蕎麦やら、酒やら、料理やら・・・ピアノやら・・・それにしても、ドーナンダ?たむらん

趣味の蕎麦打ち、元来の酒好き、そして料理作りと仲間と一緒にわいわい、と
たまに思いつくあれこれと・・・趣味も

「陸王」最終回

2017年12月24日 23時18分15秒 | Weblog

 

クリスマス・イヴ・・・ええ歳こいていても、何かちょっと小洒落たことでも…と思わせられる響きである。
実家に居候住まいでは、それらしいことはまったく何もないのだけどね。

そんなことより、、ドラマ「陸王」が予想どおり、いや、予想を超えた形で最終回を迎えた。
毎週日曜日夜の楽しみが終わってしまって、もう少し話を引っ張ってくれてもよかったのに、などと勝手なことを思う。
人を動かすのは力でもお金でもなく「思い」なんだと、そんなこたぁ、このドラマを見なくったって理屈としちゃ分かっとることなんだけど・・・。
仕事の関係で金融機関の方々と接することがある。
ちょうどドラマが始まってすぐの頃に、会合での挨拶でドラマ「陸王」のことに触れた。
半沢直樹、ルーズベルト・ゲーム、下町ロケットに続く日曜ドラマということで、登場する銀行員にも関心があったからだ。
しかし、途中から銀行員の対応も大手シューズメーカーの対応も、こはぜ屋のチーム陸王の面々が頑張る姿の前では、
ど~~でもええ感じになってきて・・・。
たくさんの感動をありがとう、ドラマ「陸王」

 

コメント (1)

今シーズン初の積雪

2017年12月17日 23時48分04秒 | Weblog

木曜日、職場の有志でカニを食べる会を開催、一人一枚の松葉カニをホジホジして、日本酒をキューっと。
少々飲み過ぎた。
金曜日、以前の鳥取勤務のときに非常勤として一緒に働いてた女性の皆さんからお誘いを受けて、薔薇色女子会に参加
たった2年かそこら一緒だっただけだけど、気心知れた間柄、時間の経つのも忘れて遅くまで、、
少々飲み過ぎた。
土曜日、職場の有志で、若桜鉄道という第3セクター鉄道に乗って若桜町に行こうとの催しで、若桜町を散策。
若桜町は鳥取から国道29号線で兵庫県に抜ける道沿いで山を越えたら兵庫県という山奥の町、
鳥取市内には雪などなかったが、さすがに山奥で駅の周りには雪が残っている。
到着後、まずは町内にある造り酒屋に寄ってけっこう試飲、ええ感じにホロ酔って、ジビエ料理のランチして町内をブラブラ。。
寒かったけど雨も降らずよかった。若桜鉄道のお宝であるSL  
日曜日、朝起きたら雪国だった。 こりゃまた、引きこもり日和じゃないか。

引きこもって何をしたっちゅうわけもなく、このブログを綴りながら、なんとなく無為徒食の日だったと一日を振り返っている。
気になって録画したテレビ番組もけっこう溜まっていて、あれを見ようと見始めて次のを、3本目を、4本目をと見続けると、
だんだんと頭が何も考えんようになってきとるような、感じなくなってきとるような、そんな感覚になる。
あ、この感覚がテレビが出始めた時に云われた「一億総白痴化」の感覚なのだろうかと、、、あ~~怖い。
子供の頃、「テレビばっかり見とったらバカになるで」と親やおばあちゃんから言われた。
あの言葉は本当だったのかもしれん。
明日からまた仕事、平日はテレビ見るような時間もないから、ち~と安心かも。

 

 

ちょい悪さま:思うこと多々あれど、いまだに思うとることがちゃんと読んでる方に伝わっとるだろうか、
       と思いながら、ブログを綴っております。
       それにしても、潔さのかけらもない御人ですね~、総理大臣なのに。

コメント

しつこいようだが、森友問題

2017年12月10日 21時08分54秒 | Weblog

昨日までの天気予報では、本日日曜日は雨の予報だったので外出の予定も立てず引きこもり態勢だったのに、
午前中は晴れ間も出るし、午後はどんよりと曇ったままではあるが雨の気配はなかった。
なんのこっちゃ…

