ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

そこまで馬鹿なことをされたら、かばったり助けたりすることもできない

2012-08-31 00:00:00 | Weblog
あ、すいません、他人さまにはまったくどうでもいい話ですがちょっと書きたいことがあるので。

ずいぶん前の話ですが、私の祖父(母方。前に亡くなった祖母の夫、まだ存命中)が某所に持っていた建物が老朽化がすすんで利用価値がなくなったので、撤去することになりました。で、その撤去代というのでしょうか、地主から若干の金銭(そんなに大金ではないと思いますが)が祖父に払われることになりました。祖父の弟が交渉をして、いろいろ金銭的に祖父に世話になっていたせいもあってか(実際にどういうやり取りがあったかどうかは知りませんが)、そのお金を祖父にいくようにしてくれました。既に年金その他わずかな収入しかなかった祖父(祖父の弟は医者なので金銭に余裕はありました)にたいするプレゼント、という意味合いもあったかと思います。

もっとも所有者が祖父ならその関係の益が祖父にいくのは当然という気がしますが、その家は相続したものですから権利関係は共有だったんですかね? その辺は、私の知るところではないので(聞くような話でもないし)不明です。

さてそれからです。何がどうしてそういう考えにいたったのか、私にはさっぱり見当がつかないのですが、祖父は遠く離れて住んでいる自分の妹にこんなことを尋ねたというのです。

祖父「おい! お前のところはいくらもらうんだ!?」

…(失笑)。

で、どうなったかって? 「そんな話聞いていない」っていう話になり(それは、知らなければそういう話になるわな)、以下の詳細は略しますが(私もそんなに詳しくは知らないもので)、けっきょく祖父に入るお金はほとんどなかったとか(笑)。

これは私が関わる話ではないので、特に関係者に話を聞いたわけではもちろんないのですが、どうも祖父の弟は、祖父に気をつかって妹(複数います)に話をしなかったみたいですね。いずれにせよ、ちょっと祖父の行動は、軽率にもほどがあるなと思いました。

私の母(いうまでもなく祖父の娘)は、祖父の妹のことを「父(祖父)から昔さんざん金銭的に世話になっていたのに」と怒っていましたが、でもそこまでしちゃったらどうにもならないよねえ。そんなことを聞きにいく馬鹿がどこにいる、っていうレベルの話だと思います。この件は、すべて祖父に責任があります。このような事態になったのは仕方ないしどうしようもありません。

それで私が「え」と思ったのは、祖父は、そんなことを聞くためにわざわざ30キロ以上(かな?)離れた自分の妹の家に行ったそうなんです(・・・語ることばなし)。

そんな馬鹿なこと聞くために、わざわざ30キロも離れた妹の家まで行くかあ、と思いましたが(そのためだけの理由で行ったかどうかはわかりませんが)、電話で聞くのでは失礼だとでも考えたんですかね。

そんなことがありえる可能性は万が一にもないと前提とした上で言えば、私にひとこと「このことについて聞きにいきたいのだが」と相談してくれれば「悪いことは言わないから、そんなことは聞きに行かないほうがいい」と話をしたのですが、そして私がそんな忠告したところで祖父の性格からして私の話に耳を貸すとも思いませんが、どうもねえというところです。

ほんとかどうかはいざ知らずですが、そのお金を楽しみにしていた祖母は悔しくて涙を流したとか。

それを耳にしたときは、さすがに祖母には同情しましたが、祖父に対しては「ほんと馬鹿だな」という気しかせず、とても同情できませんでした。ともかくそのあまりにお粗末な話を聞いて私、おもいっきり言葉を失ったのですが、でも私こんなことを考えました。

「おじいさん、ほんとそれが知りたかったんだなあ」

そんなことを聞いて何の得があるのか、そんなことを聞いて先方(妹)が気分を害しないか、そんなことを聞いたら自分の弟にあらぬ迷惑がかからないか、普通の人間だったら、そんなことを考えてそんなつまらんことを知りたいとも思わないし知りたくても聞きにいったりしないでしょうが、しかし少なくともそのときの祖父は、それを本当に知りたくて仕方なかったんでしょうね。もうだから、ほかのことなんか何も考えず(多少なりとも何かを考えていたら、たぶんそんなことは聞きにいかなかったと思います)聞きにいったのだと思います。

「ちょっと常軌を逸しているなあ」
と私は思いました。

それから数年後、祖父がアルツハイマーだかなんだかで認知症である旨の診断を受けました。いま祖父は一人住まいをしています(これはこれでひどい話ですが)。祖母も亡くなっちゃったし。いちおう近隣に住んでいたり働いている(自営)子どもたち(私の叔父・叔母)が世話をしています。

