ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

世界陸上の美女たち 2019 (Day5)(10月3日発表)

2019-10-08 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

400m準決勝を。時間がないので、Wikipediaのはりつけは省略します。

英国のラヴィアイ・ニールセン。

ポーランドのイガ・バウムガルト=ヴィタン。

もう1枚。

メキシコのパオラ・モラン。

チェコのラダ・ヴォンドロヴァ。

オランダのリザンヌ・デヴィット。

ポーランドのジュスティナ・ズヴィエティ=エレスティック。完璧な美女。

きつい顔がにあいますが、笑顔もすばらしい。

英国のエミリー・ダイアモンド。

続きは後で更新します。

コメント

世界陸上の美女たち 2019 (Day4-その3)(10月2日発表)

2019-10-06 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

それではこの記事は、走高跳に徹します。私としては、この種目が美女探求としては一番好きです。

まずはロシア(Authorised Neutral Athlete)のマリヤ・ラシツケネMariya Lasitskene)です。脚がきれい…。顔もクールビューティーですばらしいですね。

パンツが食い込んでいてエッチです。

競技中は笑顔をみせません。

助走前に思いっきり身体をそるのがポイントです。

カメラマンも彼女の美脚に注目しているのか、アップもたびたび。きれいな脚です。

クリアしてもこのクールさ。

全試技終了後、ようやく笑顔をみせました。来年の東京でも、彼女は活躍してくれることでしょう。

ブルガリアのミレーラ・デミレヴァ(Mirela Demireva)。

ベラルーシのカミーラ・デミディク(Karyna Demidik)。ベラルーシにも、絶句するような美女がいます。

きれいな女性です。

ポーランドのカミラ・リクヴィンコ(Kamila Lićwinko)。

ドイツのイムケ・オンエン(Imke Onnen)。

ウズベキスタンのスヴェトラーナ・ラジヴィル(Svetlana Radzivil)。

ウクライナのユリヤ・レヴチェンコ(Yuliya Levchenko)。

テレビ画面を記録しなかったので、これだけネットの画像を。ウクライナのヤロスラヴァ・マフチク(Yaroslava Mahuchikh)。

コメント (2)

世界陸上の美女たち 2019 (Day4-その2)(10月2日発表)

2019-10-05 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

前記事の続き。

400mのつづき。アリョーヤ・マミナ(Alyona Mamina)。ロシアの選手ですが、今回はAuthorised Neutral Athleteにて出場。

 

ポーランドの選手は、完璧な美という感あり。イガ・バウムガルト=ヴィタン( Iga Baumgart-Witan )。

たまには非白人を。彼女も美人です。ラヴィアイ・ニールセン(Laviai Nielsen)。

オーストラリアのガブリエラ・オグラデイ(Gabriella O'Grady)。たぶんアイルランド系ですね。オーストラリアも、アイルランド系の人が多数です。

ギリシャのイリーニ・ヴァシレイウ(Irini Vasiliou)。ギリシャ人アスリートの美しさも要注目です。

黒い髪のポーランド女性もいいですね。金髪ばかりが能ではない。アンナ・キエルバシスカ(Anna Kiełbasińska)。

アラブ女性なのでユニフォームの露出度は低いですが、でもこうやってくれるのはだいぶさばけた女性ですね。カタールのケンザ・ソッセ(Kenza Sosse)。

ポリーナ・ミラー(Polina Miller)。ロシアの選手ですが、ロシアらしからぬ名字です。

上に書いていることと話が違いますが、やはり金髪のポーランド女性のほうがいいかな? ポーランドの陸上アスリートは、かなり身体が引き締まっているし、ユニフォームの露出度も高いし、パンツも極小なので、なかなかいいですね。しかも超美形。ジュスティナ・ズヴィエティ=エレスティック(Justyna Święty-Ersetic)。

そういうわけで顔のアップを。顔小さい…。本業以外でモデルでもしたほうがよさそうです。

フランスのアマディン・ブロッシアー(Amandine Brossier)。

クセニヤ・アクショノワ(Kseniya Aksyonova)。個人的な意見ですが、そもそも陸上で国別なんて、出場枠以上の話ではないのだから、国なんか関係ないと思います。彼女はロシア出身。ロシアのアスリートらしい美しい肉体です。

