ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

寺門亜衣子がやや劣化している

2017-09-08 00:00:00 | NHKアナウンサー研究

このブログでも数回取り上げていますが、私はNHKアナウンサーの寺門亜衣子がわりと好きなのですが(顔が好みです)、最近の彼女はやや劣化しているように感じます。写真をご覧になってください。 

この写真は、2012年10月の放送の写真です。このとき彼女はまだ札幌放送局に所属していて、夏季休暇のアナウンサーの代わりに登場していまして、翌年東京に転勤して朝の番組を担当するようになりました。たぶん次の人事異動での看板番組起用のための最終チェックみたいなものだったのかもしれません。

これは2014年10月の写真。このあたりは特に問題がないと思いますが・・・。

それで次は、2017年8月5日、NHK7時のニュースに登場した彼女です。

かつての美しさに相当かげりがありますね。だいぶ太っちゃったし。

彼女の場合美人というより「かわいい」というタイプなので、年齢を重ねるとややきつくなるという部分はあるのかもです。札幌に所属していたり朝の番組にでていたころは、なかなかのレベルだと思ったのですがね。

人間年齢は仕方ないですが、やはりうまく年をとることも、特に彼女のように顔で仕事をしている人はそれなりに必要だと思います。

コメント

井田寛子という人も、妖精のような女性だと思う

2016-03-16 00:00:00 | NHKアナウンサー研究

井田寛子はNHKアナウンサーではありませんが、10年以上NHKでキャスターその他をつとめていたということで、アナウンサーに準じる立場ということで、このカテゴリーにすることをご了承ください。

現在NHKの夜9時のニュースでお天気お姉さんをしている井田寛子が、TBSに移籍するとのことですね。記事を。

>話題の美人気象予報士「あさチャン!」キャスターに NHK夜からTBS朝番組へ

スポニチアネックス 3月15日(火)11時0分配信

話題の美人気象予報士「あさチャン!」キャスターに NHK夜からTBS朝番組へ
TBS「あさチャン!」の気象キャスターに決まった井田寛子
 NHK「ニュースウオッチ9」に出演中の気象予報士、井田寛子(37)が25日に番組を卒業し、28日からTBS「あさチャン!」(月~金曜前5・25)の気象キャスターを務めることが14日、分かった。

 「ニュースウオッチ9」では11年4月から気象情報を担当し、清楚(せいそ)な外見と分かりやすく落ち着いた解説が人気。昨年7月の「第11回好きなお天気キャスターランキング」(オリコンスタイル発表)では9位で、女性の気象予報士でただ1人10位以内にランクイン。実力、人気ともに兼ね備えた「女性No・1気象予報士」ともいわれている。

 「あさチャン!」の高橋務プロデューサーは「朝、極めて関心が高く重要な気象情報をより丁寧に、分かりやすく伝えるための担い手として参加していただきます」と語る。

 井田は「ニュースウオッチ9という最高の番組で5年間も気象情報を担当させていただけたことに、感謝でいっぱいです。かけがえのない方々と毎日お仕事できた時間は私の財産です。今回、節目のタイミングでお話をいただきまして、ご縁を感じています。皆さんが気持ちよく安心して一日のスタートを切れるような気象情報をお届けできるように頑張ります」と話している。

 ◆井田 寛子(いだ・ひろこ)1978年(昭53)9月26日、埼玉県春日部市生まれの37歳。筑波大第1学群自然学類化学科卒業。02年にNHK静岡放送局の契約キャスターとして入局。その後、NHK首都圏放送センター、大阪放送局のキャスターを経て、11年からNHK「ニュースウオッチ9」の気象情報担当キャスターに。趣味はヨガ、ランニング、ダイビングなど。身長1メートル67。

彼女ってわりと長身ですね。それで、題名にも書きましたように、彼女って妖精系の美女だと思います。顔もそうですが、話し方、髪型、肌の白さ、服装、いずれも妖精のイメージがあります。

個人的には、彼女は昨年3月いっぱいで番組卒業かなと思っていたのですが、あにはからんやもう1年登場してくれました。彼女のおっとりとしたしゃべり方はわりと好きでした。というわけで、彼女の写真を。