やや間があいたが、森友問題が衆議院選挙中の中断をはさんで再燃している。
会計検査院が森友問題を調査して、値引き額の根拠が不明などと報告して、国会でやりとりがあった。
ニュースや新聞では、いつの間にか「書類が残ってない」「手続きが不明朗」ってな問題にすり替わってる気がする。
もちろん、後で調べるのに書類がないんじゃ調べようがないので、そうした問題があれば改善していくのは当然なんだけど、、
この問題の最初の問題提起は、首相や官邸からの働きかけがあったのかなかったのか、忖度したのかどうか、じゃなかったのか。
安倍さんは、そうした働きかけは一切してない、と言う。
では、財務省近畿財務局の担当者の認識はどうだったのかをズバリ聞けばええのじゃないのか、「忖度したのか?」と。
これまでの状況で「忖度してない」なんてこたぁかなり不自然だし、忖度したとしても、そりゃそうだろうと思う。
じゃ、忖度したほうが悪いのか、忖度させたほうが悪いのか。
悪いか悪くないか、はしばし横に置いとくとして、忖度したのなら、何故したのか?
首相が関わる案件と受け止めて、円滑に処理せんかったら首相にも迷惑かかって問題になるんじゃないか、って心配したってのら、
それも公務員の心情としてはあるだろう。それを責められることだろうか。
安倍さんにしても、働きかけなど一切してないと言うが、自分の政権運営手法から財務省職員に忖度させてしまったなら申し訳ない、
と素直に認めて改めりゃええのじゃないのか。
それを、なんだか上手く納めようという姿勢が見え見えじゃから、すっきりせんし、ここまで引きづることになってるんじゃないか。

なんだか、このままだと、財務局担当者が不適切な事務処理をしたっていうような次元の問題にして、担当者に責任を負わせて終わり、とか?
真相は闇の中、晋三は裏でにんまり……たまらんな~~、こんなこと。 

いかん、いかん、陸王見なくっちゃ。



きよぽん様:久しぶりですね。
      人前で、演奏したり歌ったり話をしたりってのは、慣れもあるだろうけど、ひとつの才能なのでは…と思います。
      息子さん、いろんなことにチャレンジさせてあげて、才能を開花させたげてください。      

コメント (1)

ちと残念ながらも・・・

2017年12月04日 23時50分02秒 | Weblog

日曜日、年に一度のピアノの発表会
先週時点では、完成とは言い難い状態ながら、前日に普段以上に練習して、なんとかいけそうかなとの感触
6回目の参加で、人前で演奏するのも多少は慣れてきたかと思いながら、いざ、出番に
去年までのような、尋常でない指の震えは減ったなぁ~と思いながらの出だしだった。
でも、いつも弾いているピアノとタッチが違う。
名器と言われるスタインウェイだから、絶対に我が家のピアノよりもええもんなんだろうけど、違うのよなぁ
と違和感を感じて雑念が入ったか、曲の中盤でミスタッチを連発してしまって、グダグダに・・・
大幅な弾き直しまではせんかったのは、練習と先生の指導のおかげか
「間違えたと思っても止まらない、戻らない。メロディラインだけでも弾き続ける。」
の言葉どおりにはしたつもりだけど、ペダル操作にまでは神経が行き度届かず、ペダル踏みっぱなしで音は濁るし…
なんとか、最後まで弾き終えはしたものの、とっても残念な演奏になってしまった。
一緒に参加した妻が去年にはなかったスマホで動画撮影しているのだが、、見る勇気が湧いてこない。

でも、他の人たちの演奏を聞きながら、
「この人、本当に生徒さんなん?」という演奏よりも、間違えたりたどたどしいながらも一生懸命に演奏される姿に
心動かされるものを感じていた自分としては、これでもよかったのかもしれんと思えるようになっている。
発表会が終わって、妻と打上げ&反省会をしながら、
「来年は、死ぬほど練習しよう。」「メンタルトレーニングもしよう。」
と誓いあったが、果たして来年どうなることやら…。

 

ちゃちゃじい様:それが、なかなか寝付けん時もあって寝が浅いまま朝を迎えることもあったりして、
        枕が変わったからとかじゃないんで、その時々の状態でってことで、
        翌日の晩はぐっすり寝てたりしとるんで、トータルでは大丈夫です。  

コメント (1)