おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

個の主張

2012-05-31 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

本日で5月も終了

公益法人改革にかかる 旧民法で設立された法人さんたちの
ための相談会に参加してきました

茨城県からの受託事業です

少々少なめの相談者さんでしたが 内容は手ごわく
準備にもそれなりのエネルギーを要し 
今事務所にもどりましたが
けっこうな疲労を覚えます
回を増すごとに 中身の濃い質問が連発されます
いよいよ 期限も迫ってきて 相談者さんたちの雰囲気も
まさしく実務色濃厚
毎月1回のペースですので こころして準備を怠りなくせねば
と 覚悟した次第です(毎回出席の役どころなものですので)




それにしても お天気 安定しません(当地は)
それと なんとなく天気予報的中確率が以前より低いような?
気のせいかナ
予報技術は格段にあがっていると考えられるのですが
個性的すぎる気まぐれお天気さんが増えているのでしょうか?
一日中おてんとうさんの顔が見れると思いきや 朝から雨
というようなことが ケッコウ?あると  ムム と
首をかしげてしまいます

まさしく 自然は奥深い のかな?





さて 週末は マンション関係の行動



皆さんは どのように思いますか?
棟の中の10個の部屋に 10家族のマンション住人
そのうち 3軒が 改修工事を予定している
修繕というより 個人の好みからといえそうな改修
というようなことを想定した場合

まあ いいか
か 
他の家のこととはいえ なんとなく 気になる

どちらでしょうか?

“もともと 自分の買った部屋 どう使おうと自由”
とお思いですか
それとも
“いくら自分のものといっても まわりもあることなのだから
なんらかの制限があるんじゃないの”

通常は なんらかの 約束事があるのですが
その約束事で 1から10まで 明確に処理できないことがあり
とても 考え込んでしまうことがあります
さまざまなタイプのマンションさんがあり得るので
結論を出すのが シンドイ
しかし プロですから 自分なりの総合判定を出さざるを得ず

自分の力不足を 思い知らされますし
確かに 限界事例というものの存在を否定できない
な と思います
最終的には 住民さん 全員でのなんらかの判定で
ということなのですが

ということで 学習 学習 
であります






Liberal

2012-05-28 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

A氏は とあるマンションに住んでいる

彼はリベラリストだと自身思っている

常に自由でありたい
そうして
他の者の自由も尊重する
自由を標榜する者にとって そのことは自明の理だ
自己の自由だけを大事にすればそれでOKでは リベラリスト ではない
単なる 自己中心主義者 individualist であるにすぎない
自己中心的な行動は リベラリストとしての自己の価値に傷をつけることになる


“ どうやら上の階の住人 改装工事をしているらしい
上の階のことだから なんら通知が来なかったのか?
せっかくの平日の休日 ゆっくり過ごそうとしていたが この様子では
ほぼ一日 工事音の虜にされそうだ
まあ リベラリストとしては 他人の自由も 尊重しなければならない
改装の自由も 立派な自由だ 建築時期からして 修理時期にあるということは
あまり考えにくいので 好みの改装か・・?


ン どうやら 隣の左隣 でも 改装 工事 ?
そうか 通知はきていたような 忙しかったから詳しくは読まなかったが
そうなのか 今日からだったのか ケッコウ振動も音もすごいものだな
改装  好みの住環境追及の改装 
そうか 当初は同じ間取りで それが気に入って というか一種の安心感があったりしたので・・・ それにしても どんな具合の改装
まさか ワンフロアーなんぞには・・ それでなくとも 気になる音が多いのに
けれど リベラリストとしては 他者の自由も 尊重 尊重 
されど ・・・・”





何度も自問自答を繰り返すが リベラリストの資質として 
他者に 自分の人生や価値観をいじられたくない
ということが基本にあるのだ
ということは 他者の人生や価値観をいじってはいけない のだ

リベラリストは 自己の宝だけを宝とするだけではなく
他者が宝と思うところを 宝として尊重してやる
その心こそが リベラリストか否かのリトマス試験紙なのだ


しかし この イライラ感 面白くない感 期待裏切られ感
は なんなのだ
このマンションの住人は おおよそ 改修を目指しているのか
あっちでも こっちでも 
なんなのだ このレース的状況は
競い合う とでもいえそうな 改修ブーム
修繕じゃない 改修ブーム