投げキスもお約束。

メキシコのパオラ・モラン(Paola Morán)。

カナダのマデリーン・プライス(Madeline Price)。

それでこういう女性がめでたく予選落ちするわけです。

それでは3000m障害を。オーストラリアのジュヌヴィエーヴ・グレッグソン(Genevieve Gregson)。

カナダのジュニヴィエーヴ・ラロンド(Geneviève Lalonde)。

アルバニアのルイーザ・ゲガ(Luiza Gega)。

米国のエマ・コバーン(Emma Coburn)。彼女のような頭のよさそうな美女に、私めちゃくちゃ弱いんです。

というわけで美女はもう1枚。

ドイツのゲサ・クラウス(Gesa Felicitas Krause)。

ノルウェーのカロリーヌ・グローフダル(Karoline Bjerkeli Grøvdal)。ノルウェーもいいアスリートが出ています。

スロヴェニアのマルッサ・ミスアス(Maruša Mišmaš)。

米国のコートニー・フレリクス(Courtney Frerichs)。ばりばりドイツ系の名前です。

写真が多くなりすぎたので、走高跳は別記事にします。

コメント

世界陸上の美女たち 2019 (Day4-その1)(10月2日発表)

2019-10-03 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

すみません。昨日(10月1日)は、酒を飲んで寝てしまったので、記事の更新ができませんでした。4日目は、お見せしたい写真が多いので、2記事にわけて発表します。日付を先んじて発表している部分は、後日間引き更新で調整させていただきます。

では最初にやり投げ予選を。投てき種目はあんまり私の好みのタイプがいないのですが、やり投げはけっこう美女がいます。

ブラジルのライラ・ダシルバ。Wikipediaでは、(Laila Domingos)とあります。往々にして、ゼッケンと各サイトで名前が違うことがあるのが悩ましいところです。

クロアチアのサラ・コラク(Sara Kolak)。

オーストリアのヴィクトリア・ハドソン(Victoria Hudson)。ドイツ語だとたぶん違った発音?

チェコのニコラ・オグリドコヴァ(Nikola Ogrodníková)。

チェコ人女性はひいきなのでもう1枚。

カナダのエリザベス・グリードル(Elizabeth Gleadle)。

ラトヴィアのアネット・コシナ(Anete Kociņa)。

もう1枚。ラトヴィアはもう1人選手が出ていましたが、彼女の写真は撮れませんでした。かなりの美形だったので残念。バルト3国の女性はものすごい美人なので、私も数年以内に旅行して、美女探求をしなければいけません。

米国のアリアーナ・インス(Ariana Ince)。

トルコのエダ・ツグスズ(Eda Tuğsuz)。

玉には日本人アスリートを。佐藤友佳(Yuka Sato)、美人ですが、ビリから3番目でした。美女はだいたい弱い。

ベラルーシのタチアナ・カラドヴィッチ(Tatsiana Khaladovich)。名前からするとロシア系?

ハンガリーのレカ・シラジー(Réka Szilágyi)。

ウクライナのハンナ・ハツコ(TBS表記)(Hanna Hatsko-Fedusova)。

ラトヴィアのリナ・ムゼ(Līna Mūze)。バルト3国は、金髪率高し。まあでも、女性の金髪の多さと男性のそれを比べれば、いかに染められた金髪が多いかというのがわかります。

南アフリカのスネット・ヴィルジョエン(Sunette Viljoen)。アフリカーナーですから、たぶんフィルヨエンくらいの発音かな? ちがっていたらごめんなさい。彼女を初めて見たとき、男子? とちょっと思ってしまいまいた(再度ごめんなさい)。

リトアニアのリヴェタ・シャシゥネイト(Liveta Jasiūnaitė)。こういう美人が予選を通過できないのです。

世界記録保持者チェコのボルバラ・シュポタコヴァBarbora Špotáková)。38歳ですが、でも美しさを保っています。

チェコのスタッフ(応援団も?)。年増で体格がよくなっても、やっぱりチェコ人女性は美人です。また彼女らは脱ぎっぷりもいいし(チェコ人ヌードモデル多数)、また売買春とかへの抵抗も低いらしいので(プラハには、売春婦多数)、週末には大勢のドイツ人やオーストリア人などがチェコを訪れて、楽しい時間を過ごします。

