ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(71)(終)

2019-05-06 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

空港に着きます。

「スーパーリッチ」は、率のいい両替商です。駅が、空港とは別管轄の管理下にあるので、他の両替所より有利なこの店が入っているとのこと。

チェックインまではまだ時間があるので、適当に時間をつぶします。

こちらでバーツ→円の両替を聞いてみましたが、手持ちが少なくて不可とのことでした。

私が乗るのが、MU548便です。上海で名古屋行に乗り換えます。

まさに不夜城の空港です。タイに入国した時もそうでした。

やはり中国人が多かったかな?

いろいろふらつきます。

東南アジアの女性も、脚がきれいです。

まだ時間はありますが、念のため早めにチェックインカウンター付近に行きます。

空港の人でもすごい。

記念写真を撮っている家族もいます。

そろそろです。

チェックインが無事に終わります。上海経由で帰国できます。

いよいよ日本です。

機内食です。

無事日本に到着しました。しかしこれから自宅までが遠いわけです。なぜならここは中部国際空港だからです。帰り、ネットを見ていたら、「はれのひ」の詐欺事件についての報道がされていました。

中野良子は、中国で人気があるそうです。これは、君よ憤怒の河を渉れ』が中国で人気があるからです。よって高倉健も中国で人気があります。彼女も、来年70歳です(1950年生まれ)。

 

彼女は、中部国際空港所在地出身なので、それでポスターがあるのでしょう。

(終わり)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(70)

2019-05-05 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

「日本人常駐」というのは、心強いのでしょうか?

こちらの店で夕食です。

 

ビールをいただきます。

 

ココナツアイスクリームをいただきます。

おいしかったですが、ちょっときれいきれいし過ぎですかね。

こういうところで食事をしたほうが面白いですよね。

本来こういうところによりたいのですが、本日は控えます。

コンビニもいろいろ営業しています。

何回も通ったクリーニング店で洗濯物を回収します。

暗い夜道での屋台というのもムードがあります。

12月31日に夕食を食べたレストランです。

BTSに乗って、ホテルに戻ります。

左から2番目の脚を組んでいる女性、あるいは男性?

ラッピング広告が大胆です。

ナナ駅で降りてホテルで荷物を回収します。

とんぼ返りで、BTSナナ駅に戻ります。

このネコともお別れです。

BTSにまた乗ります。

エアポートリンクに乗り換えます。

エアポートリンクが入線します。

地元の女の子の写真を執拗に撮影する私もよくない人間です。

大きな荷物を持っている乗客が目立ちます。

空港に着きました。

(つづく)

コメント (4)

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(69)

2019-05-04 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

日本もそうですが、アジアの国々が開国、もしくは欧米との付き合いを余儀なくされた経緯で、このような「いかにも」の洋館が建設されました。

王の肖像もあります。

こういうパステルの建物は好きです。

バスが実に来ないのでうんざりしました。まあ時間に追われている旅じゃないからいいんですが。

車掌がバス代を集めます。バンコクのバス車掌というのも、いつくらいまでいるんですかね。

こういう写真を、拙自宅のPCの壁紙にするわけです。

バスから思わず撮影してしまいました。かなり目つきの鋭い男性です。

こういう写真も壁紙になります。さっきの男性の写真もです。

バスを降ります。

ファランポーン駅まで歩きます。

タイですから、いろんな人がいます。

地下鉄に乗って、スクンヴィット駅で降ります。

何回も行っているアソーク駅近くのショッピングセンターに行きます。

白人の女性は、絶対撮影します。

私にとっては、このような人たちは、特定の個人を撮影しているのでなく、単なる写真の中に入っている人でしかないわけです。ていうのは、本音から言えば大嘘ですが(苦笑)、いちおう建前としてはそういうことにしています。

ショッピングセンターに行きます。疲れた際には、甘いものが一番。

スターバックスコーヒーもにぎわっています。席を確保するのも大変でした。私は外国人ですのでどこでも出入りしますが、やはり中華街にいたご老体は、こういうところは出入りしないよね。金のあるなし以前に。

商売繁盛です。

こういう吹き抜け、わりと好きです。

なかなかいいでしょう。

最後の晩餐をとることにします。夕暮のバンコクの街です。

あらためてですが、こういう写真を見ていると、バンコクというのはやはりすごい先進都市だと思います。日本でも、東京は別格としても、バンコクほど近代化の進んだ大都市は、まずほとんどないかと。もちろん首都であり、そういうアドヴァンテージは大きなものがあります。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(68)

2019-05-03 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

バスを降ります。王宮を見学することとします。

パステルカラーの黄色がきれいです。

なかにはいります。

制服を着ている女の子たちもいました。

子どもはかわいい。

日陰はやっぱりほっとします。

ペットボトルの水を1本もらえます。ありがたい。

子どももお疲れ?