 

個人的には、ショートカットの彼女より、今の髪型の彼女の方が似合うような気がします。

というわけで、井田さん、新天地でも頑張ってください。応援しています。興味のある方は下の本もどうぞ。

井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと

 

コメント

めずらしくNHKのニュースを読む女子アナがパンツだった

2015-04-18 00:00:00 | NHKアナウンサー研究

めずらしいといっていいと思います。NHKの7時のニュースの土日を担当する女子アナがパンツをはいていました。4月11日の放送より。

この時間のアナウンサーは、鉄壁でスカートだったのですが、これはめずらしいと私みたいなもの好きは喜ぶわけです。

しかしお天気姉さんは、やはりスカートですね。日曜日はとくに確認しませんでしたが、ほかのニュースのアナウンサーはやはりスカートのようですね。

今後どうなるか、私以外の人はあまり関心はないでしょうが、私は重大な関心を持ってチェックしていきたいと思います。

コメント

茶摘娘の女性の後継者になるか

2014-12-08 00:00:00 | NHKアナウンサー研究

過日(10月7日)NHKの「おはよう日本」を見ていて、「健康コンシェルジュ」なるものを名乗る女性が登場しました。アナウンサーの寺門亜衣子です。

彼女も幼い雰囲気がありますが、1985年生まれでもう29歳です。

で、この日の番組では、彼女は会社勤めの女性の役をしています。

寺門「あ、いけているOLが…」

鈴木奈穂子「いけてるって!」

阿部渉(鈴木の発言と重なって)「いけてるって、自分で言っている!」

このあたり、彼女は印象が地味なので、押し付けがましくなくてあんまり面白くないですね。このへんは、茶摘娘になった女性の足元にも及びません。もっとも茶摘娘の女性の場合、こういった時は、職場の机であくびをしながら雑誌を読んでいたりして、それで「あ、仕事のできそうな女性がいますね!」くらいのことを言うので、台本もずいぶん違いますが。

すると上司(の役)の人が言います。

上司「寺門君、ちょっといい?」

寺門「はい・・・!?」

で、上司のほうに向かいます。

阿部「これ、演技しているの?」

鈴木「さあ演技が始まりました!」

寺門「名演技!」

すると突然怪しい(失礼!)男性が現れます。

男性「寺門さん、いま「ながら運動」のチャンスでしたよ!」

思わず困惑する寺門アナウンサー。

この男性は、フィットネス研究家なる肩書きを持つ長野茂氏という人物です。

Wikipediaによると、テレビ出演もいろいろされています。

>スーパーJチャンネル (テレビ朝日)
ミラクルシェイプ (日本テレビ)
おもいッきりテレビ (日本テレビ)
はなまるマーケット (TBSテレビ)
おしゃれ工房 (NHK教育)
まいにちスクスク (お題は「ながら運動」)(NHK教育)
お元気ですか日本列島 (「ハツラツ道場」のコーナー) (NHK総合)
生活ほっとモーニング (NHK総合)
生島ヒロシのおはよう一直線 (TBSラジオ)

私が知りませんでしたが、わりと有名な方のようですね。

ただHP(写真の出典はこちら)などで発表されている写真とは、少し雰囲気が異なります。

長野氏から寺門さんは、いろいろな「ながら運動」を伝授されます。

これは即席空気椅子運動。

これはふくらはぎを押す運動。

またまた朝日氏が現れます。突然仕事場に現れるのだから、変な人です。

脚を横に向けて身体をねじってパソコンに向かうと、腰痛その他に効くとのこと。

なかなか効果がありそうです。

しかし隣の人に迷惑をかけないよう乞うご注意。

寺門さんの机の隣は茶摘娘の人(と、放送の中で言っていました)ですから、最高レベルの注意が必要です。

最後の運動のポーズを思わず(台本通りに)してしまう阿部、鈴木両アナウンサー。

隣のお局様に注意したいと(台本通りに)語る寺門アナウンサーの話に(台本通りに)うける鈴木さん。彼女って、わりとこのように顔をくしゃくしゃっとして笑います。こちらの記事の写真もそうです。

