蕎麦やら、酒やら、料理やら・・・ピアノやら・・・それにしても、ドーナンダ?たむらん

趣味の蕎麦打ち、元来の酒好き、そして料理作りと仲間と一緒にわいわい、と
たまに思いつくあれこれと・・・趣味も

お寒ぅございます

2007年12月24日 14時11分48秒 | Weblog


        

今日も快晴のよい天気、先日よりも富士山がくっきりと見えました。

クリスマスを祝うとか、聖なる気分になるとか、ましてやデートとか、、、元々そんな気持ちが薄いし、この歳だし、、家ん中で気ままに過ごしております。
広島の自宅にいたら、寿美屋さん謹製のケーキは食べるだろうけど。
天気予報では、各地寒いとのこと、みなさん風邪などに気をつけてくださいませ。

ちょい悪おやじ様:それはそれは、奇遇なこと・・・。先日行った散髪屋さんが35年前からの営業ということで、中野周辺もかなり変わったらしい、そりゃそうよね。
ということで、前回書いた高円寺純情商店街の看板アップ。


 

 

コメント (1)

寒ぅなってきました

2007年12月16日 18時06分20秒 | Weblog

東京も寒ぅなってきました。
今朝は目覚ましのセット時刻の少し前に目が覚めてしまって、哀しい習性というかちょっと得した気分というか・・・。
天気も快晴なので、住んでいる建物の最上階7階に上がってみると遠くに雪を被った富士山が見えた。
写真中央の他の山からポコッと飛び出てる山だけど全体が白いんで見にくいかな。

洗濯も部屋掃除も昨日やったので家事的なことはとりあえず必要ないし、普段の生活圏を少し逸脱してみようとチャリで出かけてみた。
耳が痛いほど北風が強い中を高円寺、阿佐ヶ谷までフラフラと、それぞれの駅周辺の商店街はチャリを押して歩く。
高円寺駅前の商店街入口にはでかーんと「純情商店街」って看板があって、日本中にある「なんたら銀座商店街」とは違うんだぞ~、とのアピールのようで「エエ味だしとるのぅ」と感心。
商店街や入りくんだ細い路地にある食べ物屋さんは昼に向けて仕込みの最中のようで、和風、インド風、エスニック風の香りが漂って、ちょっと異国っぽくてワクワクする。
大きな目抜き通りよりも1本中に入った商店街や車の通れんような路地には、人が生きるためのものが凝縮してて味わいがあってとっても興味惹かれる。
スーパーもあるけど、肉は精肉店、魚は魚屋、野菜は八百屋、菓子は菓子屋、甘党のお店、陶器店、町の電気屋さん・・・etc、店先で馴染み客が品定めでするでもなく店の人とだらだらと喋ってたり・・・。
そうした生活臭いっぱいの光景は心和むもんがあるなぁ。
それも人いればこそなのだろうと、地方の実情がよぎってしまう。
郊外へ郊外へと拡がって中心部は人が減り、生活の街じゃなくなっていっとるもんな。
などと思いながら、走行距離全10kmほどの生活圏脱出は3時間ほどで終わったのだった。

ねこまる様:え~とぉ、1億円っちゅうのは0が8個。たぶん財務省が関係しとるんだろうけど、私の今の仕事では関わりがないっす。
金額の大きさにも生活感から言っても全く縁がないです。年末ジャンボが21日までじゃからとりあえず夢だけは見たいすね。
コメント (1)

ひと仕事終えて

2007年12月09日 22時59分38秒 | Weblog

先週金曜日で年間ルーチンワークのうちのひと仕事を終えて、ホッと一息つきました。

というわけで、この土日はゆったり、といってもこれまで毎週土日はゆったりしてたんだけど気分がちょと違って、あっけらかんとのんびり。
東京来て、プライベートで「コレ」といったこと、例えば蕎麦打ちとか、をしてなくて、今のところの「コレ」っちゅうのはたまの料理のみ。
自炊癖がつくと、以前にも書いたけど、外食が逆に面倒くさかったり、あまりのコストパフォーマンスの悪さにがっかり、ということで、献立を考えて買い物して料理を作り、ゆったりと食べて、、ってゆうのが今のところの「コレ」っちゅうところ。

