おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

お詫び

2013-01-30 | ■エッセイコラム・ダイアリー

定期的に 我がブログを訪れくださっている方もおられるよう
まことに ありがたく 感謝 感謝であります


実は この一週間ほど なにやかにやと
また 北海道 東北方面へ 出かけることあり
などのため 事務所の椅子に 落ち着いていること不可能状態が続き
自ずと ブログも 更新無し状態
述べたい 記したい ことは そこそこあるのですが・・
いかんせん・・・ 

というわけの 本日 お詫びブログ



この状態は しばらく(およそ あと一週間)続きそう
自由時間をいただき ゆっくりと じっくりと ブログを記したい心境なのですが 当分お預け になりそうです

明日も 県庁へ出向く等 忙しい一日になりそう

コーヒーを飲みながら JAZZを聴きながら 文庫本を手に
おてんとうさんを ときどき仰ぎながら
という至福な 贅沢な時間は 当分お預け 

アーァ

身の程知らずの溜息を もらしたりしている 
一昨日 大台年齢?を迎えた オジイサンの 独り言でした
お粗末限り無しの 粗末噺の一席で 失礼いたしとうござります



なんとも?

2013-01-22 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

思わず エッ と思ってしまうことがあったので
記してしまうことに・・

昨日 あることで 埼玉 大宮が my ブログ に登場
そうしたところ
本日午前 なんと 大宮での行政書士のお仕事依頼の電話



今までよりは なんとなく街の様子も見知ったところ
なので 打ち合わせ場所など 記憶も新しいところの利点を活かし すべてこちらから よどみなく?提案でき 
セッテング 即 終了


なんとも 不思議な タイミングの妙というのか・・・



10年ひと昔 などと言われたりしますが
当節は 二三年後に伺っても
スッカリ 様子が違う街になっていたりして 
この 打ち合わせ場所や 時間セッティングというのが出張業務だと けっこうエネルギーを要することになったりするものですけれど・・アリガタイ それこそ まさしく 有り 難い お話
という 噺で 失礼させていただきとうございます




こうした ツキ とも言えそうなことにも力を借り なんとかご依頼人様の期待にそえるよう 努めてまいりたいものです

さいわい おてんとうさまも お出でくださりそうですし・・




東西口

2013-01-21 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ


事務所の それほど長くはないかもしれない?これからの中長期計画を 一応考えてはいます

人生の最後半期を 何処で過ごすか
ということにもかかわることです
中期計画も 長期計画も 案としては固まっていず
いわば 諮問委員会にも懸案? というような状況
諮問委員会委員長は 奥さん というところです
副委員長は 子供たち というあたり?

高齢者年齢に達し いろいろと さすがに 考えねばならないことが浮上してきています
が・・・

束縛するもの何もなし
営営と続くなにがしの家系とやらがあるわけでもなし
営営と守らねばならない財産があるわけでもなし
(もともと 妻も私もそのような類のものに関心がないような人種なので)
ということで 根っからの自由主義者
真正ボヘミアンとでも称されるべき? 私たち夫婦であります



人生東口で終えるのか 西口で終えるのか・・・



東口 それとも  西口
そう
さて 次元は全く違う話で恐縮ですが
仕事柄 あちらこちらの街を伺うことが多いのですが
東西南北 駅の出口により 駅前街並み雰囲気が
圧倒的に違うところがケッコウあるのですが
その最たるところとでも言えそうなのが 埼玉のJR大宮駅前
かも?(私の主観 今までの経験からしての話)

西口が 理路整然としている都会派 とすると
東口は 出口に近いほど 超庶民的巷世界 とでも表すべきワンダーランド
特に駅を背にして すぐに右に沿っての駅前街並みは


昨夜は 西口を出て直ぐの都会ビルで全国マンション管理士研修会・懇親会があり 夜半に訪れたこの東口の巷との舞台装置のあり様があまりにも違うのに 少々面喰ったのでした
目指すホテルへの道すがら 駅を出るとほどなくして さっそく なんとも艶めかしい客引き攻勢に ビックリ
そのホテルも 名の通っているインターネット予約でのものには
想像もできないような いわゆる色町のメッカにあるようなつくりなんとも肌が合わず・・・というか落ち着かず
ビッシリの行事に 疲れてはいたはずも とても寝付かれそうもないような・・・ 
でも とても いい経験をしました
≪4畳半襖の下張事件≫の現場の雰囲気っていうのは こういう部屋のものに近いのかな?などと なぜかしら想像してしまったりして・・・



