おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

告 示 とは ? 案内を兼ねて

2019-10-10 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

 

10 月 26 日 (土)に 

<水戸市マンション管理組合ネットワーク記念 セミナー

が催され 

[ 国交省の管理運営指針について ]

とのタイトルで 共催者としての一般社団法人茨城県マンション管理士会 会員

として 講師を務めさせていただきます

 

【場 所】  茨城県立青少年会館 (2 階) 小研修室    

              開場/14:00  開始/14:30

 

タイトルは 硬いですが 内容は マンションに関する基本的なことのおおよそを 

広く浅く まずは知っていただこう  既に知っている方にも あらためて学んでいただけたら

という趣旨のお話です

私の所属している会のリンクを貼らせていただきます

       https://www.ibaraki-mankan.net/

マンションでお暮らしの方はモチロン これから住まわれる方

購入を考えている方 マンションのことを知っておきたい方

その他 一般の方 どなたでも お越しください

関係者一同 お待ちいたしております

 

 

 

 

セミナーでお話させていただく

「マンションの管理の適正化に関する指針」

http://www.mlit.go.jp/common/001122894.pdf

というものは 〔告 示〕 という形式で 公表され 世に登場しています

 

マンションでの生活というものの全体を 平面図 として眺めるための資料として

仕事上 自身も利用させてもらっているものです

限られた時間内に 広く浅く とにかくこれだけは知っていただきたい という場合 

特に 重宝しています

 

国交省のマンション政策関係のホームページの最上部に登場していて いわば 全体の カシラ 

のようなものとも考えられると思います

 

 

ある会場で 聴講されている方から 

告示されたことって どういう意味を持つものなのですか? 

要するに守らなければいけないこと ということですか ? 』 という類の問いがあったことが

ありました

・ 告示は 行政機関の意思決定や一定の事項を国民に周知させるための形式のひとつ

  だが その内容・性質は 一様でない

・ 法規命令 として 法規としての性質を持ち 外部法

 (つまり国民の権利義務にかかわるもの)

 なのか 

 行政規則 というものだから法規としての性質を持たない内部法

 (つまり 行政組織の内部向け 行政機関や職員のためのマニュアルのようなもの)

 なのか  

 行政立法の この二つのうち 告示 とはどちらなのか

 

 一様でない

 

・ 所掌している事務について 

  公示を必要とする場合に発することができるもので(行組法14)

  さまざまな内容・性質の事柄でも盛り込めるという法形式

  

とにもかくにも 告示 というもの 一様ではないのです

 

 

・(参考) 

行政手続法

第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

一 法令 法律、法律に基づく命令(告示を含む。)、条例及び地方公共団体の執行機関の規則
 
   (規程を含む。以下「規則」という。)
 
  をいう。
 
 
国家行政組織法
 
第十四条 各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、公示を必要とする場合
 
においては、告示を発することができる。
 
 
 
 
 
 
ということで 今 事情があり 行政法の再学習に努める必要があったりし
 
そういったこともあって セミナー会場で どういう質問があるか予想もつかないので
 
アレコレ想定しているうちに
 
『告示って どういうものなのか ?』 という問いまで 想定などしてしまって 告示に
 
関してのことを
 
記してみたりしてしまいました
 
 
 
 
 
 
今 フト 思ったのですが
 
告示について述べよ」などとして ズバリ あるいは 関連するものが 行政書士試験記述式などで 
 
問われたり
 
するかも ? 
 
ですが・・・・
 
 
 
令和元年 の 
行 政 書 士       試験日       11月10日 ですね    残すところ 一月
 
 
マンション管理士 試験日            11月24日
 
管理業務主任者 試験日           12月 1日  となっていますね
 
 
 
 
それにしても [行政法]の学習も 奥が深い というか 行政実務との関係の複雑さのせい?なのか
 
曖昧さ グレーゾーンの多いような 範囲が多いように感じますが・・・いかがですか ?
 
 
 
基本書も つまるところは 一般原則を並べて ソッと いつのまにか 一応の結論を記しておいて
 
突っ込みは ソコソコに みたいな ? ? 
 
(自身の力量の無さ過ぎを棚に上げ 一介の素浪人の コソコソ 勝手論です ご容赦を)
 
 
 
 
 
それにしても たしかに 告示というもの 一様だ とは とても言い難いだろうなー
 
あまりに サマザマな種類の内容を含む形式なのだから・・・
 
 
生活保護法の生活保護基準は 官報で告示されているだろうけれど 裁量基準なのか 法規そのものなのか ?
 
告示される学習指導要領については 最高裁で 法規としての性質をもつことを認めたりしていますが・・・
 
 
 
 
 
 
 
ということで セミナーのご案内が いろいろ迷走してしまいました
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがに今朝は ヒンヤリ感 強く
 
 
知り合いには 風邪(インフルエンザ?)を引いてしまった と
 
マスクをはずせない方もおられ
 
メッキリ 秋深し感が募ってまいったような・・・
 
 
 
 
 
体調管理に 充分 ご注意なされますよう
 
お元気で
 
 
 
本日は ご案内も兼ねた記事とさせていただきました
 
ありがとうございます
 
 
 
 
 
 

 


監督すること と 執行すること

2019-10-05 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

 

前回の 記事の 参考として

 

特に 行政書士試験の受験者さんへ

ということもあるのですが

マンションの組織のあり方を 諸々考えていたら

監督と執行の分離 というあたりのことも あり得るかな・・・と

 

 

というより 今のものよりは そのような体制のほうが マンション管理組合には

より相応しいのかも ? とまで 考え込んでしまったり・・・

 

 

 

 

株式会社の

指名委員会等設置会社

監査等委員会設置会社

を比較すると

業務執行・業務執行意思決定・代表

あたりのことが より 解り良いかも ? しれません

(そこまでの知識は不要 と考える方は この記事からリターンしてください)

 

とにもかくにも 行政書士試験範囲のことでもありますから 参考までに 

記してみます

受験者さんの応援のことも 自身の業務のひとつであります

 

 

 

 

★ 指名委員会等設置会社では

 

  ・取締役会設置会社である が 取締役は 原則 取締役の資格では 業務執行を

   することができない

  ・一定の事項を除くが 業務決定の権限を執行役に委譲可

  ・取締役会は基本的事項の決定と業務執行の監督をし 執行役が業務執行し 代表執行役が

   会社を代表する

  《監督と執行を 制度的に 分離    取締役が執行役を兼任することは認められる》

 

★ 監査等委員会設置会社では

 ・取締役会設置会社である

 ・指名委員会等設置会社とは異なり 取締役会が 原則(株主総会権限以外) 業務執行について

  会社の意思を決定する

 ・代表取締役が業務執行をし 対外的に会社を代表する

 (ただし 社外取締役が過半数である場合 または定款で定めた場合には 

  監督と執行の分離

  が認められ

  一定の範囲で 業務決定の権限を取締役に委譲できる)《監督と執行を 制度的にではないが 分離》

 

 

 

ということで 受験生の方は 一読をされてみて 

基本書で確認しておくことも検討されたし

です

 