いや リベラリストとしての自分は 個々の価値観に動揺を覚えすぎることなく他者のリバティーを尊重 尊重
それこそ リベラリスト なのだ

己の尊重 それとともに 他者の尊重
己への尊重  それとともに他者への尊重
己の自由  他者の自由

・・・・・

なんなのだ  この頃 朝晩 カーテンを開け閉めするとき感じる
息苦しさは

   ・・・・・・ ”



“自己の 自己の為の 自己による 自由を求めて
マンション生活を始めたのだが
そもそも・・・マンションというスタイルでの日々とは・・・・
あれほど 悩んで 覚悟して 決めたことだけども
マンションは日夜変化している
まさか これほどまで 棟内の状況が変わるとは・・・
いくら 自分のものといっても
ここまで 棟内でいじくりが 起こるとは・・・ ”






今週も 人生いろいろ という舞台の上や 桟敷での 立ち回り?
となりそうですが

仕事 仕事

皆様 お元気で

 



特化

2012-05-25 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

『畠山さんは 業務としては 何に特化されているのですか?』
という類の質問に出会うと 
いつもながらに 二つの自問自答が
脳内でスタート

特化??

“特化とはいっても つまるところは どのようなものに特化していてもスペースの広いスタンスを要求される というか そのような基盤がないと 今の時代特化しようがない? のでは
言い換えると 特化のためには 特化できない(自分でも
頑固すぎる表現とは思うのですが・・・
すくなくとも 研修の面では特化できないなー)
なにしろ 結局 より広い より深い知識が ほとのど どの分野でも マスマス
要求されようから・・・”

医療法人関係に特化
としても そこには 医療関係法・法人関係法・税関係法・経営関係法・もちろん
ほとんどの分野で必要とされる 親分たる民法も
社会保険関係法・労働法関係・建築や消防法等 対リスク予防関連法などなど
なににでも応用できそうな 基礎体制がないと 関われない
だろうと思う




“まあ 難しい議論はさておいて 
こだわりなく考えると 自身の特化?部門とは?”

強いて言うと 
広い意味の企業(個人・法人)法務、
マンション関係業務、
相続
あたりなのかな? 
そう 答えておこう っと





それにつけても 最近 とみに 感じること
資格不要の コンサルタントさんの増大という 気になる存在
と 
どの士業にも関係することだが いわゆる無試験組さんの振る舞いのヒヤヒヤもの大胆さ具合(もちろん熱心な勉強家さんもおられますし 試験合格組がすべて良 ということではありませんが)

オヤ と首をかしげざるを得ない 一部専門資格業さんの居直り?
具合
≪そこらあたりは 専門外なので 顧問料はいただいていても
答えられないものは 答えられない≫
と恥じらいもなく言い放ったりして・・・


なんか 変
‘ 顧問料をいただいての専門分野のことならもうすこしこだわって 関わるべきじゃないのかなー
受任者としての責任 良い意味のプライドというものを持ち合わせなくて
カマワナイノカナー 
プロなのにさ ’




というわけで 
初老の一介の素浪人は 天をやや仰ぎながら
自問自答しながら とある地方都市の午後の路上で 佇んだ後
ボチ ボチ 歩み始めるのでした



さて 良い意味の矜持とともに
医療関係法人さんと 協議 協議
謙虚に しかし お客さんの要望に 適格なポイントで
答えられますように・・・





追伸

2012-05-21 | ▲ タワイモナイ ? お話
平成24年5月19日(土) 18時頃の東京池袋での
ワンシーン
街頭にJAZZが流れ 人々はそれぞれの思いで
初夏の夕暮れ間近の光の中

生きて 呼吸していて 軽くビートに乗って
拍手でリズムをとったりして・・・
わけもなく? グッと胸がつまり ごくわずかだけど
涙したりしていて・・・



JR池袋駅西口からすぐの 芸術劇場近くの公園で
見知らぬ人たちと 音を楽しむ贅沢を味わいました

偶然通りかかった街角
音に誘われて たどり着いて・・・












音楽大好き
特に JAZZが
でも ほとんどのジャンルを聴きます



初夏の東京

2012-05-21 | ◆ 国家試験受験サポート

某試験受験のため
19日午後から 東京へ
朝8時半集合で 17時30分試験終了
なので 泊りがけでないと 間に合わないのです

池袋西口に宿をとっていたのですが
駅構内を出て少し歩くと ン? ビッグバンド風の音
そう 豊島区主催? JAZZ祭 でした
思わず 宿直行を変更し 約1時間ばかり 野外音楽祭鑑賞
ラッキー と理解するか アンラッキーだったのか(宿に入って
最後の抵抗の学習予定はあったのですが)
意志が弱いため 学習はカット




