おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

さまざまな思い

2008-09-29 | ■エッセイコラム・ダイアリー

先日 法事で京都方面に行ってまいりました
先々で いろいろな方との会話などがあり
立場の違い 考え方の違い 年代の違い など
諸々の事情によって
判断基準の多面性を あらためて知らされました

政治のこと 景気のこと これからの日本のこと
若者の生き方のこと 子供たちの未来のこと
大きなこと? から ささいなこと? いろいろ

『京都は なんだかんだ言っても 人だかりの駅構内
景気がよくないわけでは ないんでしょう』と 私

『人だかりね でも そのうちの何人が泊りがけの人で
何人が どれだけのお金を京都でつかってくれたのやら』と
滋賀の知人

会食のときの初対面の方たちとの会話や 旅の途中耳に
飛び込んだ話のきれはしのいくつか

『景気のいいのは 名古屋近辺だけや』
『名古屋 名古屋と ひとくくりに言うけど
いいのは ほんの一部の人だけ よく見てくれよ』
『70・80代の人が一番いいクジをひいたんや みてみいや ほんまに今の若いもんから見たら夢のような年金生活して なんて言われるけど みんながそうできとるわけやないで』
『かわいそうやな 今の若いのは ビクビクして生きてはる
いつ 会社がダメになるか わからんもんね うちのは
息子も 娘も そんな感じや 気が弱いけんね』
『そんなことあるかい 見てみい 青春万歳ちゅうやっちゃ
アレ 35ぐらいやろ ああしてゲーム機に熱中してる
いい年した 男がやることなんかな 俺にはワカラン
戦死した兄貴のこと思うと なんだかアホらしくて・・・アホ
らしく・・』
『なんだかんだ言って 自分の兄弟のことまで手はまわらん
弟には とにかく子達がいるんやから ほっとけよ まずは
自分の身のふりかたが肝心 そうせんと身内みんなが影響
受けんのやで 冷たいな とかなんとか言われても・・・
訳がわからん道理がわからんような世の常の順番を飛び越すことしちゃ後の始末がタイヘン・・・・妹よりも
子供がまず動かなきゃ・・自分の親なんだぞ・・ おばさんを
あてにするなんて・・・あんなに親に心配かけた子らなのに
・・』
『それにしても これはちゅうもんが出てこんな オブチさん
なんか まだ良かったかもな マジメそうでよ カクエイサン
のタイプは もう日本じゃ出てこれんのかな 訳のワカラン
坊ちゃん嬢チャンばっかしでさ  チッチャイよな 
どこのお偉いさんたちの世帯眺めてもさ』
『わが子でも ゲームのなかの子役のように感じちゃう
のかな プログラムで作られたみたいなさ
平気で抹殺するような・・・・想像もできない世界だ』
『聞いたかい こんな世でも 多くの人が自分は中流で
まあ シアワセだと 感じてるって・・・そんなことらしいぜ』

外に出てみると すこしだけでも 
いつもとちがう世界が見れる かも・・・

いつもはあまり気にしないことが
とても気になったり

反対に いつも気になることが
そうでも なかったり

旅の話でした
                  








関西・近畿へ

2008-09-25 | ■エッセイコラム・ダイアリー

近年 叔父・叔母との別れが続きます

土曜日に 京都で叔父の一周忌があり 出席してきます
弟たちとも 会ってきます

その前に 二三 すべきことがあり
本日から事務所を留守にいたします
お知らせが遅れ 申し訳ありません

もうすぐ 10月
神無月
表記だけからすると やや 寂しい意味を含む語感ですね

でも ようやく来てくれた涼しさを味方に
仕事にも 遊びにも 
自分らしく 流れに惑わされることなく いきたいものです


珍しく 奥さんの買い物に付き合ったら
果物コーナーで バナナが何処でもゼロ
マスコミの力はスゴイ
バナナダイエットのせいかな?

そう 
自分も 多少 マスコミに意味もなく?流されていることに
気づき ニヤリとしてしまいました
(すこし 減量しなきゃ と思い始め バナナを
さがしていました・・・効果を確かめもせず)

平々凡々人です
基本的に わたしは

それでは 行ってまいります
            
                       





絶対ですか?

