蕎麦やら、酒やら、料理やら・・・ピアノやら・・・それにしても、ドーナンダ?たむらん

趣味の蕎麦打ち、元来の酒好き、そして料理作りと仲間と一緒にわいわい、と
たまに思いつくあれこれと・・・趣味も

整理の日々

2007年01月27日 15時47分21秒 | Weblog
時々
昨夜は久しぶりに夜更かししたので、今朝は遅めの起床。
実は、要らぬ本を片付けようと手にとった古い文庫本はかれこれ20年近く前に書かれた経済小説。
いつごろ買ったんかも、昔読んだことがあるかどうかも思い出せん。
そんならそのまま捨てりゃええもんをちょっと読み始めたら止まらんようになって結局最後まで読んでしまった。

今日も”百均”に行って整理用グッズを購入。
”片付く”というのは、物でも仕事でも書類でもやっぱり気持ちがいいもの。
人生を”片付ける”には、まだちーと早いが。

ねこまる様:そうね、仰るとおり。それが不思議なもんで分かっちゃいるけどナントやら~、というわけで毎週ちょっとづつ整理の日々。
ミイ様:メタボリとはまだ無縁じゃと思っておるんだけど。なんてたって”虫”にも打ち勝つんだから。
キヨポン様:ここ最近は、”ハゲ”より”白髪”がちらほらと目立つようになってきたのだ。こん歳になりゃどっちでもええんじゃけどね。
コメント (1)

う~~む

2007年01月21日 23時02分47秒 | Weblog

今日の話題その1:不二家、関西テレビ(発掘!あるある大事典)
もはや、反応するのもアホらしいほどに・・・繰り返される市場万能主義に根ざした不祥事、何か他の要因に根ざしているのであれば、不謹慎ながらも啓蒙されるかもしれないのに。
”発掘~”のほうは、即座に反応した視聴者のコメントとして
「あれから毎日納豆を食べたのに、、お金返して欲しい気持ちだ」
と新聞に紹介されていたが、アホか。
ここで「騙された自分も悪かった」っちゅうんは真っ当過ぎて受けないんじゃろうなぁ~。
他人のことを捉まえて、エラそうなこたぁ言えんけどテレビでゆうてるようなことを簡単に信じるから簡単に騙されるんじゃと思うたり。

その2:googleの躍進
クリックひとつの検索でより多くの人に検索されることが、検索される企業の業績を左右するようなとんでもないことになっとるらしい。
サイトの検索回数が増えるようなコンサルタントも生業として立派に成り立っていっとるらしいし。
ホンマにそうなら、そりゃ普通じゃないよのう、と思うたり。
ITやら投資ファンドやら○○ファンドやら・・・、頭脳はいいんかもしれんが、なんか”モノ”を作らずに莫大稼ぐ、っちゅうもんにどうも馴染めん。
そういうワシの生業も”モノ”は作っとらんし、ネットの世界にどっぷりとは言わんけども漬かっておるんだけど・・・。
コメント (2)   トラックバック (1)

整理整頓

2007年01月21日 00時23分10秒 | Weblog

久しぶりにいわゆる”百均”店に行った。
郊外にある店は駐車場もあって店内も広々しており、品揃えの範囲や種類も多い。
今日のお目当ては、各種収納ケース、それ以外にも良さそうなものがあれば躊躇せずに購入予定で。

実は、レンタル店やショップで安売りの中古CDやらをポツポツと買ったり、衛星放送の映画を録りためたDVDが溜まってたりで、収納ケースでもないと、ホント乱雑極まりない状態だった。
ついでにMDケースと趣味の蕎麦打ち用に蕎麦猪口(蕎麦出汁を入れる器)も購入。

帰宅して早速に、昔の写真やら書類やら雑誌やらを掻き出して整理して廃棄して片付けること4時間。
誰しも経験済のように、片付けしながら昔の写真やら雑誌やら見入ってしまうんだよねぇ、これが。捨てるか残すかにあまり迷いはないんだけど、そのうちになんだか惹かれる気持ちも湧いてきたり、、それでも思い切って捨てる、捨てる。
でも、どうしても捨てられないもんもあるよねぇ~、一度捨てると二度と手に入らないものなど特に。
とりあえずは、部屋の床に山積みされていた本やら雑誌はなくなった。