祖父のその奇矯な行動が認知症のための判断力低下なのかどうかは不明ですが、年を取るってこういうことなのかなと思いましたし、祖父の認知症の話は正直「やっぱり」でした。

私は本来どちらの味方をするわけでもない立場ですが(祖父に一番近い立場ではありますが)、そこまで馬鹿をやられるとほんと、なにも助けてあげられませんね。どうしようもないとはこのことです。

すいません、他人さまからすればほんとにどうでもいい話ですが、ちょっと書いてみたくなったので記事にしてみました。

なお本日は8月28日ですが、8月31日の記事として発表します。
コメント (8)

内容がないことを大げさに伝える記事だ

2012-08-30 00:00:00 | 北朝鮮・拉致問題
ネットで見て、ちょっと「おや」と思った記事を。

>北工作員の男、1500万詐取容疑で再逮捕
産経新聞 8月22日(水)19時53分配信

 北朝鮮の工作員だったとされ、1000万円の詐欺容疑で逮捕、起訴された兵庫県尼崎市の運送会社社長、吉田誠一被告(41)=公判中=と大津市の経営コンサルタント、奥田二三男被告(65)=同=が、別に融資金約1500万円をだまし取っていたとして、大阪府警外事課などは22日、詐欺容疑で2人を再逮捕した。

府警によると、吉田容疑者は「だまして融資を受けたことは間違いない」と容疑を認めているが、奥田容疑者は否認しているという。

 再逮捕容疑は、平成22年10月、吉田容疑者の運送会社が新たにアスベスト除去事業を始めると装い、日本政策金融公庫の中小企業向け融資制度を申請。機械設備を購入すると偽って、融資金約1500万円を詐取したとしている。


兵庫県の事件に大阪府警(おまけに外事課)が捜査して逮捕しているってことは、つまりは公安事件ですね。つまりこの逮捕容疑は、たぶん別件逮捕あるいは関連の逮捕であって、本筋の逮捕ではなさそうです。でも、この記事を読んだ限りでは、この逮捕案件で「北朝鮮」は現段階では関与があるかどうか不明じゃね? 産経は見出しで、「北工作員の男」とまで書いているけど、現段階では逮捕案件に関してはそれは関係ないんじゃないの? その詐欺した金がもし不法に北朝鮮に流れているとしたら、外為法違反とかが問われない? いや、これ訴訟でも起こされたら産経大丈夫? って、産経新聞につよい批判的なスタンスを取る私がこんなこと心配しても仕方ないんだけど、他紙・他マスメディアは追いかけていないみたいだし、かなりこれ飛ばし気味の記事じゃありませんかね。

こちらの記事もどうかと思います。

>元専属料理人の身辺調査 北工作員、忠誠判断に利用
産経新聞 8月23日(木)7時55分配信

 北朝鮮の工作員だったとされ、アスベスト除去装置をめぐる詐欺事件で逮捕、起訴された兵庫県尼崎市の運送会社社長、吉田誠一被告(41)=公判中=が、金正日総書記の専属料理人を務めた藤本健二氏=仮名=の身辺を調査していたことが22日、警察当局などへの取材で分かった。

 藤本氏は7月から8月初旬にかけ、北朝鮮からの招請で訪朝しており、吉田被告は北の工作機関の指示を受け、金正恩第1書記にとって安全な人物かどうかを調べていたとみられる。大阪府警外事課などは同日、別の詐欺容疑で吉田被告ら2人を再逮捕した。

 捜査関係者によると、吉田容疑者は2006年ごろから北の軍関係者や対外工作機関「偵察総局」などの指示で情報収集活動を本格化。軍事情報などをまとめたリポートを作成したり、北の情報を扱う民間団体に潜入したりしていた。

 さらに09年ごろに金第1書記が金総書記の後継者に内定した後、偵察総局から藤本氏の身辺を調べるよう指示を受け、10年から調査を開始。生活状況やメディアでの言動などを報告していた。こうした実態は、大阪府警が押収した吉田容疑者のパソコンに痕跡が残されていたという。藤本氏を再び招請する際に安全な人物かどうかを調査した可能性が高いとみられる。

 実際、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者によると、吉田容疑者らによる身辺調査の結果、偵察総局などは、藤本氏が「日本の公安当局や韓国関係者と密接なつながりはなく、北朝鮮への忠誠心を保っている」と判断し招請を決定。7月の訪朝前には、朝鮮総連中央本部から傘下の商工会などに対し、金第1書記名で「藤本氏の招請に際し、必要があれば責任を持って手助けするように」と指示されていたという。