 

 

前回の記事での 一般法人法も 一応ですが 試験範囲ではあります

(行政書士実務のことも 出題されるようになってきましたからね

自身も 一般法人法関係の実務も行っています

旧民法時代の公法人からの移行は 当事者団体にとっても 官にとっても

実務者にとっても 大変な作業でした )

 

 

 

 

それにしても マンション管理組合の組織のあり方

執行と監督の分離のこと

今の 執行のこと 監督のこと の仕組みを思うと とっても気になること

ではあります

 

ようするに シンプルに言ってしまえば 執行専門担当部門 と 監督部門

を より明確に分け コンプライアンス と 業務効率化 の 向上を目指す

ということになると思うのです

 

現状の 管理組合運営を思うと あながち 無意味な構想でもない

と考えています(もっとも 他分野の組織機関の応用ということですが)

 

さらなる学習に 努めたいと思っています

 

           http://toku4812.server-shared.com/

 

 

 

 

 

 


所属団体のことなど

2019-09-23 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

 

三連休中ですが

お出かけでなく 家で 休養も兼ねて いろいろと 

という方もおられるかも

 

ということで 

ネットサーフィン という時間も おありかも ? しれませんね

 

かく言う私も いつもより 多く いろいろ情報収集タイム中 です

 

 

 

 

 

自分の主力業務は 〔認定〕マンション管理士業務 と 〔特定〕行政書士業務 です

それぞれ 就業のための 機関への登録は必須です 

 

行政書士業務のためには 所属団体への帰属が必須となっています

 

マンション管理士業務のためには 所属団体として 

 (一社)茨城県マンション管理士会 <上部団体として (一社)日本マンション管理士会連合会> 

に属させていただいています

 

 

参考までに 

(一社)茨城県マンション管理士会 のホームページ と リンクさせてただきます 

         http://www.ibaraki-mankan.com/

 

                            

 

 

10月26日 (土) 水戸市での 共催セミナー 

と 

11月17日 (日) 牛久市での セミナー ・ 相談会

 

の 案内も 掲載されております

 

 

お時間がございましたなら 我々のホームページを どうぞ 訪ねてみてください

 

お願い申しあげます

 

             (一社)茨城県マンション管理士会 理事長 畠山徳男    

              http://www.ibaraki-mankan.com/

                 

                                

                 

                  http://toku4812.server-shared.com/           

 

〔クリックしていただくと トテモウレシクナリマス〕


思 い を

2019-09-11 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

何があっても不思議ではない という年齢にもなっている? かも

それと 時々 質問らしいことがあるので 記しておこう

と 本日のブログになりました

 

マニアックこのうえないような内容でもあるので 業務エッセイとは

分類していますが 個人的思いに関したことなので そういう類には

興味など無し という方は どうか スルーを お願い申しあげます

 

 

 

 

 

『プロ 資格業のブログといえども あそこまで専門的記事を掲載することは

いかがと思います

受験者に係るサポート業務をもしてるとしても マンション管理士としての

業務で 任意的とか訴訟担当 とかなんとかの まず 実務では説明の必要など

あり得ないようなことまで 掲載するのは 少々 嫌味っぽく ないですか ?』

 

本人に そのような意図はマッタク無い というか 実際に訊かれたことなどを 率直に

基本となる実務書にも 記述があるようなことなので 記しているだけです

私が 仮に そのマンション住民であったのなら

『あの住人さんを被告として 管理組合としては

どういう立場で 何を求めて どのように 

裁判を起こすのですか ?』

と 極く自然に疑問を持ち 理事長や理事会あたりに あるいは総会での発言で

曖昧な回答に そうした疑問をブツケル かもしれません

管理会社や役員に訊いても ハッキリしないこと 不思議なことには 疑問点が募るものです 

 

再学習の意なども含みながら記しているだけのことなのです が・・・

 

 

 

 

マンション管理士業務においても 特に 自主管理などで長年管理運営を

してきたが 

建物も築年数の関係で設備ともども管理がタイヘンだ

住人も高齢者割合が急速に進んで 役員選出などタイヘンだ

という管理組合が全国的に増えてきているので そのような相談が多いし

できれば 管理運営全般を 徹底した効率的な合理的な形の仕組みになるよう

(徒に経費削減が最大の眼目という主張ではないが)図っていくため 

管理者の立ち位置に就かしていただいたり

管理運営全般の援助をさせていただく手法の採用も

自身の人生の途として あるな と 思っています

 

であるならば とにもかくにも 住民さんの生活全般の助力ができれば

いいな 研鑽に努めておこう ということで イロイロな資格も受けまくって

きました

社会保険などの知識も 当然必要となるだろうし 行政書士として可能な

範囲のことも利用できるだろうし その他の合格済み国家試験の知識も

有効に活用できるかもしれないし  今までの経験を ケッコウ 無駄なく

活用できそう  とにかく 管理組合さんからは どのような相談・質問が

あろうと 助力に努めたいし

総じて 司法試験受験のための法律知識も活かすということの意味でも

自分の人生のあり方としては 相応しいかも とも思うし

重ねて 今 優先しての業務はマンション管理士業であるので 管理者的

立場になっての 管理費滞納金訴訟提起やその他の裁判も 社会保険関係の処理

の手伝いも アドバイスも 相続関係のことも 設備のことも 経済のことも ナンデモ 

トニカク 可能な限り 今まで以上に 研鑽に努めよう

そんなふうなことです

 

管理組合管理者ということであっても 専属・専任という形に拘らずとも可能ですが

イザとなる場合によっては そうしたことも検討しながら

要請があるなら 地も選ばず とも 考えたりしています

 

そんな方針を考えているので 業務関係知識を ひとつでも多く積んでおきたいとの

思いの結果 で

ヤヤコシイ 特異とも言えそうな知識を掲載している こともあるのです

 

もっとも アラユル知識が問われる風潮の オール資格業界でもある といえそうです

依頼者さんも そうとうに 学習していますし

プロとして 有償で知識を利用していただくためには 研鑽を続けるのでなければ

いずれ 困難すぎリタイア という場面に遭遇してしまうでしょうし 曖昧な知識では

私にしたって 当然 そのような欠職候補の一員に過ぎません が 

 

トテモトテモ 不安に勝てないでしょうし カラダも心も負けてしまうでしょうから

なにせ マンションの全面的な管理運営者としての仕事 を 全責任を持って受け持つ身

なのですから

 

 

 

 

それと もうひとつ 

国家試験受験関連業務の位置づけは 実は 個人的に

ある人物との交渉から 触発されたという面をもつことでした

その人物は 一生懸命 いろいろなもののために 人生を努めてきたのでした

私も 助けられたりしました 人生における 愛すべき同志 です

仕事も終え いよいよ マスマス 次のステージでも その方らしく 活き活きと

日常を重ねていくのだろう と 確信していました 

どちらかというと 趣味に生きる

というタイプではないだろうな 自分など とても とても及ばない 独特の堅実さ

からして それでも 今まで ガンバリ続けたのだから 息抜きの趣味など

なにか作り出して そうしたことの話を聞かせてもらうのも 楽しみ

などと 思っていました

ところが アレッと気付かされることが続き 要するに 認知症の気配が

多少感じられるまでに ある日 久しぶりの電話での会話で ハッキリと

違和感を持たざるを得ない程度に なってしまっていたのです

 

一時期 なぜか 頻りに自由業資格者のことを話題にして 私の立場をさかんに

うらやましがる話をしていたりしました どの資格業も実態は甘くない職業です

という主旨を含んだ会話を繰り返し アレコレ述べたりしていましたが

後になって <○○国家試験でも目指して 学習でも始めてみませんか ?>

というようなことを 一度でも しておいてみても よかったかな?