いつぞや記事にした「汚れた洗濯物を見ただけで実家に帰ろうとする女性」や「魔法使いになる女性」のようなインパクトは(当然ながら)ありませんが(ていうか、あそこまですごい演技は、茶摘娘の女性くらいしかできません)、これからも修行を積んで、視聴者(ex.私)を絶句させるようなものを見せてほしいなと思います。しかし寺門さんて小柄で印象が地味なので、そこまでは難しいかな。

NHK女子アナの研究はこれからも続けますので乞うご期待。

コメント

やはり鈴木奈穂子の芸にはまだ遠く及ばない

2014-09-04 00:00:00 | NHKアナウンサー研究

先週から平日のNHK「おはよう日本」は、6時30分以降のメインのキャスターを務める鈴木奈穂子がお休みですので、代わりに6時30分より前の時間を担当する寺門亜衣子がスライドで6時30分以降を担当しました。彼女については、前に記事を書いたことがあります。

NHKのアナウンサーでも、地方局の人なら地元の野球チームが優勝したことを全国放送で喜んでいいらしい

このときは、夏休みの上條倫子の代わりに当時地方局(札幌放送局)所属の彼女がばってきされたわけです。私は、あるいは2013年4月から彼女が上條の後任になるかもと予想しましたが、けっきょく13年からは見送られ、14年4月からの後釜になりました。

さて、6時30分以降を担当する女子アナは、40歳になって茶摘娘になった人のお相手をしなければいけません。「まちかど情報室」です。

さあ、寺門さんが、鹿島さんにどうお相手するのかな・・・とけっこう楽しみにしていたのですが・・・。

うーん、やっぱり鈴木さんの芸には足元にも及びませんね。これはアナウンスの技術ではなく、経験によるところが大きいので当然ですが、鹿島さんのお局様の雰囲気に果敢に突っ込むあの芸は、やはりなかなか真似できるものではありません。

ていうか、こう言っては失礼だけど、寺門さんはちょっと雰囲気が地味なんですよね。鈴木さんは、いじられても許されるところがありますが、童顔(ああ見えても、1985年生まれの29歳です)の寺門さんはあんまり鋭い突っ込みや突っ込まれるのは苦手そうです(実際がどうかを言っているのではありません。雰囲気を言っています)。声も小さくて華があるわけでもないしね。ルックスはいいけど、鈴木さんのような華があるタイプと比べられると損です。

彼女が鈴木の域まで達するのには、もっと時間が必要なのでしょうが、そのころには鹿島さんが「まちかど情報室」を降板するんでしょうね。これはアナウンスの能力ではなくて芸というかその他の適性なので、ちょっと彼女の適性には、鹿島さんの相手はそぐわないんじゃないかな・・・と勝手なことを考えます。

台本を読んでいるだけでも、やっぱり大差がありますね。なかなか難しいところです。

ところで、上に紹介した記事にも指摘したように、寺門もやっぱりスカートしかはいていません。ほんと、スカートの好きな放送局です、NHKって。いや、鹿島さんはパンツか。でも視聴者は、別に彼女のスカート姿に興味はないか。なお写真は、8月27日、28日の放送より。

コメント

NHKのジェンダー意識の1例(ね、ニュースを読むNHK女子アナはスカートしか着用しないだろ)

2014-01-21 00:00:00 | NHKアナウンサー研究

今日の記事は、アナウンサーの話だけではありませんが、便宜上「NHKアナウンサー研究」のタグに。

過日NHKのニュース(7時のニュース)を見ていたら、「おや」と思うことがありました。

つまり幼児のスマートフォン依存について報じたニュースですが・・・。

上のようなCGイラストがバックで写りました。私以外の人は何の関心も持たないでしょうが、奥にいるお母さんに注目。

スカート姿です。最近の主婦は、スカートよりパンツをはいている人のほうが多いんじゃないのと思いますが、その真偽を私は知りません。でも少なくとも家の中ではパンツという方が主流じゃないんですかね。

