おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

信じられる?

2012-02-26 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

最近? 特に目に入る数字

2050    2.5   1    65

これで ピンときたかたは 情報通?

そうなのです
西暦2050年 には 2.5人に1人が 65歳以上
という推計が 一部で なされている


ということは いわゆる大人の2.5人に1人ということではない
のだから
赤ちゃんから 大いなる老人までをカテゴリーに入れての話なので
おそらく 日中街中で出会うであろう人たちは まず 確実に 高齢者ということ
子供たちは 学び舎 でしょうし
労働能力全開世代は 日中ウロウロと
街中では? なかなかしていられないでしょうし・・・



ホントなの?? と疑わざるを得ないような数字ですが
現実に ある筋の 一種 公的なデータとして示されると
ドキッとしてしまうような ボヤーとしてしまいそうな
ノックアウトされてしまいそうな・・・
とても複雑な心境

もちろん その頃には 私自身の存在など欠片も無いのですが
どうしても 未来の大人たち 永遠に続いて(続いてくれないと
悲しすぎる)欲しい地球のことを思うと・・・

日本のことだけではなく 地球規模での 大心配事
人類の これからの道


一日 一日 大事に大事に という思いが 
さらに強く 生き方への愛しさが募る今日この頃です





さて 今週は スタートから 手強そうな事案が徒党を組んで・・
というのは大げさですが 今日も 準備準備の日曜日です

せめて ビル・エバンスの
≪From Left to Right≫でもききながら
心を静かにして 実務の学習をしています



今 少々復習にせまられているのは次のことあたりに関し・・

“監査役というのは 基本的に独立性が強く
独任制のはず
なのに 監査役
の存在意義とはなんなのだろう”
というヒッカカリがまず本日最初の 調べものになっています









数年前訪ねたときのもの)

何度も訪ねた 札幌ビール園
ジンギスカン料理と 生ビール
いつ行っても タマラナイホドノカンドウ
今年も ナントカ都合を付け 行きたーい のですが・・・?



本日は 2・26
2・26事件のことは 私の周りでは 新聞にもテレビにも不登場
なんとなく さみしすぎたので 1980年作の
[動乱]という映画を観ました
遠い昔に観た記憶もあり  あの事件の意味を考えたくなって・・・



無題

2012-02-20 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

スマートフォンは なかなか使い切れないでいる
そうか
そもそも 自分の使用範囲では もともと使い切れない?
くらい スゴイモノナンダロー

とりあえず 実用的な部分に絞って とにもかくにも
使用?させてもらっている
確かに 一番の利点は 超簡易インターネット閲覧可能物体
であるところかな?
ポケットにしのばせて どこでも チョットした範囲なら
調べものもできも 便利
今までは どうしても eモバイル付きのノートパソコン持参
ということだったが
とにかく しばらくは 使い続けてみよう
後の手はずは しばらくたってから考えよう
ITの進歩に その都度くっついて あるいは 先回りして
なんていう芸は どうにも 私には難しすぎるので






さて 先日 こんなことが

“委員会を置くような ハイカラな会社じゃないんですが
取締役会を置くと 監査役は 絶対 置くんですよね?”
と聞かれ
私のアンテナは NO という答えを発信
が 会話のメンバーの同業のかたは
そのとおりです 会社法の条文そのままです
という趣旨のことを 答えた
私は いや そういうことにはなっていないと思いますよ
と説明しようとしたが
『条文上 そのようになっているので・・・』
と 条文を盾にして 絶対的確信のもとにあるらしく
聞く耳をもたない雰囲気
なので わたしも そこで 直ぐに条文を示したかったが
まあ 説明を聞く耳をまるでもたない雰囲気の方に そこまですることも・・・・



案の定 会社法327条に
ただし書きで
【・・・公開会社でない会計参与設置会社については、この限りでない。・・・】
とある

それほど 大きくない株式会社で
監査役を 置くのと 一応資格要件がある会計参与を置くのと
どちらが ベターか
どちらかというと 名ばかり監査役?さんよりは
会計参与設置のほうが
対内的にも 対外的にも ベターなことが多いと思うのだが


あの雰囲気で 説明しても
『それは ただし書きでのことでしょう』
と一蹴されそうだったので 説明を控えてよかったのだろうなー
とは思うが
クライアントさんへの説明のことを思うと
忠告というか進言というか 同業としてせねばならない
のかなー と 迷っているが
つまるところ
『それは ただし書きでのことでしょう
ただし書きは ただし書きの価値
本文には 勝てません』とかなんとか 言われそうだし