釈迦像を見学します。

うーん、でかい。

緑に意味がある?

こういうのは、中国系の人が好きなんですかね。

壁や天井を撮影します。

装飾過多です。

白人の子どももいます。もちろん撮影します。それでブログで発表しちゃうんだから、私もひどい人間です。

日差しが強いので、熱中症に注意します。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(67)

2019-05-02 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

店を出て、チャイナタウンを散策します。

裏道を歩きます。

なにげにこのような女性がいますので油断ができません。

テントの下を歩きます。

左にローストがつるしてあります。おいしそう。

このような子どもはすかさず写真を撮ります。

ほんとはこういうのを買って食べたいですね。今度チャレンジしてみようか。

冷やかし中? 交渉中?

こういうおばあさんも、やはり絵になります。

上に同じ。でも肉も、痛みがはやいだろうなあ。

男の人も店番をしていました。

なかなか迫力があります。

白人の女性も観光をします。

柑橘類も売られています。

乾季とはいえ日差しは弱くありません。

腸詰めですかね。

人通りが多いので、スリ他に注意が必要です。

いろんなものを売られています。

上の青いタクシーが映っている写真にもありますが、タイではまだ原付バイク(?)の2人乗りはOKなんですかね?

出店している人たちの間でもコミュニケーション?

グリーンの服を着た女性、いかにもタイの女性という雰囲気を感じてしまいました(って、私が勝手に感じているだけです)。

そろそろバスに乗って、次なる場所へ行こうかと思います。

扇子他を売っているんですかね。

バスに乗ります。

車内です。

ドライバー氏には、安全運転をお願いしたいと思います。

車窓をながめます。

乗客も(当然ながら)入れ替わります。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(66)

2019-05-01 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

日本でこのような光景があったら、 このご老体大丈夫かと思われるかもですが、タイではどうなんですかね? まあ大丈夫かと思いますが。

漢字の看板が、ここがチャイナタウンであることをあらわします。

なかなかいい光景です。

裏道に入ってい観ます。漢字の看板が、いい雰囲気です。

日差しが強くて写真の露出がやや適正でないのは乞うご容赦。

こういういろんな人たちが収まっている写真、私大好き。

白人がこのようなところで食事をしている光景はあまり見かけません。逆に日本人ほど現地の食事を食する人たちも珍しい。この旅行者は、なかなかのベテラン、つわものなのかもですね

日差しが強いから、日陰を作ってそこで休む。暑い国での鉄則です。

眼鏡をかけてなかなか知的なお顔の女性たちです。左側の女性に関しては、このような豹柄の服を着てこのような作業をしているのはあまり記憶にないな。

帽子をかぶった女性、いい笑顔です。

柑橘類もおいしそうです。

僧もいます。

ネコもうろつきます。

なかなかすさまじい表情の女性です。やっぱり私がカメラを向けたから?

上に同じ。

やっぱり彼も?

彼女もそうですかね?

犬も暑くてへたばります。犬は基本的に北方系の動物であり、暑さには原則強くありません。

「地球の歩き方」のバンコク編にも紹介されている麺の店へ行きます。

前国王の肖像があるのも、いかにもタイらしいところです。

調味料が置いています。

こちらです。肉が多い。汁なし麺です。

書き入れ時なので、忙しく働いています。

やはりでも、タイに来たら、このような店で食事をするといいですね。おいしいし安いし雰囲気も東南アジアに来たという気になります。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(65)

2019-04-30 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

両替商もあります。

中華街は、やはり超近代都市、大都市の雰囲気のあるスクンヴィットなどより、東南アジアで私たちがイメージする街並みに近いものがあります。こういう雰囲気は、そのままでいる方がいいと思います。東京とかソウルのような、つるっとした大都市になっても面白くない。