と 反省したりしたのです  そうすることによって 脳の活性化 という意味も

兼ねえたかも と・・・・

 

暇すぎる というのも 人によっては そうとう苦痛なのだ ということを 自身も

なんとなく判りそうになったこと というか そんなふうな経験をしたことがあったり

したもので 

学習を始めてみるのも いいかも ですよ

というようなこと 奨めてみても 好かったな と 反省するのです

 

学習意欲がある方の 受験サポート というのも 意義があることかもしれない

と思いますし(ただ 認知症予防のひとつの手法とだけ捉えているわけではありせん)

世には 《一度 読んで理解できないことは 結局理解できない》 として挫折する方も

ケッコウいる ということを見聞きしているので そうした方の学習伴走者という立ち位置

の者がいるというのも 好いかもしれない とも 思っているのです

 

ということで マンション管理組合総合援助者を目指す 

と 

主として 定年後の方の学習意欲サポート伴走者としての立場

に就けるといいなー

というのが 今の自身の 二つの大きな指針であり 努力目標なのです

 

というわけで これからも 走り続けたい と 思っています

 

 

私の人生の伴走者さんの口癖は 

『いままでに積み重ねてきたことを

少しでも多く 使ってネ  無駄にならないように

モッタイナカッタ という終わりにならないように ネ』

 

それはそうと

伴走者さんも 私も 蓄財ということには パーフェクトに弱い

というより 私には その才覚 カラッキシ ゼロ というより マイナス能力保持者です

私に とりえ というものが もしもあるとすると 日頃の伴走者さんの

食生活を含む気遣いのお陰で 健康だけは ナントカ ということ

で 生涯現役が 望みです

 

ということで イロイロ思いを 書きなぐってしまいました

なにをいまさら と いうことですが 失礼をいたします

 

ありがとうございます

                                 

 

            http://toku4812.server-shared.com/


2019・9ホームページ

2019-09-07 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

〔申し訳ありませんが 事情があり 2019年9月時点での ホームページのみを貼らせていただきます〕

 

はたけやまとくお事務所


  〔認定〕マンション管理士・〔特定〕行政書士 & some licenses and qualifications  畠山 德男 
  TEL 0296-77-5701    090-6045-8471 FAX 0296-71-8030      
    メール   toku4812@star.ocn.ne.jp
                                          相談の場所を指示ください
                                          ご自宅・事務所への訪問も可
                                          受任地に限定はありません 
                                          首都圏に限らず全国可
     ☆ 業 務 案 内
                  (当然のことですが いずれも職分に関する法令に基づく範囲内で行われることとなります)     
 〈認 定〉 マンション管理士業務
         :::::::::::::マンションに関すること どのようなことでも 当管理士事務所に相談ください::::::::::::
                     〔 現場は全国  より多くの地へ 助力をめざし行動します 〕
          管理組合規約/長期修繕計画/大規模修繕/管理組合法人化 等
                                 #マンション管理運営  アドバイス・サポート
     当職活用         管理会社とは異なる視角からの援助 
        〔 なぜ 国は マンション管理士を国家資格とし マンション管理士制度を設けたのでしょうか
 管理会社に委託済み ならば 問題無し  自称管理運営専門家理事長さんにお任せ ならば 問題無し 
   参考 https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/e4832a7346f0f3de6dde3187915c8beb へのリンク

            マンション管理組合の相談相手として係わるのが基本の形 ですが 一歩進んで
            街の法務系専門職を 理 事 として就任させる形で活用する仕組もあります
            マンションにおける様々な懸案処理その他対策等のため より客観的に 慣れあい運営
            に流されず意見を言えるように いわば 住人組合員外役員 の位置に就ける手法を利用する
            また より一歩進んだ 客観性・効率性を推進するため区分所有法上の管理者〔同法第25条〕
            の位置に就かせ訴訟追行権(訴訟当事者として法廷でも)・民事執行権をも行使させる形も 
            検討に値する場面があります
           https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/babd00b2cdede3cbca6073e936d463de へのリンク
                         <裁判までできるの?>
            第三者管理者方式のいわば究極の形として 合議する執行部を置かず
            「管理者」 を総会で選任する最狭義の第三者管理者方式
         ( 役員を選ぶことも困難すぎる場合などへの対応策
          #マンション管理組合運営 を 全面的 に遂行する仕組みもあり
 特に 管理会社委託無し自主管理式マンションにおける 高齢化による役員不足対策等に 有効な仕組み
   当職活用       監事 として係わらせていただく手法〔理事会出席もあり〕
      ★☆★  首都圏に限らず 各都道府県 それぞれの管理組合さまの状況に最適な方式で 
                   ンション管理運営の相談を伺います ★☆★
                                                   国家試験資格者登録番号 第0009030516号》
 マンション購入時に必要となる様々な知識・  #マンション関係  の法規法制の相談
 お受けします 連絡ください ‼
                        〔マンション購入チェックポイント相談
  マンションに住むということ』 をテーマに サマザマな疑問について質問をお受けするため 
    さまざまな場面で お伺いさせていただきます

 理事長・理事・監事など マンション管理組合の役員に就いた場合 円滑な管理運営のための
  基本知識の習得が必要
 重要知識習得のためにも当職を活用ください

             ★☆★  マンション管理組合 法 人 化 相談ください  ★☆★
     https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/338e9fa30d929810bdd5d27795b18537

 

                        ラジオインタビュー放送 〔マンション制度 など〕        
      再 生 (IBS茨城放送/平成29年3月15日(水)17:15~放送/制作・著作) ・・・・マンション制度などについて・・・・
        :::::::::::::マンションに関すること どのようなことでも 当管理士事務所に相談ください::::::::::::
          〔 現場は全国  より多くの地へ 助力をめざし行動します 〕

 


                    仕事場と  報 酬のことなど


 〈特定 行政書士業務
        内容証明
                   《 全国どこからでも  どのような内容でも相談ください 》
                   的確な内容証明書一通で思いがけないほどの効率的処理
                   想定を超える効果を生むことがあります
                   事情が絡み合うことの無いうちにお声をかけてください