この報道が事実かどうか(大筋で事実であっても、細かい部分に間違いがある可能性もあります)は私には判断できませんが、ここで報じられていること自体は特に「犯罪」じゃないんじゃないの? 民間団体に「潜入」なんて書いてあるけど、べつに不法手段を使ったとかそういう話じゃないように思えるんですけど。その事務所に不法侵入してパソコンなどを奪ったとか、藤本氏の住民票その他を不法入手したとか、氏の個人情報を不正取得したとか、そういう犯罪行為はしていないでしょう。していれば、当然その件で逮捕・起訴される可能性が濃厚です。もっともこの点については、今後捜査がすすんで立件されることもありえます。

北朝鮮当局が、藤本氏の身辺について最新情報を知りたいと考えること自体は当然だし、新聞記事にしてまで思わせぶりに報じるようなことでもないと思うんだけどねえ。ていうか、北朝鮮が藤本氏についてなんらチェックをしなかったら、そっちのほうがよっぽど驚異でしょう(笑)。こんな話、上にも書いたように他のマスメディアはあまり興味を持っていないみたいだしね。そもそもこの報道は

>警察当局などへの取材で分かった。

って、典型的な公安リーク記事ですね(笑)。つまらんことを大げさに報じる新聞です。

それにしても北朝鮮とかが絡むと(この件の場合、どれくらい関与しているのかすら怪しい気もしますが)公安警察の捜査もどうかと思いますが、ほんとめちゃくちゃな記事が出るね(笑)。いや、笑ってる場合じゃないか。「どうもねえ」というレベルの話です。

なお、今回の記事は、bogus-simotukareさんの記事を参考にさせていただきました。いつもながらお礼を申し上げます。また、本日は8月24日ですが、8月30日の記事として発表します。
コメント (6)

某野球選手の不祥事で思ったこと

2012-08-29 00:00:00 | スポーツ
何回も書きますようにあんまり野球に詳しくないので、このたび性犯罪をして逮捕された某野球選手のことはぜんぜん知らないのですが、報道を読んで「おや」と思いました。

社会人時代に「前科」…ソフトB堂上 強制わいせつで逮捕
スポニチアネックス 8月24日(金)7時0分配信

女性に無理やりわいせつな行為をしたとして福岡県警は23日、強制わいせつの疑いでソフトバンクの捕手で現在は2軍の堂上(どううえ)隼人容疑者(30)=福岡市東区=を逮捕した。犯行があった同県粕屋郡内などでは8月に入り同様の手口のわいせつ事件が数件発生しており、県警は関連を調べている。

 堂上容疑者の逮捕容疑は19日午後10時半ごろ、福岡県粕屋郡内で、アルバイトの女性(20)の髪の毛をつかむなどの暴行を加え、わいせつな行為をした疑い。調べに対し、「間違いない」と容疑を認めている。

 県警捜査1課性犯罪対策室などによると、女性がアパートに帰宅した際、堂上容疑者が「俺の顔を見るな」と言い、通路でわいせつな行為をした。女性とは面識がなかった。女性は県警に「(容疑者は)酒を飲んでいなかったようだ」と話したという。

 女性が110番し、周辺の防犯カメラの画像や聞き込み捜査などで堂上容疑者が浮上した。粕屋郡内などでは8月に入り、同様の手口のわいせつ事件が数件発生しており、県警は関連を調べる方針。24日午後にも送検される見通し。

 事件があった19日、堂上容疑者は飯塚球場(福岡県飯塚市)でのウエスタン・リーグ中日戦に4番・三塁手で出場。4打席ノーヒットと快音は聞かれず、試合は3―7で敗れていた。

 堂上容疑者をめぐる「性犯罪」は今回が初めてではない。ソフトバンク入団前の08年1月、オーストラリアのアマチュアリーグへ参加した際、メジャーのボストン・レッドソックスのスカウトの目に留まり、入団交渉まで行った。だが社会人時代に性犯罪歴があったことからビザがおりず、結局入団は見送られた。

 1軍の出場は10年7試合、11年1試合の計8試合のみ。今年は1軍出場はなく、ほとんど2軍生活で主に4番を任され、捕手や三塁手で70試合に出場。打率・258、3本塁打、16打点の成績を残している。


