万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

日本国は防衛力強化の時期では

2009-06-18 17:36:15 | アジア
日本射程のミサイル320基=北朝鮮が配備-シンクタンク分析(時事通信) - goo ニュース
 年々、北朝鮮のミサイル攻撃力が強化されており、射程距離を伸ばすのみならず、ミサイルそのものの保有数も増加させているようです。軍事バランスを考慮しますと、北朝鮮とは逆方向に軍事費を削減し続けた日本国の防衛力には、不安があります。

 アメリカの軍事専門家の見解では、北朝鮮軍部では反日思想に染まった若手将校の発言力が増しており、いざ戦争となりますと、韓国ではなく日本国を攻撃する可能性もあるそうです。もし、北朝鮮が日本国を攻撃するとなりますと、正当な攻撃理由などあるはずもありませんので、白昼堂々と侵略行為が行われることになります。かの国の軍部が国際法を学んでいるとも思えませんし、現状では、有効な抑止力を期待できる枠組みもありません。

 軍事力しか信じない国のことですから、話し合い路線には限界があります。日本国の採るべき対抗策は、MDや次世代技術の開発を含めた防衛力の強化なのではないでしょうか。世論調査の政党支持率を見てみますと、民主党政権の誕生を予測される結果が報じられていますが、殊、安全保障となりますと、”友愛”では如何にも心もとないように思えるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
コメント (16)