ただし書きの重要性 怖さ
を大いに味わったことがあったので いろいろと思い返したことでありました






さてさて
今週も いろいろ さまざま
手強そうなものやら そうでもないかな? と勝手に思いたくなるような案件やら

月曜日の業務スタート です








数年前に行った 12月の沖縄の名も無い小路
あの 独特の空気感? が なつかしい
また 行きたーい



悪戦苦闘

2012-02-16 | ■エッセイコラム・ダイアリー

ヒョンナことから コンピューター 突然乱調

困った

しかし こういう修羅場をかいくぐりながら
なんとかかんとか 私のようなIT音痴さんでも ITと格闘してきたのだ
その ご褒美に? なんとかかんとか メールやホームページを
持てているのだ
この分野も また 独学の一匹オオカミ状態
なにからなにまでシドロモドロ状態で歩き続けている

そうして アンドロイドとも付き合い始めてしまっている
ほとんど シドロモドロ状態で・・・

とにもかくにも くらいついていくのだ

ガンバレー


と自分に掛け声を浴びせながら
只今ホームページビルダーと格闘中

もしかすると すべてを崩壊し 一から構成し直し?
なんてこともあり得そうだが・・・
少々のことでは 落胆しないほど鍛えられたので

永遠のライバル 強敵 ITワンダーランド




それにしても なにもかも電子申請オンリー時代が
いつの日かくるんだろうか
国民全員 IDとパスワード必須  登録国民背番号ナンバー必須
なんてこと あり得ない? いや 大いにあり得る??


最近 遠隔操作でのデスプレイ操作を見せつけられて以来
いろいろ妄想して いたずらに?心配症が高じてしまっているような 背中が寒くなるような モゾモゾ感

誰にも所在を知られずに しばし 数日の放浪を楽しむ
なんという 贅沢を? 味わえなくなる時代さえ
そんなに遠くない未来のような・・・・

いやだな   いつだって どこにいたって オオヨソノプライバシーに風呂敷を被せることさえできない国家権限なんて
やはり どこか 不気味だ




さて タワケたこと?あまり考えすぎずに
仕事仕事








数年前に訪ねた 万座温泉近くの国道にある 案内標です
万座も行きたいなー
数日 所在不明の放浪旅もいいなー (
贅沢すぎるかな



よい意味での矜持(プライド)

2012-02-15 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

今年は 特に 年頭からいろいろとスケジュールが並び
なかなか読書もできないでいる
文庫本さんたちは 受付を済ませても お呼びがかからず
藪医者さんの前に登場できないで 待合室で ジッとしているしかない
藪医者さんも ソワソワしているが なかなかカルテを手離し得なく もどかしい思いだ





今 かかわっている数件の依頼には 本来? 税理士さんや
公認会計士さんとの連携を求められる内容のものが多い
ところが 
その範囲は 想定外でしたので ワカリマセン
その範囲は おそらく 一過性的な仕事になりそうなのでヤリタクアリマセン
その範囲は 税務申告とあまりというかほとんど関連がない分野なので収入が見込めず やる気がほとんど起こりません
・・・・・
などなどの 言葉が返ってくることが多く
最近は それなら 自分で ということで 会計の方もナントカカントカヤッチャエ
ということで お客さんに ご迷惑をかけない範囲で
職分にさしさわりが無い範囲で
努めてみている



協働止む無しという仕事上での 連携相手さんとの意思疎通の
スタイルもさまざまだろうが ときには 悩ましいことではある
ただ これだけは言えそう?
“その部分はカラッキシ わかりません”
“その部分は ほとんど収入に結び付かないので やりません”
等などの類の言葉は
専門資格業の者として あまり 大きな声で 矜持の欠片も無い
ような雰囲気・気配では 口に出してほしくないもんだなー
とは 率直に言って感じます

逆な見方をすると 私自身への忠告にもなっているのであって
そこは 全然理解できない分野なので できそうもない
という類の言葉は 同じ資格者の矜持の意味からも
言い方に 自分も厳重注意を要するし
お相手さんも少しは気をつけてほしいもんだなー
と思うことがあります

“われわれが そんな七面倒くさいこと ヤッテラレンメー
第一 そんなこと ワカンネエヨ 聞いたことも ね~”
式のことを その分野の専門資格業の方から聞いたりすると とても 悲しく つらくなります