こちらも。

>不安視されていた素行 ソフトバンクは「十分、更生している」

 女性に無理やりわいせつな行為をしたとして、23日に強制わいせつの疑いで福岡県警に逮捕されたソフトバンク捕手の堂上隼人容疑者(30)。同容疑者をめぐる「性犯罪」は、今回が初めてではない。ソフトバンク入団前の08年1月、オーストラリアのアマチュアリーグへ参加した際、レッドソックスのスカウトの目に留まり、入団交渉まで行った。だが社会人時代に性犯罪歴があったことからビザがおりず、入団は見送られた。

 同年10月のドラフト会議では、ソフトバンクから育成枠で指名されたが、素行を不安視する声も球界内で聞かれた。しかし球団は「十分、更生している」と判断。本人も入団後は禁酒生活を送るなど、真摯(しんし)な姿勢で野球に取り組み、1年目の09年開幕前の3月30日には支配下登録選手となるなど将来を期待されていた人材だった。

 ▼日本大学名誉教授・板倉宏氏 強制わいせつ罪は初犯なら執行猶予が付く可能性が5割ほどある。今回は、容疑者がプロ野球選手という社会的地位のある立場であることを考慮し、懲役2年程度の実刑が妥当ではないか。また、以前の性犯罪歴がどのようなものだったか分からないが、同じような罪であれば心証は悪い。量刑への影響が出る可能性はある。


[ 2012年8月24日 08:25 ]


記事に出てくる板倉氏の見解では、実刑の可能性も高そうですね。仮に実刑になったとして世間は同情してくれないし私も同情しませんが、ちょっと気になったところがあります。

>堂上容疑者をめぐる「性犯罪」は今回が初めてではない。ソフトバンク入団前の08年1月、オーストラリアのアマチュアリーグへ参加した際、メジャーのボストン・レッドソックスのスカウトの目に留まり、入団交渉まで行った。だが社会人時代に性犯罪歴があったことからビザがおりず、結局入団は見送られた。

>同年10月のドラフト会議では、ソフトバンクから育成枠で指名されたが、素行を不安視する声も球界内で聞かれた。

>また、以前の性犯罪歴がどのようなものだったか分からないが、同じような罪であれば心証は悪い。量刑への影響が出る可能性はある。


球団が獲得にいたったということは、たぶんそんなにひどい性犯罪ではない可能性が高いのかもしれませんが(示談→不起訴のパターン?)、いずれにせよ米国からビザ発給を拒否される程度の悪質さはあったということでしょうか。よかったね、米国なんかいかないで。米国で日本人のプロ野球選手が万万が一性犯罪を犯したなんてことになったら、目も当てられません。

wikipediaによると、この某野球選手は

>武相高等学校では内野手。横浜商科大学時代に捕手へ転向。大学4年の時には第32回日米大学野球選手権大会に出場。強肩強打の捕手として注目され、複数の球団のドラフト候補にも挙がったが指名は受けなかった。

卒業後は社会人野球の強豪、日産自動車へ入社したが、入社2年目に退社。


とあります。なんで日産なんて超一流企業に入って2年目に退社したのかと思ったのですが、これってあるいは彼の性犯罪と関係があるんですかね?

>大学時代の監督に勧められ、2006年4月に四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズへ練習生として入団し、5月に選手登録された。その後はチームの中心選手として活躍し、アイランドリーグの5月の月間MVPに選ばれるなど、2006年は打率3割2分7厘、11本塁打で首位打者、本塁打王の二冠を獲得。守備でも持ち味である鉄砲肩と大胆なリードでチームを牽引。総合優勝に大きく貢献しリーグ年間MVPに選ばれた。しかしそのオフもどの球団からもドラフト指名はなく、同僚の深沢和帆(巨人が指名)、伊藤秀範(ヤクルトが育成枠指名)を羨望のまなざしで見つめるだけだった。

2007年も引き続き主力の捕手としてチームを支え、前後期と年間チャンピオンシップ、さらに独立リーグのグランドチャンピオンシップの優勝に貢献。個人タイトルこそなかったものの、打率と本塁打はリーグ2位、打点は3位という成績を残し、リーグの後期シーズンMVP及びグランドチャンピオンシップのMVPに選出された。しかし2007年のドラフト会議でも、事前に候補として名前が挙がりながら指名を受けることができなかった。


指名を受けられなかった理由は、やっぱり彼の素行が関係あるんですかね。全部じゃないにしても、やはり関係はあるんでしょうね。

で、私がつくづく思ったのは、なんでこういった事件をするのかなあということです。ソフトバンクが彼を最終的に指名してくれるにいたったことなどを考えれば、こんど性犯罪をするということがどれだけ重大なことになるかということを彼は認識できないほどの馬鹿ではないと思うんですけどねえ。

