それ自体はいいわるいということではありません。記事にもあるように経営権のある側に最終的な決定権があるのは当然です。

そしてそう考えると、つまりはこれからは事実上「阪神タイガース」という球団は、「阪急タイガース」ということなのでしょうね。オーナー企業の名前が変わることはないでしょうが、阪急電鉄は、阪急ブレーブスという球団を売却しましたが、またまた実質的なオーナー企業になったということです。

大学で経営学を勉強した人は、阪急東宝グループの創始者である小林一三という人が、日本の実業家の中でも特筆すべき経営センスを持っていると評価されていることをご存知でしょう。鉄道を引いて、その沿線に住宅地を作って、通勤客に利用してもらうというのが基本なわけです。さらに野球チームや歌劇団といった娯楽団体を運営し、また野球場や劇場を作ってその観客に自分たちの鉄道を利用してもらうというアイディアです。このアイディアを各私鉄もまねをしたわけです。だいぶ廃れましたが、各私鉄も自分たちの沿線に遊園地を作ったりしたわけです。

しかし時代が変わり、こういったやり方にもいろいろうまくいかない部分がでてきました。1988年に阪急電鉄が球団を売却した際、宝塚歌劇団を取って野球を捨てたと評されたとのことですが、つまり同じ赤字でも野球はほかでもやってくれるが宝塚歌劇団は自分たちしかできないという判断をしたということでしょう。松竹歌劇団が立ち行かなくなった辺りを見ても、このあたりの経営判断は正しかったと思います。赤字が大きかった南海ホークスがおなじく88年に売却されたわけですが、南海よりはるかに経営規模の大きな近畿日本鉄道もけっきょく21世紀初頭には野球のオーナー企業であることを継続できなくなったわけで、そうするとバブル崩壊以前の88年に野球に見切りをつけた阪急電鉄の経営センスはさすがだと思います。実際阪急はスムーズにオリックスに経営権を渡せましたが、近鉄はそれよりはるかに重大なトラブルを続発させてしまいました。

そして21世紀になり、黒字球団である阪神タイガースの実質オーナー企業になる。これもすごいですよね。もちろんこれは、阪急と阪神が合同でホールディングスを形成できるというような時代の変化と不可分であって、88年の球団売却時にそのようなことができる見通しがあったわけでもありませんが、阪急だって、同じ野球チームを経営するのなら、阪急ブレーブスなんていう大赤字球団よりも関西を象徴している阪神タイガースみたいな球団を経営するほうが金儲けにもなるし、自分たち(ホールディングス)のイメージにいいし、はるかに有意義だというものです。うーん、阪急恐るべしです。

どうでもいい話ですが、私は阪急のあのどろっとした車両の色はけっこう好きです(笑)。今度社会勉強の意味もふくめて、宝塚歌劇団を観てみようと思います。

コメント (8)

それは、フランソワーズ・ドルレアックだから(今日で彼女が亡くなって50年)

2017-06-26 00:00:00 | ドルレアック姉妹(フランソワーズ・ドルレアックとカトリーヌ・ドヌーヴ)

以前の話ですが、私が職場の自席のPCで拙ブログを見ていまして、こちらの記事の上の写真を見ていたところ、私の隣の席の女性が大声を上げました。

きれーい!!!!

いや、それはフランソワーズ・ドルレアックですから。

世界中の人間がその美しさにあこがれるような女性ですから。

稀有の美女ですから。

世界最強の美女女優姉妹の姉ですから。

永遠の美しさのまま遠い世界へ旅立ってしまった女性ですから。

本日2017年6月26日は、彼女がニース近郊で不慮の事故により亡くなってからちょうど50年目です。焼死した彼女の遺体は、ほとんど判別できない状態だったそうです・・・。

コメント (2)

アイルランド・英国紀行(2015年9月)(112)

2017-06-25 00:00:00 | 旅(英国・アイルランド)

