頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『百舌落とし』逢坂剛

2019-10-07 | books
「百舌事件」を通して多くの者が死んだ。生き残りの倉木美希は警察庁から公共安全局へ出向、大杉は相変わらず探偵をしている。同志の東部ヘラルドの残間が何者かに拉致され、民政党の幹事長三重島の悪事を記事にするよう脅される・・・

ううむ。勿体無かった。

前の作品の続き的側面がかなり強いのだけれど、すっかり忘れているので、分からないことが多すぎた。新しい事件も起こるのだけれどもやはりねー。

百舌シリーズは、もう少し時間をおいて最初から読み返したい。

 


今日の一曲

Manchester Orchestraで、"The Silence"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『AI vs 教科書が読めない子... | トップ | 『落日』湊かなえ »

コメントを投稿