受験といえば 某大学不正受験騒動の影響がまだ濃いのか
300人受験場に10人の割合で監督員配置
全ポケットに一切物保持全面禁止
そうするとハンカチは?
ハンカチ・ティシューのみ机上にオーケー
鉛筆・消しゴム・受験票(受験用バーコード含む)時計のみ可
筆入れも メガネケースも とにかく 一切ダメ
とにかく 物は 全面足下に 
くどいくらいの徹底さでした

某受験の時 隣の受験者への迷惑も省みず 15センチ径もあるような目覚まし時計・通常の3倍?はありカンニング用にいろいろ仕組みがありそうな?あるであろう?ような?はでなペンシルケース・ 飴まで机上にオーケーということにあきれかえったことがありましたが・・・同じ国家試験で これほどの違いはなぜなんだろうと 首をかしげざるを得ないことがありました(世の中には常識 というものがあるはず それを見逃す というか可としてしまう監督長のほうも問題ありですが) 

ということで 長丁場試験に さすがに帰りの車内では やや グッタリ
東京の初夏は 暑かった




さて 今週も スケジュール やや 混雑
県庁へ
所属会のお役目を果たすための動き
某法人さん幹部会での会議と会食
公益法人関係で某所訪問
マンション関係の実地立ち合い
などなど




そう 昨日の受験は 挑戦の意味と ボケ防止?の意味と
現状認識のためと いろいろの意味を込めている行事なのですが 学習の隙間の確認のためもあります
隙間だらけなのですが それにしても
『なんで こういう基本的なことを まだまだ理解できないで
いるんだろー ガッカリ』ということを 徹底的に思い知らされる場でもあります
それにしても 受験者が増えていた?し 問題レベルも上昇?
というふうに思えたけど 実際は ??



ひどい結果をつきつけられても メゲズニ やるしかない
気力があるうちは やめないのだろう(自分にも よくはわからない)30歳代前後が 第一期受験期
その後 諸事情から受験休止 今が第二期受験期
いまが 一番受験生らしい体制を持てている
うれしい



さあ 仕事 仕事





体質

2012-05-14 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

50年ぶりの再会を期すべく 中学校時代のクラス会
行ってみたいのはヤマヤマなのだが
10月は 最終学校のクラス会もあり
なかなか調整は厳しい?

でも 懐かしさ募り なんとかしたいものだ と
今から思案中
せめてもの救いは 茨城空港の存在
急きょ スケジュールの奇跡で なんとかかんとか? 母校めざして直行
もあり得る かな・・・

でも いろいろと年当初からの予定も控えていたりすると
悩みますネ
でも 次回こそ参加をめざし とは思っているのですが
恩師の年齢を思い(まだまだお元気とは思いますが)
自身の 身も能力ものうろたえぶりを思うと チャンスはいつまでもあると思うな ということになりそうで・・・

懐かしの中学校の校舎は はるか北の国にあるのです








さて もう少しで 人生最大の挑戦の場への出陣
悔いのないよう ヤッテクルデー
いつまでもあると思うな わが気力 ということで・・・

気力 というより 人生におけるケジメ みたいなものでしょうか
ヤルッキャナイ







勉強不足もはななだしく エッ こんな判例 いつ登場していたの
というようなことを 経験すること多く 恥ずかしい限りです


≪遺言者Aが長男に遺産の大半を相続させる旨の
甲遺言をしてから一年半後に、遺産分配の配分を変えるとともに、甲遺言を撤回する旨の乙遺言をした。
その八ケ月後に、今度は『
乙遺言はすべて無効とし、甲遺言を有効とする』旨の丙遺言をした。≫