ではまずここで、最初(第二もあります)の昼食をいただきます。

ガイドブックに載っていた中華料理の店です。

ビールをいただきます。暑い日に飲むビールはうまい。

点心他をいただきます。おいしく食べます。

客の多い店です。

外国人観光客もくつろぎます。

それでこのようなご老体が道端に座り込んでいるのもタイの光景です。

宝くじ売りですかね。形式的には、タイはギャンブルNGの国です(実際は、そこらじゅうでギャンブルをしていますが)。宝くじは数少ない公認のもの。カンボジアの、タイ国境の街ポイペトにカジノが乱立しているのはそのためです。私も今回の旅で、行きかえりにそこを通過しまして、カジノのお手洗いを借りたりしました。

宝くじ売りはたくさんいます。

あ、行列のできている店です。

何を商っているかは定かでありませんが、タイ人が並ぶのだから、少なくともタイ人にはおいしい店なのでしょう。韓国人も、昔は食堂で並ぶことはありませんでしたが、昨今はそうでもないみたいです。

見事な白髪の女性です。

このようなヒッピーの系統を受け継いでいるような女性もいます。

なかなか絵になる光景です。

 食べてみても面白そうですが、今日はやめます。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(64)

2019-04-29 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

中華街を歩きます。

いろいろな屋台があります。

路上でこのように刃物を持って果物の皮などを向いているのも東南アジアならでは?

こういう屋台で食事をしても面白そうです。

乾季の1月ですが、日差しの強さはなかなかです。

だから(?)屋台にもパラソルはあります。

路上でこうやって食事をする風景、やっぱり東南アジアですね。

実にたくさんの人たちがいます。

こういう店も絵になります。

路上で飯を食いながらスマートフォンを見る。非常に今日の東南アジアを象徴するような光景です。私も現地ではよくやります(苦笑)。

机の上にミネラルウォーターがありますね。熱中症予防に水はこまめに摂取しなければいけません。

いかにも中国系らしい(?)ご老体です。

うーん、日差しが強そうですね。

タイ文字にラテン文字、あと漢字もある光景です。

 

1月ですが、クリスマスツリーがまだありました。

なかなかすごい建物です。

 

これも個性的でなかなかいい建物です。

柑橘類が売られていました。

執拗に写真を撮る私も悪趣味な人間です。東南アジアなら、まあトラブルにはならないけどね。

こちらの女性も頑張って仕事をしています。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(63)

2019-04-28 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

本日深夜(未明)の便で、中国経由で帰国するので、まともな朝食はこれが最後です。

向こうにいる左側の女性、なかなかかわいいと思います。

盛った図です。

ツーショット写真の撮影に成功しました。

チェックアウトして荷物を預けます。これから最後の観光です。

フーターズも、開店はしているのかな?

湿気が多いのでカメラが曇ります。

駅で電車を待ちます。

反対側のホームを観ます。

さっきも写真を撮っていたカップルの女の子のほうがあくびをしていました。まーったく、こんな写真を撮ってネットにアップしちゃうんですから、私もひどい人間です。

こちらの駅で降ります。

地下鉄に乗り換えてチャイナタウンへ向かいます。

 

こういう女性の写真も容赦なく撮っちゃいます。

 

チャイナタウンにつきます。

こういう光景は、まさに東南アジアだと思います。

ではさらに歩いてみます。

(つづく)

コメント

シェムリアップ、バンコク、成都紀行(2017年12月~2018年1月)(62)

2019-04-27 00:00:00 | 旅(東南アジア―ミャンマー以外)

ホテルを出ます。

BTSのナナ駅まで歩きます。

夕方にいたネコがいました。

タイで、ロシア旅行が人気?

BTSのなかです。

クリーニング屋です。

年末に食事をしたレストランです。きらびやか!

何回か訪れたことのある、外国人向けの食堂です。

込んでいるから相席です。

味は、まあ標準的なものなのかもですが、おいしくいただきます。

手持ちの金が足りなくなったので、スーパーリッチなどの割のいい両替屋はすでに閉店の時間なので、こちらで両替します。パスポートを持っていなかったので、パスポートなしで大丈夫と確認したら、大丈夫と言ってくれました。

こういうふうに、カメラを上にして撮ると、あまり不審な目で見られません。

白人の女性は、積極的に被写体にします。

ホテルに戻ります。

ナナプラザですから、いかがわしい雰囲気です。

ホテルに併設されているフーターズです。

(つづく)

お断り:本日から5月6日まで、原則旅の記事のみになります。突発的な事件が発生したら、適宜対応します。

コメント