いよいよザ・マルも終わりです。

アドミラルティ・アーチをくぐってトラファルガー広場へ向かいます。

こういう記念碑があるわけです。

いよいよくぐります。

たしかずいぶん以前にもくぐった記憶がありますね。

こうやって記念写真を撮っている人たちもいるわけです。

騎馬警官もいます。

いよいよトラファルガー広場です。ここにあるナショナル・ギャラリーで、ダブリンでは見られなかったフェルメールの絵を観てやろうという算段です。

ネルソン記念柱には、ライオンのブロンズ像があります。

ナショナル・ギャラリーです。

老若男女がこうやって像に登ったりします。このようなことをゆるすとは、なかなか寛大です。

子ども連れも多くいます。

子どもの髪が揺れて、ライオンのたてがみと似ているのがポイントです。私の自慢の写真。

暑い日だったので、泉にも人がたくさんいます。

子どもの写真は注意して撮ります。

なかなかかわいい子どもです。

逆光の中の噴水というのは好きです。

猿山の猿です。

では美術館に入ってみましょう。

(つづく)

コメント (6)

アイルランド・英国紀行(2015年9月)(111)

2017-06-24 00:00:00 | 旅(英国・アイルランド)

ザ・マルを歩き、トラファルガー広場に向かいます。

さすがロンドン、空気の乾燥のしかたが違います。

どうです、なかなかきれいでしょう。

こういう影も、すごいきれいでした。

このような道を散歩すると、非常に気分がいいですよね。

繰り返しになりますが、空が青い・・・。

アドミラルティ・アーチです。

(つづく)

コメント (2)

宮里藍は、女子ゴルフ界の大型化・パワー化に対応できなかった

2017-06-23 00:00:00 | スポーツ

旧聞ですが、宮里藍が引退表明、そして一説によれば最後の日本ツアー参加となるらしい「サントリー・レディース」出場が話題になりました。

> 涙、涙の国内ラストゲームになった。今季限りでの引退を表明した宮里藍(31=サントリー)は33位から出て5バーディー、4ボギーの71で回り通算2アンダーで26位で終えた。今大会が国内最後の試合となることが確実で、表彰式後には涙ながらにファンにあいさつした。キム・ハヌル(28=韓国)が通算15アンダーで今季3勝目を挙げた。 

 これが最後――。宮里は18番グリーンに上がる前に一礼し、会場に足を運んだ9000人以上のギャラリーへ感謝の気持ちを表した。「一人一人ありがとうと言いたいけど、それはできないので精いっぱいお伝えしたつもりです」。5メートルのパーパットを沈めて、事実上の国内ラストゲームを締めくくると目を拭った。

(後略)

私はまったくゴルフには弱い人間ですが、しかし宮里藍のことは彼女がプロデビューする前から見たり知っていました。つまりは彼女は、ゴルフに興味のない人間にすらその名が知られるくらいの有名人だったわけです。

まだ今年(2017年)は半分も終わっていませんが、好き嫌いはともかく日本人なら誰でも知っているといって過言でない超有名女性アスリートが浅田真央に引き続いて引退したのだなと思いました。それで気付くに、浅田真央と宮里藍ってだいたい現役が重なっていますね。浅田が世間で名を知られるようになったのがだいたい2005年であり、宮里はアマチュアでプロトーナメントに優勝したのが2003年、引退が同じ年ですから、ほぼ同じ時期に活躍したアスリートということになるでしょう。年齢は宮里のほうが5歳上です(1985年生まれ―1990年生まれ)。

宮里藍の場合、あのいかにも沖縄出身者らしい強い顔が印象に残ります。3人きょうだい全員がプロゴルファーというのも、考えてみれば姉もフィギュアスケーターである浅田と共通しますね。

報じられるところによれば、家族、スポンサーばかりでなく、仲のいい選手たちにも昨年の段階で今シーズンでの引退の意向は伝えていたということですので、当然マスコミにもかなり詳細な情報は伝わっていたのではないかと推察します。それで実は私は、宮里って今年は日本でずいぶんプレーするなあと考えていました。上にも書いたようにゴルフに弱い私でもそんなことを感じたくらいですから、ゴルフファンの人は同じようなことを考えたかと思います。彼女の引退のニュースを聞いて、ああそういうことか・・・というところかもしれません。

私が宮里で印象に残っているのが、彼女の後輩、誰かは覚えていませんが、あるいは宮里美香だったかな? が(たぶん初)優勝したとき、笑顔で両手を広げてその選手にかけよって抱きしめたことです。プロのアスリートなら、かわいい後輩だったとしても他の選手の優勝を公然と祝福してはいけないのかもですが、たぶん宮里藍という人は、そういうことをする性格であり、また立場であるということでしょう。

