おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

龍馬と ある判例

2010-04-30 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

地上権者がその工作物を他に移転した場合には、反対の
意思表示のない限り、地上権は工作物の所有権と共に新
所有者に移転したものと推定すべきである。


地上権というのは 簡単に言いますと 自分で土地を持たぬ人が建物等の工作物を持つために必要な 土地の賃借権と並ぶある意味もっと強い権利なのですが
上記の判例は いつ頃のものだと思いますか?

唐突な質問で スミマセン

実は 
明治37年のもの
西暦では1904年かな?
つまり 龍馬が京の近江屋で刺客に襲撃されたときから
わずか37年後くらいの時のもの

未だに 重要判例として学習・実務の糧になっています
ある意味驚き と 私は理解しています

何が言いたいかというと 科学技術の進歩?は 驚愕とも
言えそうな変化を見せてはいますが
人文部門の進み具合は それほどでもない ような?

分野の性質の根本的な違いによる現象?かもしれませんが
人類の人文的あるいは広く精神的部分の進歩というのは
こうしたものなのかなー と 思うことがあります

小説にしろ戯曲にしろ評論にしろ法律のような実用部分にしろ つまるところいわゆる
古典には 敵いようもないないような・・・・
(もちろん 私の勝手な解釈ですが)

龍馬が新生日本に生きていたとして ちょうど70歳のときの
判例ということになります

やはり なんとも言えぬ複雑な心持になってしまいます

もっとも変わる必要がないから 変わらないでいるだけ
ということなのでしょうが・・・・

http://toku4812.server-shared.com/





ダレトデモ お話

2010-04-29 | ■エッセイコラム・ダイアリー

仕事がら 稀に 英語も(お恥ずかしい程度で)使用

そこでいつも思うのは
それほど未来で無い頃に オート会話ソフトができるのでは

要するに携帯型会話瞬時双方通訳手段
ソフトさえそろえば 世界の主要語はもちろん 辺境の土地で
暮らす方とも 会話ができるかも

もう 既にそのような開発が進行していてもおかしくない?

そうなってくれれば 単語の詰め込みからも解放される?
でも
少しずつでも 今からでも 学習はしておきたい

工業系の学校だったので 高校レベル英語はわずかの綬業
文系の学習は あこがれでした
いまだに 国語の評論の部 そして 英語のハイレベル文型は?
などと 思い描きます

いつの日にか 普通課程の高校に通いたいなー
なあーんてことさえ 思う時があります

隠居爺さん状態になったら そうするかもしれません

本日ゴールデンウィーク初日 ですよね
でも することがタクサン
休養はオアズケ

今日は 朝から おてんとうさんが顔をみせてくれています




デフレなのに

2010-04-28 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

最近 仕事上で 登記簿(事項証明書)や戸籍謄本類を
使用することが多く
その発行手数料の正当性に おおいに疑問をもっています

特に 改正原戸籍をどうしてもとらなければならないケースの
場合 不合理を感じます
コンピューター化をすすめたとき その時点での現行事項だけを載せれば可
との方針で施行されたので ほとんどの場合原戸籍をも取得
せねば不安で らちがあかない?ことになるような・・・


それと 不動産・商業登記簿(登記事項証明書類)の手数料
の高価なこと
デフレ時代に いかにも不相応な価格
今とそれほど給料体系が変わらない時代に たしか350円
というときもあったはず?

本来 広く公証のための手段であって より安価で利用推進を図られるべきものなのに・・・なんとも不合理
一通1000円は妥当なのでしょうか?

しいては お客さんの負担にもなることなので なんとかならなものかと 窓口の担当の方には それとなく理由づけをうかがったりしたことがありますが 
無駄なこととは 知りつつ
中央に 意見書でも出したい気分です

それにしても タカーイ

なんとも変調気味の気候
せめて ヴィジアルで蝶々を追ってみたくて
下に 載せました






1425

2010-04-26 | ■エッセイコラム・ダイアリー

帰り道 急きょ思い立った調べごともあり 
総走行距離1425キロ

オフロードタイプの軽自動車

全行程 補助者さんの運転です
私は同乗者

叔母の法事は それまでの天気がウソのような好天に恵まれ
無事終えることができました

北関東
東北
関越
上信越
北陸
名神
東海北陸
以上が 今回お世話になった高速道

土日月 3日間事務所をシャット
同乗者の私は やや?お疲れ気味
で 運転手さんはケロッとしたもの
いつもながら そのスタミナと頑張りには 感心するばかり
当人は “ドライブ大好き 久しぶりの長距離走行
もったいなくて ハンドルを預けるなんて 冗談じゃない”そうです

いつも助かってます
でも 私の本心は “あれほどの長旅 疲れないわけがないのにほんとうに大丈夫
なのかな?”