巷によく言われるように、性犯罪は再犯率が高いっていうことなのでしょうか。しかし彼はプロ野球選手で、そういったことをすることによる社会的制裁は(彼のような無名選手であってさえ)最高レベルに高いわけで、そういった社会常識を考えるよりも彼の性犯罪をしたいという欲求は強かったということでしょうか。そうなると、ほんと手に負えないというか、どうしようもないとはこのことだというレベルになります。

被疑者否認案件ですのでめったなことは書けませんが、ようやく初公判が決定した(下の記事参照)内柴某というひとも、大学での事件をする前にいろいろトラブルがあったようですし、性犯罪ではありませんがwikipediaによると

>週刊新潮が報じたところによると、北京五輪直前に酒に酔って俳優・渡瀬恒彦の運転手に暴行、後遺症が残る怪我を負わせたが、金メダル候補ということもあり内密に示談したという[2]。

ということもあったようですね。どうもこの男はかなりのトラブルメーカーのようで。相当いろんな人にいろんなことで迷惑をかけてきたんじゃないんですか。内柴某の場合警察沙汰はなかったのかもしれませんが、あんた金メダリストだろう、もうすこしまともな行動とれよという気はします。彼は奥さんと子どももいますからね。責任は某野球選手よりずっと重大でしょう。

それにしてもこのような連中の「更正」ってどうすればいいのかなという気はします。前、ソフトバンクを1年で解雇された男が福島の被災地で窃盗をしたという話を記事にしたことがあります。彼が1年でソフトバンクを追い出された本当の理由は分かりませんが、やっぱり彼がそうとうの素行不良の人間だったということが警戒されたのかなと思います。彼のその後の消息を知りませんが、ならず者として一生を送る可能性は少なくなさそうです。

こういう記事はほんと書いていて気が滅入りますね。被害者は一生心の傷が残るし、犯人も不徳の致すところで一生ダメージを受けますし、周囲の人間も本当にいやな気持ちになります(あんまりめったなことは書きませんが、私もわりと近い関係にある同僚が性犯罪をしてしまい、報道もされてしまったことがあります。彼は当然懲戒解雇されました)。他人への迷惑を少しは考えてほしい…そんなことを考える人は性犯罪などしないのですが、それにしてもです。

内柴某の初公判について

>内柴正人被告の初公判、9月12日に…準強姦罪
読売新聞 8月23日(木)19時39分配信

 教え子の女子柔道部員に酒を飲ませて暴行したとして、準強姦罪に問われているアテネ、北京五輪の柔道男子66キロ級金メダリスト・内柴正人被告(34)について、東京地裁は初公判を9月12日に開くことを決めた。

 起訴状によると、内柴被告は、九州看護福祉大(熊本県)の女子柔道部でコーチを務めていた2011年9月20日未明、合宿先の東京都内のホテルで、酒に酔って寝ていた未成年の柔道部員に暴行したとされる。

最終更新:8月23日(木)19時48分


8月24日ですが、29日の記事として発表します。
コメント (4)

2011-2012 アモイ(コロンス島)・上海の旅(38)

2012-08-28 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)
地下鉄にのって市の中心部に戻ります。空港直通の路線なので、大きな荷物を持っている人たちもいました。



広東料理のレストランへ行きます。













上海最後の晩餐が終わります。





ダンスをしている人たちがいました。











ホテルに戻ります。

(つづく)

本日は8月24日ですが、8月28日の記事として発表します。
コメント

2011-2012 アモイ(コロンス島)・上海の旅(37)

2012-08-27 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)
今日はとくに解説を入れませんので、上海の夜景をじゅうぶん楽しんでいただければと思います。















下の階は、土産物屋になっていました。





















(つづく)

本日は8月24日ですが、8月27日の記事として発表します。

コメント

2011-2012 アモイ(コロンス島)・上海の旅(36)

2012-08-26 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)


Nと合流して、とあるカフェで休みます。





かなり疲れていたせいか、2つも注文してしまいました。身体や精神が疲れると、甘いものをほしくなってしまいます。



近くに、現在の上海を紹介している施設がありました。閉館間際でしたが見てみます。







これは精密にできているなとおどろきます。前ソウルでも同じようなものを見ました。





超高層ビルに登ることにします。



さすがに高いですね。











さあ、どんな夜景を楽しめるでしょうか?