さてさて、宮里藍は、引退の理由として次のように語っています

>モチベーション(意欲)の維持が難しくなったのが一番の決め手。難しくなったと感じたのが4〜5年前。自分の中でも、どう消化していけばと手探りで進むしかなかった。プロである以上、結果は残したい。自分が求めている、理想としている姿はそこにはもうなかったので、こういう形になった

この「モチベーション(意欲)の維持が難しくなった」というのは、つまりは現在の彼女の戦績と表裏一体なわけです。メキシコのロレーナ・オチョアは世界ランキング1位のまま引退しましたが、たぶん宮里は、現在世界ランキング1位なら引退はしないでしょう。今後かつてのような成績を残すのは難しいと認めざるを得ないから引退を決意したのだと思います。

さてそうとなると、宮里藍はなぜ不調に陥ったかですが、これはもっぱら腰痛とかパットの正確さが失われたからだとされています。私はまったくゴルフには詳しくないので、パットうんぬんについては統計の数字を見ることしかできませんが、腰痛というのはつまりゴルフというスポーツの宿命みたいなものでしょう。そしてより本質的には、身長155cmという彼女の体格では、なかなか世界のトップに立つのも維持するのも難しい時代になって来たのだと思います。

私の持論に、スポーツというのはレベルが上がると選手が大型化し、パワーが重要になるというのがあります。たとえばサッカーも、かつてはマラドーナの身長160cm代前半というのは別格としても、ペレもジーコも決してそんなに大柄ではありませんでした。だいたい170cmかそれをちょっと超えるくらいです。大男の民族であるオランダ人のクライフ(Wikipediaによれば176㎝。以下出典同じ)も、仲間のニースケンス(178㎝)などのすごい選手も、これまたオランダ人としてはそんなに背は高くない。しかし現在のスーパースターたち、クリスチャーノ・ロナウド(185㎝)など大型化が進んでいるし、メッシ(169㎝)や引退した選手ですがラームのような170cmというのはかなり小柄です。日本代表に限っても、かつては170cmそこそこの選手もけっこういましたが、現在はそうでもない。GKも、大型化がすすんでいるのは言うまでもありません。

ラグビーも、日本のレベルでしたらロックで190cmというのは80年代から90年代のラグビーではすごい長身でしたが、現在のラグビーではそんなことはありません。95年のRWCで活躍したニュージーランドのロムー(前にも記事でご紹介したように若くしてお亡くなりになりました)が196㎝という身長でウィングであり、同じ95年のRWCで活躍したこれも最近亡くなった南アフリカのSHファン・デル・ヴェストハイゼンなどは、188㎝でした。当時はSHでは異例の長身でしたが、現在は選手の大型化が進み選手の底上げも進んでいます。95年はラグビーのプロ化が進んだ時代でした。この大会で日本がNZに145-17という空前絶後の大敗をした理由も、その1つはちょうどプロ化の過渡期の時代で、日本がプロ化にまったく対応できていなかったことが大きな要因です。

野球に関しては、私は詳しくないので良く知りませんが、たとえば王とか長嶋といった人たちは身長が180cmに満たないわけです。それで松井秀喜とか大谷翔平とかのような化け物みたいな連中はやはり190㎝前後の身長はあるし、また抜群のパワーを持っている。パワー系のアスリートでないイチローも180cmを超えている身長です。もちろん以前も大男の野球選手はたくさんいましたが、選手全般における身長の伸び、パワーの増強は間違いないところです。

これがたとえば背が高いことが圧倒的な武器となるバスケットボールやバレーボールなどになったら、選手の身体のレベルが高くなったら日本の女子バレーも非常に厳しい戦いを余儀なくされます。欧米や中国の選手たちの身長とパワーはやはり日本と違います。

そしてゴルフ界も、やはりパワー化が進んでいるわけです。宮里の155cmという身長は、日本人女性の平均身長より低い。いくら運動神経が良く筋肉の質も高く、日々努力を怠らなくても、正直負担の大きさが体格のいい選手とは比較にならないくらい厳しいわけです。そう考えると彼女が昨今あまりいい成績を出せないのも仕方ないでしょうね。身長と体格がハンディになる。これはどうしようもない溝です。なおオチョアの身長は、Wikipedia英語ばんによると168㎝とのこと。