民法1025条
からすると、
一度したことをヤメル として 
その後 そのヤメル
としたことをヤメたとき 
初めにあったことが 生き返るか

遺言者の意思に従って決めるべきことだろうが 遺言者の死亡後に発生する問題なので 民法1025条で解決の基準を設けた

遺言者が復活の意思をもっていたかどうかは曖昧だし 復活させたかったなら改めてその内容の遺言書をつくればよい
ということからの条文
そのことからすると  あっさりと答えがでて・・・
と思いきや

≪原遺言を遺言の方式に従い撤回した遺言者が、更にこの撤回遺言を遺言の方式に従い撤回した場合、遺言書の記載に照らし、遺言者の意思が原遺言の復活を希望するものであることが明らかなときは、本条ただし書きの法意にかんがみ、遺言者の真意を尊重して原遺言の復活を認めるのが相当である≫
    平成9年11月 最高裁



勉強不足で 知りませんでした(読んでいても スッカリ忘れていたのか?)

どうも ピンときません
いろいろヤッカイナ紛争が起きるので そのための1025条だと思うし 包括的な復活文言など増えて 何年前の遺言でも
全面的に復活し ゴチャゴチャ紛争が増えたりしないだろうか?
“まあ それほど ありはしないことだろうし 例外中の例外の判例 気にしすぎ 気にしすぎ”
と アッサリ片づけられるほど単純なことだろうか?
真意をなかなかつかみえないことが多いからこそ
非復活主義をうたっているのではないのかなー









さて さて 
お役人さんのご都合はいかがかな
早々に協議の場を設けていただきたかったのだが なかなか
合意に至らず 日程設置自体で難航

私にも 若い頃の公務員経験があるのですが 
なんとも個性の強い方が
いまだ ケッコウおられ・・・なかなかシンドイものがあります
でも たしかに 変わってきましたね
すくなくとも ふんぞり返っている役人さんは それほど
見られなくなった? と思われます
知り合いの方は 夜遅くまでお仕事で いかにも大変そう
通常の業務のほかに 思いもよらぬ手ごわい案件の連続作業があるようで・・・ どこの業界?もタイヘンナンダナー

公益法人改革なんぞというヤッカイナ?お仕事を抱えていて
気の毒に思えるような役人さんもおられます
でも 改革なので 遂行せざるを得ません

一部の とんでもない公金狙いの輩の存在と
緊縮財政の遂行止む無し という時代背景もあり
担当役人さんにも 一般善良公法人さんにも マイッタ マイッタとの雰囲気さえ 窺えるときもあるのですが
ヤルッキャナイ のであります
いつかはやらねばならないことだったのであります

それにしても 約40条?ほどだった主な条文が
同じく主なものだけでも関係条文500条以上? 
まことに マイッタ マイッタであります












休息

2012-05-08 | ■エッセイコラム・ダイアリー

大型連休も 終了
といっても 私自身は お休みなし で終わってしまった
ようなものでした
今も ある作業に追われ 早朝からお仕事です
忙しいから というよりも 自身の力不足のせいで調べ物が多いからでもあります
さて 愚痴ってないで ビジネスに顔を向けよう っと


それにしても 地震 竜巻 原発事故 交通事故
加えて 児童虐待 施設入居高齢者などへの さまざまなところでの弱小者へのいじめ なんぞという
あいもかわらずの理不尽な不条理な 人間でいることが悲しくなるような事件の連発で なんとなく 暗くなりそうですが
地震で避難してきていて その地で 竜巻の被害に遇ってしまっている方さえおられることを思うと私ごときが悩んでいられること?は おおいなる贅沢?
と感じてしまうほどです・・・

まさに 人生いろいろ



実は 集中体制をつくっていどまなければならない試験があるのですが なかなか時間がとりにくい
でも そんなことは おおいなる贅沢の一種なんだな
と思わされること 最近 つとに多し



とにかく生きていられて 自分を生きていける幸せ

感謝 感謝

    
自分を生きていける幸せ

ありがたいことだなー と 少しは実感できる年頃になりました


今頃は ツツジがきれいなところが多いのでしょうね
公園でも散歩したいのだけれど
今日は行けそうもない? かな?
近いうちに せめて行って来よう
運動不足も はなはだしいので せめて 徒歩ぐらいは・・・
と 思ってはいるのですが