新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

脚の萎え

2020年07月29日 09時00分26秒 | 写真と俳句

    百日紅散歩して知る脚の萎え    ひよどり 一平

   (さるすべりさんぽしてしるあしのなえ)

    ・・・・・・・

 私の掛かりつけ医は都心にある。

 既往症やら進行中の病気があるため、居住地近くに見つけるいとまがなかった。新入社員時代から引き続き、その病院の世話になっている。縁が切れなかったのだ。

 常々なら多少の遠距離は厭わないのだが、新型コロナを考えると尻込みする。

 小池知事からあからさまに「東京に来ないで!」と言われればなお更ののこと。

 昨日は検査だった。時間の調整が出来ず、通勤時間と重なってしまった。

 なんとか知恵を絞って、「三密」を避けることはできた。

 が、やはり疲れた。

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 青紫蘇や | トップ | われを見おろす »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2020-07-30 07:04:01
[百日紅散歩して知る脚の萎え]

かかりつけ医が遠くてはシンドイですね。
行き来だけでも疲れます。
何とか体力を維持するようにしたいですね。
梅雨がもうじき明けるでしょうが、今度は暑さで参っちゃいます。
お大事にしてくださいね。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2020-07-30 08:10:21
検査やらなんやらと、重なる時は重なるもので、やはり疲れます。
住居近くに移すことも、今後の問題として考えるべきなのでしょう。
毎日が日曜日で家にいることが殆どになると、
電車に乗るのすら億劫になります。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事