車で走り抜けて

2010-04-24 | ■エッセイコラム・ダイアリー

先日亡くなった叔母の法事(クリスチャンです)があり
滋賀まで行ってまいります

いろいろな事情もあり 今回は車で移動
補助者さんの運転で 走り抜けてまいります

最近のコースは中央道メーンのが多かったのですが 今回は
ある事情があり 関越道・日本海側コースになりそう
上信越・北陸道など

叔母も叔父もクリスチャン
お墓は琵琶湖を望む小高い丘にあり 
住んでいた琵琶湖湖畔際の様子もうかがえそうな絶好の場所にあります
二人で 毎日 人生後半を過ごした大津の地を眺めていることでしょう

さいわい お天気も回復?

私は同乗しているだけ
運転は 補助者さん任せ
特に 長距離は100%お任せ

往復何キロになるのか?


というわけで 事務所には25日遅くか もしかすると26日戻る
ことになりそう・・・

             



趣味と仕事

2010-04-23 | ■エッセイコラム・ダイアリー

改めて 趣味は?と問われると
“仕事です” なあーんてことは ウソになるので?言えず
正直に 好みの品を並べまくります

JAZZ
温泉
古典落語
読書(小説から史実ものからミステリーから脚本から評論など ほぼなんでも)
映画鑑賞
寝床でラジオドラマを聴くこと
野山歩き
野鳥観察
バイクツーリング(今は お休み)
観劇
スポーツ観戦(特にラグビー)
旅行
などが 主なもの

あげると きりがありません?
つまり ほんどのことに興味を持つ というか持てる

それと どの年代の方とでも どんな話題でも
話を交わすことが 苦手ではありません
というより 好き?なほうです

もっとも 不思議なもので いわゆる第一印象で
“この方とは おそらくあと何度も会話の機会は持てそうもないだろう”という観測は ほぼ 当たります
相性といいますか なんというのか そういったもの
如何ともし難い流れのようなものを感じます
多分 そんなときは相手もそのような印象を私に持つのでしょうね

でも この世の中 そのような方ともなんらかの決着をつけるべく
会話を持たざるを得ない場面もあり 先入観念を避け 誠心誠意を心がけ 冷静な会話を目指すことには 注意しているつもり
ですが・・・
人間なかなか そうもいかないこともあり つい感情論に走りそう
なことも・・・

仕事柄 誰とでも まずは理性的な会話を心がけることを念頭に
努めているつもりですが 
なかなかこれが 超 難しい

でも とにかく 理性的に

すくなくとも 仕事上の話し合いでのキーワードは
まず 感情論よりは理性論 

ということを 最低条件として
自分に課しています

大した理性ではありませんが・・・







負けてはいられない

2010-04-22 | ■エッセイコラム・ダイアリー

異常気象です
昨日との気温差は8度ほどあるやも
昨晩は パジャマだけでもOKというほどでしたが
一転して 今は事務所内で厚着をしたうえ暖房機の世話になっています

体調もこれでは 狂ってしまいそう
無理をせずに今日は早めにお仕事終了 としたいのですが
そうもいかない事情もあり・・・・

農家も 行楽地でお客さんを待つ方も 営業マンも 学校へ通う
子供たちも 皆 皆 タイヘン タイヘン
でも 負けてはいられません

気持ちにまで変調の影響を蒙ってはいられませんよ ね


というわけで もうすこしだけ調べものを続けます

私は 3人兄弟
弟の一人は 国内でアチラこちらへの総合販売促進営業活動?
一人は 海外主張多し 今は南米チリでの発電所点検で 
ガンバッテマス

わたしも負けてはいられません




今は我慢

2010-04-21 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

今はそれほど仕事は混んでなく ある意味助かっています
ある試験の準備が少しでもできる態勢をとりたいので
短時間でも判例などを読める時間ができると 嬉しいのです

実はこの試験は 今回が最後のチャンス
もっとも 似たような仕組で来年度からも挑戦の場はあるのですが より困難にはなるでしょう
でも その資格取得新制度挑戦は 私のような お金も 能力も
環境も乏しいものでも 可能といえば可能です
(受験資格制限がないのです)


さて旧制度のラストチャンスの場は 東京の某大学理工学部
この最後の試験は 私のような最高学府を終えて無い者には
受験さえも不可能な試験でした
で 止むなく それに代わる受験資格を得るところからのスタートでした
長年関わった(中断のやむなし期間もありましたが)受検者としては 最後はキチンと?けじめをつけたいのですが
いまのところ 過去最高のコンディション というか調整ができて
いると 言えます
なぜって 完全自由業体制下での受験なので 多少のやりくりで
受験勉強タイムを頂けているのです
本当に ありがたい 感謝です