2008-09-24 | ◆〔特定〕 行 政 書 士   業務

稀にですが
お客さまに こう訊かれることがあります

『絶対に それで間違いありませんね』


ある方(Wさん とします)が先月亡くなり
某 金融機関に預金債権600万円を残しました
遺言などはありません

この方に 奥さんと 3人のお子さんがいます

奥さんを    A
長男を     B
長女を     C
二男を     D
とします

法律の基本的な考えは Wさんが亡くなった時点で 
預金債権は それぞれ法定相続分の割合で 各自に帰属
します

ということは Aさんが一人で この金融機関
(X銀行とします)にでかけて 顔見知りでもあるし
すぐにでも300万円を受け取れ葬儀費用にまわせそうです

しかし 実務上は そう簡単にはいきません

まず X銀行は
『相続人の方全員で合意なさり 受取人を決めてください』
と まず 対応します

そこで
『でも 私は妻として2分の1の300万円はいただけますよね』

しかし
たぶん こうくるかも
『相続人さんの合意で 例えば受取人さんをDさんとする可能性もあるのですから そうはいかないのです』


判例も 実はさまざま
結論も分かれ
結論が同じでも 理由付けは 諸々


法律理論からすると 基本判例上は 
≪可分債権だから  各自の権利
としながら
実務界の都合
(相続人間のイザコザに惑わされたくない・
一度で処理を済ませたい・
払い過ぎ?の危険を避けたい・
取引経緯や残高証明などの情報開示の点からしても
めいめいを相手にすることは煩雑・
とにかく 窓口は一人に統一してもらい銀行側の帰責事由は
最低ラインにとどめておきたい)
などから

現実には 

長年Wさんを支え苦労をともにし
子達を育てた妻といえども 困難を抱えることがあり得ます

まとめて言うと 
可分な債権の共同相続について 分割・非分割の対立が
あるのですが この点も共有・合有という対立だけではなく
関係者間の実質的利益考量が重視されているのです

利益考量 とは
なんと 不可解な 拠り所があるようで無い
基準でしょう

判断基準があるようで無い基準ですから
とても 絶対変わらない基準とは 到底言えません

つまり
法律理論だけが拠り所ではないのです
憲法で言うところの 多数者の実質的利益
民法での             公序良俗
刑法での             実質的正義
民訴法での            公平手続
刑訴法での            適正手続
商法での             適正営利
このような基本理論も つまるところは

利益調整の条理 とでもいうような観念には 勝てない?

最近 このような感慨をもつことが多々あります
(だからといって 法律理論をおろそかにはできませんが)



ちなみに 上記の例で 預金債権ではなく
現金そのものを奥さんAが600万円(Wさんのもの)預かっていたとき
Aが300万円自分のものとできるでしょうか
(Wさんが亡くなった時点のこと)

判例上は 預金債権以上に 勝手にできません

現金は 相続人間の利害調整の最後の砦ともいうべき
最高の手段(換金操作不用)だから最後までとっておくべき

現金も動産の一種と考えられる(動産そのものは本来的
可分債権とはいえない・・・ダイヤの指輪そのものを
4分の1に分けて持つことは?)

そんなふうな理由で ある意味預金債権よりも慎重に保管を
要するのです(詳しい法理論は省きます)
(あくまでも 法律的にはということです)

こんなふうですので
絶対ですとは とても どの分野でも 言えないのです
(現実の基準は 結果的に 法律だけでは決してないのですから)


まったく ドンナ理由で どうなるか 
以上の理論だって
2年後には変わるかも知れないのです
諸々の事情により・・・・

ちなみに 預金債権のケースでは
銀行などの都合を 相続人の都合よりも優位に置きすぎ
ていると 私は考えています
銀行は ある意味のリスクを
営利追求機関として立場上お客さまに負っているのですから
(詳論は省きますが)



ところで
阪神のりーグ優勝は 
絶対
と思っていましたが
絶対と言わなくてよかったー


                   
(いつものことですが 厳密な法理論は省略している箇所が
                    あることを ご了解ください)


                                     http://toku4812.server-shared.com/


天体望遠鏡

2008-09-23 | ■エッセイコラム・ダイアリー

これからの季節の楽しみの一つ
夜空の星との対話

対話するんです 星と

目にも良いし
空想も走るし
思い出もよみがえるし
仕事の構想も浮かびやすいし
首の運動にもなるし
ん十億年 百億年前以上に発信した名も無い星
の光を迎えてやれるし(その光が何時スタート
したのかはモチロン不明だが想像をめぐらすだけで
不思議な感情が芽生える)
少年と星座の話もできるし
元手も要らないし

あ そう 元手は少々

天体望遠鏡を買いました
今までは 双眼鏡での楽しみ
これからは 天体望遠鏡

ン万円?

