”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

ゴーヤの炒めピクルス 応用編

2018-08-31 11:15:01 | 食・レシピ

前回のブログで、ゴーヤの炒めピクルスの作り方を

ご紹介させていただきました。

  

では、そのアレンジをご覧ください。(#^.^#)

 

●チヂミ

中身は、ピクルスとかつお節だけですが、

ピクルスにしっかり味がついているので、物足りなさは感じませんよ。

  

  

●すべてのお料理にゴーヤの炒めピクルスが使われています

・ガパオライス

・冬瓜ときくらげと乾しいたけの酸辣湯 仕上げにピクルスを加えました。

・パッタイ風

・野菜スティック ソースに刻んだピクルスが入っています。

  

  

●ゴーヤの炒めピクルスのロールカツ

  

作り方は、もうお分かりですね。

こんな感じで作ります。

  

  

ピクルスと言っても炒めてあり、

生姜の香り、酸味と甘みもあるので、そのまま加えるだけで

お料理に深みが出ますよ。(^_-)-☆

 

たくさん作って、アレンジを考えてみてくださいね。(^O^)/

 

コメント

ゴーヤの炒めピクルス

2018-08-31 10:31:03 | 食・レシピ

8月26日のブログにも書いたゴーヤの炒めピクルス。

良い写真がないので、同じ写真を使いますが・・・。

  

  

作り方をご紹介しますね。

材料】作りやすい分量

 ゴーヤ  300gほど、  生姜  1片、  ごま油  大さじ1

〈甘酢の材料〉

 ・酢  大さじ3  ・砂糖  大さじ3

 ・醤油  小さじ1  ・塩  小さじ1

 

【作り方】

〈下準備〉

 ・ゴーヤは種とワタを取って薄切りにし、塩(分量外)をふって20分ほど置く。

  水気が出たら、水洗いする。

 ・生姜は千切りにする。

 ・甘酢の材料を合わせておく。

 

〈仕上げ〉

 1.フライパンにごま油を熱し、生姜の千切りを炒める。

  香りが立ったら、ゴーヤを炒める。

 2.甘酢をかけて火を止め、冷ます。


 

ゴーヤの下処理ですが、苦みがお好きな方は

塩をふっておく時間を短縮してくださいね。

 

下処理をすることで苦みは流れ出ますし、

油を使うことにより、苦みがマスキングされます。

ぜひ、お試しくださいね。

  

そして、このピクルスはそのまま食べてもおいしいのですが、

色々なお料理に活用できます。

アレンジ料理は、次のブログでご紹介させていただきますね。(^_-)-☆

 

コメント