(つづく)

本日は8月24日ですが、26日の記事として発表します。
コメント

2011-2012 アモイ(コロンス島)・上海の旅(35)

2012-08-25 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)
毛グッズの店からまたもと来た道をもどっているとバスがきたので、それにのります。で、降りて地図をにらめっこしますが、目的の昼食を食べるための四川料理店を探すのが容易ではありませんでした。





が、何とか見つけます。







私は辛いものは平気ですが、同行のNは私ほどは得意でなかったみたいです。ごめんな、Nくん。



なかなかアンバランスな外見が興味深く感じました。



ここでNといったん分かれます。私は博物館へ行こうと思いますが、やや疲れたので寝転がりました。



白鳩がたくさんいるのは、偶然? それともわざと放しているの?





2012 1 2 上海午後の光景








博物館です。



しばらく並びましたが、ばかばかしくなって近くで休むことにしました。



ここで寝転がっていたら、すぐに警備員の人が来たので寝転がるのはやめて、持っていたフランス語のテキスト(旅行先にそういうものを持っていくんです、私は)のフランス語の部分を音読しました。こんなところでフランス語の音読をするというのも我ながら私も変わった人間です。

(つづく)

本日は24日ですが、25日の記事として発表します。
コメント

アランチャ・ルスの美しい写真(1)

2012-08-24 00:00:00 | 美女探求
ロンドンオリンピック出場はかないませんでしたが、オランダ人テニス選手アランチャ・ルス(Arantxa Rus)はなかなかの美女ですので、ちょっと写真を集めてみました。ところでオランダ人って、もう少しつよいテニス選手がいてもいい気がするんですけど、案外いないのは、あんまりテニスに人気がないということなんですかね。個人スポーツだし、わりとオランダ人向きのスポーツのような気がしますが。

彼女は1990年生まれで若いので、これからの活躍が期待されます。この間ヌードを紹介したダニエラ・ハンチュコワ(Daniela Hantuchová)なんか、やっぱりちょっと年取っちゃったもんね。まだ29歳ですけど(1983年生まれ)。でも彼女の美脚はすごい。





















彼女の写真には、上の2枚のようなちょっときわどい写真もあります。それだけ被写体としてすぐれているということでしょう。











うーん、アランチャちゃん美人ですね。もともとテニス選手は長身でスタイルのいい女性が多いので、美女にはことかかないスポーツです。個人的には強い選手がほとんど白人なのもうれしいですね。あんまり書くとまずいですが、私黒人には興味ないもんで。

そう書くと、では日本人は、っていう話になります。日本人は興味がないっていうことはさすがにありませんが、テニス選手に関しては最近の日本の女子は不調ですからねえ。伊達公子は別格すぎて比較の対象にできませんが、沢松神尾といった人たちが活躍していた時代は日本の女子テニスの黄金時代というか特殊な時代だったのだなと思います。

ほかにもいろいろ美女テニス選手をご紹介していきますのでお楽しみに。

8月23日ですが、24日の記事として発表します。
コメント (2)

そうなの? そうすると、日本は私にとっては非常に生活しにくい社会になる

2012-08-23 01:49:04 | Weblog
すいません、今日は、まるっきりの他サイトの紹介です。

昨日ネットを見ていて、私思わず心の中で「なんだって!」と絶叫しそうになりました。

>2012/05/30 放送

徹底調査!なぜ増える?自分を名前で呼ぶ女子
自分のことを何と呼んでいる?
「わたし」や「おれ・ぼく」が一般的だが、実は今、自分のことを「下の名前」で呼ぶ若い女性が増えている。
10代向けの女性ファッション誌などをめくってみても、人気モデルや芸能人も、自分のことを名前で呼んでいる。

ZIP!が街で調査したところ、10代から20代の女性の60%近くが自分のことを「下の名前」で呼んでいた。しかも、最近の若い女性の中では、友人との間や職場など公の場でも自分のことを名前で呼ぶ人が増えてきているようだった。


自分を名前で呼ぶのは恥ずかしくない?
社会語学を研究している尾崎先生によると、「私というのは、昔、女性にとって普通の言葉で、どこでも使えると言う特徴があったと思うんです。ところが今ですと、“わたし”を使ってしまうと大人っぽいというか、ちょっと改まったというニュアンスが前以上に出てきている」という。

