蕎麦やら、酒やら、料理やら・・・ピアノやら・・・それにしても、ドーナンダ?たむらん

趣味の蕎麦打ち、元来の酒好き、そして料理作りと仲間と一緒にわいわい、と
たまに思いつくあれこれと・・・趣味も

初冬の趣き

2008年11月30日 23時43分39秒 | Weblog

「本日は快晴なり」でした。
天気がいいと引き篭もっているのがもったいない、というか、ちょっとは外の世情に触れたほうがいいかな、なんて気になってしまいます。
というわけで、天気もいいので東京都庁45階の展望台に行ってきました。

images    images    images   

中央に見える高い建物がホリエモンで有名になった六本木ヒルズです。images

新宿にある都庁には展望階があって休日も営業してます。
タダなのでたくさんの観光客が訪れます。
今日、降りるエレベーターは2、3人の日本人以外は全員中国人でした。
午前中の空気の澄んだ時なら遠く富士山がくっきりとみえたことでしょう。

明治神宮の森→images  最近できたらしい繭のような建物→ images

 

このままずーっと東京で勤務するつもりもなく、いずれは地元広島に戻ることになると思うと、
東京でしか見れんこと、行けんとこ行っとこう、などと欲張った気持ちもちらっとかすめたりします。
が、所詮全部を見切れるわけでもなく、時間にもお金にも限りがあるし、
それを見たり、そこに行ったりせんでも後悔するほどのもんでもなし、
キリのないことではあります。

唯一のこだわりは、”島”です。
伊豆七島、小笠原諸島には、東京にいるうちでないと行けないだろうと思い、この夏に行っときました。
だから思い残すことはあんまりないですな。

旧所名跡・観光名所・美味いもん…キリがありゃしません。
広島におっても広島県内のそういうところ全部を見切れたり食べ尽くしたりできるもんじゃないのに。
ただ、来年は年男、男の平均寿命までを24時間とすると、だいたい午後3時くらいの時間帯に差し掛かっている、などと考えたりもするようになったら、
もはや初期更年期ですね。

少々疲れているのかもしれません。
でも、まだまだやりたいことはいっぱいあるので、大丈夫です。
そうそう、手慰みに電子ピアノを買って、先月からピアノ教室に通い始めました。
没頭できる何か、この年になってもそれなりにでも始められること、レベルはチョー低くても達成できる何か、
があるというのは気持ちの張りができてよい刺激で久々のことです。
演奏をご披露するなんてことはさらさら考えておりませんので悪しからずです。

休日の中央・総武線の先頭車両からimages
普段はめったに撮れるチャンスがありませんです。

チョイ悪様:いつもコメントありがとうございます。
山口県産、広島産、鳥取産…など地元や中国地方のものを見かけると嬉しくなります。
事件的なもので見かけたくはないですけどね。

コメント (1)

秋深まりまして…

2008年11月24日 15時31分32秒 | Weblog

秋も深まりました。11月もあと1週間だもんね。
日によっては12月下旬の寒さなんて日もあったりして初冬と言ったほうがええでしょうね。
3連休、しょっちゅうあって、おまけの月曜休日で儲けた気分、もっとあってもいいのにと思ってしまう。
現実にそうなると火曜日も休みにすりゃええのに、と思うのだろう。
ただ、現在は平日に毎晩遅く帰宅するので、土・日の2日間だけでは休日が足りないと切実に思う。
まぁ、そうした不足感があるほうが休日の過ごし方、使い方が充実するのかもしれんが。

images 山口県産のあんこう鍋セットが売られていた。
          これは買わねば…
          ついでに「たらの白子」も酒蒸しで、日本酒をチビチビやるのにぴったり。
          あんこうのええダシが出て、食べ終わった汁は翌日の雑炊にしよ。

ということでこの3連休、金曜日寝たのはいつもより早めの2時、
土曜日は久しぶりに寄席に行こうと思ったのに、目覚めてみるとどうにもだるぅて断念。
寄席には日曜日に行き、半日以上を過ごして堪能。

       夜は、おくつろぎセットで…    images
       お気に入りの音楽を流して、チーズにワインで読書三昧といきたかったけど、
       気がつくと、うたた寝しておりました。