ではお次は、200m予選。ニュージーランドのゾエ・ホッブス(Zoe Hobbs)。前にも紹介しました。

アイルランドのフィル・ヒーリー(Phil Healy)。

ラトヴィアのシンジャ・ブクサ(Sindija Bukša)。

ブルガリアのイヴェット・ラロワ=コリオ(Ivet Lalova-Collio)。。彼女も長きにわたって拙ブログでご紹介していますね。

美人はもう1枚。ご祝儀です。

エジプトのバサント・ヘミダ(Basant Hemida)。エジプトの女子陸上選手というのも、あまり知りません。たぶん拙ブログでご紹介したのは初めて。

たまには非白人を。英国のジョディ・ウイリアムス(Jodie Williams)。母親がカリブの方の人の模様。

ラトヴィアのギュンタ・ヴァイクレ(Gunta Vaičule)。ね、ラトヴィアの女性もレベル高いでしょ。

スロヴェニアのマハ・ミハリネッチ(Maja Mihalinec)。

ドイツのイエシカ=ビアンカ・ヴェッソリー(Jessica-Bianca Wessolly)。

カザフスタンのオルガ・サフラノワ(Olga Safronova)。旧ソ連の中央アジアの国々にも、彼女のようなロシア系の女性アスリートが多いので、美女の宝庫です。

そういうわけでもう1枚。

ギリシャのラファエラ・スパヌーダキ(TBS表記)(Rafaéla Spanoudaki-Hatziriga

ベルギーのインケ・フェルファート(Imke Vervaet)。オランダ系ベルギー人ですかね。

ベラルーシのクリスチーナ・チマノウスカヤ(Krystsina Tsimanouskaya)。

カメラが近くなると投げキスをしてくれる選手多数。なかなかサービス精神が旺盛です。

 

それではお次は400m。スロヴェニアのアニタ・ホルヴァト(Anita Horvat)。

ポルトガルのカティア・アゼヴェド(Cátia Azevedo)。ポルトガル女性があんまり美人とも思いませんが、彼女は聡明そうな美女です。

チェコのラダ・ヴォンドロヴァ(Lada Vondrová)。美人ですが、髪の毛を上にまとめるのは、個人的にはちょっとなあです。

彼女も何回もご紹介していますね。英国のエミリー・ダイヤモンド(Emily Diamond)。金剛リレーにも出場していました。しかし体の負担が大きすぎはしませんかね? しかしシーズンベストをだしたのがすごい。

オランダのリザンヌ・デヴィット(Lisanne de Witte)。彼女もリオ五輪の時に紹介しています。金髪碧眼の、典型的オランダ美女です。

キプロスのエレニー・アルティマタ(Eleni Artymata)。2004年にキプロスに行ったことがあるので、実は私のごひいきの国です。

写真が多くなりすぎたので、続きを別記事で。

コメント

世界陸上の美女たち 2019 (Day3)(9月30日発表)

2019-10-02 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

では3日目です。今日はあんまり種目がないので(白人美女が活躍する種目という意味ですが)、写真は少なめに。でも「これは注目」という美女もいますので、ぜひお楽しみください。まずは棒高跳を。

米国のサンディ・モリス(Sandi Morris)。

カナダのアリッシャ・ニューマン(Alysha Newman)。

ベラルーシのイリヤナ・ズク(Iryna Zhuk)。個人的には彼女に注目したいと思います。

フランスの二ノン・グロン=ロマリン(Ninon Guillon-Romarin)。

優勝したアンジェリカ・シドロワAnzhelika Sidorova)。ロシアの選手ですが、今回はAuthorised Neutral Athleteとして出場。

スウェーデンのアンジェリカ・ベングトソン(Angelica Bengtsson)。母親が、アフリカ系ブラジル人とのこと。

では100m準決勝を。2人とも決勝で走ることができませんでした。

ポーランドのエワ・スウォボダ(Ewa Swoboda)。RWCでも選手の刺青が取り上げられていますが、白人にもこういうものにあこがれる文化ってのがあるんですかね?

おなじみおダフネ・シパーズDafne Schippers)。彼女も残念ながら昨今不調です。

ではあんまり興味のない種目ですが、4×400混合リレーを。ベルギー。ハンネ・クラエス( Hanne Claes ), カミーユ・ラウス(Camille Laus )。

英国。 ゾエ・クラーク(Zoey Clark ), エミリー・ダイヤモンド(Emily Diamond)。

 ポーランド。イガ・バウムガルト=ヴィタン( Iga Baumgart-Witan )、ジュスティナ・ズヴィエティ=エレスティック(Justyna Święty-Ersetic)。

ポーランドもなかなかの美女です。

コメント

世界陸上の美女たち 2019 (Day2)(9月29日発表)

