おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

scene

2014-07-30 | ▲ タワイモナイ ? お話


さすがに 梅雨明け後 ほんものの夏 到来

一気に 当地の最高気温クラスの日々が続いたが
昨日・今日あたりは やや 通常の今頃のレベルに落ち着いて?

それにしても 夏の陽射し 強烈

でも この 眩しいほどの光が この季節にふさわしく 好き

外で 労働している方には 勝手な言いぐさかもしれないことをお詫びしますが(自身も 汗ダクダクの 外仕事を数年経験しているので そのタイヘンさ加減は理解しているつもりです が)



夏は来ぬ
の 《・・・怠り諌むる 夏は来ぬ》 というところが 好きです
身には 堪えるセリフですが・・・

映画にも 大好きなシーンがあって
それを観たいがために 思わずDVD挿入
チョット 仕事中断 しかし 意思弱く 鑑賞に没入 鑑賞の方の中断困難 ということがよく あります


私の 映画のベスト5 シーン

七人の侍
勇士を集めるための品定めの 各々のシーン  志村喬さん 木村功さんら のそれぞれの味ある雰囲気 殊に 稲葉義男さんの “・・・御冗談を・・・”の前後のシーン

ゴッド・ファーザー Ⅰ
対峙する者との結着をつけるべく 自分の それまで生きてきた世界とスッパリ袂を別けることを自身にも納得させながらともみえるかのように マイケルが会談の場面での暗殺の構想を切り出し 自分をボッチャン扱いしてきた幹部に とつとつと 説明を始めるシーン

ゴッド・ファーザー Ⅱ
母ら 身内を殺され たった一人で シチリー島の田舎から 自由の女神待つニューヨークの港に移民としてたどり着き 上陸前の管理施設内で 自分を鼓舞するかのように? 窓に向かい 将来のドンの姿など 微塵も想像できないように 清らかに想い出の曲を歌うコルレオーネ少年の後ろ姿

サウンド オブ ミュージック
結婚式 大聖堂のなか颯爽とウェデングドレス姿で行進する 惚れ惚れしてしまう(私が 鑑賞の都度 毎回  勝手に 惚れ惚れ またまた 惚れ惚れしてしまう ということだけのことなのですが)マリアの 歩く姿
 のシーン

穢れなき悪戯
マルセリーノ坊や の 至高の存在といえるであろう者 との なんとも あどけなく せつなすぎる 対話?シーン と 坊やの瞳

上に記したもの(ほかにも たくさん 心惹かれるシーンがありますが)に逢いたいがために・・・
またまた DVDを・・・

と その前に
本日の仕事 & 仕事 に なんとか目途をつけなきゃ・・・

          


                           http://toku4812.server-shared.com/


夏だ

2014-07-25 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

先日 兄弟たちと 会合? について話をしました
会合 なんぞといっても 主な目的は バンド演奏?と 飲み会あたりかも
親を偲びながらの ワイワイ談義も マア いいもんかもしれません  奥さんも同伴で なんとか また近いうち 実行したい
でも 3人とも 現役

一番下は 世界をまたに 発電所建設などに関わり
真中は 長年にわたり乳業製品関係(化学系販売促進系)
私 長男は 長年にわたり 夢見仕事男




さて 当地も 梅雨明け
夏と言えば
〔夏の日の恋〕を聴きながら  ピリッとしたアイスコーヒー
これで キマリ 
少年のころからの 長年の 私の うれしい定番

幸せを 感じます





本日は 午後から 東京へ
東京商工会議所 東商ホール
《会社実務における判例の読み方と会社法改正の影響》
セミナーへ
会社法の分野の第一人者の方 実務最前線の方々の話
楽しみにしています


さっそく 予想気温 35度程
負けていられない
タオル地のハンカチと おじいさんらしく?扇子を持って
レッツ・ゴー




先日 某マンションで 管理費滞納金回収を弁護士さんに頼んだら 回収の ン百万円がそのまま報酬に回って むしろ赤字
だったとか という話を聞きました
どんな内容で契約をしたのか なんとも 無念さを覚えます
そんなとき お役にたてることもあるのに・・・
簡単に言うと 訴訟も可能な立場に就いて マンション管理に関与させてもらう手法
法廷にも立ち 自ら訴訟行為も 場合によっては判決を得て民事執行さえ可能
徒に?費用をかけることなく 
そういう形の顧問等も 積極的にアピールしていったほうがよい
 と考えています
区分所有法にある 簡単言うと管理者の立場に就く手法で
民事訴訟にある任意的訴訟担当の一種 といっていい手法

これから 高齢化進行などのマンション管理には必要度大 となりそう
マンション管理士・行政書士としても
あらためて そう 強く思いました

そのためにも 今までの経験を活かさなきゃ
なんのために 弁護士事務所勤務で先生直属下 実務修行させていただいたのか・・・
と最近 特に 思っています


ガンバルゾー






確認

2014-07-18 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ


先日 小生のホームページに加えた業務案内に関して
やや ?誤解しているのでは という問い合わせ? のようなもの があったよう? なので
極く 肝心な点だけを 記しておくことにしました