ただこれは、NHKだけの話じゃありませんね。わりとこのようなことはあります。前に紹介した「ボランティア活動保険」のイラストに登場する女性たちは、確認できる限りではみなスカート姿です。

私個人の勝手な意見を書きますと、どうも福祉関係とかのパンフレットなどのイラストでは、わりと女性はスカートというステレオタイプな概念が支配しているような気がします。

というわけで、ほかについては議論するほどのデータがないのでめったなことは言いませんが、NHKというところは、基本的に「女性はスカート着用が望ましい」という考えなんですかね。たぶんそうなのでしょう。

そうすると、私がネタにしているNHK女子アナのスカートの話になります。最近のNHK女子アナのスカート着用状況はいかに?

最近NHK女子アナの服装をチェックしていません。今回は面倒なので、関東ローカルで午後8時45分から15分流れる「首都圏ニュース845」を2週間チェックしました。こういう暇なことをしているのが人生いちばん楽しいのです。

なおこの番組は、「7時のニュース」のサブの女子アナが担当します。よって、2人のアナウンサーが1週間ごとに交代します。だから7時のニュースを記録すればいいのですが、こちらは一般ニュースから天気予報に切り替わるところでアナウンサーの全身が映るので(ニュースを読む場所から天気予報のコーナーへ移動します。1番下の写真参照。)、記録が容易なのです。

以下、だいぶ以前ですが、2013年11月11日~22日まで。

たまに、こうやって移動するところが写ることもあります。

ね。絶対スカートしか着用しないでしょ。

私の知る限り、NHK女子アナの報道関係の人は(スポーツアナとニュース番組でもニュースは読まないアナウンサー(鹿島綾乃みたいな人)をのぞく)、スカート着用必須ですね。あとアナウンサーではないですが、お天気お姉さんもです。理由は知りません。たぶんNHKのジェンダー意識の中に、「女性は(正式の場では)スカート姿でいるべきである」みたいな固定観念があるのでしょう。それもどうかです。もっとも上のイラストの例は、正式の場ではないか(家庭の情景です)。しかもNHKの場合長いスカートでなくひざが見える長さのスカートがやたら好きですね。これも理由は知りません。

地方局はどうなのかまでは確認していませんが、こういうことは長期で観察していくと面白そうですね。たとえば10年後もNHKのニュースでニュースを読む女子アナはスカートを着用しているかと確認してみてもいいかも。1年に1回くらい記事を書いていきましょうか。

というわけで、これからもこんなことを日々研究していきますので乞うご期待。

コメント (10)

(元)ミス・ソフィアでも、不特定多数の見ている前で股割りをさせられる

2013-04-20 00:00:00 | NHKアナウンサー研究
NHK週末スポーツの顔、杉浦友紀の、4月14日の放送より。



彼女は、立命館大学相撲部の学生の取材に行きます。

で、これだけでなにやら不吉な予感がしますが…。



服装も着替えてジャージです。これはきっと…。



やっぱりさせられました、股割りです。これができないと、相撲は危険です。

でも、(元)ミス・ソフィアもここまでさせられるんですね。いや、実際のところするのかさせられるのかは不明です。

今後の彼女の活躍に期待(?)します。
コメント (4)

NHKアナウンサーのチェックはやはりやめられない

2013-04-05 00:00:00 | NHKアナウンサー研究
4月1日の放送から、「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーは、茶摘娘になった人ともう一人男性アナウンサーが隔週で担当することになりました。面白く思ってもらうためには、かなり無理やりなことをするコーナーですから、どうかなと思ったら、初日と2日目(と、3日目の早朝。このコーナーは、同じネタを相方別に2回くりかえします)の男性アナウンサーの写真です。







うーん、ここまでやりますかねえ。どうやら女性が茶摘娘や魔法使いになったのを驚いていた私の次元が低すぎました。最初の写真はともかく、さすがに下の衣装については、彼も自分がNHKのアナウンサーになった際ここまでやらされるとは思わなかったんじゃないの(笑)。これでは、40歳の女性が茶摘娘になったり魔法使いになるほうが、まだましですね。