2019-10-01 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

すみません、これもテレビ画面からです。乞うご容赦。

800mの準決勝より。カナダのリンゼイ・バターワース(Lindsey Butterworth

ドイツのカタリーナ・トロスト(Katharina Trost)。IAAFの選手名鑑にリンク。

英国のアレクサンドラ・ベル(Alexandra Bell)。

 ウクライナのオルハ・リャコワ(Olha Lyakhova)。

ラトヴィアのリーガ・ヴェルヴェーレ(Līga Velvere)。

ノルウェーのヘッダ・ヒンネ(Hedda Hynne)。

ポーランドのアンナ・サバト(Anna Sabat)。

4×400m混合リレーの女子選手たち。こんな種目、キワモノにしか思えませんけどね(苦笑)。

同種目の英国の選手。

お次が10000m。真ん中がニュージーランドのカミル・ブスコンブ(Camille Buscomb)。

オーストラリアのシニアード・ディヴァー(Sinead Diver)。

米国のエミリー・シッソン(Emily Sisson)。

オランダのスーザン・クルミンス(Susan Krumins)と英国のステファニー・トウェル(Stephanie Twell)。

オーストラリアのエリー・パシュリー(Ellie Pashley)Wikipediaに名前がないので、IAAFの選手名鑑にリンク。1988年生まれのベテランです。

カナダのナターシャ・ウォダク(Natasha Wodak)。今年38歳の大ベテラン。

では100m予選を。ポーランドのエワ・スウォボダ(Ewa Swoboda)。美人なのにこんな刺青しなくったっていいと思います。

左がニュージーランドのゾエ・ホッブス(Zoe Hobbs)。たぶんマオリなど、非白人の系統がありそうです。IAAFの選手名鑑にリンク。

おなじみおダフネ・シパーズDafne Schippers)。白人単距離アスリートの星です。

優勝は難しいかもですが、ぜひ頑張ってほしいと思います。

コメント

世界陸上の美女たち 2019 (Day1)(9月29日発表)

2019-09-30 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

 

すみません。私が写真をもらってきた某サイトが、なぜか今回の世界陸上に関しては写真を配信してくれないので、あいにくまとめて写真をご紹介することができません。よってテレビ画面を撮影したものをご紹介します。大変見にくくて恐縮ですが、乞うご容赦。初日は800m、3000m障害、棒高跳、走高跳を。初日ですから予選です。なおこのブログは、更新はその日の0時に新しい記事が発表される設定にしていますが、しばらく記事が完成したら発表するということにします。ますは800mを。なお選手の表記はよくわからないので、日本語版Wikipediaがあれば、その表記を。なければ名字はTBSの表記にのっとりますが(ファーストネームは、TBSはイニシャルのみ)、「V」は「ヴ」と表記します。

スイスのセリーナ・ブヘル(Selina Büchel)。

ポーランドのアンナ・サバト(Anna Sabat)。ポーランド人は美女が多いので要注目です。

左からカナダのリンゼイ・バターワース(Lindsey Butterworth)、モロッコのハリマ・ハシャラフ(Halima Hachlaf)、ラトヴィアのリーガ・ヴェルヴェーレ(Līga Velvere)。

ウクライナのオルハ・リャコワ(Olha Lyakhova)。

お、すごい美人じゃん。こういう美女がいるから、私はチェコが好きなのです。チェコのディアナ・メズリアニコワ(Diana Mezuliáníková)。

容姿といいスタイルといいユニフォームの露出度といい、申し分ないとは彼女のことです。でもトラック種目では、こういう美人は、だいたい予選通過もできないんですよね(苦笑)。彼女もご同様。

上のチェコの人は露出度が高いですが、そこまでいかずとも彼女のように完全に腹を隠している人は、特に欧州の選手では珍しいですね。スイスのロール・ホフマン(Lore Hoffmann)。

米国のハンナ・グリーン(Hanna Green)。いいPBを持っているのですが、今回はだめでした。

この時は笑顔だったんですがねえ。

スウェーデンのロフィサ・リンド(Lovisa Lindh)。残念ながら彼女も予選落ち。

ウクライナの、ナターリャ・プリシチェバ(Nataliya Pryshchepa)。ウクライナ語って、ラスト「pa」で、バって発音になるんですかね。

彼女は予選を通過しました。彼女のような美女がもっと予選を突破してくれないと困ります。

英国のアレクサンドラ・ベル(Alexandra Bell)。彼女も予選突破です。英国は、中距離はなんだかんだといって強い。

美人だと思うけど、たぶん金髪は染めているんだろうな。

正面からの画像がなかったので、わかりにくくてごめんなさい。オーストラリアのカーリー・トーマス(Carley Thomas)。現段階#mce_temp_url#Wikipediaに名前がないので、彼女のものと思われるインスタグラムをリンクします。

英国のリンゼイ・シャープ(Lynsey Sharp)。彼女も何回も紹介しています。残念ながら予選落ち。

モロッコのラバベ・アラフィ(Rababe Arafi)。モロッコは世俗的なイスラム国家なので、腹の露出もOKです。

イタリアのエレノラ・ヴァンディ(Elenora Vandi)。びりっけつで予選敗退。英語版Wikipadiaに項目がないので、彼女のFacebookらしきサイトをリンクしておきます。