ということで 昨日朝早くから 本日午前中まで 埼玉にて
マンション管理士の集いに参加しての お仕事でした
さて 行政書士としてのお仕事の点検のスタート
本日午後からは 身分関係案件と 相続関係案件 法人関係案件 の並行業務というところです

そうそう
都会をも悩ました先日の雪が 途中の列車の窓から けっこう眺められました
昨日は 珍しく宇都宮線を利用して大宮へ向かったのでしたが同乗したセンター試験受験生の方たちの真剣な顔立ちに すこし圧倒されるとともに 北国で過ごした自分の学校時代が思い起こされ 懐かしい時を思いすごしたりしたのでした

 



精神リラックス剤

2013-01-14 | ▲ タワイモナイ ? お話

年頭から ありがたいことに それなりの業務量があり
実務のことが なかなか頭回線から抜けず
リラックスしてるはずも ハーフリラックス?状態

そんなときは 大好きなミュージックの内から
精神リラックス剤を服用

精神緩和剤愛聴盤CDは
チェット ベーカーの
≪Albert's House≫

ビル エヴァンスの
≪I will say goodbye≫

前のものは 実は100円ショップで偶然手に入れ
それにはライナーノーツがなかったので
8000円もかけて アマゾンで?海外から手に入れたりしたもの
ですが なんとも言えない 甘さがあり(私は本来 人生における甘ちゃんなので其処へ一時かくれんぼできそうな気がする時があって・・)

後ろのものは 3曲目のSEA SCAPE(海の絵・海の風景とでも訳すのでしょうか) あたりになると
痛くなるほどの哀感だけではなく哀歓を覚えることなどがあるので 
リラックス剤なのです



逆に言うと こういうものを欲しがるときは グズグズして作業への決断がまとまらないとき
おそらく 体と心の疲れが やや以上に? 溜まっているとき
と診断できます


さて リラックス剤を聴きながらも
仕事 仕事 ということにしましょう





外は 雨

久しぶりのような気がしますが
いつも記しているように 雨の日に 室内で作業をできている幸せを ズン と感じながら 感謝しながら
冬の氷雨のなか ご苦労をなさっている方に敬意に似た思いを抱きながら・・・

私の営みを 再開です

只今 10時55分

そう
1月15日(かつて成人の日) という日は 私にとり なんとも忘れられない日です
某試験の定番の受験日でしたので



さーて


ふと 窓を見たら 雪 です
そうとう積もりそうな



家事

2013-01-12 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

家事 というと 湯気の漂う台所をイメージしたり 親子の共同作業味付けシーンが浮かんだりすることさえあったりして
ホッと 微笑ましいことを想像さえできそうな気がするが
これが いったん 家事に事件という文字が付いて
家 事 事 件 
ともなると 形相が一転し・・・・

たしかに 妻が婚姻中に懐胎(妊娠)したということの証明も簡単とは言えない
そのあたりの扱いが 一つの理由かもしれないが 法律もややこしい部分がありすぎる
とにかく 父親を決めることも大変なことであることは理解できる

婚姻中に懐胎した子を夫の子と推定し
婚姻成立の日から200日経過後、解消の日から300日以内に生まれた子を婚姻中懐胎した子と推定しているのだから
前の結婚と後のそれとの間に100日空いていればどちらの子か推定がはたらく場面が決まるということになりそう
だから 女性が再婚できない期間を6か月とする必要はないのではと思う

もっとも 再婚を法律上禁止しても 事実上の再婚を阻止できないから どちらが父なのかという問題はつまるところは起き得る
そうして こんな場合は 常に前の夫の子と推定されることになって 生まれた子はその戸籍に載せられ 前の夫の否認の手続きをしてもらって それから 後の夫の認知があって やっとのこと後の夫との婚姻夫婦の子 となれることになる

こんなめんどうな流れが子供のためになる方法とは思えない


せめて 
離婚や婚姻の取り消しの場合には 300日以内に生まれた子でも 前の夫の子と推定しない方法をとればよさそうに思う
再婚から200日経過後に生まれた子は 後の夫の子と推定されるほうが より合理性があるように思えるが 今のところはどうにもしょうがなく・・・




というわけで 身分関係家事事件の相談もときどきあり
それにともなった事実証明の文書作成に関していろいろ話を伺うこととなり つい 1時間の約束が 2時間に それ以上に
ということで 本日土曜日も いろいろと・・・

ということで 身分家事事件ともいうべきものは つまるところは
自然血縁と法律上の身分関係の不一致の調整
ともいうべきものか ?
当たり前のような表現になってしまっているが
どうにも まとまりのつかないような付属問題が続々浮き出してきて 調べもの尽きずという状況の 本年二度目の土曜日であります