       民事法務事務〔法規・法制相談〕
            法定相続情報証明制度申出代理
           企業・個人 全般リスク管理
            合意後示談書 作成
           相 続 ・ 遺 言
           法 人 設 立
           契約書作成
           定 款 作 成
           議事録作成
           自賠責保険請求書類作成
               農 地 法 許可
          行政不服審査関係 ( 聴聞・弁明・審査請求代理 )
               特定行政書士である旨の付記済
                         *2015年12月4日


Ⅲ  国家試験受験サポート業務
        マンション管理士/管理業務主任者/行政書士/海事代理士/宅建士/貸金業務取扱主任者
          学習ガイド ・ 疑問点整理 & 受験相談
  ★ 自宅/事業所出向訪問学習・貸教室等学習・スカイプ利用学習・事業所単位の学習会  等
                (講師合格済み国家試験 〈一部合格含む〉)
                #マンション管理士  ・ 行政書士 ・ 海事代理士 ・ 管理業務主任者 ・ 宅建士 ・ 貸金業務取扱主任者
                 知的財産管理技能士 ・ ファイナンシャルプランナー技能士 ・ 司法試験 ( 一次 & 二次〔短答式〕 )
                 日商簿記(公的資格)
        /////////////////////
         人生100年時代を迎え 生涯学習 の案内係・サポート役
         〔学習の伴走者〕としてのお手伝いも致します・連絡ください
                                        /////////////////////
                             #マンション管理士国家試験 等 受験講座講師
                                      事業所単位/マンション単位等 各種資格試験
                                       学習講師致します
                                            ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

   お住みになっているマンション内で 学習同志〔マンション管理士・管理業務主任者受験予定者〕を合計3名以上確保でき

   ましたならば 連絡ください 定期的訪問サポート講師 請け負います ( 詳細は相談のうえ ) マンション住人として将来の

   管理運営のため 100年時代の生涯生活設計のために資格獲得を目指す方にも 有意義・効率的な学習手法です

 参考: 国<国交省>マンションの管理の適正化に関する指針 に示されている重要な文章 
   マンションの区分所有者等は、マンションの居住形態が戸建のものとは異なり、相隣関係等に配慮を要する住まい方であることを
  十分に認識し、その上で、マンションの快適かつ適正な利用と資産価値の維持を図るため、管理組合の一員として、進んで集会
  その他の管理組合の管理運営に参加するとともに、定められた管理規約、集会の決議等を遵守する必要がある。  
    そのためにも、マンションの区分所有者等は、マンションの管理に関する法律等に関する理解を深める必要がある。


 

 

 〔認定〕 マンション管理士                     〔特定〕 行 政 書 士 

 ( Legal licensed condominium  manager )      ( Certified Administrative Procedures Legal Specialist )
  (一社)日本マンション管理士会連合会  登録08-000001       日本行政書士会連合会  登録 第91110470号
    (一社)茨城県マンション管理士会                        茨 城 県 行 政 書 士会 
                                       国家試験等資格塾講師
                                         (state examination etc. Qualification instructor lecturer)



                                   リンクの場は閉鎖となりました 
                                   長い間 大変お世話になりました 感謝いたしております アリガトウゴザイマシタ



  ブログ  おてんとうさん のつぶやき&月の光の 思案 +入道雲の 笑み 



                         お 願 い
     このホームページ及びブログの利用(閲覧及び一切の利用形態を含む)は 法の範囲内において自由
     ご自身の利用判断と責任において適法利用を
                          最後までお読みくださり ありがとうございます
                 感謝いたします
                  〔 現場は全国  より多くの地へ 助力をめざし行動します 〕
                             © Copyright  はたけやまとくお事務所 .All rights reserved

 

 

 

 

 

 事務所・業務 & 報酬案内  

          〒309-1717  茨城県 笠間市旭町60-8     はたけやまとくお事務所
             (首都圏に限らず依頼受任しています)
                   〔 現場は全国  より多くの地へ 助力をめざし行動します 〕
       hatakeyama〔認定〕マンション管理士事務所     (Legal licensed condominium  manager)
      〔特定〕行政書士はたけやまとくお法務事務所     (Certified Administrative Procedures Legal Specialist)
       国家試験等資格塾講師                           (state examination etc. Qualification instructor lecturer)
  TEL    0296-77-5701      090-6045-8471

   メール   toku4812@star.ocn.ne.jp     FAX   0296-71-8030


                  報 酬 案 内
      相 談 料    5000円  〔1時間あたり〕
                                 当事務所外相談も可
                                        
相談場所指示ください
   マンション管理士業務                          
 ::::::::::::マンションに関するどのようなことでも 当管理士事務所に相談ください::::::::::::
 #マンション関連相談         1時間あたり  5000円
 
 ※ マンション購入時に必要となる様々な知識・マンション関係の法規法制
                 相談をお受けします
                 ご連絡ください マンション購入チェックポイント〕   
                                                                                             一時間あたり 5000円
 

 ( 主な 単発的 アドバイス・サポート )
 マンション住人向け講演/セミナー/相談会    2万円 ~ 7万円 (2時間~4時間)
 役員就任時管理運営研修講師             5万円 ~ 8万円 (3時間~6時間)
 理事会訪問出席によるアドバイス・サポート   3万円 ~  7万円
 管理規約/細則 アドバイス・サポート      7万円 ~ 25万円
 長期修繕計画アドバイス・サポート           15万円 ~ 30万円
 大規模修繕アドバイス・サポート            35万円 ~ 65万円
 〔 診断・設計・施工の担当者ではない立場にて 理事会・修繕委員会・総会等のため大規模修繕全般助力を行う業務 〕
 管理会社変更アドバイス・サポート            30万円 ~ 55万円
 管理組合 法人化 アドバイス・サポート       6万円 ~ 25万円
          店舗併設複合型・団地型等 さまざまなマンションがあります      

             施設・規模戸数/棟数等〕の相異など様々な要因があるため
         報酬にも幅があります


           ★☆★  マンション管理組合の 法人化 相談ください  ★☆★
  参考ブログ : https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/338e9fa30d929810bdd5d27795b18537

 

( 顧 問 ・ 役員 就任 )
    管理会社とは異なる視角での援助が可能となります
  〔参考ブログ〕
   https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/e4832a7346f0f3de6dde3187915c8beb へのリンク

 

 #マンション顧問 月額 1万5000円 ~ 8万円
                           
    マンション管理組合運営に関すること全般への助力


    理事役員就任型 月額 2万円 ~ 9万円
                         ↓
   マンション住人でなくしがらみもない当職が 会社法で言う
   ところの社外取締役というような立場で理事に就き 社外
   役員というべき形で理事会に加わり より客観的・率直かつ
   効率ある運営を推進するスタイル

  代表権を有する役員就任型 月額 3万5000円 ~ 15万5000円
                                        ↓
   管理者として/管理組合法人の理事として 区分所有者〔マンション住人の方々〕
   のために 裁判上原告・被告となることができる立場に就くこともできるようにして
     おく関与の場合 〔通常の表現で言う 代表権有る理事等への就任〕
   (状況により 区分所有法第26条4項/同法第47条8項の立場で関わらせていただくこともある場合)https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/babd00b2cdede3cbca6073e936d463de へのリンク
  <裁判までできるの?>