また、1980年代のアイドル全盛の時代に育った今の自分を名前で呼ぶ女子の親世代が、自分達の子どもが名前で呼ぶ事に抵抗を感じなくなってることが分かった。
80年代のアイドル事情に詳しい堀井さんによると、「小泉今日子さんは、キョンキョンって言って、ファンはみんなそう呼んでいたし、中森明菜さんも書いてるものなら、“明菜は”って書いていたのを憶えているから、当時のアイドルは自分の名前で呼ぶというのは、戦略的にやってたんじゃないかと思いますね。 松田聖子さんとか中森明菜さんとか、ちょっと前のキャンディーズ、ピンクレディーからずっと。当時のアイドルは、可愛さを売り物にしていた」

さらに同時期の「女性の名前ベスト10」の変化を調べると、ベスト10から「子」の付く名前が消えたのが1986年。その後は、個性的な名前が増えて来ている。
個性的な名前が増えてきたことも、自分を名前で呼ぶようになった理由のひとつ。
より個性をアピールできるので、コミュニケーションを深めることに役立つという声も多かった。


そうなんですか?

そうなると、これは私にとって世の中生きにくくて仕方ないというところです。

このブログでさんざん書いたように(こちら、ほか)、私は自分のことを名前で呼ぶ女性がものすごく苦手です。名前で呼ぶ女性をみると、じんましんが出る一歩手前くらいにいらいらします。

自慢じゃないですが、自分のことを名前で呼ぶ女性に「そういうことはやめたほうがいい」と今までに数人注意しました。どうなったかって? 予想通り嫌われただけです。

私のことなんかどうでもいいですが、自分のことを名前で呼ぶ女性が増えているということは、これはたいへんなことです。私の周囲に自分のことを名前で呼ぶ女性が続出したら、私は日々いらいらしてストレスがたまってしまい、このブログも継続を断念しそうです。

>ZIP!が街で調査したところ、10代から20代の女性の60%近くが自分のことを「下の名前」で呼んでいた。しかも、最近の若い女性の中では、友人との間や職場など公の場でも自分のことを名前で呼ぶ人が増えてきているようだった。

これほんと? ほんとだとしたら…私は精神科にでも行って、安定剤をもらう必要がありそうです。職場でまでそんなことを聞いていたら、私の精神は重大な損害を受けます。

>自分を名前で呼ぶ女子の親世代が、自分達の子どもが名前で呼ぶ事に抵抗を感じなくなってることが分かった。

うひゃー、これじゃあいま自分のことを名前で呼ぶ人たちが母親になったら、その子どもも自分のことをますます名前で呼ぶようになる可能性があるってことですかい。そうなると、私にとっては日々地獄のようなものです。

このままいくと「浅田真央や上村愛子その他は自分のことを名前で呼んで…」なんて馬鹿にしていたら、なにを時代錯誤なことをほざいているんだとすっからかんに私のほうが馬鹿にされそうです。いや、絶対馬鹿にされますね。困ったもんです。

どうやらこれからの日本は、私にとって非常に生活しにくそうですね。やっぱり将来は日本を出て外国で生活することにします。
コメント (6)

レイチェル・ベックウイズについてちょっと感銘を受ける

2012-08-22 00:01:22 | Weblog
最近このブログはほとんど美女紹介ブログになっていますが、他の記事を読んでいただければ分かるように、美女というのはこのブログの1つの要素にすぎません。そろそろ通常運転に戻します。また、しばらく今日のような記事を書かなかったのですが、ちょっと書いてみます。

昨日(8月21日)NHKの朝6時30分からのニュースを出勤前に見ていたら、世界のテレビ各局のニュースを紹介するコーナーで、米国のABCのニュースから、レイチェルという女の子に関することを紹介していました。







つまり、米国のレイチェルという女の子が、水事情の悪いアフリカの現状に心を痛め、寄付を募ろうとしますが、9歳の誕生日を迎えて間もなく不慮の事故にあって亡くなってしまいます。



これが報じられると、米国その他から寄付が殺到。



ついにアフリカのエチオピアに井戸を掘ることができました。レイチェルの母親もエチオピアを訪問した、というものです。







テレビでほんのわずかな間見ただけですが、私はちょっとこのエピソードに感銘を受けました。で、この番組だけではよく分からないので、もっと情報がほしいと思ったのです。

しかしこのNHKの紹介は、女の子の名前も「レイチェル」とファーストネームしか報じていなかったし、画面をみたかぎりでは彼女の名字も写っていませんでした。彼女の母親のインタビュー場面も、母親の名前が表示されている(と思われる)部分は、写真でお分かりのように字幕によって隠されていました。これではよくわかりません。

あるいはNHKとしては、(海外とはいえ)特定の組織への協力をするわけにはいかないのであえて情報を制限した、っていう部分があるんですかね? それとも特にそのような他意はないのかな。真相は不明です。