“行政書士さんて たいしたことしてくれないもんネー
街の法律家 なんぞと宣伝していたって
特例民法法人 なんて言葉 聞いたことも無い
ナンノコッタ ソレ 
って 言ってんだよ
話にも何もなんないヨ”


昔から 
物事は 
言い方一つで 思いもかけぬほうへ転ぶし 計り知れない方へも流れる 

もうすこし 言い方を なんとかできないものかなー
と思うこと けっこうあります
専門士 といっても得意 不得意があるのは
もちろん理解できる 
どの分野においてもオールマイティ には なかなか・・・
しかし 言い方に気をつけることも必要・・・ではないか・・
つまるところ その発言の意味するところは自分ひとりだけのことではないことに流れていくこと 多し ということは
その世界に身を置いている者として
頭に隅っこにでも 置かねばならぬことであろうから・・・

私の 反省と 自戒を込め
今日の記事になりました











生意気なことをも記しましたが
他意はありません
意思のつきあわせのみが 互いのトゲを少しでも削っていっての合意への手段であろうことを再確認しなければ と
最近 とみに思うのです


怒りっぽすぎる人?をみると
一種の ごう慢だな と思います
だって 相手の意思を よく 確かめないうちに
対話の手段を 閉じてしまうんですから
当人は その手法で 別にどうということもなく生きながらえてきたかもしれませんが
相手の気持ちも 少しは 考えて と思うのです





さーて 藪医者さんは 文庫本を恨めしげに見やりながら
カルテをとりあげ 
仕事 仕事

本日は 午後から 笠間市役所で行政書士会無料相談会
を務めてまいります









数年前に行った 別府温泉街中の湯けむり
圧倒されるほどの 豊富さ

行きたーい
是非今年は 行ってくるぞー(
はかない願望



準備と手はず

2012-02-09 | ■エッセイコラム・ダイアリー

同じような意義の言葉だが
少々 意味合いが異なるような?
こんなとき 英訳してみると なんとなく少しは見えるような?

preparation

arrangements

物事を進めていくうちに 
さらに心してかからねば と意識させられた時
この言葉を思い起こしてみる
なんとなく 自分の手法の曖昧さを指摘されることになり背筋を伸ばして深呼吸をする




気が付いてみると 最近は5日に一度 いやそれ以上の間隔でのブログ投稿になっている
ある程度 期間のかかる やや大がかりな案件がかさなっているような具合なので チョコチョコと間断なく調べものが続くようなことで JAZZにも 日帰り温泉にも 古典落語にも
お会いできなく 少々肩が張る状態が続いている
記事として いろいろ草稿はあるのだが
なかなか チャンスをまとめきれないでいる
ユックリと 一葉さん 鴎外さん 山頭火さん あたりも読ませていただきたいのだし
我が谷は緑なりき ・ゴッドファーザーⅡ・ 裸の島・ 道 なんかも
ジックリ観させてほしくて たまらない心境なんだけど
・・・・なかなか

愚痴ってないで 仕事 仕事

それにしても 最近は特に面談の回数が多く
やや 人疲れ? なのかも(補助者さんに指摘され気付いたことだが)
今週は まさしく 連日 だな

まァ こうして動いていられて ほんの僅かでも もしかして
世の為にもなっている? と思えるだけでも
贅沢なシアワセ というものだ
と つくづく感じる この頃です







2年ほど前?訪ねたときの
わが故郷 いわき市にある ハワイアンから見た湯の岳山
この山のふもとで 幼い頃 遊びまくりました

ようやく 営業全面再開
フラダンスチームも スタッフさんも 市民も 県民も
被災者さんも
さらに レッツ ゴー ですね



姿見

2012-02-05 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

全身を映す大形の鏡
姿見


男なので? 鏡を使うとすると せいぜい 髭そりのときくらい
かな
まして 自分の全体の様子が見えるような姿見などは
まず 縁が無い
ということで どれほど自分の姿勢がおかしいか
どれほど 猫背風なのか はたまたオジイサン度など
ほんとうのところは 知る由もない?