というわけで 観たいDVDも 今は我慢 我慢
スタンリー・キューブリック監督もの
博士の異常な愛情
2001年宇宙の旅
時計仕掛けのオレンジ
現金に体を張れ
バリー リンドン
など 最近手に入れたのですが 我慢 我慢
楽しみは 試験後に とっておいて

もっとも受験勉強ばかりできるわけではなく
仕事は誠心誠意でブツカル
当然のあたりまえ事

仕事を頂いてこその 自由業です

ということで
ありがとう 
なんとか受験できる ということだけで 幸せ者です





感覚の差

2010-04-19 | ■エッセイコラム・ダイアリー

緊急?の案件だったので やむを得ずアポをとらずに
訪問したのであるから こちらに非があることは認めます

それも ある考えがあってのことでした が
それは当方の都合で 先方への非礼であることは否定できず
謝りました

その訪問先の応接の場でのこと
何気なく斜め上部に眼をやると なにやら許可証のような書状が二つ並んでいる
仕事柄 お客用に公証の意味で飾っているのかなと思い
サッと読み出したら  どこか変
“ん”
なんだこれは 高校と大学の卒業証明書?
どうやら社長さんの
ものかな?
あまりマジマジと眺めるのもはばかれたので100パーセントとは
言えないが まず間違いなく卒業を証するもの

唖然とするやら ガッカリするやら

なんで 不特定多数のお客様がみえる応接の場に 学歴証明が必要なの?
その感覚は どうにも理解できませんでした
“こういう学校を卒業しているのだから 立派でしょう
 どう?わかった? 当然信用してくれるでしょう ネ”
ということなのかな
“その学歴って ナンボノモンナノ”と
情けないやら なんとも感覚の差に唖然とするやら・・・



りっぱな建物で 職種からして絶好の場所の事務所なのに モッタイナイナー
あまり印象よくなくて ダサイと思うんだけど
(失礼をば ゴメンナサイ)


とても とても 田舎くさくて お山の大将的な振る舞いに思えて
額縁の書状がさみしげに見えたのですが?

山間のなんとも雰囲気のいい旅籠で 同じようなことを
経験したことがあるけど その時は なんとなく
ホンノリとかわいらしい書状だと理解できたのだけど・・・
今日は なんだか 妙にガッカリした




反省はしますが

2010-04-17 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

会の根本的規定の変更が 正攻法のルートでなく進められて
いたとすると・・・・

会の機関誌に重要案件が突如現れ なおかつ重要な部分で
一義的ではない解釈で会則・規程などの運用が図られていた
とすると 問題です
全国向けの そして単位会の
機関誌には毎回眼を通させていただき 過去にも疑問点を
問いかけたことなどありましたが 予想だにしていなかった
記事を前に 先入観念優先で読み飛ばして?いたのでした
表現を変えて言うと 「そのような運用などあり得ず これは
単なる論点提議だな・・・」などと早合点したのでありました

まったく 自分の不徳の致すところです

大いに反省し ある会合で自らの不徳を詫び 今後の戒めを
自らに与えたのでした


端的に言うと その組織の根本的な会則と
それにのっとって存在する規程との法的な上下関係の理解
あるいは総会・理事会の権限と位置付けの理解の齟齬による?
疑問点が見つかったのでした

役員選任などに関することは 通常 単位構成組織たる支部規約にも波及する事の多い問題なので 支部の規約改正の要否という問題俎上から判明した 今回の疑義発見でした




県の組織の中心にあるべき機関の選定・選挙に関する重要問題 また それに連動する形での支部自治に関連する重要問題

のちのちに禍根を残さぬよう 紛糾する前に何らかの手当てを
要する件だと 理解するのですが・・・・


条理に沿った形で 事が収まることを 切に望んでいますが・・・


(抽象的な表現が多い記事でスミマセン
いろいろと影響がある面があり やむを得ずこのような表現に
おさめました)

世には さまざまな組織があり 組織の根本部分に関わるような
一義的理解を得にくい部分は より慎重に 進めることが肝要
いわゆる 広い意味の適正手続保障の尊重です
定められた内容の適正はもとより
定め方の手続きの保障

どのような組織においても まずは
後者の適正なくして
前者の適正もあり得ません

たとえ 変更部分などがすこぶる理にかなっていると判断される内容であったとしても


問題提起に関わった者として 本文よりやや詳細な理由づけを記したものを某所に提示しました
言いだしっぺの無責任では 男として情けなく
なによりも 立場上の窓口的存在の方だけにご迷惑など
かけることになってしまっては
申し訳けありませんので・・・


それにしても 寒暖の差の激しすぎること
皆さんのところでは 如何ですか

当地 笠間では 
春はいつまで隠れているのだろう 
というような空模様が続いています