今読んでいるのは、養老孟司さんの「こまった人」
この本、話したことを書き起こしているのと編集がいいのか読み易い。
本のタイトルはどうやら話のネタになっている困った人たちとともに養老さん自身も困った人であると自覚されていることに由来しているようで…。
これは新書なのでもっぱら通勤電車内用。
並行して、単行本を家ん中で読んでいるが、なかなか読み進むことができない。
時間がないのに、いろいろと興味が広がって手当たり次第に読みかけるのも進まない原因。
落語関係では、上方の大御所 桂米朝師匠の書いたものが味わいを感じさせてくれる。
昨年から読み続けている「罪と罰」は、主人公が金貸しの婆さんを殺したところまで読んで止まってしまっている。
実はこの本、相当大昔に読もうと買っておいたもの、奥付見たら1974年第1刷とある。初版本や~。
なんといっても情景描写が細かい、細か過ぎる。
そろそろ断念してもええのんとちゃうか~、と思いながらも途中で投げ出すのはちと悔しい気もするので後生大事においている。
ひょっとして翻訳が悪いんかも…。

お、今から某CMなし放送で「新人演芸大賞 落語部門」の放送があるやんけ…。
見なくちゃ。
風邪とか気をつけましょう。

 

ちょい悪様:物騒な世の中になった、というより、そんな世の中にしてしまったのは我々なのかも…。
子供や孫たちのためにも、オカしなとこはできるだけ直して引き継ぎたいもんです。

キヨポン様:オラは大丈夫だ~、下っ端なんか目にもくれられませんから。
バームクーヘンは縦切りはダメなのか?輪切りにしても食べるときには口ん中に入れて縦に噛んじまうんだけど…あ、だから年輪を剥がすんか~。

コメント (1)

ちょっと、やばいかも…

2008年11月16日 22時24分10秒 | Weblog

昨日、今日と「行楽日和」との天気予報とは裏腹にぐずついた天候でした。
先週金曜日、「忙中閑あり」ということで部下と同僚、課長の5人で飲みました。
飲み始めたのが9時を過ぎてから、話も弾みお酒もけっこう入って、午前様に…。
最後は部下相手に何をしゃべっているのか自分でも訳がわからんようになって深夜3時頃だったかに帰宅。
土曜日昼過ぎ、目覚めると布団の中でちゃんと仰向けで寝てはいたのに、ナント!歯ブラシを咥えたままでした。
習慣でしょうか?寝る前に歯磨きしなくちゃと思ったのでありましょう。
しかし、酔いと睡魔には勝てず歯磨きをし終わる前にダウンしたようです。

実は、目覚めて歯ブラシを咥えていたのは、2回目…。
前回は、布団の中ではなくて一人掛けのソファーで歯ブラシ咥えたまま爆睡して目覚めたら朝だったことが。
なんとも情けない。
かと思うと、寝るときはちゃんと布団入ったのに、目覚めたら部屋の電気つけて一人掛けのソファーに寝てたことも…。
どうしてそんなことになったのかさっぱりわからんのですが…。
なんとなくですが、ちょっとやばいかも…と思わずにはいられません。

 木曜日の朝、快晴で久しぶりに富士山が望めました images

ここ最近、平日はまったく料理をせず、というかできずにいます。
パンやらサンドイッチを前夜の帰りにコンビニで買い置いて朝食べて出勤。
食欲はあんましないけど何かしら食べて、出さにゃ、というわけです。
そこで、土日は何かしらを作りたくなります。
オムレツは、テフロン加工の厚めで小さいフライパンを買ってからというもの、なんとなくこれまでよりも上手くできるような錯覚です。
フライパンを熱し過ぎず、というのが焼き色が付かずに出来上がるようですわ。

images     images     images

手際は…人様の前ではちょっとお見せできませんな~。
あの、フライパンの柄を持った左手を右手で軽くトントントンとやってクルクルっと形を整えるんが上手くできまへんのや。
あれがマスターできたら人前でも恥ずかしゅうないんやけど。 

 

ミイ丼様:いろいろあるもんじゃね。驕れる者久しからずや…だったっけ?
平凡でも地道にコツコツと生きる、ってのを感じさせてくれた小室さんです。

チョイ悪様:筑紫さんの次に注目するジャーナリストは……思い浮かびませんね。

ちゃちゃじい様:筑紫さん、実は硬派だったのに硬派っぽく見えなかったところが、もどかしさとともに魅力でもありました。

筑紫哲也さんのこと
今から20年ちょっと前、今も続いているピースボートに乗船したことがあります。
辻本清美とか当時まだ大学生だった連中が「教科書問題」に疑問を感じて自分たちで見に行こうと始めた活動です。
そのときに水先案内人で乗船されていた筑紫さんに会って話を聞いてサインをもらって何冊か著作も拝読して、筑紫さんの事物の見方感じ方にやや傾倒している自分です。
当時もらった色紙には「多事争論」と書いてありました。
意味は何かの著作に記してあったので間違うといけないので後日記しますが、
多様性を尊重しながら議論して進むべき道をお互いに見つけていく、という考え方とその材料を提供するジャーナリストとしての使命感みたいなものを強烈に持った方だと思います。
そして何より「平和」を希求する気持ちと「権力への対峙」という秘めた熱情を持っておられたと思います。
謹んでご冥福をお祈りする次第です。合掌。