それにしても白人のトラックアスリートって、ほんと弱いですね(苦笑)。なかなか一次予選の突破も難しい。

お次は棒高跳。米国のサンディ・モリス(Sandi Morris)。

ノルウェーのレネ・オルスウンド・レチウス(Lene Onsrud Retzius)。

スロヴェニアのティナ・ステイ(Tina Šutej)。ぎりぎり予選通過。

ギリシアのカテリナ・ステファニディ(Ekaterini Stefanidi)。たぶん彼女が優勝候補筆頭でしょう。

棒高跳はもっと美女がいるはずですが、写真がないのであとは後日の研究ということで、今度は3000m障害。カナダのマリア・バーナード(IAAFでは、Maria Bernard-Galea)、デンマークのアンナ・エミリー・モラー(Anna Emilie Møller)。

左から、ハンガリーのヴィクトリア・ヴァグナー=ギュルケーシュ(Viktória Wagner-Gyürkés)、米国のコートニー・フレリクス(Courtney Frerichs)、トルコのテュグバ・クヴェンク(Tuğba Güvenç)。たぶんトルコの選手の名前の表記は妥当ではありません。


アルバニアのルイーザ・ゲガ(Luiza Gega)。アルバニアのアスリートというのもあまり見かけないな。

オーストラリアのペイジ・キャンベル(Paige Campbell)。Wikipediaに名前がないので、IAAFの選手名鑑をリンク。

アイルランドのミッチェル・フィン(Michelle Finn)と英国のエリザベス・バード(Elizabeth Bird)。バードのほうは、Wikipediaに項目がないので、IAAFの選手名鑑にリンク。

フィンランドのカミラ・リチャードソン(Camilla Richardsson)。名前からしてたぶんスウェーデン系フィンランド人。で、こういうスーパー美女が、真っ先に予選落ちするわけです。

オーストラリアのジョージア・ウィンカップ(Georgia Winkcup)。IAAFの選手名鑑にリンク。人のよさそうな顔をしています。

英国のロージー・クラーク(Rosie Clarke)。英国人のちょっと美人な女性にありがちな顔です。

スペインのイレーネ・サンチェスーエスクリバノ(Irene Sánchez-Escribano)。

スロヴェニアのマルッサ・ミスアス(Maruša Mišmaš)。彼女は予選を通過しました。

いずれにせよ多くは1次予選で敗退するわけで、ましてや白人選手の大多数はそうですから、私としてはやはり一次予選からトラックは注目しないといけないわけです。

それでは次が真打、走高跳を。個人的な趣味を書きますと、陸上競技では、幅跳と高跳が最高の美女の宝庫ですね。次が中距離です。マラソンになると、白人の割合が減るしまた汗だくで疲労困憊になるので、被写体としてはいまいちです。

 

ますはロシア(Authorised Neutral Athlete)のマリヤ・ラシツケネMariya Lasitskene)。ここ最近の大会ではほぼ勝ってばかりいる第一人者です。すごい美女です。

 

彼女の後姿・・・う、脚長い。

隣にいるのは、ウクライナのユリヤ・レフチェンコ

 手前は、(たぶん)クロアチアのアナ・シミッチ(Ana Šimić)。正面からの映像はありませんでしたが、彼女もすごい美人です。

うーん、クールビューティー、すばらしい美しさです。

ウクライナのヤロスラヴァ・マフチク(Yaroslava Mahuchikh)。彼女も2mジャンパーです。その美しさといい若さといい、強さといい、これぞ美女アスリートの鑑です。

ドイツのイムケ・オンエン(Imke Onnen)。身長190㎝です。

彼女もなかなかです。

ベルギーのクレール・・オーセル(Claire Orcel)。

失敗でおかんむりです。が、予選は通りました。

この記事はちょっと写真が多すぎました。次回から絞ります。

コメント

しばらく世界陸上の美女の特集体制になります

2019-09-27 00:00:00 | 美女探求(2019世界陸上の美女たち)

いよいよ2019年の世界陸上が始まります。このイベントが、拙ブログの集客の大きな武器になるわけです。ここは私も、はりきって連日美女をご紹介しなくてはいけません。TBSのページをはっておきます。また、あらたに美女探求(2019世界陸上の美女たち)というカテゴリーを作りましたので、このカテゴリーで記事を発表します。

世界陸上ドーハ|TBSテレビ







コメント