いずれにせよ、NHKアナウンサーの研究はやめるわけにはいきませんね。女性アナウンサー関係が9割でしょうが、これからもどんどん研究していきます。また、タグで「NHKアナウンサー研究」というのを4月3日に作成しました。いままでの記事は、そちらに移動します。はじめは「NHK女子アナ研究」にしようと思いましたが、この記事を書くのでやめました。
コメント (2)

山岸舞彩→杉浦友紀→西堀裕美(追記あり)

2013-03-30 00:00:00 | NHKアナウンサー研究


3月24日の「サンデースポーツ」の放送をもって、山岸舞彩が番組卒業となりました。私は、31日までやるのかなと思っていたのですが、30日から新年度とのことで、24日の放送がラストでした。個人的には1週間(サタデーを考えれば2回分)損をした気分(笑)。あと1年は、彼女の週末スポーツ番組を楽しみたかったのですが、事務所(セント・フォース)が、ここが彼女の売り時だと認識したということでしょう。他局での彼女の番組を見る予定はありませんが、彼女にはがんばってほしいと思います。写真は3月24日の上記番組より。

彼女の後釜は、「おはよう日本」でスポーツを担当していた杉浦友紀です。昨日3月29日で「おはよう日本」卒業です。想像ですが、彼女は、昨年のロンドンオリンピックの際、メインをフリーアナの山岸が起用されたのがものすごく悔しかったでしょうね。そして彼女の後釜なのも、NHKの杉浦への評価が高いのも事実ですが、しかしNHK側は山岸ともう少し契約を延長したかったようですから、それも面白くはないでしょう。人事と給料は文句を言っても仕方ないですからなにがどうなってもしょうがないですが、人間だから面白くはないよね。

ただ、これは杉浦だからっていう意味でなく、誰が担当しても山岸の後釜は厳しいよね。杉浦もかつての「ミス・ソフィア」だったくらいで美女ですが、山岸みたいな華やかさに欠ける(って、素人の杉浦を、水着のキャンペーンギャルまでつとめた人と同一に論じても無理です)。しばらくは我慢して、彼女なりの個性で視聴者の心をつかむ必要がありそうです。写真は、3月29日、彼女の「おはよう日本」最後の出演時のもの。





かなりのアップで彼女の顔が映し出されたのは、やはり視聴者サービス?

そして私が着目したいのが、彼女の服装です。「おはよう日本」では、彼女はわりとパンツ系が多かったのですが、前任者にならってスカートで通すのか、それはそれでいくのか、個人的には興味があります。

で、「おはよう日本」の杉浦の後任が、西堀裕美という方。彼女は、私がなにかというと記事にする茶摘娘になったりシャツが汚れているだけで実家に帰ろうとしたり魔法使いになったりした女性の大学の後輩です。学部は、法学部と経済学部で違います。なかなかの才女です。最初の写真は、杉浦に紹介される彼女。服装は、NHKらしい短めのスカートです。





あいさつする西堀です。

下の写真は、申し訳ないのですが、よそからいただきました。



ちょっとお顔が地味ですね。茶摘娘になった人くらいにへんてこな路線に走れば面白いのですが、しばらくは無難な方向でいくんですかね? わりとおとなしめな雰囲気かも。

おもいきって(こちらで記事にした)寺門亜衣子あたりが起用されれば面白い気もするんですが、まだ時期尚早なのでしょう。

私も、そんなにNHK女子アナの動向を詳細にチェックしているわけではないので詳しいことは知りませんが、杉浦と西堀には注目していきたいと思います。

4月3日追記:3月30日、31日の杉浦の写真です。





どちらもスカートですね。やはり平日の朝の番組より色も強めです。たぶんに山岸に対抗しているのかな。

下は4月1日の西堀です。



こちらは、典型的なNHK女子アナの服装です。スカート姿は、2日、3日も同じです。たぶん彼女は、スカート中心の衣装になるだろうと想像します。
コメント (4)