コメント (2)

ちょい帰省

2008年11月11日 00時09分10秒 | Weblog

先週金曜日、ベトナムに半年間出張していた息子が帰国したのでチョイと広島へ帰省しておりました。
一時は「こんな会社辞めたい」とまで言っていてやきもきさせられたのですが、なんとか半年過ごしての帰国。
身内ネタで申し訳ありません。

時事的には「筑紫哲也」さんが亡くなられて非常にショックと残念さがつのっております。

少し寒さを感じるようになりました。
季節の変わり目、皆様、体調に留意しましょうね。

 

コメント (3)   トラックバック (1)

11月になりました

2008年11月03日 14時42分14秒 | Weblog

久々にのんびりしている3連休です。
9月、10月の3連休はいずれもちょい旅に出ておったのでした。
こうしてのんびりできるんは、先週仕事でチョーハードな1週間でしたので有りがたいことです。


31日金曜日、実は沖縄に日帰り出張でした。
前日木曜日は何かと多忙で仕事終わったのが金曜日明け方近く。
家に帰るのは帰ったのですが、仮眠のつもりでも絶対に寝坊すると思い完徹状態で空港へ、機内で爆睡。
沖縄には初めて行ったのですが、初めてのような感じがせず、わずか半日の滞在だったのに前からここにいたような…。
何度も買い物とかで行った新宿のビル街や人ごみにはいまだに馴染めずにいるのに、不思議な感覚でした。

1日土曜日、前夜0時頃に帰宅して目覚まし時計をセットせずに寝てたので、起きだしたら昼前11時頃、ゆっくりとブランチを軽くすませて活動開始。
天気予報では、絶好の行楽日和と言ってたけど、かなり風が強くて果たして絶好の日和なんか、と。
夜のニュースでは「木枯らし1号」が吹いたとのこと。
去年もこの時期に同じようなニュースを聞いたけど「木枯らし2号」というのを聞いたことがない。
この日、活動といっても1週間分の洗濯をしたりクリーニングものを出したり、ゆっくり夕食を作ったりと家事でほぼ1日が終わってしまいましたん。
そうそ、この日におでんを作ったら、昨晩も今夜もおでんを食べんにゃいけません。

images 1日のブランチ  オムレツが一部撚れてしまいました。
         3日の朝、バターが多くオムレツ表面がギラギラに images

2日日曜日、昼前に目が覚めて、この日もひきこもったらヤバいと思い、午後に神田の古本屋街にチャリで出かけてみた。(画像なし)
すると「神田古書祭り」とやらで、すごい人出。
のんびりと古書店めぐりなどできず、落語関係の本一冊と桂米朝のCD・DVDセットを買い求めて帰宅。
しばらく有酸素運動をしてなかったので、秋晴れの空の下、片道40分のチャリこぎだけでもよかったと思う(ことにした)。

  images ←1日夕食             2日夕食→ images

3日月曜日、連休最終日と思うとさびしい感じもするけど「おまけの休日」と考えたら得した気分に。
前夜、10時頃の睡魔に従うように寝たので、今朝は自然に8時に目覚めた。前2日間に比べて得した気分。
一日が長~い、朝飯食べて片付けて新聞読み終ってもまだ10時だ、ってなもんで。
今から、午後のティータイムといたします。

キヨポン様:お久です。めったに出歩くこともないけど、街に出かければあのような何かとけったいなモンに出くわして、笑ったりけなしたり…。

ねこまる様:その時の気分だったのか、ドナドナの歌は浮かんできませんでした。ああゆうもんをたまには必要な遊び心と前向きに考えないけませんなー。

チョイ悪様:「うん○」の匂い…は強烈ですね。しばらくはあの匂いとつき合わないけません、う~ん。
さすがはチョイ悪殿、あの牛たち70頭を縦列で並べたらさぞ壮観ですな~、ホッホ。

コメント