  監事就任方式 (理事会へ出席有り)  月額 2万円~6万円
                              
                             
管理運営上の総合的な点検役として助力
 

 最狭義の第三者管理者方式  月額 2万7000円 ~ 17万8000円
                                 ↓
            役員を選ぶことが困難すぎる等の状況の対応策として
            マンション住人に選ばれた 「管理者」 という立場で管理運営にあたる
            役員を置かず〔監事を置くにとどめる型もあり〕
        #マンション管理組合 運営を全 面 的 に遂行する
 〔特に 管理会社委託無し自主管理式マンションにおける 高齢化による役員不足対策等に 有効な仕組み〕

                                                                                                 ※(認定マンション管理士)
    ※  資格業者の業務は 法的に申しますと ほぼ全部が委任(場合によって請負)契約と言えます
       短期集約的作業の委任契約など 年間単位契約とは限らず月単位も多いです
       報酬額がやや多額の場合があるのは短期間集中・集約業務契約のケースも想定の表示である
       ことをどうぞご理解ください
 『マンション規模・状況などを勘案しながらそれぞれの関与の形を説明させて頂きます
 
上記の他 さまざまな関与・助力の仕組みがあります
                 充分な説明と協議のうえ報酬額を設定します 』
     《顧問・役員就任中における単発的業務との兼務》 の 報酬
       例⇒ 顧問(月額1万5000円~8万円の場合)契約中に 
             管理組合法人化アドバイス・サポート業務(単発6~25万円の場合)
                         を並行兼務し 場合により 加算の検討をするような場合(管理財政
             情況面判断して 加算の要否・有無を協議します)
                    ↓
            ・後者の報酬を ほぼ半額減額し 前者に加算することあり
            ・最狭義の第三者管理者方式においては 兼務報酬は頂きません
             (極く稀な範囲の限定的特殊とも言える業務についてのみ おおよそ
             平均的な額のほぼ4分の1に減額し 報酬額に加算することがあり
             ます)
            〈並行兼務報酬の扱いにつき充分な説明後 協議決定します〉
   ※  顧問/役員等に就任した場合 マンション住人さん向け管理運営関連
          国家試験〔マンション管理士/管理業務主任者/行政書士 等〕
         #受験指導アドバイス をさせていただくことも可です<着任後 相談のうえ>


※ 管理費等未払増加・組織機構のイザコザ・
      管理不全の兆し 苦慮しつつあるマンションへの提言
                                                  ※(認定マンション管理士です)

  当職などの資格者に訴訟担当をもさせる形にし 区分所有法上管理者の地位に就ける等 外部専門者任用の決断
  を検討しなければならない場面が マンション管理運営上 あり得ます
  自主性を損わない慎重な配慮の下で運営し 私のような立場を持つ者が一人とは法的に限定されていないので
  同権限を持つマンション住人役員がいてもなんら問題がありません
  法人化済みのマンションでも事情は同様〔管理組合が法人化された場合には 執行機関としての理事が置かれる
  ことになるので 管理者の立場を理事が務めるとお考えください〕
  さらに 共同代表という仕組もあり いわゆる専横運営への懸念は無用であることを お約束させていただきます
  専門的用語で恐縮ですが 「代理人」 ということではなく 「当事者」 として訴訟にも関わらせていただく手法
  (区分所有法26条4項)です

  マンションが高価な資産であることは おおよそ間違いないでしょうが その資産も いざというときに換金
  可能なもの(売ろうとするなら比較的短期にその目的が達成できるもの)でなければならないといけません

  価値(私の考えるマンションの価値基準については 下記に示しています)劣化をきたしているマンションには
  需要の眼は向いてくれません
  引っ越して買い手を待っていても 現実の需要者が登場するまで 管理費・修繕費・固定資産税は払い続ける
  こととなります
  

  これからの少子高齢化においての不動産需給状況を考えると この点に 充分な配慮をする必要があります
  自分自身が所有者の一人でもあるマンション住人として 法律的にも管理運営の主人公であり 
  率直に申し上げますと 場合によっては責任の主体の地位に就いてしまうことさえあることを
  時代を見ながら さらにシッカリと 認識しなければいけないと思います
  管理不全ともいえそうなマンションを散見する度 重要なことなので 繰り返しさせていただきますが
  マンション管理士・マンション知識を持つ弁護士など専門的知識を持つ者に訴訟担当もさせる形にし 
  区分所有法上管理者の地位に就けるというような外部専門者任用の決断を検討しなければならない場面が
  マンション管理運営上 これからは特に あり得ると考えられます
  高齢化でなり手が居ない状況下 未収金対策毎に 訴訟代理人依頼報酬額に 役員さんが困惑する?
  思いをせずに済みます

https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/babd00b2cdede3cbca6073e936d463de へのリンク
                                                 <裁判までできるの?>
  法律事務所にて 5年間 弁護士直属の下 司法試験受験(論文挑戦)をしながら いわば修業し
  法務実務現場の実際を経験しました
  学校は工学系を卒業しました
  ある時期 大手グループ系建設会社に籍をおいていたことも貴重な経験になっています
  さまざまな 管理不全症状/症候群を体験してきました
  取り返しがつかない寸前の管理組合さんもありました
  入り組んでどうにもならないような状況を解すには時間があまりに足りなすぎるといったことも あります
  加えて どうにもこうにも説得に困る方が役員を占めていたりすると マンション管理運営の困難さは計り
  知れなくなり 健全化は さらに遠のくことになります

 こういった場合は マンション自体の資産価値に影響必至
 マンションの資産価値というものは 単に物的なハード面
 の価値だけで計られるものではなく 人的組織・ソフトを
 含んだ総体的なものです
 様々な場面における当職の活用法の仕組みを説明させていただきます
 

  #マンション管理組合 運営上心配事がございますなら できるだけ早期に
 事態が今より悪くなることが無い内に ご連絡ください
   ※ 管理会社とは異なる視角での援助も可能となります!
        〔 なぜ 国は マンション管理士制度を設ける必要があったのでしょうか ?〕
      管理会社内部在籍資格者 と 外部専門家資格者 差異はあるのでしょうか ?
        参考ブログ :  管理運営のことは 管理会社へ委託済み ならば OK!?
※ 自信満々 の 自称 『 マンション管理運営プロ理事長 』さんにも ご注意を!!
   “これでいいのかな?” 不安を感じたら 手遅れにならぬうちに 相談ください
            〔 現場は全国  より多くの地へ  助力をめざし行動します 〕
                            理事長・理事・監事など マンション管理組合の役員に就いた場合
                            円滑な管理運営のための基本知識の習得が必要とされます
                               重要知識習得のための役員限定講座開催に当職の活用を検討
                                                     してみてください
                                             5万円 ~ 8万円 (3時間~6時間)


       ラジオインタビュー(はたけやま とくお)
          ◇ 再生開始   (IBS茨城放送/平成29年3月15日(水)17:15~放送/制作・著作)
                                     ・・・・マンション制度などについて・・・・