誤解の ポイントは [・・・法廷でも・・・] 等の言葉があるものだから 〔・・弁護士や司法書士でもあるまいし そんなことまでできるわけがない・・〕という あたりにあると考えられます
ので一応記しておきます


理解に必要となる言葉〕

★ 訴訟委任に基づく訴訟代理人
訴訟追行のための包括的な代理権をもつ任意代理人の一種であるが、特定の事件ごとに、訴訟追行の委任を受け、そのための
代理権を授与された者。


★ 法令上の訴訟代理人
だれをこれらの地位につけるか、またはその地位を失わせるかは、本人の意思に基づくので、やはり任意
代理人である。


 訴訟担当
権利または法律関係の帰属している者 いわば本人は当事者として顔を出さないので
代理という仕組みではなく、第三者の訴訟担当といい、他人の権利義務について当事者として訴訟を追行する場合。
           
   
 イ)法律上当然に行われるもの
    と
    ロ)本人の承認の下に行われるもの
  
    
 イ)の例として
成年被後見人の離婚訴訟その他人事に関する訴えについての成年後見人
  ※ 成年後見人たる行政書士なども場合によってはこの位置につかねばならないこともあり得る(法曹に依頼の費用をかけていられない場合など?) 




ややこしいことを述べてしまいましたが
結 論


私が マンション管理士の業務としてホームページに記している
ことは このロ)に関してのこと
任意的訴訟担当 つまり
本来の権利義務主体の承認の下に行われる訴訟担当をいいます
マンション住人のため訴訟追行できる
(建物区分法26条4項)とされていることを根拠にしての権能の業務説明です
代理人としてではなく 当事者としての
(当然ですが 要件を充たして)


ここでは
弁護士代理の原則 や 訴訟信託の禁止 には 直接かかわらない範囲のことで ことさら 物怖じする必要のない と言っていいところのことです

法が許している部分のことですから



少々? 専門的で ヤヤコシイ ところがあるのは事実ですが
必要なときは確認してみてください
(法律上の言葉を より 簡単に記させていただいています お許しクダサイ)








もうすこしで 梅雨があけるのでしょうネ

今朝の 当地の雷雨は スサマジイ ものでした
が 本格夏の前触れ なら 我慢 我慢 と
稲光と 轟音のなか 布団の中で盛夏の陽光を思っていたりしました

そういえば 昨日 行政書士会の相談日に向かう道すがら
今年初めての アブラセミを聴きました

皆さんのところでは いかがな梅雨明け前ですか
もう 明けているところもありますよネ
そうか そもそも 梅雨など知らないでいい北の地の友もいるんだ
(ジメジメのこの時期 すこしだけ? ウラヤマシイ)





この時期になると懐かしく思ってみたりするんだけど 北海道の海水浴は せいぜい 8月に入っての1週目 くらいだったかな?
今もそうだろうか?
30年くらいの時の経過じゃ 状況は変わらないかナ?

行きたいなー
あの ヒンヤリ海水の中の 太陽をにらみつけての 背泳ぎ

してみたいなー

http://toku4812.server-shared.com/
 



県民性?

2014-07-15 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

自分の所属している団体のポスターなどに
《・・街の法律家・・》というような文言が登場することがあるが
その度に というほどではないが 率直なところ 少々?首がやや傾いて? しまうこともあり・・

街の法律家 と 自分自身を呼ぶには 少し 抵抗があり
巷の法律家 くらいなら なんとか かんとか自身を説得できそう?な そうでもないような


 と  と どこがどうちがうんだ と問われると モジモジ
してしまいそうな自分だが・・・



リーガルマインドの持ちようが 未だにシックリこないほどの実力しかないものなので こんなふうな 思いを抱いてしまうのか

プロの仕事人なのだから そんなふうなことでは お客さんにもおおいに迷惑な話? ともいえるだろうから 呟くようにしか 言えないことだろうけれど・・・

独り言ですので 大目にみてくださいませ




少年のころからの友と この類の話をしたら
“それは 一種の 謙遜の意味を含んでのことなの
巷というと 街と表現するより 少しは おとなしいという意を込めた もの言いなのかい?
・・・・・・
俺なんかは ある意味日本国中 というか ある時期は 世界を動いていた勤め人だけど この狭い日本でさえ 謙遜を 謙遜と受け取ってはくれない県民性のところさえあるからね 
もう少し 自分を積極的に売り込むくらいでないと いけないんじゃないの ”
と ありがたい?説教をされてしまった

たしかに 謙遜が 通じず 能力乏しいプロの部類だ とのレッテルを貼られそうになり ドギマギ したことも あったな 

30歳前半まで過ごした各地では そんな思いはしたことがなく
おおよそ どちらかというと 謙遜が美徳として通用していたようなところだったので 面喰う思いはなかったのだが・・・
たしかに 謙遜なんぞ 無用 という土地柄も あっておかしいというわけでもないだろう・・・が
時代の流れ というやつのなせることなのかもしれないし?
そんなことでもない か



この話の 曖昧論にならざるを得ない?最大の理由 は そもそも 謙遜とは どちらかというとイイコト
それとも それほど イイコトではない のか 
というところあたりなんだろう か


