”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

ひょうたん型になったトマト

2018-08-22 00:09:46 | 野菜

先日のブログでは、ミニトマト「夏あま 黄」が

割れてしまった様子をお伝えしました。

あの後、こんな形の実が生るようになったのですよ。

 

   

なんで、ひょうたん型になるの?

 

調べてみると、家庭菜園をなさっている方で、

トマトがひょうたん型になった経験をお持ちの方は

たくさんいらっしゃるようです。

でも、原因については書かれていません。

   

そこで、「夏あま 黄」を開発されたサントリーフラワーズさんに

お尋ねしてみました。

 

このような症状は、花芽分化期の栄養過剰や低温での栽培が主な原因。

そのため、植物ホルモンバランスの内生的な変化が起こり、

このような形になってしまうのだそうです。

  

「今、収穫されている段位の花が咲いていた時期に、

 特別に肥料を加えていたり、異常気象などございませんでしたでしょうか?」

と言われ、思い当たる節が・・・。

   

今、収穫している段位の花が咲いていた時期、

その下の段位の実が大きくなり始めたので、追肥をしました。

そして、その後、大雨が降り、気温が下がり・・・。

   

あの追肥が、ひょうたんトマトを作ってしまった!!

でも、どんな形になっても食べますよ!!

  

サントリーフラワーズ様、詳しく説明してくださって、

本当にありがとうございました。(^-^)

 

コメント (2)