  Ⅱ  [特定] 行政書士 関係業務
  内容証明      1万円 ~ 25万5000円

                《どのような内容でも 相談してみてください》
              的確な内容証明書一通で 思いがけないほどの効率的処理
              想定以上の効果を生むことがあります
              事情が絡み合わないうちに お声をかけてください
  法務(法規・法制)相談   1時間あたり   5000円


  株式会社設立              9万円 ~ 15万円
  合同会社<LLC>設立         5万円  ~ 7万円
  ※ 一般社団(財団)法人・ 社会福祉法人・任意団体 など 各種組織の設立  様々な形態あり 報酬は面談
  法定相続情報証明制度申出代理   2.5万円~4万円
  遺言書作成              2万円 ~ 20万円 (調査業務等含む)
  遺産分割協議書作成      3万円 ~ 30万円(調査業務等含む)
  遺言・遺産分割に係る執行としての事務手続援助等  10万円 ~ 40万円(調査業務等含む)
   契約書作成            2万円 ~ 17万円 (調査業務等含む)
  定款変更・新定款作成      3万円 ~ 12万円
  議事録作成           2万円 ~ 9万円
  農地法許可申請        5万円 ~ 25万円  (調査業務等含む)
  自賠責保険請求        7万円 ~ 10万円
  行政不服審査関係等 ( 聴聞・弁明・審査請求代理 など)
                   7万円 ~ 20万円
            *2015年12月4日 行政書士登録特定行政書士である旨の付記*


         上記いずれの金額には 印紙・証紙代 登録料等 業務遂行に必要となる公租公課類
     (いわゆる実費と呼ばれ 当職の報酬以外のもの)は含まれておりません
⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿

  Ⅲ  国家試験受験サポート業務

       未来に向かい 死角無きよう 視角を広く据え 生涯用資格を目指す
       マンション管理士試験 / 行政書士試験
        管理業務主任者試験 / 海事代理士試験
     貸金業務取扱主任者試験 / 宅建士試験
       ※ さまざまなサポートの種類がありますので報酬は協議により設定
              ( 講師合格済み国家試験 〈一部合格含む〉 )
               マンション管理士 ・ 行政書士 ・ 海事代理士 ・ 管理業務主任者 ・ 宅建士 ・ 貸金業務取扱主任者
               知的財産管理技能士 ・ ファイナンシャルプランナー技能士 ・ 司法試験 ( 一次・二次〔短答式〕 )
               日商簿記(公的資格)
    個人(少人数):サポート : 学習の伴走者としての助力 :
                    自宅/事業所など出向訪問学習 ・ 貸教室等学習 ・ スカイプ利用学習 等  

§ 一日〈希望時間〉だけの #資格受験学習アドバイス サポート  〔1時間あたり〕 3000円 §

     マンション管理士試験 等 受験講座講師
     事業所単位 / マンション管理組合単位 各種資格試験受験講師 致します
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   人生100年時代を迎え 生涯学習 の案内係・サポート役としてのお手伝いもできます  ご連絡ください
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                            ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

※ お住みになっているマンション内で 学習同志〔マンション管理士・管理業務主任者受験予定者〕を合計3名以上確保できましたならば    連絡ください   定期的訪問サポート講師 請け負います ( 詳細は相談のうえ )
  マンション住人として将来の管理運営のため 100年時代の生涯生活設計のために資格獲得を目指す方にも 有意義・効率的な学習手法です
 参考: 国<国交省>マンションの管理の適正化に関する指針 に示されている重要な文章 
マンションの区分所有者等は、マンションの居住形態が戸建のものとは異なり、相隣関係等に配慮を要する住まい方であることを十分に認識しその上で、マンションの快適かつ適正な利用と資産価値の維持を図るため、管理組合の一員として、進んで、集会その他の管理組合の管理運営に参加するとともに、定められた管理規約、集会の決議等を遵守する必要がある。
そのためにも、マンションの区分所有者等は、マンションの管理に関する法律等に関する理解を深める必要がある。


      はたけやま とくお事務所
     ブログ  おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案   + 入道雲の笑み      

        http://toku4812.server-shared.com/
     〔 現場は全国  より多くの地へ 助力をめざして 〕

 

 

 


 


肩書き とやら

2019-09-05 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

以前にも 記したことがありますが

組織の長 となると 人間性が変わる というか モロにでるというか

肩書きに意味も根拠も無く ひたすら 必要も無い威厳を持たせようとする

というか 虚勢の手段として 肩書きをチラつかせる というような人を

実務上でも ケッコウ 見てきました

 

この肩書きを示せば 頭を下げるだろう というような 姑息な そういう類の感覚

を持つ人間 

ダイキライ 

です

 

 

以前の顧問先でのこと

難関資格の知り合いをタクサン持つ理事長なんだ

こういった公職を持つ者と 深い付き合いがあるのだ とか

コトサラニ それらの類を武器にするような輩がいました

それら難関資格者数人の御墨つき理論なのだから マンション管理士風情の

お前は 自由業たる顧問といえど それに従え ということを示した御仁がいた

アッサリと子分になるだろうと 目論んでいたふうだったが・・・ 

そんな理論を

認めるわけにはいかない 直接その知識人数名に合わせてくれ

膝を交えて 話し合いたい と伝えたら

その後 ヒッソリと 潜り始め 私との理事会同席を苦痛がる様子が見え始めた

のでした

まったく 虎の威を借る ナントカ というやつです

 

他の権勢に頼ってことさら威張る小人(しょうじん)

 

 

 

中学校時代は 避けたかったクラス委員の座に長い間座らされたのですが

最後の任期ぐらいは自由になりたかったので その座を熱望していたふう?の

友に 直談判して 役員の座から逃走できました

どうも 役付き位置 というものには 少年の頃から 苦手意識がありました

 

 

現状では 某組織の長たる役目をせねばならぬ位置にあったりしていますが

諸々の 組織の事情があるものですから・・・

 

可能になり次第 その位置からは降ろさせてもらう予定ですが・・・

 

 

 

某公務員時代のこと 結婚式の仲人は上司が務める という暗黙の慣例があった

ようだが お世話になった中学校時代の珠算塾の先生に 頼みました

どうも 上の者の力は とにかく使うものだ 

それが 大人 というもの

というような 巷の常識 という感覚が なじめなくて

 

いまだに こうした気持ちは ゼンゼン 変わりません

 

 

北の地から 越してきて 子の中学校の入学式当日 講堂に入ってビックリ

議会議員の数名が 椅子を並べ鎮座していたのです

大勢の入学生を前にし 2メートル?ほど高い舞台?の上に

 

私の感覚からすると 異様な構図でした あたかも式の主人公は 我々だ と 示しているような ?