大根を1本買うと、すぐには食べきれないので持て余してしまいます。
目先を変えていろいろなメニューで食べてしまわないとスカスカになって、もったいないことになってしまいます。
写真は昨日土曜日の夕食。
ごはんの上は、1cmくらいの輪切り大根の炊いただけのもの、味付けははっきり言って失敗でしたっす。
その右側は子持ちめかぶ(既製品)
その右側は大根を拍子木切りにして塩っぺで和えただけ、これが意外といける。塩っぺの量で味わいが変わるので二度と同じ味はできんだろうと思われる。
箸の上のは、スジ肉と玉ねぎ、大根の煮込み、安売りで買って冷凍してたスジ肉だけど、これだけは塩加減がええ感じでしたわ。
右端はニンニクのしょうゆ漬け(既製品)。

並べてみると、こりゃ精進料理かいな?って絵柄、干からびるんも無理ないか。
でも、陶器鍋で炊いたごはんも美味いし、けっこう酒も進むんだなぁ~、これが。
にんにくとか休日前しか喰えんからと思ってつまんどったら、結局、ひと袋分全部食べてしもうたし・・・酒も進むわな~。

日曜日だとゆうのに、平日とだいたい同じ時間帯に起床。
朝の某公共放送の政治家討論番組を見てたら「霞ヶ関埋蔵金」とやらの話題が、、
特別会計に何十兆円かの余裕財源があるとのこと、政治家諸氏はその財源をなんたら対策に使って・・・とか、もっともらしいことを述べられておったが、
住宅ローンを抱えた庶民感覚からすると、そんな余裕があるなら、まず借金(国債)返せよ、と思うのだが、、、、。


ミイ様:クリームはあるのよ、ニベアスキンクリーム、干からびるのにはダメかしら?
ちょい悪オヤジ様:ご心配おかけしたようで恐縮です。書いてるほどのこたぁないと思って、くださいまし。ただ、頻尿対策はさっそく取り組みます。
コメント (1)   トラックバック (1)

とうとう12月に・・・

2007年12月02日 18時41分10秒 | Weblog

とうとう12月になった。
7月に東京に転勤になり、正直なところ多少の不安感もあったなかで5ヶ月が過ぎた。
いつ、誰に言われたのか記憶は定かでないが、仕事がたてこんだり思うようにいかなかった時に「最後は時間が解決するから、あんまり悩みなさんな」とのお言葉は正に至言。
その至言に寄りかかって手抜きしたり開き直ったりはしてないつもりだけど、今日まで上司や部下に支えられてやってこれたというのが本当に偽らざるところ。

今週は深夜帰宅が続き疲労モード、金曜日の晩はなんとか電車で帰宅できたので早く帰れたなぁ、と夜中にまったりしようと思うも眠気には勝てずあえなくダウン。
昨日の土曜日は自然体で目覚めようと時計はセットなし。で起きたら11時。
土日もできるだけ平日と同じ生活リズムをキープしようと心がけてきたのだけど、それは平日が普通に生活できてないと難しいもんだと実感。

先日、職場の健康診断があって、体重が2キロ減少していた。身長も1cmほど減っていたのにはちょっぴりショック。
朝、顔を洗うと鼻の両側の皮膚がガサガサになし・・・
今日まじまじと手を見たら、なんだかツヤがない。
手の甲がちょっと干からびた感じ、ちょうどつきたてのお餅の表面が少し乾いて細かい皺がよるような・・・。
「あ~、ワシの体から水分が抜けて干からびていきょぅるんかな~」
との実感。頻尿だし・・・・・・。
アルコール混じりの水分補給だけじゃダメだわな~、やっぱ。

ねこまる様:ブログ移設承知いたしました。ストーブが手放せなくなりました。
郵便受けにガス会社の検針伝票とともに「ガス使用料が急増しました。異常ありませんか」という紙が・・・・・丁寧なことだ。
コメント (2)