妻に言わせると「読みそうもない本やらも捨てたら・・・・(ブツブツ)」とのたまう。
自分だって、結婚するときに実家から持参してきたマンガコミック本、読んでないのに、と思うだけで口には出さず「本ちゅうもなぁ、そういうもんじゃないんよ」と思うだけで、これも口に出せず、結局「はぁ~~」と訳の分からん返事だけしておいた。

冷静に合理的に感情抜きに対処するのであれば、本も雑誌も写真やらほとんど全部捨ててもたぶん何も困らないだろうと思う。
そうするのに必要なのは、手間暇は当然として、たぶん”勇気”だろうなぁ。
捨ててしまった後に自分がどんな気持ちになるのか分からないんだけど、その気持ちに向き合って折り合う”勇気”かなぁ、と思うたり。
最近、平均寿命の半分を越えたせいか、”物”への執着というか考え方がちょびっとばかし変化している感じもあったりするのである。

ちゃちゃジイ様:もうすぐ「節分の豆まき」です。子供の頃、曾祖母や祖母が、柊の葉と鰯の頭を竹串に刺して玄関先に挿していました。鬼除けだと言ってました。
年の暮れには餅つき、節句には”ぼたもち”、寒の入り頃には味噌も手作りで作ってましたし・・・、いろいろ考えるに、寂しさと寂しさを感じるどころではない事態なのでは、と思うたりしますね。
コメント (1)

節肝日

2007年01月19日 23時17分04秒 | Weblog
 
去年に比べると寒くない日々、灯油の値段は去年に比べて高いからちょうどよいのだ。

今年になって飲み会の回数が増えてて、3日連チャン明けの本日は妻が飲み会なので直帰して息子と晩飯作りの共同炊事。
あれこれ指示どおりに手を動かしながら、いっちょまえに味見なんぞして調味料で調整したりして、これまでの指導の成果がちょびっとばかし垣間見れた気がした。
あいにくとビールを切らしてたので最初から焼酎をちびちびとやりながらの晩飯、結局、休肝日にはならず。

あ~~明日は休みだ~~~嬉しいど~~。

ミイ様:ボケたらという不安は確かにありまする。最近のこと「昨日は何の飲みだったっけ?」と思い出せんかったり・・・
TSUGU様:はじめまして、ようこそ、です。更新はとっても不規則なのですが、覗いてみてくださいまし。
ちょい悪オヤジ様:初めて”とんど”を見たときにはびっくりしましたぜ、これはまるで合法的な”大きな焚き火じゃ~”「こんとに燃やして、煙出してええんかのぅ」と。左目付近の容態はいかがですか?お大事にしてくださいませ。
コメント (1)

とんど

2007年01月14日 22時44分35秒 | Weblog

今朝から良い天気でした。夕方も快晴で西の空は夕焼けに染まり、明日も良い天気で朝は冷えるだろうなぁと思わされました。



実は8日(月)祝日に地元町内で”とんど”がありました。
残念ながら、とんどの準備と飲んでばかりいたので画像はありませんが、
けっこう大きなとんどを組み上げて盛大に焚き火をする感じですね。
地元の不良老人たちは、暇にあかせて近所の山からかなりの薪やら焚き木をチェーンソーやら刈り払い機を使って切り出してきます。
話を聞くと、秋ごろから正月の”とんど”用にどこの山の木を切り出すか、目をつけているらしいです。
初めて参加したときには、山半分を丸裸にする勢いで切りあげるので、本当にたまげたことを覚えています。
今年は、前日の雪で焚き木に湿ッ気があってなかなか火の勢いが上がらず、威勢のよいオジさんが灯油バーナーを持ち出して頑張ってました。でも、バーナーが不調で放射部分の先っちょから灯油がチョロチョロと、まるでジジいのしょんべんみたいにしょぼ~い感じで垂れているので、ほんま、冴えん感じでした。
それでも、最後には、なんとか火勢も上がり、青竹の先を割って鏡餅を挟み、こんがりと焼いては、酒の肴にしました。