そうすると、宮里の言う

>難しくなった

というのもよくわかります。もはや自分のような体格の人間が活躍するのが難しい時代になっていると彼女も感じているのでしょう。いや、宮里が世界ランキング1位になった時だって彼女の体格は活躍するためには大変なハンディだったはずですが、それをはねかえしての活躍を長期間維持するのは難しいということです。できない相談ということでしょう。彼女は、選手以外のことでもゴルフに関していろいろ活躍できる人間ですから、今後はその方面で動くという考えなのだと思います。

宮里藍さんの今後に期待してこの記事を終えます。なお写真は、サントリーレディースの最終日のものです。

コメント

2016年も、殺人の被害者数(他殺が死因の人)は減少した

2017-06-22 00:00:00 | 社会時評

過日厚生労働省から、2016年の人口動態統計(人口動態統計月報年計(概数)の概況)が公表されました。私が注目したいのが、死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別です。その中で、死因簡単分類別の「他殺」の死者の数字は、289人でした。一昨年(2015年)より25人も減っています。

実は私は、昨年は一昨年より他殺者数は増えているかもと考えていました。というのは、こちらの記事でも指摘しましたように、昨年19人もの人が犠牲になった殺人事件があったからです。この事件の死者数が、昨年の他殺者数の約6.6%弱を占めているのですから、どれだけすさまじい事件であったかが分かるというものですが、ともかくそれだけの事件が起きてもなおかつ前年より他殺者数は25人もの減少になったのですから、日本の殺人の被害者数の減少トレンドはかなり強いと考えられます。

もちろんこれは、来年以降どうなるかは予断を許しませんし、今後の推移を私も見守りたいのですが、いずれにせよ現状日本における殺人事件等による他殺の犠牲者は大変少ないと考えられます。日本の治安の悪化という言説を唱える人間は、このようなことをどれくらい認識しているか疑わしいし、またわかった上でその旨主張するというのなら、ではそれについてどのような考えでその旨を主張するのかの説明を必要とするでしょう。

コメント

この店で食べてみようか

2017-06-21 00:00:00 | Weblog

あんまりラーメンとかに詳しいわけでもないのですが、この記事にはちょっと心がひかれました。

>【Nコレ。】丸ごとチャーシュー1本!! トンでもないラーメン店

TBS系(JNN) 6/20(火) 10:08配信
 チャーシュー丸ごと一本分!「トン」でもないインパクトのラーメンです。

 「トッピングチャーシュー豚一本、気になるボタンですね」(記者)

 こちら「豚一本」というトッピングが気になる話題のラーメン店。

 「お待たせしました。豚一本トッピングです」

 その名の通りチャーシューが丸ごと一本乗ったチャーシュー麺。

 「お肉だけで550グラムくらいで、麺が240グラムなので、倍以上ありますね」(肉汁ラーメン公 常信智睦さん)

 チャーシューは、トンコツ・鶏がら・醤油・みりんを混ぜたスープに2時間たっぷり漬け込んだものが、まるごと一本乗っているのです。

 そして、存在感抜群のチャーシューに合う麺がこちら。

 「なんか香ばしい香りがしますね」(記者)

 「自慢の鉄板焼きラーメンっていうメニューで、麺を鉄板で焼いています」(肉汁ラーメン公 常信智睦さん)

 茹でた麺を、鉄板の上でスープや醤油ダレを絡めて焼き、しっかり味付けした焼きラーメン。

 さらに、トッピングの野菜もこんなこだわりが・・・

Q.これは何ですか?

 「背脂ですね」(肉汁ラーメン公 常信智睦さん)

Q.結構カロリーありそうですね?

 「これで2日分のカロリーをゲットできちゃいますね」(肉汁ラーメン公 常信智睦さん)

 キャベツとモヤシでチャーシューに負けないこの存在感。

 「チャーシューやわらかいです。味もしっかり染みてますよ」(記者)

 因みにラーメンはちょっと苦手という方には、こんなメニューも。

 「お待たせしました。カレー豚一本です」(肉汁ラーメン公 常信智睦さん)

 こちらは豚一本をまるごと乗せたカレー。ラーメンのスープを使って煮込んだラーメン店の豚一本カレー、こちらもお勧めですよ。(20日09:30)
最終更新:6/20(火) 12:56

食べている人とも比較しても、なかなかの大きさですね。

さてここで取り上げられた店は、「肉汁ラーメン公」という店です。食べログをリンクしておきます。

面白そうだから、食べに行ってみましょうか。行ったら記事にします。

コメント (4)