どうみても そのセレモニーの真の座長は 議員さま連 なのかと 見紛ってしまうような・・・

 

彼ら 彼女らは 職務上 議員さんであって ことさら 異常に見える形で貴賓席に居なければ

ならないわけではないのに と その街の風土 とやらに ゲンナリ感を覚えてしまったのだった

そうした図式を その議員蓮が要求したのか それとも 学校執行部が忖度した結果なのか・・・

 

どの世界も

さりげなく 自然に 大仰ではなく という具合には どうしてもいかないものなのだろうか

 

というわけで 当然のことだが その職位 地位 肩書き そういった そのものが偉いとの

評価を当然に受け得る あるいは当然にそういう評価をせねばならないもの ではケッシテナイ

判りきったことだと思うこういったことが 意外と 理解されていないのか も・・・

自身の信条からすると 信じられないことだが・・・

ナントモ ヤリキレナイ

心が沈む 

 

総理大臣だろうが 公職議員だろうが 行政の長だろうが その者は

その者がなすべき務めを果すべき者 それだけのことでその位置に

いるというだけのこと 

で ことさら その位置にいることと 人間性とか品性とか尊敬に値するか否か

などということとは まったく 別の次元のこと 

ゴチャマゼニ とにかく 偉いのだ なんぞという 価値基準なんぞ

全く どうにも理解できない

 

ということで いわゆる 虎の威を借る狐 的な行動は みたくもない

 

とはいうものの 自身だって どのようなミットモナイことをしでかしているやもしれず

キッチリと眺めていなければ と

 

 

話は 少し 向きが変わるかもしれないが 同列で思えることとして

一介の実務者たる者にすぎない としても 超難関資格者の言うことであっても

オカシイコトは 安易に 妥協することなど できそうもないのだ

冷静に 考え どのような角度からしても 肯定できそうも無い理論には 異論をとなえざるを

得ない(自身の研鑽の結果を 厳しく照査し それでもなお 説が正しいと思うときは

それを貫く 

万が一 自説に瑕疵が有り 依頼人等に迷惑をかけるなどした場合は

真摯に 謝罪すること 当然として)

 

依頼者の信頼を イイカゲンな追随理論で 毀損してしまうことなど できるわけもないから

 

 

 

ということで なぜか 本日は 上のようなことを 是非記したい気持ちになったことが起きたり

したので 記したのです

 

ステキな 超難関資格者さんもおられます

超難関資格をお持ちの上で わざわざ受験せずとも登録できる資格に挑戦して合格 前進する

その資格が自身の実務に必須ではないほどの博識と思われるのだが 受験せずにはその名称を

使えない資格登録のために 敢えて挑戦 当然? 合格でしたが

なぜか その エネルギーというか 気概に スゴサを 覚えてしまうのです

そのかたの 品性にも です ( 残念ながら お話をうかがったこともないので 自身が感じる 

勝手な心にて ですが トッテモ すごいなー

万分の一でも 同様なことができる自身になりたいものだナー)

 

           http://toku4812.server-shared.com/  

 

 


リアル ドキュメンタリー

2019-08-18 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

先日来の とんでもない凶暴事件関係ニュースが流れ続ける休日

顛末を知り 久しぶりに 「 刑事訴訟法 」関係の基本書を眺めた

 

「有罪が確定するまでは 犯人ではない」

「被疑者の人権をも考えなければならない」

「たとえ 確定判決があっても 被告人の顔写真は明らかにされることには 疑義がある」

などなど 懐かしい言葉を 思い出したりもしたが・・・しかし

 

なんとも形容しがたい 暴挙の現場の記録を 被害者がなんらかのルートで 即 マスコミ関係?に

開示し? それが ほぼ 時を置かず ネット上に流れた か ?

 

犯行現場と解さざるを得ない映像が 国内はおろか 全世界でさえ閲覧可能情況となる

のに 場合によっては おそらく 数時間も必要としない のだろう

そうした 手段・手法を採り得た今回の事件においては ほぼ 間髪を入れない

行動が功を奏した と言えよう か・・・

 

 

当然のごとく捜査対象となるべく 人物たちの全体の顔写真 姿かたちともどもが提供され その者の

逮捕シーンまで

これまた アッという間に 巷に流れた

 

 

ある意味 捜査機関は おおよそ マスコミの後追い情況(あるいは同時追いかけ的のような・・・?)

そうしたものを 検察関係も 裁判関係者も 視聴可能であるわけで

 

まるで 犯罪ライブ劇場 とも呼べそうな・・・

 

 

特に 予断排除 とか 起訴状一本主義 だとかの言葉が 脳内を出入りしたが・・・

法的な諸々のことを思ってしまって 関連の知識の調べごとなどしてしまったが

すくなくとも 一時の 刑事司法の基本の枠では とても想定できなかったような

現実に 戸惑いを覚えたことは確かだった

 

ネット社会の 圧倒的ライブリアル感の力と ある意味の懸念 とでも感じられること・・・

事件によっては 扱いが 是にも非にも転がり得る ような・・・

 

 

いろいろな場面で 類似のことがマスメディア上に 驚くほどの速度で 選定基準も

あってないような規準で流されるようなことなのだろうが 率直に言うと

どこかで どうにも表現できないような不気味さをも 同時に 覚えたりもした

 

そうしたこともあるが それはそれとして

 

それにしても 今回の事件のとんでもない輩の とんでもない行動(どう解釈しても 

人として 見るに絶えない暴挙である犯罪 を 見た) 許しがたいのは当然

 

被害者の方への思いは なんとも 言葉を選べないほどだ

 

その意味で ドライブレコーダーをはじめとする記録ものの進化には

感謝 ではあったのである・・・

 

 

とにもかくにも 厳罰を望まざるを得ない暴挙である ということは 真実 

としか言いようがない情況

 

高速空間に ああした人間がいた という恐怖 およそ 今後 拭い去ることは

できそうもないことも 自身にとっては 真実そのもの

  

               http://toku4812.server-shared.com/

 

           


テレワークのこと

2019-07-31 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

 

 

テレワーク ⇒ 労働者が情報通信技術を利用して行う事業場外勤務 

 

厚生労働省に限らず いろいろな部署で それぞれの立ち位置から

テレワーク関連 について

広報していますね

 

自身の業務にも おおいに関連することが多いので 知識として 蓄えておかねば

ならないこと多し という状況です

 

労務管理などの相談も業務のうちなので (以前にも記しましたが 社労士さんの3号業務

つまりコンサルタント業務は 自身も可能です) 労働法規関係での 

事業上外労働のみなし労働時間制

とか 

フレックスタイム制

とか 

その他 諸々

のことあたりで テレワークも絡めて 概要の 相談があったりしました

 

 

検討を迫られている方 あるいは 興味のある方は 

【 テレワークを活用する企業・労働者の皆さまへ

 テレワークにおける 適切な労務管理のための ガイドライン

〜情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン〜 】

 

というようなものを厚労省で掲載していますので インターネットで調べることも 有効だと

思われます

 

 

マンション管理人(員)さんのなり手不足が深刻 というような記事も多いなか

アーダコーダと 自分なりに その方たちが担当する業務を想起しながら

テレワークの可能性部分の 想定をしてみたりしたのでした

 

そのマンションの特徴(特長も)をとらえながら・・・

 

特に 管理会社等では 以前から諸々の検討を重ね 管理人(員)労働のあり方などを

模索していたのではと思われますが 具体的に 実務的に どの程度まで いわゆる

テレワーク方式の

採り入れが可能なのか ? 自身が知る限りでは 現実のニュースに登場していない?