暑い事務所の中で チョットシタ 細かくて あまりめぐってこない 稀な仕事に挑戦していたせいかどうか こんな 稀な?記事になってしまっていた
ゴメンナサイ



とにもかくにも リーガルマインド に少しでも意を込め
がんばらねば

もっとも リーガルマインドの 意味の取り様だが
自分としては
〔リーガル・マインドとは、法的思考、いわゆる法的なものの考え方のこと。
法律学は具体的な事件に関して、法典上の条文を解釈して適用する学問。法解釈学というが、この法解釈学の根本にあるのが、リーガル・マインド、すなわち法的思考。
個別具体的な事件に対して、その事件の問題解決のために、いかなる条文・学説・判例を用いて判断すればよりよい結果が導き出せるかを考え出せる力〕
というように 一応 思っている

手ごわいが この難解な相手に食らいついていかないことには 自分の仕事にならない




それにしても 暑いなア

クーラーは 相性が悪いので 古風な?扇風機に いざというときはお世話になりながらも 自身の錆びつきそうなリーガルマインドを少しばかりは磨いているつもりなのだが・・・
なかなか 光輝くようには 壺の肌がなってくれない


虫の音を楽しみながら 枕につけるまで あとなんどき やら

ガンバルゾー
                    








2014-07-10 | ■エッセイコラム・ダイアリー

先日 宮城の地で 友が 旅立った

15歳あたりから20歳過ぎまでの青春の時期を 北の地 函館で共に過ごした 友

戦後 日本の復興におおよそ目途がたち
さらなる 工業立国を目指し 新制度国立高専の触れ込みでスタートの学制に集った者達の一人だった
諸事情があって 自分もその仲間に加わらせもらったのだった


北海道各地はもとより 青森 秋田 岩手からも 函館の校舎で顔を合わせた頃の友を思い出す
十代半ばの それぞれの大志を抱きながらの 少年少女まっさかりの 同胞・・・


めざましい経済成長を支える一翼をになっていたともいえる戦士たちだった
自分はその 学制卒二期生
右肩上がりの 驚異的な高度成長期に連なる頃の この国の空気
其処で生きながらえた仲間だった

彼は 鉄道の発展に関わっていたのだった
北海道新幹線のことも おおいに 気がかりだったろうに・・・



6月も末 つい一週間ほど前まで クラスメートにフェースブックで語りかけていたそいつに そんな悪夢が待ちかまえているなどとは夢にも思えなかった
突然の入院の後 一週間も経たぬうちの 別れ
まさしく 人生の無常

家内ともども 東北の地に 走り 別れをしてきた



なにがあっても不思議ではない 人生 という舞台
一日 一日 大切に
このことを 肝に銘じて 努めようと あらためて 思ったことだった



世は やや キナ臭いような そうでないような
それにしても 地球上を眺めれば なんとも 悲しくなるばかりのことも
確かに多い

流されることなく 自己の力の及ぶ限り 少しでもいい世になるよう 生き続けられるよう 励まねばならないものだと 自分を叱咤した 今日の 夕暮れだった


悲しみは 悲しみとして
沈んでばかりでは 友にも すまない

仕事机に 向うこととする





心して

2014-07-03 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

なんだかんだと あたふたと ? しているうちに
文月 七月 になってしまっていました

今日は 何曜日 なんぞと 事務所の中で 考え込んでしまったりすることさえあり なんとも ミットモナイ ? ことで・・・
いくら ゴチャゴチャと考えるべきことがあったとしても
深呼吸ぐらいして ジックリ と という姿勢も大事
と つくづく 思うことがあり・・・
必要以上に疲れるような作業環境手配に 思わず苦笑してしまったことでした



只今の 事務所内の花
桔梗
この花も大好き
今を盛りの?ヤグルマギクも この手の色のものが 特に好きですが

 

心が洗われるよう 見とれてしまいます
事務所前の 我が家の表庭で一株だけ育ってくれた貴重品
それにしても まるで 切紙細工 のような

そのもの のような細工物 ではなく 細工物のような そのもの

造形主の神秘さを 深く思ってしまいます





わが事務所は スモールOFFICE
小規模な企業者さん 個人 さんが ほとんど
できれば お客様のために できる限りのワンストップサービスを と 考えています
お客様が あっち こっち 出向かなくても済むように
業際に気を付けながら 
心して




ときどき 誤解があるのですが
労働や社会保険に関する事項について相談に応じること
そのこと自体だけでも 私の立場では業務違反では という心配をなさる方もおり
社会保険労務士法第2条で確認なさっていただくとわかりますが
問題ないと思います
と答えているの だが・・・

とにかく 心して さらに 心して

つい最近の法改正で 行政不服審査関係でも 行政書士が関わらしてもらえる範囲ができました
施行は未だですが ここでも また

心して

であります






それにしても 速い速い

夏が本格化する前に 秋を思ってしまったりしてしまいそう

我が家でも 草むらの虫の音が 昨晩の枕もとなどでは ハッキリと聴こえるようになってきました


虫の音を聴きながらの 夏の宵も大好き