とにもかくにも 自分の子ではありえないと思い悩むお父さんは
いったんは自分の戸籍に入れざるを得ないこともあるけれど
自分だけが持つ権利(今回の場合は 嫡出否認をするという場面ですので・・)は行使しないと
場合によっては 子供さんが生まれたことを知って一年過ぎるとどうにもこうにも というケースもありますからネ

(いつものことですが 厳密な使いようの法律用語を避けての表現をしていたりしています   概略の話としてご理解ください)





青春切符

2013-01-07 | ■エッセイコラム・ダイアリー

本日から 本格的に業務遂行態勢をとる
ということで 気持ちにギアーを入れ



冬の業務は 車移動もままならない地域対策も
ということもあり
久々に JR時刻表を購入
念のために ということで

今年 雪国は特に 降り方が異常とのことです

時期も 量も いつもと違うとのこと(ある北の地の友の話によるとですが)

冬の雪国でも車で移動が原則で 遠方の場合は現地でレンタカーという手段をとったりしますが
そうもいかないこともあり 軌道もののお世話になることも


それにしても 時刻表 楽しめますね
路線図を眺めているだけで ギッシリ詰まった情報欄をサーフィンするだけで 地方地方を想像するだけで
想定コースを思い描くだけで 楽しいー
優に 三ケ.月以上は? さまざまに楽しめそう

というわけで 必要か否かに関わらず ときどき新版を手に入れよう などと思ってしまいました


それにしても 青春18きっぷ という表紙に登場の活字
なけてくるほど 懐かしい言葉だなー
青春時代の一人旅にこの切符を利用したことはなかったけれど
 ・・・惜しいことをしたもんだ)

 

さて もうひとガンバリ



本年も

2013-01-05 | ■エッセイコラム・ダイアリー

早や 5日目とはなりました
このスピードで ドンドン 一年が・・・
などと 気弱な?文章が まず 心に浮かびました
こんな言い訳け調子が出没するようでは 時間の有効活用 
今年もままならぬかな?
 

あらたまりまして
本年もどうぞよろしくお付き合いのほどを 心より申し上げる次第です


正月くらいは ユックリと過ごせばよさそうなものですが
なにやかにやと うごめいて

でも 子供ら孫らともどもとの宴を催したり

小旅行の手配を済ませたり
どうしても準備をしておかねばならぬ仕事に関わったり
無駄ではない時間を過ごせ 優・良・可・不可でいうと
良あたりの年末年始というところ


この 
優・良・可・不可 という評価基準は 5年間過ごした学校での成績区分
不可という ありがたい??通知をいただき ある科目は追試の常連という時期もあり
いまだに 夢に出そうな感さえ
でも そんなこんなでも どうにもなりそうもないような科目でも
そういう状況をとにもかくにもスリヌケラレタ ということさえもが
ある種の 勇気付けになり得る
まさしく 人生とは ワンダーランド

よく思ったものです
“手も足も出ないと思われた問題でも なぜか なんとかなって
一応卒業の恩恵を受け得れた
なんとも こそばゆいことではあるが 10回読んで何が何だかなかなか理解できず 到底自己の力として蓄えられそうもないことでも 50回 いや100回 挑戦すれば なんとかなるかも・・・”



極く身近にも居ます
学校時代 理数系は全くのゼロに近いような成績で
それでも ゆえあって 工業高校へ
でも 夢に近い世界へということで 貧しい境遇をどうにかこうにか走り逃れながら なんとかかんとか 美大へ
しかし ここでも わけあって つまるところは 工業系のバイトを
それが 何時の間にか 本業になっていて しかも そうとう困難な電気技師の資格を取り・・・
とても想像だにできなかった大規模発電所プラント工事の責任者的立場で海外でも活躍・・・
まさしく 人生 ワンダーランド

人の 大きさ すごさ 未開発の部の花開く時期なんぞ
だれにも わかり得ない ような・・・


そういうスゴイ方 実は この巷に 名もなくヒッソリと ゴッサリおられる

私も そういう方たちに 一歩でも近づけるよう
頑張りたいものです


さて そういうわけで もう少し調べ物をして
楽しみにしていた テレビのドラマを
通常は テレビは ほとんど観ないのですが
正月くらいは 
いいってことヨ
と おてんとうさんも 言ってくれているので??



皆様 
生きることを 噛みしめながら 
互いに 途を歩きましょう
頑張りましょう ネ


どうぞ ヨロシク