で、ちょっと彼女について調べてみることにしました。とりあえず「Rachel Ethiopia well」で検索すれば引っかかるだろうと思ってネット検索をしてみたら、かんたんに判明しました。

それにしてもネットの時代って、すごいなと思います。昔なら、このようなことを調べるってたとえば英語の新聞を読んでみるとか原始的な手段が必要だったんですが、いまならパソコンその他の端末から詳細な情報がかんたんに分かってしまいます。だからレイチェルの話も広く伝わったわけですが、なかなかすさまじい話です。









女の子の名前は、Rachel Beckwith(レイチェル・ベックウイズという表記でいいと思いますが、違っていたらごめんなさい)で、昨年9歳の誕生日からまもなく交通事故で亡くなっています。一番下の写真が、テレビで紹介された写真ですね。

日本語のサイトでもいくつか彼女について報じられていますね。こちらなど。

日本のテレビ局その他でこの件が報道されることはなかったかもしれないし、されたとしても今回のようにごく断片的なものだったと思いますが、この件についてネットで書いている人は複数いるということですね。

実は英語の記事については私も詳細に読んでいるわけでもないのですが、日本語の記事でちょっと興味があったことを書いてみますと、彼女は5歳のとき、がんの治療で毛髪の抜けた人たちに同情し、その人たちのためにつくられるかつら用に、自分の髪の毛を寄付したというのです。

それって(これは書き方次第でいろいろなニュアンスが可能ですが、無難な表現にしておくと)親の強いすすめによるものじゃないの、レイチェルの自発的な意思とは言いがたいんじゃないの、っていう気がしないでもないんですが(5歳ってのは、さすがに幼すぎないかなと)、真相はともかく、自分の髪の毛を寄付したいと考えた本人、あるいはそうするよう自分の娘にすすめた親っていうのもすごいなと思います。日本の親なら(米国の親はどうだか知りませんが)、自分の髪の毛を寄付するところまでは考え付いても、自分の娘の髪の毛を寄付しようという思考にはなかなか行きつかないし、かりに自分の娘がそういうことを言い出しても、たいていの親は許さないんじゃないですかね? 下の写真が、レイチェルの母親のサマンサ・ベックウイズ。



米国だって、そのようなことを勧めたり許したりする親は、そんなに多くはないのかもしれませんけどね。ともかく興味深い話です。

で、wikipediaによると、レイチェルは9歳の誕生日の際、自分へのプレゼントはいらないから、井戸の寄付をしたいといったそうです。彼女は井戸掘削のための資金300ドルを集めることを目標にしましたが、220ドルしか集まりませんでした。

自分の9歳のときを考えると、彼女と自分のちがいに「どうもなあ」です。当時から私は、将来は海外を旅したいとか、給料のいい会社に入るとかそんなことばっかり考えていなかったっけ。小学校の卒業のときのアルバムにもそんなことを書きました。ほかの同級生はもう少し夢のあることを書いていたのですが、子どものころから私はだいたいにおいて現実至上でした。私が不祥事を起こしたら、そんなものが引っ張り出される可能性もあります。McCreary容疑者の小学校時代のアルバムには…とか。それにしても当時の希望は、前者はともかく後者はぜんぜん…記事の本筋から外れるのでこのへんでやめます。

そして彼女は2011年7月20日に車に乗っていて交通事故にあい、同乗していた彼女の母親と姉妹は軽傷ですみますが、レイチェルは重体となり23日に生命維持が断念され亡くなります。

この話が米国で報じられ、寄付が殺到、ついにエチオピアに井戸を設置することができます。上の写真にもあるように、彼女の母親が泣きながらインタビューに答えていました。

こちらにエチオピアを訪れた彼女の母親の動画をはっておきます。

Rachel Beckwith's Last Wish Brings 60,000 Clean Water


私がこれもすごいと思ったのは、親が娘の意思を引き継ごうとして、ここまでやることですね。なかなかこれもできないことではありませんかね。このあたり、米国のほうが日本よりいろいろ法制度や社会環境などの面でめぐまれてはいるのでしょう。もちろん米国だってこんなことはめったにないから、このように報道されるわけですけど。

それにしても、レイチェルといい、このお母さんといい、人なみはずれて心が優しく他人に親切な人たちなのでしょうね。レイチェルが成長して子どもを産んだら、ほんとうにいいお母さんになったのでしょう。彼女の死が残念で仕方ありません。

レイチェル・ベックウイズが安らかに眠ることを祈って、今日の記事を終えます。
コメント