体形でさえ こんな具合
話しぶり 応対ぶり 身のしぐさ 癖 口調 などなどに至っては
ほとんどと言っていいくらい 知ってるようで まるで知らない
自分について言うと そんなふうだが・・・




先日 マンション管理士会の関係で 茨城県・水戸市の後援の下にセミナーがあり 講師を務めさせていただいた
その折 仲間の方が その様子を全編 ビデオに収めていてくれた
事前打ち合わせなど無く 知らぬことだったので DVDが届けられたときは オヤッ と思うばかり
とにかく 感謝 感謝のうちに 拝見させていただく
約1時間程のセミナー講師役の映像が
流れ ナントカカントカこなしている?ようだが 恥ずかしいやら少々安堵感があるようなないような 嬉しい?やら 悲喜こもごも
そこで 
決定的に気付いたこと
“思えば 自分自身を これほどのまとまった時間帯で見たことは無い
それこそ 若い頃は姿見なんぞを覗いて デート前に 髪型からはじまり靴下とズボンすその隙間程までをも確かめた ナーンテ時代も 少々はあったやも知れず
が なんと 年代物の自分の全体像であるか 
なんとも言葉尻がハッキリしないことが多いか 
真剣に聴いてくださっている方たちの前でひとりごとみたいな口調での箇所が散見される不様さ 
話し方のスピードの不安定さゆえの聞き取りにくさ
間の取り方の下手さ などなど ひどいもの ”



今後の為に おおいに参考になり 強烈な反省材料になった
貴重な体験でした

大切に保管し 今後の講師役の反面教師材料としつつ
こころして進みたいものだ と考えた次第です



いっとき 中学3年生を主な対象にした塾の講師もしていました
その頃を思い 冷や汗を覚えます
“聴きづらい講義を 我慢して聞いていてくれたんだろうなー”



さて 明日から また 少々混んだスケジュール
ひとつひとつ とにかく挑んでいって 
お客さんの為
しいては 世の為(そんなに大仰なことではないかもしれないが)
ガンバラセテイタダク のだ
口をしっかり形作って ハッキリと 聞こえやすく話すことに留意しながら



2月なのだ

2012-02-01 | ■エッセイコラム・ダイアリー

確かに 今年は寒い? のだろう
最近の朝 事務所にて最初に観る温度計は 零度近辺が多い
でも 
雪おろしで悩むわけではない
凍結道路に恐れるわけではない
水道凍結までの心配はホボない
雪国の方には申し訳ないような環境
その分 大いに感謝しつつ 励まねば

と思っていたら 二日前 不注意から腰痛再発
ヘルニアか 純粋な?腰痛 どちらか 不明だが
とにかく 怒りがこみ上げる ような感じ
自分の不注意に


前回は 本読みに熱中するあまり 同じ姿勢をとり続けたため
が主な原因だった(自己判断だが)
病院に行くと 立派なヘルニア(MRIで判明)

今回は やはり 調べごとに熱中するあまり 立ったまま斜め姿勢をとる等 不自然な体形を不用意にとりつづけたため(自己判断だが)

我ながら 反省なしの不注意に ため息


仕事の予定設定スピードは 大いに狂うし 
ノルマの体操は控えなければならないし
(そのせいか?ポッコリお腹復活)


でも 2月突入 
これしきの?痛みになんぞに屈していられない(実は 多少ではない痛みなのだが・・・)
病院に行っても ヘルニアには完治ということはない(総じて腰痛には?)
とかで おそらく 痛み止め+なにやらの飲み薬をいただく
だけ?となりそう
前回と同じようにMRIを撮って
“ほらネ このように 突き出て神経を刺激しているのです”
とかなんとか指摘され “マア 自然な自己治癒力を期待し 突起が凹むことを待ちましょう”の類のことを言われるために
何時間も?混雑の待合室で待機 ということになりそうだし・・・
それもこれも 身から出たサビ
先生が悪いわけじゃない
親切にイロイロ言ってくれているだけなのだ



とかなんとか言っているが
明日は 水戸市役所で 行政書士会の無料相談会担当
這ってでも(オオゲサ)でも辿り着かないといけない
そうとう前からの約束事をドタキャンするなんぞ ダンジテ
デキナイノダ


さて 本日は県内某市議会議員選挙立候補の知らせあり
マンション管理士会の仲間の方からなのだが
一念発起したとのこと
会の約5分の1のメンバーが市議会議員ともなりそうな状況です
皆さん スゴイ行動力
是非 ガンバッテホシイナー






それにしても日(陽)が長くなった
冬至から約40日
ドンドン 春が そうして大好きな夏が近づいてきている(気が早すぎる)
そう思うだけで ワクワク嬉しい
そう思った今だけ 気のせいか 腰の痛みが薄くなった?
気がした(恥ずかしいほどだが 驚くほどの 
単純すぎる?性格)




皆さん ついついしてしまう中腰での作業に注意を