新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

期日前投票

2015年04月11日 16時10分00秒 | 身辺雑記

 地方選挙の投票日は明日なのだが、法事にぶつかったので、先ほど「期日前投票」をしてきた。

 小雨まじりの空模様だったが、かなり混み合っていた。

 どのような争点で争われているのか分からないので、「政党」を選ぶつもりで投票した。

 「地方創生」などと言われているが、私には「地方政治」の姿が見えない。

 「見ようとしていない」から「見えない」のだろうとは思う。私の側に原因があるのだろう。

 しかしながら、地方自治の実態や争点について、議員サイドからの「見せる」動きがあってもよさそうだ。

 選挙戦になってからビラが配られたりしても、「我がこと」として考えられない。沖縄の基地問題のほうが身近に感じる。

 もちろん、沖縄の基地問題は地方の問題ではない。沖縄の人々の苦悩をも含め、日本人全体の問題だ。おろそかにはできぬ。

 さはさりながら、地方政治と言えば、「沖縄問題」や「東日本地震・津波の復興問題」や「原発問題」だけではあるまい。

 住民としては、「なんとかしてくれている」とか、「どうせ言ってしょうがない」などと、無関心を決め込んでいてはいけないのだ。

 一方、地方行政や地方政治サイドも、より「見える化」に努めてほしいものだ。それが仕事ではないか。

 「子育て問題」、「医療・福祉問題」、「災害対策」、「治安対策」などなど、問題は山積しているはず。

 

 それにしても、ここのところの安倍首相は、少しばかり急ぎ過ぎていないだろうか。

 「・・・に寄り添って」とか「丁寧に………」などと言ってはいるが、寄り添っているようにも丁寧さも見えない。

 「急かされて突っ走っている」ような感じがする。危ないなァ。

 

 道野辺や野原では、たんぽぽが咲き誇っている。まだまだ茎は短く、這いつくばるようにして咲いている。

 少年時代を思い起こさせる花だ。

    たんぽぽやまだ口笛のたどたどし    ひよどり

 

 

 

 

コメント (2)