京都大学法学部を卒業している40歳の女性アナウンサーがそこまでするのは少し痛い気がする(2)

2013-01-11 00:00:00 | NHKアナウンサー研究
NHKに、京都大学法学部を卒業して、40歳になって茶摘娘の姿になったアナウンサーがいます。京都大学法学部を卒業した人ならNHKでも幹部をめざせる(めざせた)でしょうが、彼女は朝の番組で茶摘娘の格好をして茶摘をしています。40歳になってそこまでしなくてもいいんじゃないのと思いますが、でもそこまでさせられるというか、そこまでする人なんですね、彼女は。この話は記事にしました。

で、この女性はNHKの朝の番組で、茶摘娘のほかにもいろいろへんてこな役割を担わされています。これは2012年10月5日の「おはよう日本」内「まちかど情報室」より。なお、以下のせりふは、

○○(話者)「××・・・」

というのがスタジオでの発言、

単に

「××・・・」

というのが、収録済み映像での発言です。

いきなり、茶摘娘になった人登場。



「おかえりなさーい!」



茶摘娘になった人「あ、すてきな奥さんがでてきましたね」

相方の人「ちょっとなにをやっているんですかー!」



「新婚中」であることを強調していますね。

しかしエプロン姿、にあわねえな、この人(爆笑)。最悪、悪夢を見るかも(といったらいくらなんでもひどいか、ごめんね、鹿島綾乃さん。いけね、実名書いちゃった)。

「今日なんか洗うものあるー!?」



で、夫(の役をやっている人)が、汚れたワイシャツを手渡します。その汚れ方に茶摘娘になった人は顔をしかめます。





彼女曰く



「鹿児島の実家に、帰らせていただきます!!!」

いや、あなたが実家に帰ったら、実家の方ものすごく困ると思うぞ(笑)。

もちろん実家にそう簡単に帰るわけにはいきませんから、帰らないですむ解決策は(当然ながら)ちゃんと提起されるのですが(笑)。

相方の人「そんなこといったらだめですよ、これぐらいで」
茶摘娘になった人「え、だって鈴木さん洗いますか!?」
相方の人「う・・・(絶句)」

こういうとき、絶句するのもお約束ですね。



「これで実家に帰らずにすむかもしれません!」

この道具は、汚れをうまく落としてくれる優れもののようです。

で、この後の相方の人との会話。

相方の人「すむかも、ですか」
茶摘娘になった人「かもです。かもです。だって効き目が解らないし」

さいわいこの道具は効果抜群で、実家には帰らないですんだようです(当然だよね)。

で、最後。



「とはいえ! もうあんなに汚してこないでよ!!!」

相方の人「この新妻こわーい」
茶摘娘になった人「(笑)」



いやあ、漫才みたいに面白いですね。

もちろんこんな会話、2人とも台本通りに話をしているだけですが、しかし茶摘娘になった人の

「鹿児島の実家に、帰らせていただきます!」

ってのは妙にリアルで(笑)、面白く感じました。

でもこれ、京都大学法学部卒で40歳の女性がやる仕事じゃないよね(笑)。芸能人ならいいけど、民放だって40歳になった社員アナウンサーにここまではさせないでしょう(笑)。40にもなれば、もうすこしまともな仕事がくるはず。

前の記事に書いたことを繰り返すと、京都大学の法学部に入ったとき、NHKに入局したとき、彼女は自分が40歳でここまでやるなんて想像もしなかったでしょうね。彼女の身内も周囲も。

いずれにせよ面白い女性です。これからも彼女のことはいろいろ注目したいと思います。

というような記事を書いていたら、昨年最後の放送での彼女です(生でなくVTR出演)。









うーん、魔法使いにまでなってくださるなんてすばらしいですね。茶摘娘で驚いていた私の認識が、次元が低すぎました。ここまでやってくれる京都大学法学部卒の40歳の女性は、やっぱり彼女しかいません。

なお、相方の人がこのようにコメントしていましたので、それをもってこの記事を終えます。



相方の人「鹿島さんのパワーに圧倒された1年でした!」
コメント (16)