ようなので・・・(実際には ゴミ収集時の立会い 清掃業務以外などでは 労働時間内と

はいっても マンションには現在しない形態が 進んでいたりしているのか・・・?)

 

今以上に 巷の 現場情況を 注視せねば と 思っています

 

 

自身の 顧問業務などにおいても 同様の 諸々の検討があり得るので 学習に

努めなければいけないと 考えています

 

 

今までの経験上 ひとつ言えそうなことは どうも ≪テレビ会話≫方式が苦手な方

が 意外と 多いなー という感想をもっています

スカイプを利用して 相談を受けていたりしたことがあるのですが 思ったほど 利用して

いただけなく 私のほうからも 『○○時に パソコンの前に居てくださいネ』 との提案を 

依頼者の雰囲気からして 言い渋ってしまったことがありました

 

 

ということで 本日は 

〔 テレワークとは 情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した

場所や時間にとらわれない 柔軟な働き方のこと

 

テレワークは働く場所によって 自宅利用型テレワーク(在宅勤務)  モバイルワーク 

施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)  の3つ分けられます 〕

 

ということあたりから 復習しています

                 

         http://toku4812.server-shared.com/


名称独占

2019-07-22 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

『弁護士さんが マンション管理士資格の国家試験受験する

場合も なんとなく増えてきているようだけど ?

 

そういえば

海事代理士試験 弁護士さん受験していたよね ?

登録だけでは マンション管理士も海事代理士も なれないのかな ? 

登録だけで 就ける資格もあったよね ?』

 

 

知り合いの資格業者さんらと そんなふうな話をしたことがあったのですが

ある管理組合の理事会でも 関連した質問をされたことがありました

 

「マンション管理士の資格も名乗っている弁護士さんもいますが

あの方は マンション管理士試験も受験したのですか ?」 

 

 

弁護士資格を有していれば 登録することで その業務を行うことのできる資格があります

実務修習を受ける必要はありますが 弁理士 もその一つ

税理士 社会保険労務士 行政書士 については登録を申請し それぞれの名簿に登録されれば

改めて試験を受けて合格する必要もなく業務を行うことができます

弁護士登録を済ませておく必要はありますが 海事補佐人 の登録申請をすることも可能

 

 

ということで 試験を受けなくても 登録できる資格が弁護士制度にあります が

マンション管理士と肩書きをつけるには まず 試験を受けて合格する必要があります

海事代理士も 同様

制度の差異 など 諸々の事情もあるのでしょうが たしかに マンション管理士も海事代理士も 

独特の分野である

と 言えるでしょう か

 

 

業務でお付き合いをいただいている弁護士さんもおられますが

受験せずとも登録できる資格について 弁護士肩書きとワザワザ併記・表記して

いる方は 少ない というか あまり見かけないような・・・気がしますが ?

 

 

 

自身は マンション管理士と海事代理士と行政書士と その他 受験済みですが

マンション管理士資格も <名称独占資格> です

 

〔名称独占〕 〔業務独占〕 〔登録〕 とか 細かな説明は省きますが 資格に関する

議論 業際(その資格で可能な業務の範囲とは)の問題など いろいろとあったりします 

 

 

結論

マンション管理士試験合格済みではない弁護士さんも マンション関連業務に関わること

がありますが マンション管理士の肩書きをつけるには そもそも #マンション管理士 試験受験

合格が必要

なので 登録だけをもって≪マンション管理士と名乗ること≫は 制度として 設けられていない

 

 

 

マンション関連業務依頼のケースなどでの 参考になるやもしれませんので

以上 記してみました

 

ということですが

弁護士兼マンション管理士・海事代理士 さんに あまりにも離されすぎないように 

学習を重ねることで 

なんとか喰らいついて

業務に励んでいかねば と 思っております

 

(この記事の内容で 資格関係の説明に誤りなどありましたなら まことにおそれ入りますが ご一報くださいますよう

お願い申しあげます)

        

    

 

    http://toku4812.server-shared.com/

                          

 

 

 


シンプルさ

2019-07-12 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

 

 

 

 

『・・・ホームページに リンクして参考として載せてある

<裁判までできるの?>

というブログと ほぼ 同様の内容のもので

後見人が 離婚裁判に係る というような場合のことを載せていたブログの掲載時期は

いつ頃でしたか 

たしか ? マンションで 裁判も担当できる立ち位置の者 ということに関連した

ような話として 

載っていた ような ・・・ 』

 

以前から読んでくれていた方から そのあたりのことを参考にしたいので と 訊かれました

掲載した者として そのような記憶はありましたが その時期がハッキリとせず

1000個以上の記事がありますが 

タイトルは ?

カテゴリーとしては ? と それを頼りに自問自答 辿りはじめました が・・・・

 

【確認】 というタイトルで 〔業務エッセイ〕に分類して載せていました

https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/2f9fb6b7bb45caf62f05532df325dc81

 

そこで 分類の基準のことあたりのこと 反省

あの記事に関した業務は 5年前のことだったのか とか その内容に絡むこと とか

時の流れのスピードとか いろいろ 暫し考えてしまったのでした

 

 

最近は 〔マンション管理士〕カテゴリーの登場が やや 多くなっています

いずれにしても 内容が分散したものを一括載せることは控えているので 

分類が以前よりはシンプルになってはいる と 思いますが・・・

 

ひとつの記事に アレモコレモ ということが 特に以前はあったり 分類が

あやふやなところが多く 申し訳なく思います

(すこしばかりは カテゴリー分類に手をくわえなおしたり

したのですが)

どうぞ ご容赦を

 

関連事項をも 是非載せたい というような場合 主たるテーマをカテゴリーに

据える となるのが必然だろうな ? とか・・

でも あのケースでは何を主たるものと扱うべきか とか

いろいろなことはありますが

 

シンプルさに配慮しながら 努めていく所存であります

ゴチャゴチャと ツメコミスギナイ ように おおいに気をつけながら

 

どうも 気になるところがあると曖昧にできず 説明がクドクなる傾向があり

推敲が甘くなり カットが ますます下手になり とにかくガチャゴチャすぎる

欠点があります(わかっているなら 直せ ということにつきるのですが・・・)

 

 

鴎外先生は とにもかくにも 文章は削げるかぎり削げ と指導したらしいのですが

そうしたあたりのこと 全然 守ることができません

(もっとも レベルが違いすぎる世界 のことで おはなしにもならず

 お恥ずかしいことですが)

 

 

 

当地 梅雨明けには 10日ほどはありますでしょうか ?

 

 

一年の半分が過ぎてしまいました

マッタク進歩のなさすぎる人だな と 我ながらアキレカエルことがある日々の

連続

せめてあと半年は もうすこし歳相応 情況相応の勤めに励まなければ と 思っています

(相変わらず 反省バッカリ)

                             

             http://toku4812.server-shared.com/