1000円です

ネットショップで見つけました
これで充分 楽しめます

いつも書きますが 
大好きなのは 
オリオン座
これからの時期がサイコー


どうして星座が好きになったのか

小学6年のとき
福島県のいわき市から 北海道の登別市に(いずれも 今の
呼び名 その頃の名では常磐湯本町?から幌別町)
転校しました

中学校での天体の試験はいつも不明でゼロ点状態?
私の記憶では 天体の勉強は空
(たぶん その転校の前後に学習すべきところだったのか
授業を受けた記憶がゼロ)

後に そのことが不安で 独習
すると 少しずつ 理解でき 楽しくなった のです
(もっとも ごく初歩的な理解ですが)

どちらかというと 理系より文系人間ですから?
未だに 理系知識には 身構えてしまいますが

宇宙の神秘 
そう わけがわからないほどの規模の不思議さですが
心を痛めることの無い 楽しい悩み の世界
いつまでも いつまでも 不思議で不思議で仕方がない世界

(人間だもの ワカラナイコトがあっても いいんじゃないの)
そんなふうに語りかけてくれていそうな天上の住人さん


そんなわけで チッポケな悩みなんぞ
宇宙の果てまで 飛んでいってしまいます(たぶん)

で 夜の天気が気になるこの頃です

                





初めての経験

2008-09-19 | ■エッセイコラム・ダイアリー

10月は 士業関係の 無料相談会が多いですね

そう 士業とは なんなのかの説明が必要ですね
弁護士・公認会計士・税理士 などなど
終わりに 士 という字のある 専門自営業者
とでも いうものです

私も行政書士ですので 士業関係者の一員

10月9日(木)の 10時から13時まで 
笠間市の市役所(旧 友部町役場)の二階小会議室で
2名にて 皆様の相談を伺う
無料相談会を担当します

茨城県行政書士会の主催です


13時から16時までは
他の2名の行政書士が担当します


どうぞ いらしてください

他の日時 場所でも 実施しております

相続問題などの法律問題
許認可申請の仕方 など
日頃の お困りごとを 一緒に考え お手伝いさせて
いただきます

どうぞ 広報などで日時・場所を確認の上
いらしてください

笠間市庁舎での相談会は 私にとって初体験

それと 11月には 行政書士試験の試験立会人?
(正式名称不明)
の予定

これまた 初体験です

なんでも挑戦あるのみ
体験できるシアワセを噛みしめながら
ガンバリマス

       




リセット

2008-09-17 | ■エッセイコラム・ダイアリー

私の結婚式は今から 37年ほど前
室蘭市の簡素なホールで
立食パーティの形で
互いの友などが 遠路はるばる集ってくれ
とても 素敵なものだった(自画自賛)

16から18くらいまでの3年間ほどは
ビートルズにあけくれ 勉強の二文字は
シャットアウトし
バンド演奏と遊びの連続
でも 軟派ではなかった
女の娘めあての奴は バンドのメンバーには
いれなかった(原則は)

今思うと とても独裁的で 生意気なリーダーだった
正確に言うと暗黙のリーダーだった

さて そんなわけで その影響か? 兄弟三人ともが
バンドを組み たぶん弟たちも ビートルズ狂?だった

結婚式では3人ギターを抱え
ビートルズの 
If I Fell などを演奏しながら歌った
奥さんは タンバリン担当

定期的のように 今でもビートルズを聴くが
最近あらためてライナーノートを見て
ビックリ

長いこと ポールが作曲 ジョンが作詞
コレが彼らの定番(特にデビュー時代は)
と 思い込んでいたので
この曲がジョンの作とは思っていなかった

時を経て またしても 彼らの才能のボリュームを
思い知らされた感

転調が多く コード進行も複雑
だから というわけでもないのだが 
曲調からしても
ポールの作曲だと信じて疑わなかった

先入観念の恐さ

ときどきは リセット感を 
意識して呼び戻す

知識に 誤った定番を保存したままにすることが無いように
思い込みに注意し 
見直すことを意識的に継続する

実務にもおおいに必要なことかなと
昨日の公益法人大改革の研修もからめ
そういったことなど 
意識的に心に刻もうと考えたことでした

                   
            



油断大敵

2008-09-15 | ■エッセイコラム・ダイアリー

昨日 ある認定試験を受験しました

いままで 各種の民間認定で済んでいた資格が
徐々に国家試験にスライドされている気配を感じたので
いまからでも と考え 挑戦していくことにし
その初陣?のようなもの でしたが

いやはや まさに 油断大敵
いわゆる ナメテイタわけではなく
それなりに 時間をみつけては 参考書を眺めては
いたのですが

午前中のものは 楽勝?気味

ところが 午後の部のものは 帰宅して事務所で確認したら
冷や汗 大冷や汗もの

なんとかクリアーはできているとは思ってますが

問題文の意図を先取りしすぎて 再確認をおろそかに
してしまっていたことが失敗の要因

不安視したものが OK
絶対安全視したものが NG

まさに 結果的にはツナワタリの世界

次からは 気を引き締めて





ほんとうのところは 油断なんぞをしていられるような
勉強時間なんぞ 取れてる状況じゃなかったのです

自分の甘さを 反省 大反省

というわけで 自己採点では なんとかクリアー

ひとつ また ひとつ
せめて 自己の事業用財産を築いていこうと 考えています
(黄金色財産の構築は 超ヘタクソなものですので)