ぜんぜんタイムリーでない内容、やはり変だね。

ミイ様:脳トレ・・・まだ間に合うかのう、最近とみにアルチューハイマーの気が強くなって・・・。
先日、酔っぱらって帰宅してパジャマのズボンを見つけられず、ま、いいかと寝た。朝起きてみたら、何故かしら、息子のボタンダウンのネルシャツを腰に巻いて、ちゃんとボタンをはめて寝ていた。翌朝、息子は「シャツがない!」と言って探しまわっていたらしい。パジャマズボンはいつものとこにあった。
コメント (3)

ようやく本格的に

2007年01月13日 23時21分13秒 | Weblog

寒さもそれほどでもなく、やはり暖冬・・・。ちょっと風邪気味な感じはだいぶよくなりました。
新年第2週も終わり、新年会気分も薄れますね。

例年になく新年仕事始めからよく飲みました。
広島でも、というか、広島だから、というのかどうかよく分かりませんが、
飲食店の入れ替わりが激しい感じがしますね。
某社が無料で配布しているクーポン誌などを見ていると、見た目や華やかさやお得感を売りに各店一生懸命な感じがひしひしと伝わってきます。
ただ、先日まであった中華の店が和食の店になってたり、小売店になってたりして、
「新規出店する店は本当に10年20年続けるつもりで開店しとんのじゃろうか?」と思うてしまいます。

食べ歩きが趣味というほど凝り性ではないし、味覚が敏感なわけでもないし、
某グルメサイトのように食べた感じを表現できないし、するつもりもないし。
若い頃に行ったことがあって今も続けてる店とか、個人でやってる店とか、そういう地元のお店を大事にしたいなぁ、と思います。
なんといってもマニュアルなんかないその場その場でのアドリブ対応ってのが面白いし嬉しいし楽しいし・・・もちろん美味しいし。
まず全国チェーン店の居酒屋とかは絶対に自分では行きませんわね。

今年も健康で美味しいお酒が飲めますように・・・

ミイ様:きよぽん様:じぇんじぇん気付かなんだわ、「なこまる」
コメント (1)

ちと不調

2007年01月09日 23時37分20秒 | Weblog

更新はちと間が空きました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
先日の連休はそれにしても寒かったです。
我が家周辺は7日朝には雪が積もりましたぜ、どうなん、ここの気候は?
というわけではないですが、今年になってから、ちと風邪気味で、喉と鼻が不調ですわ。
熱が出るほどでもなく、鼻水垂れまくりというわけでもなく、たばこ要らないというほど喉も荒れるわけでもなく、、、
なんとなく風邪っぽい、っちゅう感じです。ま、節制した生活ではないのでそれなりに原因はあるんしょう。

皆さん、気ぃつけましょうね。

ねこまる様:年に幾度かの”だぁ~だぁ~”ならば・・・よいんじゃないの、とお互い様の自己肯定、っちゅうのがいかんのよね、わかっちゃいるけどやめられない。
青年部卒会・・・たぶん、たぶん、現役青年部はなこまるの卒業を名残り惜しゅう思うことでしょう。涙・涙の卒業式って麗しい、ね。頑張っただけ心と魂に響くもの、、、だよね。
きよぽん様:有効に、無理なく、自然体で、かつ、楽しく、、って理想だけど、心がけ次第ってこともあるし、ね。
コメント (2)

新年おめでとうございます

2007年01月01日 17時47分24秒 | Weblog

ブログ訪問してくださった方、健やかに新年を迎えられましたでしょうか。
今年は、カレンダーのめぐり合わせで昨年末からの公休が最短なので、
自宅でゆっくりと過ごす正月です。
いわゆる”寝正月”というヤツですね。
簡単なおせち料理とお酒を飲んで昼間からよい気分です。少々飲みすぎて眠くなりましたが・・・。

「新年明けました」といっても単に日が過ぎて巡ってきただけじゃん、という気もするのですが、特に若い頃は「新年がさほどのもんか・・・」との気分も強かったものでした。
中年となっても多少そういった気分はありますが、人間には何かしらのこうした節目を経させる機会があってよいのではないか、とも思えるようになりました。

さて、今年はどんな年になるでしょうか。
まずは、今から”晩飯”の準備をしなくてはなりません。
では、今年もよろしくお願いいたします。
コメント (2)