                               





冷や汗体験

2008-09-12 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

今まで気づかないでいただけの事で
本当のところは 誤って覚えていた

ケッコウありますね

本日も 冷や汗ものらしきものを体験

さっそく事務所に戻り確認
大筋では はずしてはいませんでしたが
細部では 勉強不足の部分 発見

肝に銘じました
改めて 再点検の大事さを


前にもありました
神様と気のいい天使が 哀れに思って
力を貸してくれたのかな と思った経験

相続の案件に 多いですね
独特の実務世界です



相続人間で 遺産分割調整が必要な場面

『いざというときは
まず 家事調停 さらに 家事審判ということも
あり得ます』 
ナンゾト 軽々しく言ってはいけないことを
肝に銘じたことがありました


預金債権などの本来的可分債権の場合
相続発生時点で 各相続人に分割され
遺産分割の対象にそもそもならない(学説上など 争いは
ありますが)
つまり 遺産分割家事調停・ 遺産分割家事審判
にもっていき得ない(ここでも 考え方に争いはあります)

例えば そのようなこと


知らぬが仏
と そのままほっといて お客さまに誤った知識を
持たせるなんて タイヘンなこと 
というより プロ失格

オソロシヤ オソロシヤの世界です
まったくのところ・・・・・

さて 秋深くなった頃の東北のとある温泉でも思い浮かべ
ながら
もう少しだけ 確認しながら ひと仕事します
(冷や汗を かかなくてすむように)

       






実務研修

2008-09-10 | ■エッセイコラム・ダイアリー

今日は まず 北海道の ある行政書士法人様からの
書庫証明申請依頼の件で お客さま宅を訪問

そして地元商工会主催の 事業承継のゼミナールに
参加してきました

税理士の方の 解説 
とても参考になりました
解説本での学習と違う方向で 理解できました
が まだ これからつめていかねばならない箇所も
モチロンあり 学習は尽きません

さて 先日 冬の代表選手 オリオン座を
はやばやと観ることができ
思いがけなかったので とても うれしかったです

少々気になることがあり 4時頃に起き
何気なく 東南の宙を見上げたら
例の なんともいえぬ配置で 未明の薄明かりの中に


季節の移り変わりの速さを感じました

暑い暑いとボヤイテいたのに
夏の終わりを感じ始めた途端
なんとなく さみしくなって
毎年のことですが 自分の勝手さを 笑います

これからは 特に 研修が連続
10月は 今のところで 4日
私は 聞いて覚えるほうなので
講師さん付きの研修は好きです

(聞いてる方は 楽かもしれませんが
話すほうは タイヘンですね  
私も 多少経験があります
できるだけ 集中して聞いていただくため
2時間近く 関心を話のなかに向ける工夫をする
その連続
この苦労は いまでも 思い出すと 苦しく?なります)

さすがに 日暮れが早くなり
仕事をサボって ローリングストーンズを聴いていたら
アットという間に 事務所はほとんど闇
灯りをつけて もう一仕事の本日でした


                    







幸せということ

2008-09-08 | ■エッセイコラム・ダイアリー

よく 訊かれますね

どういうときに シアワセを感じますか と

私の場合
遠い 遠い 遥か昔から
答えは 一貫してました

やるべきことをやり
集うべき者が集い
そうして 始まる 夕餉のひととき


粗食であろうが
苫屋であろうが
貧乏であろうが
無名であろうが

これ以上のシアワセを感じる時があるだろうか と



赤色電球の灯りの下
丸ちゃぶ台に
ひとつ ふたつの粗末な菜
そうして たあいもないお話

至上の幸福の時の流れ

そういったことに 計らずも
一度たりとも ときには一瞬たりとも会えないまま歳をかさね
人としての ささやかな しかし 至上の経験を経ぬまま
人生という舞台でそれぞれの役を負わされ

そうして 計らずも なにが人に大切なのかと思いやる
ことさえなく時が過ぎ

最愛の人の運命にさえ 
いつしか
大きな過ちを彫ってしまっていることも・・・

人を作っていくのは その人自身とは思いますが・・・
生きる条件が 最初から厳しすぎた人生も
たしかに あります
この世には 想像以上に


でも・・・・


もうすこしでいいから
世の中 
お静かに 流れてほしいものだ と
心痛む報道に接する度 思います


『お静かに』

いい 響き ですね

どの地方のかは忘れてしまいましたが
旅に出る人や
あるいは これから事をなそうとしている人に
送る 
とても ひっそりとして 品のある 斐のある言葉


お静かに 行きなんせ

あの人にも この人にも
送り続けたい言葉です

身近にも 遠く旅立つ人がおり
今日は このような記事になりました

もう一度

『お静かに 行きなんせ』